こうきちさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

こうきち

こうきち

映画(461)
ドラマ(1)

戦艦ポチョムキン(1925年製作の映画)

3.5

ロトチェンコのポスター(モノホンもソ連のポスター展で見た)とショスタコーヴィチの音楽が有名ですよね。ずっと気になってはいた。やっと鑑賞。

サイレントだからどうかな〜と思ったけど、プロパガンダだし、向
>>続きを読む

プラン9・フロム・アウター・スペース(1959年製作の映画)

2.0

実写デビルマンが面白すぎて色々調べてたら延長線上に出てきたので…

いや、つまんないよ!?つまんないけど、デビルマンに比べたら一貫性はある気がする。80分だからサラッと観れるし。超低予算なのも伝わって
>>続きを読む

都市伝説物語 ひきこ(2008年製作の映画)

2.5

アマプラに転がってた。完全ネタチョイスなんだけど、サッサカ進むから思ったよりすんなり見れた…
ショボいCGがプレステっぽくて逆に面白いかも。

内容はわかるようでわからん!

コマンドー(1985年製作の映画)

3.8

おバカ映画。吹き替えが面白すぎる。ニコニコ動画でコメント付きで観るのが正しい作法らしい。

筋肉は全てを解決してくれる。

たまに無性に食べたくなるジャンクフードみたいな感じ。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.7

あぁん、しんどい。きっつい。

嘘つき/悪人は一人もいないのに、どんどんお互いの認識がズレていく。
青春時代だから出せる、まっすぐだけど歪な自意識やエネルギーやプライドが絡まりに絡まって起きる小さな大
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.6

ただのポリコレだったら「あぁいつものか」で終わりなんだけど、3作目とだけあって世代交代ストーリーもなかなかアツくて良かった。

カーズ2(2011年製作の映画)

2.8

うーんこれは微妙。台詞にし過ぎ・キャラクターに触れ過ぎな感じがしてる。ラセターってもっと上品にできるやろ?

カーズ(2006年製作の映画)

3.9

意外と書いてなかった。

「美しい田舎を捨ててギラギラした格差社会・競争社会に身を置くのは果たして本当に幸せか?/正しい事か?」という自分ごとのテーマを、無機物モチーフの擬人化一本で書ききるラセターの
>>続きを読む

地下幻燈劇画 少女椿(1992年製作の映画)

3.8

上映にあたっては紙吹雪や発煙筒、スモーク等の仕掛けによる特殊な演出が施され、神社境内や地下室でゲリラ興行された(Wikipediaより)
…絶対面白いじゃん…観たかった…

上映禁止期間もあった超絶発
>>続きを読む

ザ・フライ(1986年製作の映画)

3.7

くっそグロいしラストは哀れだし、マジで救いが無い

「棚をブランドル博物館にした」って台詞、かなり好きだな。

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.8

ただ鉄の巨人が現れるだけの話だと思ってたら、冒頭はスプートニクの映像から始まるし、子供は核攻撃のプロパガンダ見せられてるし…なるほど説得力、と思っちゃう。
「巨大ロボットが宇宙から降ってきた」というぶ
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.1

あらお洒落。
スゲー適当に観てたら途中で訳わからなくなった、注意深く追ってかないとアカン。

「どんでん返しじゃなくて最初に全部仕組みを説明するタイプの映画か〜おもろいな〜」と思って観てたらちゃんとど
>>続きを読む

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

2.9

途中から柴咲コウ可愛いな〜以外の感想が出なくなった

フライヤーのデザインが好き。

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

3.5

現代の価値観に囚われないイケオジの話かと思ったら、途中からどんどんメンヘラ化していくのがなんか新しかった。ちょっとこれは今迄に無いキャラでは…?

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.3

これが身体障害じゃなくて精神障害で、尚且つ貧乏・毒親育ちだとジョーカーになるんやなぁ…

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.5

本来、お互いが人間としてあんまり需要ない者同士なんですよね。
でもそんな事は関係ないし過去はどうでも良くて、今のお互いがガッチリハマったからいい関係になれた。
スゲーわかりやすいし、なんかバディもんの
>>続きを読む

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

3.7

ぶっちゃけそんなに難しいことはやってないんだけどさ。この短期間に、ここまでやり切っちゃう行動力に脱帽ですよ。

世界中がこういう状況な中で、こうやって前向きにモノを作っていく姿勢、素晴らしいと思う。

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.2

福山雅治があまりにノリノリなので、途中からなんだか可笑しくなってしまった。いや凄いよ福山雅治。みんなこんな未来想像できた?
ほいでリリーフランキーは最近こんなんばっかり(爆)

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.0

何が「スマホを落としただけなのに」だ…
パソコン弱い奴の「何もしてないのに壊れた」と一緒やないか…

リアクションが大袈裟だったりセリフが台本臭かったりで教習所のビデオみたいですね…
内容が教習所的啓
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.4

途中からもしかしたらジョーカーなんじゃないのかなジョーカーだったら嫌だなと思ってたらちゃんとジョーカーになったのでジョーカーだなって思いました。これが更にジョーカーになるとジョーカーになるんでしょうね>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.2

全編通して色が最高。ギラギラ。これが21世紀の悪魔か。

もっと抽象的な表現で一旦置いてけぼりにされると思ったんだけど、意外と因果関係とか人の感情とかはっきり描くので、そんなもんかぁ〜と拍子抜けした。
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.2

個人的3大「アメリカが過ぎる」映画の一角。

残り2つはアルマゲドンとコンエアーね。

誰も知らない(2004年製作の映画)

4.2

子役の演技が上手すぎて、本当に苦しい時間を共有しているようで、ただただ辛い。

決して彼らを愚かだと思ってはいけないのである。「貧困」「孤独」は人の思考を遅らせるのである。

「なんでここでこうしなか
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.0

・ギラギラ光る「if」マークまで出して、ストーリー上の因果関係とかもかなりはっきり説明してくれる。タイムリープもの初級編って感じ。逆に言うとやや下世話。
・タイムリープものにしては内容が薄い、展開が少
>>続きを読む

2012(2009年製作の映画)

2.7

なんでかわかんないんだけど、あんまり映像から絶望感受け取れないんだよね。すげぇ滅亡してんのに。なんでだろ。

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

3.8

デバステーターのちょっと知能指数低い感じとか、ジェットファイアの中二心くすぐる感じが大好きです!俺の中の男児が目覚める。

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

4.0

意外と書いてなかった。
当方カーロボット世代でして。幼い頃夢中になった「変形する車」!こんなにカッコよく蘇るとは思わなかった!純粋に映像でお腹いっぱい。

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.0

なまじ見やすい&モノクロなので途中から淡々と「映画」として消費し出してしまう自分が居た。それだけに、ラストでグワーッと揺り戻されて「そうか…全部真実か…」と思ってしまうなど。

スピルバーグって、他の
>>続きを読む

西遊記(1960年製作の映画)

3.5

油断してた、思ったより何倍もちゃんとしてる。
悪役のデザイン(ガッツリ四足歩行もする)とか、擬人具合とか、ミュージカル仕立てのノリとか、完ッ全にディズニー意識してるよなぁ。
日本らしい洗練された仮現運
>>続きを読む

地上最大のショウ(1952年製作の映画)

3.3

サーカスの全部が見られる。
調べてないから分かんないけど多分ほとんどが本物のサーカス団員だよね?今じゃ絶対撮れない味があっていい。記録映画に近い。