スカイウォーカーさんの映画レビュー・感想・評価

スカイウォーカー

スカイウォーカー

映画(932)
ドラマ(0)

ミイラ再生(1932年製作の映画)

2.5

‪遺跡調査団によって発掘されたミイラが蘇り、恋人を蘇らせようとする。‬
‪ミイラを題材としたオカルト映画の祖として知られる本作だが、モンスターとしてのビジュアルは冒頭のみで、後はシワ多めのジジイとして
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

‪兄の死をきっかけに故郷へ帰るとある男の物語。‬
‪問題を抱えているんだろうなとは思っだが想像以上にキツかった。‬
‪そのキツさを冬の海と冷たいカラリングでより助長させている。‬
‪展開は平凡だが、葛
>>続きを読む

マルコムX(1992年製作の映画)

4.0

‪各人公民権運動活動家、マルコムXの半生を描く伝記。‬
‪歴史に残るような有名人は、教科書に載るような1つの出来事ではなく、人生そのものがドラマチックなんだなとつくづく思う作品だった。‬
‪それにして
>>続きを読む

MUD -マッド-(2012年製作の映画)

3.5

‪14歳の少年が無人島に逃亡していた殺人犯と出会い、心を通わせていく。‬
‪離婚する両親。届かぬ片思い。とにかく愛に飢えた少年に"愛とは?"を説く話だった。‬
‪メンターとなるのは殺人犯で彼が罪を犯し
>>続きを読む

魔人ドラキュラ(1931年製作の映画)

2.0

‪ロンドンへやってきたドラキュラ伯爵とその末路を描く。‬
‪ドラキュラが辞書から飛び出してきたかの如く、まごうことなきドラキュラ伯爵であるベラ・ルゴシのビジュアルに感動する以上、特に心が動くものはなく
>>続きを読む

マーシャル・ロー(1998年製作の映画)

3.5

‪度重なるテロにより、NYに戒厳令が発令される。‬
‪本作は紛れもなくフィクションだが、当時の情勢を鋭く映像化している。奇しくも公開から数年後、アメリカ同時多発テロが発生してしまうのはなんとも皮肉であ
>>続きを読む

マスク(1984年製作の映画)

3.0

‪ライオン病という奇病を持ったロッキー ・デニスの半生を描いた実話。‬
‪どこまで実話なのか調べきれなかったが、見た目に奇病がある青年に恋する少女が盲目だってのはなんだかなぁ。‬
‪純粋無垢の若ローラ
>>続きを読む

マーヴェリック(1994年製作の映画)

4.5

‪様々なトラブルに巻き込まれながらポーカー大会までの道中とその大会を描く。‬
‪最後の最後まで騙し騙され展開がコロコロ転がるコンゲームの傑作。‬
‪リチャードドナーのザエンターテイメントといった感じ。
>>続きを読む

マイ・ブラザー(2009年製作の映画)

2.5

‪正義感溢れる優しい夫が戦死。しばらくして奇跡の生還を果たすが、彼は別人になっていた。‬
‪残された側にピントを合わせている点が鋭い。皆の中心だった男がいきなり異物として現れ、周囲が困惑する様はなかな
>>続きを読む

ボンボン BOMBON(2004年製作の映画)

3.5

‪失業し手作りナイフも売れない中年男性に1匹の犬が幸福を運ぶ。‬
‪主役のおじさんをキャスティングした人に素晴らしい賞をあげて欲しい。‬
‪顔に「うだつが上がらないねん」と書いてあるほどうだつが上がら
>>続きを読む

ボルベール <帰郷>(2006年製作の映画)

3.5

‪ある日突然、死んだはずの母が秘密を抱えて帰ってくる。‬
‪登場人物が揃いも揃って死の匂いを漂わせているのにもかかわらず、スクリーンは極彩色が支配し、脳ミソの突かれたことのない場所を刺激されまくるよう
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.5

‪いじめられっ子の少年が恋をしたのは少女の姿をした200歳の吸血鬼だった。‬
‪カメラは少年の心境を表すかのように低く目線が狭い。少年を広く捉えるのはエリとのシーンか父とのシーンだけだ。‬
‪カメラマ
>>続きを読む

ホテル・ルワンダ(2004年製作の映画)

3.5

‪1994年。ルワンダ虐殺の最中人々を救ったホテルマン、ポール・ルセサバギナの物語。‬
‪世界に見捨てられた瞬間、立ちすくむ人々のインパクトが凄い。‬
‪外国人はもとより、当の本人達も証明書がなければ
>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

3.0

‪人気女性歌手に殺害予告が届き、彼女をまもるべく敏腕ボディーガードが雇われるが…。‬
‪いわゆる急展開の典型ともいえる脚本で、難しいことなく楽しめる。‬
‪「危機感のない奴は守れない」は名言だ。‬
>>続きを読む

ベン・ハー(1959年製作の映画)

3.5

‪新たな一神教が見え隠れするローマ帝政時代初期。とあるユダヤ人の悲劇と希望を描く。‬
‪いきなりの序曲。長っ!‬
‪東方の三賢者から始まり、磔で終わる。‬
‪背景には常にナザレのイエスの存在がある。‬
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.0

‪1960年代。ライターになりたい白人女性が黒人家政婦に取材し暴露本を執筆する。‬
‪実話のようなフィクションだが限りなくノンフィクションに近いだろう。‬
‪作り話なため、罰するべき悪にしっかりと罰が
>>続きを読む

ペネロピ(2006年製作の映画)

2.5

‪呪いによって豚の鼻で生まれてしまった少女が愛されることで呪いを解こうと奮闘する。‬
‪若きマカヴォイが眩しすぎて、豚鼻すら霞む。若ヴォイ美しい…。‬
‪母のある気づきから、そうかこの作品は実はペネロ
>>続きを読む

ベオウルフ/呪われし勇者(2007年製作の映画)

3.5

‪巨人を討伐すべくやってきたベオウルフの英雄譚と闇。‬
‪最古の叙事詩とも言われる『ベーオウルフ』に欲望という罪を加え、裏側を新たな解釈で暴いた作品。‬
‪ちょうどキリスト教が迫ってきている時代のせい
>>続きを読む

>|