妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢの作品情報・感想・評価

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

史枝(夏川結衣)は、育ち盛りの息子ふたりと夫・幸之助(西村まさ彦)、その両親3世代で暮らす主婦。ある日、家事の合間にうとうとしていた昼下がり、泥棒に入られ、冷蔵庫に隠しておいたへそくりを盗まれた!! 夫から「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」と嫌味を言われ、余りに気遣いの無い言葉にそれまでたまっていた不満が爆発した史枝は、家を飛び出してしまう。一家の主婦が不在となった平田家は大混乱!身体…

史枝(夏川結衣)は、育ち盛りの息子ふたりと夫・幸之助(西村まさ彦)、その両親3世代で暮らす主婦。ある日、家事の合間にうとうとしていた昼下がり、泥棒に入られ、冷蔵庫に隠しておいたへそくりを盗まれた!! 夫から「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」と嫌味を言われ、余りに気遣いの無い言葉にそれまでたまっていた不満が爆発した史枝は、家を飛び出してしまう。一家の主婦が不在となった平田家は大混乱!身体の具合の悪い富子(幸之助の母/吉行和子)に代わり周造(幸之助の父/橋爪功)が掃除、洗濯、食事の準備と慣れない家事に挑戦するがそんなこと続くわけがない。家族揃って史枝の存在のありがたみをつくづく実感するのだが、史枝が戻ってくる気配は一向にない。家族会議、緊急召集!平田家崩壊の危機か!?

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」に投稿された感想・評価

WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

3.2
1,2に比べると見劣りするけど、まぁ安定した面白さ。横尾忠則の攻めたタイトルバックは今作も健在。
ル

ルの感想・評価

5.0
初日舞台挨拶にて。
やっぱり、1.2作同様面白い!
笑って泣けてって、言葉通り。
いいか、夫諸君、
妻の素晴らしさを再確認しろ!
 アメリカでは映画でも小説でも、家族が第一であるという価値観が金科玉条のごとく扱われているが、日本ではそれほどでもない。普通の人の普通の日常では仕事や学校が優先でどちらかというと家族は二の次だ。家族が問題になるのは相続争いや家庭崩壊あたりである。それは共同体の中での家族の位置づけの違いによるものではないかと思う。
 アメリカでは家族は国家や州、町、会社などとは独立した、独自の世界として捉えられる。そして共同体や組織は、個人の家族を尊重する。しかし日本では共同体や組織の都合が家族の都合を蹂躙している。

 本作の家族はいまでは珍しい、家族優先の一家である。こういう家族がいてほしいという制作者の願望がはっきりと感じられる。そして映画を観終えると、実は自分の中にも同じ願望があることに気付く。家族とは、同じ花を見て美しいと思うときの共生感が得られるもっとも身近な単位なのである。
 家族それぞれの役割は、ひとりの人間の脳内のように明確だ。ひたすら正論を主張する者、ひねくれて斜に構える者、黙って耐える者、おちゃらけて笑い飛ばそうとする者、他人事のように論評する者など、ひとりひとりに典型的な立ち位置がある。人の頭の中で考えがまとまるような感じで家族がまとまりそうになると、誰かが暴走して再び混沌となる。そのあたりのドタバタが笑える。

 西村まさ彦が演じる、独善的に見える長男幸之助だが、父親の周蔵から見ればコミュニケーション能力に欠ける頼りない息子である。しかし出張の土産で息子たちが普段から欲しがっていたゲームや、妻に似合うであろうスカーフを買ってきたりする優しさも、実は持っていたりする。そしてそのスカーフが本作のキーアイテムで、タイトルにもつながっていく。
 意地を捨ててプライドを捨てて、優しさを発揮することは、相手との距離が近いほど難しいことである。しかし勇気を出して踏み込むことでわだかまった心が氷解する。その過程を山田監督は丁寧に描いて見せた。笑えて泣けてホッとする、あたたかい作品である。
相変わらず、昭和の感じが強く、共働きが多くなっている現代にうけいれられるかと疑問が残りますが、コミカルな箇所と泣ける箇所は、きちんと描かれている。50歳以上の人は、共感をする人はかなり多いと思う。家族や親戚の繋がりがなくなっているからこそ、何か事件やトラブルが起きた時、親身に団結して解決する様子を理想として伝えていきたいのだと思う。
いお

いおの感想・評価

-
東京家族から前作までの痛快感が、ちょっと減ってるかなー

わたしの苦手な「良い妻夫木聡」全開(笑)
昭和の山田洋次の世界を蒼井優がそつなくこなすのも、ちょっと型にはめたようで。

一方でちゃんとした山田洋次らしい香りも楽しめたのはさすが。
良すぎてつらいよ、、、
場内から温かい笑いが。
同じ屋根の下に複数の人がいる喜び
失って初めて気付く ありがたさ、、
鰻重の特上
10人分家族ぐるみでいつか頼みたい

製作幹事:松竹
安定して面白かった。
このままシリーズ化が続くのかな?寅さん目指して欲しい。
plastic

plasticの感想・評価

3.5
新鮮味は全く無いのに中毒性が強い系の作品。解っているけど観たくなるのです。痛くなるところを指圧してもらい気持ちよくなるマッサージに似ています。なので痛くて泣いちゃったり、くすぐったかったり、ほっこりしちゃうんです。
まる

まるの感想・評価

3.0
このシリーズは全部劇場で観ててその流れで今回も。
日本のどこにでもあるような家族のごくごく当たり前の日常。
吉行和子さんと橋爪功さんのやりとりが秀逸。ずっと観ていたい。

映画そのものは良かったんだけど、映画を観てた方のマナーが悪くて残念。
glassman

glassmanの感想・評価

4.2
この作品にふれても全く新鮮な出会いはない。そんなの分かりきっているのに...
ある意味自分にとっての確認作業のように映画館へ。
そしてつい口を滑らしたことから起きる他人の家の揉め事に、自らの立場や勝手に知合いの家族をオーバーラップさせたりして遊ぶ。
どうせほのぼのしたラストに向うんだし...
山田作品に流れるコアな部分がこうして個人的な[スタンダード]になっていった。
よくある出前注文までのシーン、今回も共感!
キャスティングについて、オールスターズなのに息子役はなぜ?
>|