Diner ダイナーの作品情報・感想・評価・動画配信

Diner ダイナー2019年製作の映画)

上映日:2019年07月05日

製作国:

上映時間:117分

3.2

あらすじ

「Diner ダイナー」に投稿された感想・評価

gyozaoishi

gyozaoishiの感想・評価

1.0
監督の世界観が好きな人のみが見るべき映画かなと。原作未読なのでわからないですが、こんな映画あるんだと悪い意味で驚きました
ストーリーのみ、キャストのみ、世界観のみでもたぶんダメな映画。全部の調合が絶妙だった。
藤原竜也と真矢みきがかっこいい。終始飽きない。誰かではなく自分が一番自分を必要として、居場所は自分で作るものだと変に共感してしまった。

このレビューはネタバレを含みます

ぜひ空腹の状態で見て欲しい。無意識に顔がアヘる。
マリアの死に際が美しかった。自分もあんなふうに死にたい。
65円

65円の感想・評価

1.9
入りからつまらなくて
お、面白くなってきた?と思うと途端に失速して残念…の繰り返しでした
題材は面白そうなのになぁ
色々勿体ないな
さくら

さくらの感想・評価

4.3
わあああああめっちゃ好き。
俳優陣も好き、演出も好き、世界観も好き。
お芝居を楽しめる映画、何度でも見返したい。やっぱ窪田正孝の演技えげつないな、、、。
公開直後に映画館でみたことがあったけど、なんとなくアマプラで2度目の鑑賞

至る所まで色使いや装飾やらがこだわられていて芸術的なセンスはないけど綺麗だなあと思える 世界観が好み!

ストーリーはわりとテンポよく進むし見やすい映画だと思う そして個人的にスキンが““良““.........
ストーリー映画として観ると微妙なので、チャーリーとチョコレート工場と同じジャンルだと思って観るのが良いんじゃないかと思った。
藤原竜也と玉城ティナと真矢みきのビジュアルが良い。
mi

miの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

・蜷川実花展に行ったのをきっかけに鑑賞
・原作未読

殺し系は個人的に苦手意識があったが、蜷川実花演出の色彩美で最後まで見ることができた。土屋アンナと真矢みきは女目線の憧れで、生かし方がさすがだと思った。

個人的にまさかの恋愛仕立てで最後のキスシーンは刺さらなかった。

小さな望みが叶わないことにうじうじしていたここ最近だったが、望みが叶わないことが生きる希望になってるやつもいるという言葉にはっとさせられた。

正直ストーリー構成はよく分からなかったが、この世界観を堪能できたことには満足している。
バイオレンスアクションお料理ムービー
薔薇!演出!色彩!派手!キャスト!豪華!
藤 原 竜 也 !
とにかくクドくて満足ですはい。
強いて言えばラストバトルがいまいち…土屋アンナとこの世界感が相性よすぎて真矢ミキが霞んでしまってる。敵みんな黒服で似たり寄ったり。


さとぉのひとつぶまでもがおれにしたがうッ!
>|

あなたにおすすめの記事