YasujiOshiba

ザ・グレイテスト・キングのYasujiOshibaのレビュー・感想・評価

ザ・グレイテスト・キング(2019年製作の映画)
-
YTで鑑賞。ダイアローグはプロトラテン語、字幕なし。

ロムルスとレムスのローマ建国神話の脱神話化、紀元前753のテヴェレ川の洪水に飲み込まれるや、あっと驚くようなリアルなタイムスリップを堪能。

これまでのイタリア映画への挑戦でもあるし、ぼくたちにとってはイタリア映画からの挑戦でもある。

日本に来るときも、プロトラテン語でやるんだろうか。

個人的には拍手ものでした。

追記:
監督のマッテーオ・ロヴェーレの作品は初めて見るのだけれど、この映画を製作したのがGroenlandia (グローエンランディアと読むのかな?)というプロダクションの名前は覚えておきたい。これはロヴェーレが2014年、『いつだってやめられる』のシドニー・シビリアと興した会社で、『いつだってやめられる』の続編2つを製作したことで知られているのだけれど、これからどんな映画を作ってくれるのか注目だ。