にっきい

T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版のにっきいのレビュー・感想・評価

3.7
密閉空間に男4人女1人はヤバいですってw

昨年オリジナル版観て、あまりの面白さに驚いた作品のホントの最終版。

ロシアvsドイツ、2人の車長の話し。
いやー、もうこれはサイコーですね!
実はボクはダイナミック最終版は、オリジナルのスピード感が無くなった様に感じて、ちょっと評価下がったんです。
それよりさらに長い3時間越えのこのヴァージョン、ちょっと不安もあったんですが…。
でも実際は物語に対してより理解が深まる編集で、めちゃくちゃ面白かったです!
オリジナル観たのが去年の11月でダイナミック最終版観たのが今年の3月。
1年経たないうちに3回目のレビューなんで細かい事は抜きにして。
ダイナミック最終版は主に後半の演習という名の処刑からの脱出劇の部分に追加シーンがありましたが、今作は前半に追加されてました。
ソフト持ってて見比べたわけじゃないし、これも含めて3ヴァージョンとも劇場で1回づつ観てるだけなんで、気付いてないシーンもあるかも知れませんが、今回は殆どがヒロインに関する部分の追加でした。
ヒロインが戦車乗りたちと一緒ににげるんですが、そのきっかけが描かれてます。
まずドイツ軍士官に呼び出されて2人で歩いてる時、主人公がヒロインの瞳が綺麗だって口説いてる?w
脱出後、恋人同士になるんですが、いきなりではなく徐々に距離を縮めてたんですね。
その後ヒロインは捕虜だけどドイツ人の血も混じってるので、ドイツ軍士官からも求婚される。
これが後半の地図を盗みに行くシーンにつながる。
もちろんツッコミどころもあるし、戦争は悲惨なものだけど、この映画は娯楽作として良く出来た作品でした。

これ観た次の日、朝から映画観に行くのに電車に乗ってたら、優先座席に座ったおじいさんが思いっきりケータイで喋ってる。
なんてフリーダムなんや?www




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2020年8月15日
鑑賞回:17:55〜21:10
劇場名:みなみ会館
座席情報:スクリーン1 H-4
上映方式:2D 字幕
レーティング:G
上映時間:191分
備考:会員料金
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『デート・ア・バレット デッド・オア・バレット』