みどりさんの映画レビュー・感想・評価

みどり

みどり

クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国(2009年製作の映画)

-


環境問題を織り交ぜながら親子、夫婦に焦点を当てた話
動物になった途端、今までのこと忘れちゃうの?と不安になったけど姿は変わっても変わらない家族のつながりにほっとした
みさえからしんちゃんへの愛がおお
>>続きを読む

ブエノスアイレス 4Kレストア版(1997年製作の映画)

3.8


何度も別れようとしたけれど
"やり直そう"という言葉に弱くて
結局断ち切れずにいる

目的地にたどり着くことができずに道に迷ってしまったのはふたりが向かう方向に迷っていたからなのかも。

巡り合わせ
>>続きを読む

みんなのヴァカンス(2020年製作の映画)

4.5

シネマ1

セーヌ川のほとりでフェリックスはアルマに恋をする
サプライズも込めて
そして、一夜限りの恋にしたくなくて。
彼に道連れにされるかのように
親友のシェリフは祖母が死んだのだと嘘をつき長いおや
>>続きを読む

WANDA/ワンダ(1970年製作の映画)

3.7


妻としていること、母としていること
それが当たり前のようにされている世の中で
私はだめなの。できない。と夫から離れ、子を置いて。持っていたお金はぜんぶ盗まれて。
ビールを奢ってくれる人やタバコをくれ
>>続きを読む

よだかの片想い(2022年製作の映画)

3.7


(not)HEROINE movies第二弾
女子大生アイコの顔のアザを通して見えてくる他者の視線

特に気にしていなかった
みんなが私の顔を見て笑うことも。
ある時先生が可哀想でしょ、って庇うから
>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

4.0

シネマ4

舞台は80年代の長崎
私が生まれるすこし前のお話。

夫婦喧嘩は多いが愛情深い
世界一恐ろしい母に頭があがらない久田と
家が貧しく、クラスメイトからは避けられいつも笑いものにされている竹本
>>続きを読む

(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


握ってくれた手
頭を撫でてくれた手
抱きしめてくれた手

…それでも手は嘘をつく

父との関係に悩み、家でも居場所がなかったさわ子がおじさんに惹かれる理由は必然だったのかもしれないし、何かと若いね。
>>続きを読む

劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ(2022年製作の映画)

-

シネマ10

前回家で見て大変後悔したので今回こそはと!

曲、ステージ構成、カメラワーク、衣装と好きな部分がばらばらなので一概に私の好きな子最高!と言えない。
毎度恒例の悩み

なっちゃんのボナぺテ
>>続きを読む

最強殺し屋伝説国岡 外伝 国岡ツアーズ大阪編 蘇る金のドラゴン なにわアサシンの逆襲(2022年製作の映画)

4.0


監督と役者陣が作ったグリーンバレットの後日談
母親に殺し屋をやっていることがバレたため報告しにいくことに。
とはいえ、ほぼ食べ歩き

カメラアシスタントの大坂くんは相変わらず腹立たしい
国岡さんに憧
>>続きを読む

グリーンバレット(2022年製作の映画)

3.8


シネマ1
殺し一瞬、後処理一生。

最強殺し屋伝説国岡の続編
国岡さんが殺し屋合宿のインストラクターを務める本作はミスマガジンの子たちとの企画ではあるけれど日常生活に殺しが存在しているのは前作と同じ
>>続きを読む

LOVE LIFE(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シネマ3

息子の死により、幸せな生活が一変する

徐々に紐解かれていく妙子や夫の過去
息子のいない世界に慣れはじめるまわりと置いてけぼりにされていく自分との差

あの日の飾りを片付け、何事もなかった
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

3.8


1980年、韓国光州事件を元にした話

タクシーにお客さんを乗せる、それだけだと思っていたのに
言葉もいまいち通じなかったピーターと心を通わせていく様子やさまざまな人と言葉を交わすたびに知らなかった
>>続きを読む

幕が上がる(2015年製作の映画)

3.8


負けたくない。でもどうしたらいいのかわからず悩む日々に新任の吉岡先生が言った

私はみんなと一緒に全国行きたいです。
行こうよ、全国!

弱小演劇部がまだ見たこともない宇宙のように遠い場所を目指し始
>>続きを読む

なまず(2018年製作の映画)

-


99%の信じる気持ちと1%の疑い

恥ずかしいレントゲン写真が流出する
自分たちのものではないのに胸が痛い
なにかと決めつける副院長のことも
身に覚えがあるのか仕事を休む職員たちのことも
なまずは静
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

3.5


バスケが大好きなごく普通の男の子たちが友達の死をきっかけに、さらにだめな方向へと進んでゆく

怖いものなんてなんにもない
タバコは吸うし、物は盗む
いろんな薬を試してみるのが楽しい

悲しいのに…
>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

4.0


毎週のように母に連れて行ってもらった水族館
はじめは魚じゃなくてタコが好きだった

泳いでいる姿はもちろん、
写真やテレビで見るのも大好き。
愛でるだけかと思いきや、しっかり食すあたりも本気の愛を感
>>続きを読む

犬も食わねどチャーリーは笑う(2022年製作の映画)

-

2022/8/29
シネマ3

日和と裕次郎は結婚4年目の夫婦
仲良さそうに見えるけれど…
SNSの旦那デスノートに愚痴を書き込むことでストレス発散していた

はじめて出会ったホームセンター
再会した
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

3.8


HIVを患うデクスターと孤独なエリック
当時はまだまだ偏見のあった病だけど
大きな壁を越えることが距離を縮めるきっかけになる

子供ならではの冒険心と危うさがあるけれど
病気を否定することもなく、ど
>>続きを読む

461個のおべんとう(2020年製作の映画)

3.5


毎日お弁当作るから
おまえも、毎日ちゃんと休まず高校行くこと。

新しいもの好きな父だからどうせ飽きるだろうと思っていたけれど
飲み会で遅くなった翌日も
寝坊した日でも何がなんでもお弁当を作る姿勢に
>>続きを読む

2つの人生が教えてくれること(2022年製作の映画)

3.5


大学卒業後、妊娠をした未来としなかった未来

子供ができた途端
自分本位の生き方はできなくなり、
人の幸せを羨んでしまう
反対に子供ができずに
今を謳歌していたって仕事で躓く

子供ができた人生も仕
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0


Queenの曲はよく耳にする
彼らに憧れる人もよく見る
でも私はファンでもないし、詳しくもないのに楽しめるのかな、と先送りにしていたけれど…そんなのは杞憂でした。

音楽が居場所
家族であり個性はば
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

3.5


出会いは突然、徐々に惹かれて
お互いすきなはずなのに、今日もすれ違う
近づいたと思ったら遠くて。

好かれることは悪くないし嫌じゃない。
それでも年の差10歳のもどかしさと
子供っぽい一面に呆れつつ
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

-


ライリーの頭の中では今日もさまざま感情たちが大忙し。
…そんな感情が、ある日突然消えちゃったら…
 
友情の島が消えて、好きだったものにも蓋をして、空想の友達のことも忘れて家族のこともどうでもよくな
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.0


何かやるなら完璧にやらなくちゃ

妻エイミーが突然姿を消したことにより、幸せな結婚生活が破綻する
徐々に疑いの目は夫、ニックに向けられ
結婚5周年目にしてあまりにも妻のことを知らなすぎたことに気づく
>>続きを読む

キリング・ガンサー(2017年製作の映画)

3.5


スコアの低さにびっくりするけど…おもしろかったです。

謎に包まれている伝説の殺し屋ガンサー
彼を殺せば自分たちが最強になる!というわけで各国から凄腕の殺し屋たちを集めて戦うモキュメンタリー
国岡さ
>>続きを読む

オクトパスの神秘: 海の賢者は語る(2020年製作の映画)

4.0


じかに自然に触れたいからウェットスーツは着ないという心がけが凄すぎる
そのくらい彼は自然に溶け込んでいて
映し出されるタコの生態には驚かされることばかり。
さらに人間と生物を超えた愛に胸が熱くなった
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

-


選ばれし子供達が明日の未来のために戦う名作
脚本、吉田玲子さんなの納得した。

それでもお腹は空くし、トイレにも行きたくなるし、好きな人と喧嘩もしちゃう
そういうところが近い存在に思えてすごく好き。
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険(1996年製作の映画)

-


愛だけじゃ幸せになれないとかそこそこお金がないとだめだとか、今日も春日部のみんなは大人っぽい、と思わせる冒頭から
自分のことを信じてくれない友達、騙されていることに気づかない親に心がすり減りながら、
>>続きを読む

こっぴどい猫(2012年製作の映画)

4.0


傷つけるより傷つけられる人間のほうがいい
…なんて言ってはみたものの
世間は狭く、よく知っているはずの相手のことをあまりにも知らなすぎた

子供ができたから結婚する流れになってない?
突然開き直る男
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.0


小さい頃からそばにいる人が信じている宗教をおかしいものだと思うのは難しいかもしれない
好きになった人からの何気ない言葉に傷つき、普通じゃないのかもとは思っても
絶対的存在でもある両親の言うことを蔑ろ
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

3.8


南極観測隊員の料理人として派遣された西村を中心としたゆるっと笑えて癒される話

冷凍や缶詰、保存の効くものを主にして
限られたものでいかに美味しいものを作るか
はじめは肉ならなんでもいいとか、
ご飯
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年製作の映画)

-


大小問わず、春日部の子たちのへんてこな夢の数々が愛おしい〜いいんだよ夢なんだから〜笑われたって馬鹿にされたってそれが自分の夢なんだもん

とんでもない状況でも夢を見て想像して。

どんなに嫌われても
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


すきじゃないけどなるほどなと思った
最初の絵がすべてを表しているんですね…


側から見れば小さい子供にまでとんでもないことをさせているなと思うのだけど狭い世界で生きていたらそれが普通のことだと思っ
>>続きを読む

地上の星たち(2007年製作の映画)

4.2


文字が自分に襲いかかってくる
テストの時間も他のことが気になって集中できない

いままでに何本か見た映画でも言われていたけれど
インドはあまりにも競争社会。
受験に失敗したら負け組で生きてる価値がな
>>続きを読む

さよなら、退屈なレオニー(2018年製作の映画)

3.5


飽きっぽく何をやっても続かない
何もかも気に入らなくてイライラ
何がしたいのかよくわからない
母の考えが苦手だし新しい父のことはもっと好きになれない

ここを出たい
あれをやりたい
願望はたくさんあ
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.0


お互いの好きなところ、からはじまる
こんなにたくさんあるのにそれでも別れてしまうなんて…冒頭からうるうる

ちゃんと愛はある
子供を大切にしているし
お互いに尊重している
結婚という括りではうまくい
>>続きを読む

>|