FHTさんの映画レビュー・感想・評価

FHT

FHT

映画(386)
ドラマ(23)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.9

クリス作品史上NO.1!!考えれば考える程面白い!!
クリスは映画界に新しい概念を作り出して生成したけど、この先の作品でこれ以上のもの作れるの!?と不安になるくらい素晴らしい作品でした。

フルサイズ
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

5.0

ネタバレ要素なしにしてます。

君は1人じゃない。


ずっとずっと楽しみにしていた作品だけあって想いか強すぎます。。

悲しみを乗り越えられず新しい道を塞いでしまっている人。
愛してる人になかなか想
>>続きを読む

マローナの素晴らしき旅/マロナの幻想的な物語り(2019年製作の映画)

3.6

犬の死に至るまでの切なく物悲しい回想の話。

マロナとして亡くなったが、これまでこの犬は"9"と呼ばれ"アナ"と呼ばれ"サラ"と呼ばれ"マロナ"と呼ばれた。

小さな事でもずっと大切にし、それぞれのご
>>続きを読む

キャリー(2013年製作の映画)

3.0

キャリーといういじめられっ子が同級生には嫌われ、母親には裏切られ、絶望の果てに超能力者になり復讐を果たしていく。
キャリー自身の優しさが時より見え隠れするものの、限界を超えたキャリーの心は爆発する。
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

ルーカス・ヘッジズ今年大活躍だな!!

13歳、思春期真っ盛りのスティーヴィーが織りなす青春ムービー!

サニー・スリッチは名子役認定!
彼の喜怒哀楽の表情がダイレクトに伝わりエモさが大爆発!

男の
>>続きを読む

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.6

懐かしのデヴィッド・リンチ感が2020年に感じれるなんて。

マルコヴィッチの穴やアダプテーションの監督チャーリー・カウフマン作品。


情報なしで初見で一通り見て拾えたもの。


まず、タイトルの"
>>続きを読む

ゲット・デュークト !(2019年製作の映画)

4.2

アマプラ配信前からめちゃくちゃ楽しみにしていた作品!

意外と観てる人少なくてもったいない!!
めちゃくちゃ面白いからみんな観てよー!

期待通りの陽キャなバカが勢ぞろい!
校長が問題児3人を構成する
>>続きを読む

アシュラ(2012年製作の映画)

3.2

鬼畜アニメだああああー!!

食糧危機に陥った時、人はどう変わるのか。

自分の産んだ赤ちゃんを焼いて食べよう。

人の住む家で斧を振り回して殺して食べよう。

これはフィクションだけど、実際こういっ
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

4.4

ドラゴンと人間が共存する世界を作り出したパート1の続きの話。

このアニメーションの良さはしっかりキャラクター達が容姿共々成長してストーリーが進んで行くというところ。

子供から大人になっていくキャラ
>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.8

ワム!のラストクリスマスの歌詞をこういうストーリーにするのか!!

クリスマスソングで一番好きな曲です。

ストーリーが90'sの王道作品みたいな感じで好き。

ロンドンのホームレス事情とか割とリアル
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.7

関係者試写にて

魅せ方が日本映画、ではなくアジア映画として観せている所が監督としての意思表示として捉えられた作品。

冒頭、キャスト紹介がローマ字表記だったり、日本という狭い空間を感じさせないドロー
>>続きを読む

サラブレッド(2017年製作の映画)

4.1

ミステリー作品好きは是非観て欲しい!
4回観て納得できた!隠れた名作!

陰湿なのにスタイリッシュ!
一軒家の中で起こるサスペンス!
空気感だけはポンジュノ作品のパラサイトや、アリアスター作品のヘレデ
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

3.4

アニメ観ずに観るとなかなか分からないところが多い。。

サクラがあざといのだけはわかった。

あの虫のおじいちゃんは悪者なの?
てことはサクラも悪者?

2を観てみます。

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.7

冒頭のゲーム、オリジナルなのかな?F-ZEROぽくて普通に発売してるならプレイしたい笑

鳥のように自由に空を飛びたい。
羽根のない人間が一度は夢見て想像する世界を手にした者がいた。

絶滅危惧種の渡
>>続きを読む

ジェニーの記憶(2018年製作の映画)

4.0

監督自ら自分の辛い実体験を映画にした作品。

自分の事をわかってくれない両親を嫌に思い、自分で生きると決めた13歳のジェニファーが"自由"を求めビルと"先生"に出会い、人生の素晴らしさを教えてもらった
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の恐竜2006(2006年製作の映画)

3.3

桃太郎じるしのきびだんごを食べたティラノサウルス可愛すぎた🦖
あと萎れたタケコプターが印象的でした。

監督・脚本が渡辺歩さんなんだ!

映画を重ねる事で、のび太の成長だったり、友情による感動がメイン
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.4

おもれえええええ!!

これまで10数名の方にオススメされ、上映を逃し、レンタル開始したものの、いつか観よう観ようとしていてやっと観れました!

本当に前編デスクトップ上の出来事で進んでいくストーリー
>>続きを読む

フェノミナ(1985年製作の映画)

3.9

なんだこれは!!
ヘドバンしながらホラー映画観れちゃう!?
怖いシーンにアイアンメイデンとか流れてもうどう観たらいいかわからないよ!!

でも本編結構怖いです。
そして虫が苦手な方はなかなかの注意が必
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

ドルビーシネマで鑑賞。

この作品は音響効果で評価がグンと変わる作品だなと改めて実感。

突然 ポッ と戦地へと放り出されて巻き込まれてしまうような臨場感。

重く揺れる振動と爆発音が恐怖の体感へと繋
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.9

澤野弘之の音楽に活かされている作品。
立て続けに鳴り響く音楽でテンポが持続していく。

澤野さんお得意のBPM100の4つ打ちも重く強い足音のように響き渡る。

演出とかはド派手で名前演出がいちいちカ
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.2

すごい。。

ストーリーとしては正直大したことないし、内容が良いかと問われると何とも言えない作品なのに、パク・ジフ演じるウニの存在に夢中にさせられた。

リアルな家族風景、家族の会話をのぞかせて頂い
>>続きを読む

アンダードッグ 二人の男(2016年製作の映画)

3.4

マ・ドンソク主演作品2作目鑑賞。

そろそろ僕の中ではマドちゃんくらいの距離感になってきた。笑

本作のマドちゃんも悪い役なんだけど根はいい系の役。
極悪の表情と困惑した表情で大きく変わる存在感は流石
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.9

Filmarks様のオンライン試写会での鑑賞。


どんなひどい父親であっても息子にとってはかけがえのない父親である事。
クズ親父に天才子役の息子。親父は親父なりに息子の為に戦っている。不器用ながらも
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.7

この場所であなたは苦しい思いをしている。だが、こちらの場所ではあなたをずっと必要としている。

この世界のどこかにあなたの居場所は必ずある。

人生についてポエトリーで綴られるストーリー。
沢山の思い
>>続きを読む

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

1.5

よーし!!クソ映画の歴史に残る1作だー!!(褒め言葉)

前作同様終始ギャルが大袈裟なパニックを起こして空回りし犠牲者を増やすスタイル!

もはやサメが人を襲うではなく、ギャルがサメを誘導して襲わさせ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

悪人伝観たいなー。でもマ・ドンソクあまり知らないんだよなーと話していると、新 感染観たことないんですか!?と総突っ込みされたので鑑賞!

マ・ドンソクさんめちゃくちゃ良い役者やなぁー!

ゾンビ史上も
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

4.4

2020年邦画作品ベスト入り確定かな?

原作、脚本、監督、キャスト、技術スタッフがそれぞれ描いていたものがうまく噛み合ってこんな素晴らしい作品になったのであろう。

松岡茉優が圧倒的過ぎるのは分かり
>>続きを読む

放課後たち(2013年製作の映画)

3.3

家庭教師×生徒 というテーマで描かれる4つのショートムービー。

1. 引きこもりの生徒の元に謎の家庭教師がやってくる。 ★☆☆☆☆
定点のアングルが多く、カメラ振りもイマイチ。物語のユニークさは突き
>>続きを読む

AMY エイミー(2015年製作の映画)

3.5

公開中のWAVESにも起用されているエイミーワインハウスの楽曲。

そんな彼女の壮絶な人生のドキュメンタリー。1983-2011 27歳の若さでこの世を去った。
27歳で亡くなったスターが多いことから
>>続きを読む

エンド・オブ・トンネル(2016年製作の映画)

4.7

興奮度97% なんだこれは!!!
サスペンススリラーとしてここまで完成度の高い作品は観たことがない。

鑑賞者をどんどん転がしていくような巧みな脚本。

終始ハラハラして、予想も出来ず最後を迎えてしま
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.8

どんだけ絶望に追いやられても諦めるな。崩れ落ちた道でも再生は可能だ。
2020年様々な災害があり、多くの方が不安な思いや、絶望を抱いているこの最中でほんの少し背中を押してくれるような気がした。

美し
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

2回目の鑑賞。ドルビーシネマで。

始まるまでのワイ
😶

ダン♪ダン♪
😎


1回目の感想

オープニングが至高! 曲にノリノリなドライバー、ワイパー動かして自分もワイパーのように動くシーン笑った
>>続きを読む

フレディのワイセツな関係(2001年製作の映画)

3.0

世の暇してる男性諸君に捧ぐ。

日本未公開作品の本作。

なんと。

Amazonプライムで観れます。
(最近Amazonプライムさん初期のネトフリみたいに突拍子のない作品取り入れてくるから好きよ)
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.1

割と身近にある神経症とか突然の発作とか、その病状を抱えている人と知っていればうまく接してあげられるんだけど、知らなかった場合、恐らく奇妙な人として認識してしまうだろう。

突然の発狂とか顔を歪めたり睨
>>続きを読む

Tango(原題)(1981年製作の映画)

3.7

強烈な一作。

1つの視点から見える部屋の中を沢山の人が次々とループを繰り返し行動する。

行動は全て交わらず作られており、巧妙なタイム感と着地点を決めて配置してある。

公開中のアングスト-不安-を
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

4.1

1人の青年が友人達とサーフィンに出掛けた。
その帰り、1人の青年はこの世を去った。



1人の"死"によって進んでいく様々なストーリー。

心臓は生きているが、脳は死んでいる。
機械によって生かされ
>>続きを読む

>|