KKさんの映画レビュー・感想・評価

KK

KK

映画好きの大学生20歳 1日1本
ヒューマンドラマが好物
似た趣向の方フォローさせていただきます
拙い文章力ですが率直な感想書いてきます

映画(371)
ドラマ(0)

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

こーいう映画マジで好きだ.........
子役が輝いてる映画はたまらない。
けど俺が好きなのは、子供っぽい子供じゃなくて、ちょっと大人びた、それでいてちょっと生意気で、その上優しい、そんな全てを持っ
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.7

原作ファン
しかし、映画館で見てガッカリするのが嫌だったからここまで待ってAmazonプライムで鑑賞

やっぱ漫画原作の映画化は難しいよなぁ
原作ファンからしたら、実写化したら原作の雰囲気とはやっぱり
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.9

4年前に公開された映画だけど、もしかしたら今はこの世界に近づいているのかもしれない。アレクサやSiriとか、多分プログラムされた決められた会話だけなんだろうけど、音声認識が進んで、機械と会話する時代に>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.9

実話映画
実際に起きた事件とは思えないほどぶっ飛んでて、エキセントリックで恐ろしい事件
実話映画だから〜という感想はあまり好きじゃないけど、やっぱり『事実』ってのには力がある。突拍子もない話だとしても
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

色んなものがぶっ飛んでる笑
王道スパイアクションな感じ
スパイ道具発達しすぎでしょ(=^^=)

続きも気になるなぁー!

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

2度目の鑑賞
しかし、その感じ方は1度目とは全く違った。今回は、立川の極音というもので初めて観てみた。衝撃的だった………
申し訳ないけど、前回行った映画館、今まで行ってきた映画館とは全く別物だった。
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.0

今更ながら初鑑賞
想像以上に良い映画だった。
ジブリってやっぱいい(≧ω≦)
ポルコ・ロッソの声がめちゃくちゃ渋い
セリフの節々から凄くセンスを感じる
「ローストビーフになっちゃうから」
フィオかわい
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.9

主演2人の眼力に圧された……
ケイト・ブランシェット、どこかで見たことあるなぁと思ったら、『シンデレラ』の継母だった人だ!その時も思ったけど、半端ない迫力ある人だなぁ。けど、今回は迫力に、さらに美しさ
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.9

孤独 雨 狂気
ニューヨークの闇を映し出す映像とそれにマッチしたジャズ音楽、そして何よりトラヴィスが醸し出す孤独と狂気を感じさせる雰囲気。
心の奥底にある思いはトラヴィスの思いと被る部分がある
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.6

余韻が凄い
大好きな映画のうちの1つ
「優しさ」ってきっとこういうことを言うのだろう。
フィリップがドリスに心を開いた理由はどこにあるんだろう?ドリスの型破りな言動か、馬鹿正直で底抜けに明るい所か。
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.9

これだよ!!
求めてたのはこの熱量、迫力、挫折、狂気
よくある、初心者とかが努力して頑張ったら大会優勝しましたみたいな、そんなもんじゃない。
他の誰よりも才能がある人間が他の誰よりも、苦しい努力をして
>>続きを読む

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

3.5

邦題とパッケージから、「お、これは良質なサスペンスの匂いがするゾ」っとあらすじも何も見ずに鑑賞。大きく予想を裏切られた。笑
トリック系のサスペンスを期待してた自分は結構序盤で思ってたのと違う感はあった
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.5

カッコいい………
いつまでこいつらは青春の中を生きているんだ…
悪く言えば、過去から逃れられないダメなジャンキーどもだけど。前作をめちゃくちゃ好きだったけど、今作を見ると前作がもっと好きになった。前作
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.6

大好きな作品

上手く言葉に出来ないけど、セリフの一つ一つとか、俳優の表情とか雰囲気とかがたまらなく好き
マット・デイモンとベン・アフレック、ウィルとチャッキーの友情に涙
「もしお前が20年後もここで
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.5

これは分からん……
この映画をネタバレなしの初見で理解できる人がいたら凄く話を聞いてみたい。
一体映画のどこを見ているのか知りたい。
それほどまでに難解。難解というよりヒント少な過ぎない?解説を読んで
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.2

誰よりもジャズを愛し、トランペットの天才であるチェット・ベイカー。才能もあり、その上ジャズに対してはどんな努力もする、まさにジャズを愛し愛された男。
しかし、彼はドラッグに溺れてしまう弱い一面を持つ。
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.8

シンプルにカッコええ( ̄∀ ̄)

1作目と同じでストーリー的には、ん?と思ったりあんまりスッキリしない部分もあったけど、イリュージョンシーンは圧巻!

特に、チップ盗む時のダイレクトパスと雨止めるとこ
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.7

泣ける
何度見たか分からないけど、泣ける
どのシーンを切り取っても好きな映画

サムとルーシーを皆が引き離そうとするけど、2人ほど深い愛情で結ばれてる家族はいないと思う。障害があるから、子供を育てられ
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.5

アルパチーノが演じるトニーのイカれっぷりがハンパない。目が怖い。目が。
チンピラの時からすでに親分フランクを超える貫禄を見せてたけど、その正体は何をするかわからない恐ろしさだったと思う。
その度胸とコ
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.9

タイトル、パッケージ、サラッと読んだ予告情報から、あぁ、麻薬取締官が暴力とか恐喝とか、犯罪ギリギリのとこまでやって結局は悪を倒してくんでしょ。っていう物語を勝手に想像してて、よくあるやつかなぁと思って>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.4

友達に勧められて鑑賞
こういうアニメの映画って割と苦手なジャンルなんだけど、友達が面白いって言ってたから見てみた。んー、やっぱりちょっと苦手だった( .. )
曲は知ってるのは楽しめたけど、意外と知ら
>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.4

メキシコからの不法入国者、アメリカ人のイカれたオッサンが犬と銃を持って、「人間狩り」をする。シチュエーション的に嫌いじゃなく、序盤のスナイピングでは無慈悲にシューティングゲームのように殺していく恐怖と>>続きを読む

マイ・ドッグ・スキップ(2000年製作の映画)

3.7

ジャック・ラッセル・テリア
実家で同じ犬種の犬飼ってるんだけど、
もぅ思い出してしょうがない(´•ω•̥`)
ジャックラッセルテリアはめちゃめちゃ人懐っこくて、活発で明るくて前向きで悪いことして怒られ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

すげぇ……………
映画館で見なかったことを真剣に後悔笑
スティーブン・スピルバーグって凄い人だと再認識
普通に映画見てても、自分が好きな映画やゲームとかのオマージュがあるとそれだけでテンション上がる。
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

4.0

Clowns laugh at you.
「ピエロがお前を嘲笑う」
ダサいと思う人もいるかもしれないけど、自分は意外と好き(・∀・)
原題より好みかも

タイトルとパッケージからなんとなくバイオレンス
>>続きを読む

エクソシスト(1973年製作の映画)

4.0

これは怖い
ジャンル的にはホラー?オカルト?
普段はあんまりそういう系は見ないけど、ハロウィンも近いということで夜中に意を決して見てみた。
トラウマになることを覚悟して見てたんだが、ちょっと予想と違っ
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

3.8

軽くトラウマになりそうな映画

第二次世界大戦末期、日本の敗戦が濃厚になった中、フィリピンのレイテ島に見捨てられ、取り残された日本軍兵士。彼らは何かのために戦うのではなく、ただ生きる為だけに生きている
>>続きを読む

ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年製作の映画)

3.6

恐らく初めてドキュメンタリー映画というものを見たと思う。あと、マイケル・ムーア監督の作品も初めて。
コロンバインの銃乱射事件から、アメリカの銃社会について監督自らがインタビュアーとなって話す。
衝撃的
>>続きを読む

そして友よ、静かに死ね(2011年製作の映画)

3.8

邦題をダサいと思うかは人それぞれだけどこれはアリだと思う。
確かに、ネタバレ感すごいのは認めるけど
この映画の魅力はそんなもので落ちはしない。これは1人のギャングの男の生き様の物語。ジュラール・ランヴ
>>続きを読む

ひゃくはち(2008年製作の映画)

3.4

好きな人には申し訳ないけど、自分にはあまり合わなかった。自分が苦手な邦画の感じが存分に出てるように感じてしまった。
でも背番号渡すシーンは昔の自分を思い出せるちょっといい場面だった。

日本では割と甲
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.3

実話
けっこう鳥肌がたった

神父や枢機卿など、日本人には馴染みがなく信者たちにとって神父や宗教がどんなに大切に思っているかなど、正直理解しきれなかった部分もあると思う。しかし、映画の演出、俳優陣の熱
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.2

ツイッターで#終わり方が最高に好きな映画10作品にこれが何度も入ってたので気になって鑑賞

始まりはタランティーノ監督のお決まりの無駄会話。なんの伏線にもなっていないただの雑談
見る人によっては、なん
>>続きを読む

フットルース(1984年製作の映画)

3.8

音楽最高!
特にFoot looseが耳から離れない

今の日本で音楽禁止されたら暴動起こる笑
ケヴィン・ベーコンはカッケーけど、
ありがちなイケメン至上主義な映画だった

ユー・ガット・サーブド(2004年製作の映画)

4.0

めっちゃダンスカッコいい!!
90分のMVを見てるみたい
正直、ストーリー的には特にひねりもなくシンプルかつ王道のストーリーでまぁ面白いんだけど、この映画のメインはそこじゃない。
小学校か中学でコレみ
>>続きを読む

>|