KUBO

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢのKUBOのレビュー・感想・評価

3.6
4月4本目の試写会は、山田洋次監督作品「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3」。

毎度おなじみ平田家の騒動を描くこのシリーズ。今回は長男の妻「史枝(夏川結衣)」の家出事件で大わらわの平田家のお話し。

いじわる〜な旦那さん「幸之助(西村雅彦)」にひどいこと言われて家出しちゃう「史枝」さんだけど、いまどき、こんなに出来た嫁はいないでしょ。たぶん男性が見たら「あ〜、こんなお嫁さんだったら大事にするのにな〜」と思うよね(^^)。

で、お嫁さんがいないだけで、家の中のことが何から何まで大わらわになっちゃう平田家の面々がおかしくて大笑い。

最近の邦画は、何か極端な事件や展開のものばかりで、観客にショックを与えるものが多いけど、そんな中で「嫁の家出」しか起きないのに、てんやわんや(古!)な家族の様子を見ているだけで、いつの間にか引き込まれて大笑いしている、これぞまさに昭和のホームドラマ!

特に山田洋次の真骨頂は、ちょっと辛辣だったり、ちょっと言い過ぎちゃうような会話の間が絶妙で、喧嘩してる平田家の面々を見ながら笑っちゃうところかな。まさに「とらや」の茶の間とおんなじだ(^^)。

今回も頼んじゃう「鰻重 特上 10人前」を、平田家の人々は今度こそ食べることができるのか?

安定の「これぞ、山田洋次喜劇」。