シシリアン・ゴースト・ストーリーの作品情報・感想・評価

「シシリアン・ゴースト・ストーリー」に投稿された感想・評価

事件のいきさつと被害者の少年については実話を元にしているそうですが、ルナを始めとした それ以外の登場人物や映画の展開については監督の創作とのこと。

実話ベースのファンタジーとなると、全体がぼんやりしてわかりにくくなることもありますが、そういった作風であることは事前に聞いていたこともあり、思いのほかすんなり入っていけました。

冒頭に水の中から洞窟のような描写があるんですが、あれがあったことで こちらも映画の世界に入っていけたところがあったかな。
もちろん本編の細かい部分で、あとあと解説記事などを見て合点がいったところもあるんだけど。

とにかく、過酷な描写も多くて。
ですが、それに負けないほどの自然の美しさと、純粋に誰かを好きでいることが表現されていきます。
それらに救われるというか、まさにそのための映画でもあるんだろうが。

人の死というものは 命が亡くなった時であり、残された人の心から忘れられたとき…なんてことも言いますが。
このような作品が作られたということは、彼がまだ生き続けることでもあるのかもしれないし。
まさに命と向き合う映画として意義のある一本だと思います。
YK

YKの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

エンドロールで、日本でも似た事件があったなと思って泣いた😞💦
自然、動物、人間、人工物、魂。視点によって物事の見方が変わるのかな。
あり

ありの感想・評価

4.0
この幻想的なポスターからは想像できない残酷な現実
一人もがき続けるルナの純粋な愛が痛いほど伝わってきた
林や湖、生き物などシチリアの情景がとても美しく撮られていて、最後の1番残酷な湖のシーンですら美しく見えてしまった
しんどくてもう一度観る気力はない、、
HirokoAbe

HirokoAbeの感想・評価

3.5
ルナのラブレター、言葉選びが好き。
ジュゼッペの死は 大人の都合でしかなさ過ぎて、これが現実にあった事だというのが あまりにも辛すぎる。
理不尽な現実をルナがうまく体現してくれていてよかった。
Sios

Siosの感想・評価

3.8
少女ルナの目が鋭くて良い。

周囲に理解されない少女の気持ち。
実話ベースの少年の失踪事件が、これだけスピリチュアルな映画になる驚き。冷たい現実にはぞっとする。

静かな湖や立派な馬。山間の景色が素晴らしい。
特に林の美しさは秀逸。
来夢

来夢の感想・評価

3.7
普通のゴースト系のラブストーリーだと思ってスルーしそうだったところ、エグいとか重いって噂を耳にして、それならばと言うことで観てきました。
予告やタイトルからも少年の行く末は分かるので、覚悟が出来てしまっていたのか、そこまで衝撃は受けなかったし、想像以上のものはなかったけれど、少年の身に起こったことが現実に起こった事件って言うのは想像するだけで悲しくなるね。
何の救いもなく死んでしまった少年に、せめて映画という妄想でもいいから救いをあげたかったのかな。鎮魂歌のような印象が美しく感じました。
夢と現実の境目がもう少し分かりやすくても良かった気もするけれどね。
Kazunari

Kazunariの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

少女が恋した少年はその日突然姿を消した。誰も知らない、知ろうともしない。でも、私は絶対に見つけるから。一方で少年も少女からもらったラブレターに生きる希望を燃やしていた。というストーリー。



キラキラファンタジーラブストーリー。と思ったら全く違ったんよ笑。窒息しているような苦しいストーリーだった。
ホンマに窒息している気分だった。


少年は父親の関連でマフィアに監禁されて、最後には液で溶かされたという実話を元にしたストーリーでした。

少年を捜索する少女が周りから病気扱いされるもどかしさ、少年の監禁されている時の放心状態感が伝わりましたね。


空間で訴える映画っていう感じで、映像と浮遊感のある音楽でほとんどのストーリーが描かれていて凄く惹かれました。でも、映画館じゃないと退屈かもしれないなぁ。

犬の「ワンッ」は飛び上がるほどの音量。何故そこだけやけにでかいのだ。まぁ、印象に残ったよ笑。

この少年が亡くなったのは1981の事で、意外に最近の出来事でさらに辛さが増した。



何故、ゴーストストーリーなのかはクライマックスで分かります。じっとり味わう系が好きな方にオススメ。
Akiko

Akikoの感想・評価

3.8

分かってはいたけど、内容が辛すぎた。。
しばらく世界に浸って抜け出せず、言葉に出来なくて、
頭がぼーっとしてました。

13歳という若さで監禁の末、絞殺された男の子の実話。
実話だと分かって観てたからか、ほんとに辛くて、だからこそルナの存在が救いだったことがほんとにわかる。

純粋で綺麗で、深い深い湖の底のような映画でした。
nobue

nobueの感想・評価

1.0
観客をビビらせるための音の使い方、見たくないようなものを配置して注目させる場面の作り方、青のかぶった彩度の低い色の調子。この監督は多分性格が悪いなと思いながら、映画館に入ってしまった手前一応最後まで観た。あの男の子の親戚でもなければこの作品を創る動機が理解できない。
しお

しおの感想・評価

3.4
一緒にきちゃダメだってセリフが辛すぎた…!
風景はめっちゃきれいだった!
>|