ユートスカイウォーカーさんの映画レビュー・感想・評価

ユートスカイウォーカー

ユートスカイウォーカー

骨、折りました。

映画(316)
ドラマ(0)

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

『キーラは出てくれなかったから、ジョシュに頼んだ。彼もいい俳優だよ。キーラには負けるけどね』
──ライアン・レイノルズ。



1作目の公開が2016年ですから、R指定でありながら2年後に続編公開とい
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.5

『この映画が色あせないのは、ダンスが時代を超越しているからだ。』
──ザック・ウードリー。(「グリー」振付師)


ミュージカル映画といえば古くは、「巴里のアメリカ人」「踊る大紐育」「バンド・ワゴン」
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

『ノエル君、あなたになにを書いたらいいのかわからないので、四匹の小さいウサギのお話をしましょう。四匹の名前はフロプシーに、モプシーに、カトンテールに、ピーターでした…』
──ビアトリクス・ポター。
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

【パシフィック・リム:アップライジング】

『前作の精神を保ちたかったんだ。』
──スティーヴン・S・デナイト。


世界中の、特に日本の男子たちを熱狂させたあの『パシフィック・リム』の続編がついに!
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

『いい映画というのは始まりと終わりで、殻を破るかのように登場人物の見え方が変わってくるものだ』
──町山智浩。

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)も10周年ですか…。
2008年の『
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

【スパイダーマン ホームカミング】
『今回目指したのは現実味のある悪役だ。』
──ジェレミー・レイチェル(製作総指揮)

『今までで最もスパイダーマンらしいスパイダーマンだ』
──ケヴィン・スミス(コ
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

『新作に取り掛かるたび悩んでしまう。
まだやるべきことは残っているのか。テーマになる伝承はあるのかと。』
──マーク・ヴァーラディアン(製作総指揮)

シリーズももう5作目ですか。
一番最初にハリウッ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『カルビンは行き過ぎた好奇心が生んだ弊害だ。』
──ジェイク・ギレンホール。


久しぶりにそこそこなバジェットでモンスターパニックモノが来ましたね!
しかも舞台は宇宙ステーション!
宇宙ステーション
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

『僕は"驚異的(ワンダー)"という言葉が彼女そのものだと思う。
彼女の本質を見事に言い表している。
"いい驚き(ワンダフル)"ばかりではないところから発見もある。』
──グレッグ・ルッカ(コミック作家
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

『キャラクターと共に時を重ねることができるのが、続編の魅力である。』
──三宅隆太。

カーズ2がねぇ〜…ちょっとあれでしたからね〜。
カーズの世界観がブァ〜っと広がった感じは良かったんですけどね。
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

『もっと短くできるよね。』
──ユートスカイウォーカー。


鑑賞から数日が経ちました。
自分の中の気持ちを色々と整理し、率直な感想を言うのであれば、お世辞にも最高だったとは言えない。
そんな気持ちで
>>続きを読む

ピープルvsジョージ・ルーカス(2010年製作の映画)

-

エピソード8の公開目前ですね!
前夜祭があるからもう見た人もいるのかな!?

個人的になんとなく、というか確実に恒例化しつつあるスターウォーズの予習。
そんな流れで本作も予習にとして鑑賞したわけですが
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

『トム・クルーズと一緒にスタントをする!?それなら俺をクビにしてくれ!』
──ジェイク・ジョンソン。
『そこが君の持ち味なんだ!』
──アレックス・カーツマン。


ユニバーサルが誇る古典モンスター達
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『彼らが対峙するのは自然ではなく神なんだ』
──ジョーダン・ヴォート=ロバーツ。


1933年、アメリカが生んだ元祖モンスター、キングコング。
映画化としては8作目。
ピーター・ジャクソン版が200
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

『前作を超える壮大な神話を作り上げたかったんだ。』
──ディーン・デヴリン。(脚本家)


あれから20年──。
そうですか、20年ですか…。(厳密には21年)
20年前といえば僕は小5?小6?わかん
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

『過去 現在 未来という区別は、主張の強い幻に過ぎない』
──アルベルト・アインシュタイン。


原題は『arrival』。直訳すると到着とか来着ですね。
それに対して邦題は『メッセージ』。
これは近
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

『サラザールは復讐に燃える闘牛なんだ。』
──ハビエル・バルデム。



MovieNEX初の4KUHDでございます!3D同梱でございます!
『この時歴史が動いた』
と、コレクターの間では言われても過
>>続きを読む

サムライ(1967年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『私の夢は、主調となるかすかな一色だけでこれがカラーだとわかるような、モノクロの色彩映画を撮ることだ』
──ジャン=ピエール・メルヴィル。


字幕版2回、吹替版1回鑑賞済みです。


余談ですが最近
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『この映画を見た人たちには徹底的に討論してほしい。』
──モルテン・ティルドゥム。


2D字幕を2回、Blu-rayに収録されている各メイキングを鑑賞しました。
3D版は手元に無く未鑑賞ですが是非3
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

『映画における音楽が過小評価されてきた』
──ジェームズ・ガン。

字幕2D、字幕3D、吹替3Dおよび各メイキングを鑑賞しました。

いや〜最高でした。
特に3D!カラフルに飛び出す3Dは観てるだけで
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

『シリーズの時系列や登場人物の生死などの事実関係も一致しない。』
──ヒュー・ジャックマン。

ヒュー・ジャックマンがメイキングでそう言っていました。
僕もそう感じたし、同じように感じた人も少なくない
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

4.7

ここから伝説は始まった。
ロッキーシリーズの記念すべき1作目にして、スタローンをスターにした作品。



◼︎ ハングリー精神のバイブル

僕はロッキーシリーズが大好きであります。
本当に何度も何度も
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.5

オーシャンズシリーズ第三弾。
暴力なしの泥棒流復讐劇!



◼︎ 泥棒の鏡とも言える復讐劇

本作はまぎれもない復讐劇。
復讐劇といえば普通血みどろの銃撃戦だけど、本作はオーシャンズ流。
暴力なしで
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.0

新生オーシャンズシリーズ第二弾。
今度は追われる側のオーシャンと仲間達。



◼︎ ガイ・リッチーよりの仕上がり。だけど…

前作でラスベガスのカジノから大金を盗み出すことに成功したオーシャンと仲間
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.5

『オーシャンと11人の仲間』のリメイク作品第一弾。
近年ではおそらくドリームチームの火つけとなった作品。




◼︎ それぞれのロールがわかりやすい

正にドリームチームなのは言わずもがなですね。
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.0

ギレルモ・デル・トロの代表作とも言えるダークファンタジーの金字塔!



◼︎思いのほか、ファンタジーではない

鑑賞前のイメージは少女が不思議な世界を冒険するような、ガチガチのファンタジーでした。
>>続きを読む

ファントム 開戦前夜(2012年製作の映画)

3.0

1968年の冷戦時代、不可解な行動をとったソ連の潜水艦。
1974年にこれをサルベージする作戦『プロジェクト・ジェニファー』が題材となった映画。



◼︎潜水艦ものにハズレなし

よく潜水艦モノには
>>続きを読む

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー(2008年製作の映画)

3.5

アメコミ二大出版社、マーベルとDCの一歩後ろにいる第三の出版社、ダークホースコミックスから刊行される『ヘルボーイ』の映画化第二弾。



◼︎ファンタジー色が強めな良作へ

前作より作品のイメージがガ
>>続きを読む

ヘルボーイ(2004年製作の映画)

3.0

アメコミ二大出版社、マーベルとDCの一歩後ろにいる第三の出版社、ダークホースコミックスから刊行される『ヘルボーイ』の映画化。



◼︎時代がロン・パールマンに追いついた!

主演ロン・パールマン!個
>>続きを読む

レポゼッション・メン(2010年製作の映画)

4.0

近未来、すべての臓器が人工で補えるようになった世界をディストピアとして描いたSF作品。

何度見ても面白い。
SFとしてならオールタイムベストに入るんじゃないかくらい好きです。



◼︎作り込まれた
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

4.5

ロサンゼルスの闇世界を牛耳る伝説的マフィア、ミッキー・コーエン。
脱税の罪で逮捕され、ボスが不在となったロサンゼルスで実際に起こった権力争いをベースに展開され、近代ではフィルム・ノワールの最高峰だと思
>>続きを読む

パニッシャー:ウォー・ゾーン(2008年製作の映画)

3.0

マーベルを原作とするダークヒーロー"パニッシャー"三度目の映画化作品にして宿敵ジグソウが初の映像化された作品です。



◼︎大人向けマーベル、マーベルナイツ

マーベル作品の中でも大人向けの作品につ
>>続きを読む

パニッシャー(2004年製作の映画)

3.5

マーベルを原作とするダークヒーロー、"パニッシャー"二度目の映画化作品。
一度目は未鑑賞の上でのレビューです。

ちなみにパニッシャー三度映画化されていますがシリーズ的にはどれも繋がりがありません。
>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン3(2000年製作の映画)

3.0

『フロム・ダスク・ティル・ドーン』の前日譚。
2よりもさらに期待していなかったのですが、これは想像の2.5倍くらい面白かったです。

※一作目を鑑賞済が前提のレビューです。前作を鑑賞してない方はネタバ
>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン2(1999年製作の映画)

2.5

前作よりも後の話になる本作。明示的に示されているわけではありませんが、エドガー・マクグローが確信をついています。

※前作を鑑賞済が前提のレビューです。前作を鑑賞してない方はネタバレになりかねないこと
>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

3.5

ロバート・ロドリゲス×クエンティン・タランティーノによるカルト的人気ムービー!
一部の層に人気を誇り、結果的に三部作、そしてドラマ化されたシリーズの第一弾にあたり、主演はジョージ・クルーニーとクエンテ
>>続きを読む

>|