JT

シシリアン・ゴースト・ストーリーのJTのレビュー・感想・評価

5.0
ひたすらにこの物語を抱きしめて
いつまでも離したくない
そんな狂おしいほどの愛で溢れた

2019年2本目 劇場はこれが初めて
原題 『Sicilian Ghost Story』

この作品を知って目にした時からもうすでに感じてわかっていた
私にとって他にない特別なものになることを

初めて予告を観たのはひと月前
今日までこの作品のことを考えない日はなかった
本当に好きになったものって自分のものにしたいと言うか独り占めしたいと思うもので、自分だけが知っていたいそんな気持ちになった

内容は、1993年にシチリアの地で実際に起きた「ジュゼッペ・ディ・マッテーオ事件」 に基づき、13歳の少年のジュゼッペが誘拐され、25ヶ月間監禁されたのち殺されたと言うもの
本作はそのジュゼッペに想いを寄せていた架空の人物で同級生の少女ルナとジュゼッペに焦点を当て、ファンタジー調に仕上がっている
悲惨な現実もしっかり突きつけて、話の本質を忘れさせない作りでとにかく素晴らしかった

現実と幻想の世界
悲惨な現実に打ち勝つもの、それは紛れもなく人間の想像力、フィクションの世界
それを現実逃避と悪い意味で使う者もいるがそれは決して違う
映画を観る意味、作る意味
何かを感じたくて、何かを求めて、想いを伝えたくて、誰かと分かち合いたくて
現実をより良い方向へ持っていくためにこの感情は必要不可欠なものだから
この作品は映画のあるべき姿で、本質そのものであり、さらには人間にとって普遍的概念の"死"をも超越する正に現実に勝る映画なのだ

黒い社会
どの国にも子どもには理解し難い闇がある
シチリアではマフィアで日本だと暴力団やヤクザ
それに糸を引く政治、警察など
どれだけ正義をふりまいても、優しさ、愛だけでは太刀打ちできない社会
子どもの理屈を通さない大人
大人になれば理解できるかもしれない
でも13歳の少女にとって現実はあまりにも酷かった
大人たちが口をつぐむ中で立ち向かうルナ
善悪とかでも正しいからとかでもない
ただただジュゼッペへの愛だった

物語の中盤にジュゼッペがあることを始めるようになったところからもう泣いてしまっていた
感動って言葉では物足りないほど自然に出た涙で
ふたりの想いが私の感性と重なった瞬間だった

音楽も素晴らしい
予告と本編で使われた
Safe With Me - Soap&Skin
これを言葉に表すのは不可能なんじゃないかな
美しい歌なのはもちろん神秘的と言うべきか
歌詞の一節に"We'll meet to blend"(私たちは出会って混ざり合う)とある
強いて言うなら"ブレンド" この言葉が一番しっくりくる
ルナとジュゼッペのようにふたつの対象が出会って混ざる
映像と音楽、物語と音楽、実話とおとぎ話、現実と幻想、少年と少女
まるで運命づけられていたかのように美しく完璧に融合する
これほどまでにマッチした音楽は初めてだ

好きになった理由のひとつとして音響がある
水の滴る音
風の音
風に揺られる木々の音
草のさざ波
小鳥のさえずり
吠える犬
波打つ鼓動
耳をこらさなくても自然と耳に残ってしまう音に溢れて胸騒ぎがする
大人による支配を暗示しているのだろうか
一見のどかな自然の音も何かを警告するかのようなざわめきに聞こえる

瞬きをすることも、呼吸をすることさえもためらってしまう

ずっと頭の中で鳴り響いてる
ジュゼッペの名前を叫ぶルナの声が

忘れられずにいる
ふたりがみた幻想を

見守るしかなかった
ふたりの姿を

祈るしかなかった
ふたりの結末を

現実を美化しているだけなのかもしれない
でもせめてこの話の中では...
せめてふたりの夢の中だけでも...
助けさせて欲しい
そんな想いが作り手から伝わってきた

そして過酷な現実は愛で満ちて
ひとつの救いとなった