toshi

トラさん~僕が猫になったワケ~のtoshiのレビュー・感想・評価

4.0
アイドル・・・と言っても男性アイドルが猫の着ぐるみきて演技する・・・。そんなモン観るかっ!って思ったのですが、やっぱり猫となると観たくなり、今週末から上映の岩合監督のねことじいちゃん鑑賞前に猫繋がりで今作鑑賞しました。

着ぐるみきていてもどうせ本当の猫の方が出番多いんでしょ?と思ったのですが、見事に着ぐるみだらけw 主演キスマイ北山さんだけかと思いきや飯豊まりえさんもコスプレしていたり、野良の集団も着ぐるみ。圧倒的に人間だらけでした。
でも・・・。今作そこまで悪くありません。私みたいに涙腺弱い人はどんなに突っ込みどころが多かろうが泣いてしまう場面が幾つも散りばめられています。

既にピークを過ぎ妻の稼ぎだけでだらしない毎日を暮らす漫画家高畑寿々男。ギャンブルで一発中ててご機嫌な日に交通事故に合いあっけなく死亡。完全に死ぬ前に更生のチャンスを与えると裁判を受け、1か月間猫になってこの世に戻ります。猫のトラさんとなった寿々男は妻奈津子、娘美優の元に戻り、猫となって二人と生活を始めるのですが・・・。

寿々男があっけなく死んでしまいますが、それまでに出てくる高畑3人家族が兎に角可愛らしい。また寿々男死亡後、高畑家は親子二人猫一匹となりますがこちらもまぁ可愛らしい事。着ぐるみとかバカにしてんのか?と思っていたのに北山さん中々お似合いでそんなに違和感はありませんでした。
また妻奈津子役の多部未華子さんがこれまた可愛い。でも夫が死んでも気丈で娘の美優を悲しませない言動は感動でした。そこにはそんな理由があったんですね。

全体的な出来で言えば突っ込みどころ多いし要潤さんの無駄遣い感も否めないし、クライマックスは感動しますがその願い事が叶っちゃうのかぁと思いましたが、でも笑って泣かせていただいたので私には全然有りな作品でございました。