ミーハーさんの映画レビュー・感想・評価

ミーハー

ミーハー

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

犬

普段から独り言とかまったく言わない私ですが。
今作は、おわっ…とか、いたい…とか、ラストなんてぶちかました日岡、これでおあいこっすわ(だったかな?)のシーン見てかっこえー…と呟いておりました。
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.2

毒親の域を超えてる。

たくさん思ったことがあるんだけど、文章にして書けない。頭の中がぐちゃぐちゃになってる。

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.1

意外と面白かった。
始まりは怒涛の展開でダラけずに入り込めて、うまい具合に徐々に嫌な空気漂ってきて、服や部屋の色合いで家族の状況臭わせてくる。パラサイト的な不気味さもあるけど、あれはやっぱり他国の文化
>>続きを読む

さよなら、私のロンリー(2020年製作の映画)

3.5

なんとなくつけていたテレビから流れてきて、最初の数分ですぐに引き込まれた。
なんだこの動き…から始まって、なるほどこういう家族か。と理解し始めてからも、理解を遥かに超えてくる世界観に目が離せなくなる。
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

今まで知らなかった愛のかたち。そもそも、これまで十和子がおもっていた愛は果たして愛だったのか?(相手側からは確実に愛ではなかった)十和子がラストに気付くその後がとてつもなく知りたい。

主演が蒼井優と
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.2

それぞれの人物に想うことが多すぎて書ききれない。

めちゃくちゃ泣くだろうと覚悟していた。ボロボロ泣くというよりかは、主人公二人に感情移入してしまってぐっと涙が込み上げてくる感じ。チョコレートドーナツ
>>続きを読む

君に届け(2010年製作の映画)

3.0

原作漫画を発行当時買い集めてたから、懐かしかった。

彼を思い出して泣いてしまうかもと録画をみれずにいたんだけど、いざ始まると彼はもう風早くんで、爽子も周りの友人達も、くるみもみんな原作に忠実で全然悲
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国(2009年製作の映画)

2.9

これは求めてなかったなー。
かわいいのはいいんだけど。
クレヨンしんちゃんは求めてないのに感動するのがいいんであって、こんなに演出されると冷めてしまう。
あと、しんちゃんも飄々としてるのにいいこと言っ
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

3.0

みさえはそんなおばさんじゃないよ、全然太くないしケツデカでもないよ、と悲しい気持ちで感情移入。

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.1

クレヨンしんちゃんって、下手なドラマよりよくできてるよなーと感心した作。
笑えるし程よくしょーもないし、細かいとこまでよく考えたなってとこもある。

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年製作の映画)

3.0

2歳娘がどハマり。
宇宙人ごっこをしてるから入りやすかったみたいで。
シリリの見た目は好きになれないんだけど、なんかかわいいと思える。

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年製作の映画)

3.2

泣いてしまったー。親目線で見てしまうから、みさえとひろしのしんのすけへの愛に。

コロッケが嫌いなので、(なぜか顔とか受け付けない)ちょっとコロッケのシーン長いなと思ったし、子どもは知らないからキョト
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王(1993年製作の映画)

3.1

息子のしんちゃんデビュー作。仮面ライダー系にハマってるからかすごく楽しんでた。私はそれなりに。

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

面白かったけど、こんだけの罵声を聞かされて育ったり、寝てる横で致すのは虐待やろ…という不快感が残ってしまった。

確かに主演2人の演技は自然におもしろかった。素なのかなって思えたし、濱田岳なんてラスト
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.0

戸田恵梨香がピストルバーンてしてる宣伝だけ記憶にあって、なんとなく大きな話かと思ってたから、小粒の集まりなオムニバスに拍子抜けしてしまった。
すこしずつの嘘がすこしずつ関わってて、なるほどね〜とはなっ
>>続きを読む

影踏み(2019年製作の映画)

2.8

昔山崎まさよしさん主演?ですごくいいドラマをみた記憶があって、それをなんとなく思い出した影響で観てみたくなって。それだけで前情報なにも入れずだったのでよかった。

けど内容理解しづらくて、しかも理解で
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

日本のアウトロー、任侠映画は比較的避けてきた。フィクションだけどリアルで、痛さがほんとに怖くて、なんとなく。北野武の映画も怖そうでみたことない。

この作品は任侠映画の今後を担っていくんだろうか。続き
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.0

いい小説をみたっていう、ほんわかとした雰囲気。

なにが起こるわけでもないけど、それぞれの出会い、その後の関わり方が描かれていて、知らないところでいい繋がりが続いてて。
都会?ってあんなすぐバス停まる
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.4

他にない設定で、なるほどそういうことかと。
ラストでだけ7人の様子が出てくる。よくもまぁ7つもこんな分かりやすく違う性格に分かれたなぁ。
しかもそれなりに稼げる曜日が何人かいた。他の人より7分の一しか
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

4.2

蒼井優の「すきよ」の破壊力。
この人こんなにかわいらしくて、綺麗で、儚くて、愛らしかったのか。と、どの作品を観ても思う。もともとは好きなタイプの顔ではないのに。ズルいよね、

きたろうがとても良くて、
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.1

まさしくタイトル通りの愚行録だった。

誰にでも愚かな面はあるし秘密もある。秘密は言いたくなっちゃうから、みんな少しずつ他人である記者の妻夫木くん演じる田中に本性出してしまう。
満島ひかり演じる妹は、
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

3.1

少しばかり田舎に住んでるので、リアルな老人の決めつけや噂話、排除にムカムカして途中で休憩挟んだ。
そうなのよ、真実がどうかじゃなくて、話の落とし所があればいいだけ。

なんかこの映画ところどころ観た記
>>続きを読む

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

2.0

30年間を3月だけで織りなす物語。うん、すごく期待。しかも波瑠と成田凌!ラブストーリーあまりみない方だけど、これは観るしかない。

あれ?そういえば3月だけの物語だったか…と終わって思い出すほど、設定
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.0

あいつ粗品じゃん。
最後の岡本夏生じゃん。

復讐が性格となった2人の男の話。もしかして15年も同じ年月だった?

もともと気にはなってたけど、ヤクザ系拷問の痛さは苦手で雰囲気で避けてきた。とうとう観
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

2.9

前作の成田凌がよかったので、観なくてもいいかな…という気持ちを抑えて鑑賞。
やっぱり成田凌を観るためのエンタメだった。千葉くんもいいんだけど、ちょいちょい子猫顔出してくるし、演技がわざとらしくてあと少
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.6

すごくイギリス感あって好きだった。

観始めてからこれハマれるかなぁ…と思ったけど、コメディーも挟みつつテンポも良くてダニエルクレイグもさすが、冴えてるおじさん探偵はボンドとは一味違っていいし、あっと
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.4

よくこんな儀式思いついたな…ダニーが泣き叫ぶと周りの女性たちも同じように繰り返すところ、笑ってしまった。
グロさが気持ち悪いだけじゃなく痛いからさすがに目ぇ閉じたわ…けど目を閉じても何回も急に画面変わ
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

2.8

タイトル、桃、ザクロ、水辺。
「君の名前で僕を呼んで」を意識して描かれてるとは思う。もしかしたらへび、ハエとかも?けど、男性二人の立ち位置が違うため、象徴の意味が分からなくなる。なんか浅いというか…(
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

2.7

キャスティングのせいでお金盗んでる奴とか亜弓殺した奴とかすぐ分かるし動機も分かる。けどこの映画はそこに重きを置いてない。
郁男がクズで、どんどん堕ちて堕ちて、ほんとの最後の方でやっと再生したくてもがい
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.3

美しいサイコパス。
数々の悪行に理由は特になく、好きな人と一緒に楽しく過ごしたいだけってかんじで、理解は到底できず。
時折みせる少年らしさに驚かされて、あ、この子まだまだこどもだった…と気付かされる。
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

4.2

この題材で思っていたテイストとは違って、それがいい時もあり、要らない時もあったかな。
けど田中裕子さんだからこその憎めなさ、かわいらしさ、けど覚悟のある眼差し、奥にある想いがみてとれて、素晴らしかった
>>続きを読む

残された者-北の極地-(2018年製作の映画)

2.7

セリフも説明も削ぎ落とされた映画。
淡々と生き延びようとアラームを使って生活しているマッツ。時間通りに魚を釣り、雪を削り、眠り、失った仲間に会いに行き。また明日と言っちゃう。
そんな中独りじゃなくなる
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

3.9

感じた事はたくさんあるけど言い表せない。

たくさんの伏線を散りばめてきれいに回収してくのすごい。
母親役の方がよくみると綺麗な方で、(ホステスたちやバスのおばさんたちと比べると突き抜けて綺麗)きっと
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

アカデミー賞を競ったジョーカーの次はこの作品。
貧富格差や笑ってしまう脳の障害。なんとなく似てるなぁ…とは思ったけど、観終わった時の気分がなんだか違った。なんだろう。
ジョーカーではジョーカー本人を除
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

最初の5分観ただけで、これは狂気に呑み込まれそうで疲れるやつや…落ち着いて観れる時に…と集中できず録画放置してたのをやっと観た。次の5分?10分?を観たらそこからはノンストップでのめり込んだ。

最初
>>続きを読む

>|