葉月

Diner ダイナーの葉月のレビュー・感想・評価

Diner ダイナー(2019年製作の映画)
-
ストーリーとか展開は薄め。もっとバトルロワイヤルかと思ってたけどちょっと違った。やけど、映像美、造形美、顔面偏差値高いという感じの蜷川さんらしい映画。死に際の花の演出は本当にキレイ。ちょっと疲れるけど、それもまた醍醐味。玉城ティナちゃんのメイド服かわいい。似合い過ぎる。ありがとう太もも!さすがの男役、真矢みき様。ほかの宝塚出身の方々を率いてレジェンド感ハンパない。本郷くんもさすがの狂気。キーアイテムのディーヴァの製作が名和晃平さんだった!