みどり

君が世界のはじまりのみどりのレビュー・感想・評価

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)
-
2021/6/5

あー気が狂いそうだ

気が狂いそうな時の音楽の力はすごい
イヤホンを耳に差しこんだら自分だけの世界が広がる


この作品を見てすべて理解できたかわからない
言葉にするって難しい

すきなのにきらいなふりをしたり
親が好きになれなかったり
学校が面倒くさいなあと思ったり


小さなことから大きなことまで
いろいろな悩みで溢れている
…というか悩みは大きさじゃないよね

毎日 毎日
ひとつ片付いたらもうひとつ
どんどん増えてゆく悩みたち

周りからみたらたいしたことじゃなくても
抱えきれなかったから結果的にそうなってしまった
悪、だと決めつけず、自分だったら…
置き換えて考えることができるあの子たちは強い

現状を変えたい気持ちはあってもそう簡単には変わらないし変われない


雨が止まなくてうだうだしているところとか
夜中のショッピングセンターに忍び込んでぎゃーぎゃー騒いだりするところとか
止まったエスカレーターでゆっくり歩きながら話したり
こんなこと私のいままでの人生にはなかったよ
映画だよと言われればそうなのだけれど
現実に起こっていてもおかしくないような
同じ街にいる 顔も知らないけれど
日々を生きている誰か、を見ているようで
勝手に思いを馳せていた


「君が世界のはじまり」
どんな些細なことでも
誰かの言葉や行動が背中を押す


ラストシーンはズルすぎたし
ブルーハーツは偉大




アミューズ若手の子達がたくさん出てました
中田青渚ちゃん、今作でも関西弁だったのね。とても魅力的でした。
個人的に金子大地くんにどんどん映画に出てほしいのでこれからも楽しみにしています。
佐々木インマイマインの細川岳くん(佐々木)に気づいてにんまりと。