FHTさんの映画レビュー・感想・評価

FHT

FHT

有名作品も見ますが、掘り出し物を探すのが好きです。

映画(123)
ドラマ(23)

ある船頭の話(2019年製作の映画)

4.0

船頭の職業と、その職業の視点が気になりこの作品を観ることに。

試写会でオダジョーが映像、音響、衣装全て拘りの強い作品にしたと語っていたが、まさにその通りの作品だった。

まず、映像においてたが、撮影
>>続きを読む

奇蹟の輝き(1998年製作の映画)

3.8

ロビン・ウィリアムズ若いなと思ったら98年の作品でした。98年代でこのクオリティは凄い。99年マトリックスでまた度肝を抜くのだが。

ロビン・ウィリアムズの優しい表情がとてもこの作品のテーマを色濃くし
>>続きを読む

Don't Think Twice -僕たちの成功-(2016年製作の映画)

3.5

さぁぶつかっていけ!

ザ・コミューン!

彼らの武器はインプロ(即興劇)だ。
インプロとはお客さんの言葉からどんどん派生していき台本の無いストーリーを構築させていくもの。

インプロには3つのルー
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.0

これは良質なクソ映画だ(褒め言葉)
次回作も決まりようやくレビューを書く事に。
と言ってもこの作品、いじるところが多すぎるのでほぼストーリーを書き込んでいる為ネタバレです!





前半、ステュに振
>>続きを読む

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

3.8

ホラー好き必見!

お人形 × 洋館 × 美人姉妹 とホラーに欠かせない要素が盛りだくさんです。

妹役のクリスタル・リードが本当に美しすぎて見惚れてしまう。

叔母さんは何故こんな人形を集めていたの
>>続きを読む

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

2.9

アナベルを観る前に人形者のホラーを。

ベターな展開でむしろ安心した。
ご老人夫婦がベビーシッターを雇い、世話をする話だが、その子供が人形だった。

10の約束を仕事にベビーシッターをするのだが、まぁ
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.3

これぞ役者魂!

2時間半と長い作品だが、ストーリーのカラクリは非常に面白い。

この作品は各キャラクターのそれぞれの選択がストーリーの中に含まれている。

生きるか死ぬか。 バットマンは例え悪党でも
>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.1

この作品は是非ジョン・ウィック パラベラムを観る前に観てください。
その方がジョン・ウィックを観た時に爽快感をより良く得られます。

というのも今作、男にとったら胸糞悪悪映画です。こんなに良いパパなの
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.6

自分の幼き頃を思い出す作品。

小学生の頃 友達の家に遊びに行った時に出てくるお茶菓子ってなんであんなに美味しいのだろうか。

雪が降った時に手すりに溜まってる雪をガサー!と落としたり集めたり、公園で
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.5

午前10時の映画祭にて

これぞ映画!!
ここに映画の全てが詰まっている。

過度な装飾もなく、脚本で勝負して大成功した一例。

納得の名作です。
ラストシーンがほんと秀逸で感動間違いなし!

映画
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

3.4

映画を語る上で観ておかなければならない作品という事で、息をのんで鑑賞。

細菌は怖い。ちょっとの傷口にほんの少し土がついただけで悪魔に取り憑かれたような破傷風という病気になってしまった娘。

この病気
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

またまたタランティーノ節が炸裂してました!

俳優と、スタントマン、この2人の物語。
その中に織り交ぜたある事件。
二代主演俳優をどう使いこなすのかと思いながら見ていた。

前半 めちゃくちゃワクワク
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.4

今日はとことん堕ちようと思い、鑑賞。

ある程度の予備知識は予告を見れば自然と身につくものだったので、息を呑んでスクリーンに目を傾けた。



生きる為に、子供が様々な仕事をしてお金を稼ぐ
生きる為に
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.1

94年、アニメ版ライオンキングは全シーン覚えてるくらい子供の頃から見ていたので、どうかなと思いながら鑑賞。
ドルビーシネマ字幕での鑑賞でした。

字幕といってもセリフもほぼ覚えているので絵に集中してみ
>>続きを読む

テリファイド(2017年製作の映画)

2.3

ホラーに大事な雰囲気作りはかなり高評価。
ジワジワと恐怖に迫り行くカメラワークとワンシーンのインパクトだったり、湿り気のあるフィルターがいい味を出していました。

"ホラー" "怪奇現象" "謎解き"
>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.8

ディストピア映画の代表といっても過言ではないくらい知名度の高い作品。

この手の映画は強烈なメッセージが言葉ではなくアクション、行動で示されていくので、しっかり読み取らなければいけない。

便利なのか
>>続きを読む

6TRAP 6トラップ(2012年製作の映画)

2.7

疲れてたので日本語吹き替えで見ました。

SAW以来こういう謎の人物が架空のキャラクターになり「ゲームを始めよう」とかいう監視型ホラーが量産しましたね。

個人的には嫌いじゃない。

今作は予想通りチ
>>続きを読む

ウェット・ホット・アメリカン・サマー(原題)(2001年製作の映画)

3.2

もうみんなバカばっかりでネタとして見るには最適の映画です。

強引な展開、意味不明な行動多々ありますが、一人一人の目的が縦横無尽に飛び交うのでそれどころではありません!更に皆さん癖のあるキャラクターを
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.0

スピンオフとか関係なしに、終始ドンパチしてます。

この2人だから無茶なアクションも様になるというか、1つ1つのアクションに対する期待値が高い。

相手は行動が読み取れる最先端機械に包まれているので、
>>続きを読む

グッド・ネイバー(2016年製作の映画)

2.5

かなり悪趣味な盗撮をする若者が映像を見てふと不可解なモノに遭遇する。

盗撮という犯罪と、不可解なモノへの興味2つの好奇心が2人の行動をエスカレートさせる。

タイトルでモロに言ってますが、おじいさん
>>続きを読む

シークレット・スーパースター(2017年製作の映画)

3.3

インド映画の真骨頂!

夢を追いかける少女の話。
インド映画特有のダンスシーンとかはかなり少なめだが、なんといってもこの映画のキーともなる音楽プロデューサーのキャラクターの強さ。
この1人のおかげでい
>>続きを読む

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

2.8

バーに閉じこもって、外の状況がわからないままストーリーが進んでいく感じ。あ、あの作品に似ていると不穏な予感を感じながら鑑賞していく。

前半から中盤まで展開が早い早い。一人一人のキャラクターの濃さとセ
>>続きを読む

二ノ国(2019年製作の映画)

1.9

二ノ国の試写でした。
はっきり言ってしまえばこの作品期待値までには至らず。

今回は試写という事で、何も情報なしでの鑑賞。
約1時間45分の長さだったが、ストーリーは淡々と進んでいく。淡々としすぎてい
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

2.8

パワーレンジャー! "パワー"というワードの広さを存分に使い込んだ作品。

ストーリーは王道。特撮好きはサラッとでも見てみるべし。 こういう風に海外には捕らえられているのかという確認が出来る。

石を
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.0

ドルビーシネマで鑑賞。
噂には聞いていたが、暗転のシーンが多々あり、その中でおもちゃ達の声が多方向から聞こえてくる。あのシーンを作り出した監督わかってらっしゃる! ドルビーシネマの黒は本当に何も見えな
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.7

少し前ですが関係者試写へ。 "見えない目撃者" 2019.09.20 上映。 原作は2011年に韓国で制作された"ブラインド" また、この"ブラインド"は、2015年に同タイトル "見えない目撃者">>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

3.5

前半はミステリー要素強め。
何故、2人の子供は森の中にいたのか。そして生きていながら変異しかけの状態で発見されたのか。
中盤は呪怨的な要素多め。 この辺見てて面白かったなー! カメラアングルもこだわっ
>>続きを読む

リトル ウィッチ アカデミア(2013年製作の映画)

3.5

約30分の中に起承転結しっかりあり、主人公だけではなく、周りのキャラクターも一人一人味があるまとまりのいい作品。

動きがすごい滑らかで躍動感が感じられる。

スーシィーとダイアナが好き!

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

ドルビーシネマで鑑賞。

満足度90%
一つ一つ配色の細かさに圧巻。
色鮮やかなジャスミンのドレスは本物以上の輝きを放っていた。
宝石の鮮やかさもドルビーシネマだと手を伸ばせば届きそうなくらい立体的で
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

オープニングが至高! 曲にノリノリなドライバー、ワイパー動かして自分もワイパーのように動くシーン笑った。

繊細な伏線が多く、始まって間もなく、さり気なくテレビのチャンネルを変えるときにテレビから聞こ
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.4

子供ながらに芽生えた他人とのズレ。そのズレがまた他人と結びつけるものにもなる。

お互いのマイナスを理解して、共に歩んでいこうという様は、非常に深まるものがある故に子供ながらに結婚を申したてたのであろ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

同性の愛にドキドキしたのは初めてだ。

同性愛をテーマにした題材 1983年 北イタリアでの出来事。家族とバカンスをしていたエリオ(17歳)と美術史学の教授の父が招いた院生のオリヴァー(24歳)の話。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.3

色々拗らせすぎだろ!! わかるぜ!!
10年の恋は重いけど、それほど魅力的だったんだな。否定はしない。
自分だけにしかわからない趣味を共感してくれる人が現れたら確かに心は揺れるよなー。

海獣の子供(2018年製作の映画)

4.5

誰かに見つけられたいから光るんだよ。

映像美に圧巻。
全て飲み込むような
ウミくんとソラくんとルカちゃんの静かで壮大な物語。

下向きなルカ。夏休み初日から良いことがなく、誰にもわかってもらえず夏休
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.0

現代的思考における最悪な結末の一例。
現実世界よりも自由のある架空の空間が心地よくなっているこのご時世。架空の空間での匿名性は自由を汚しかねない。

過剰な承認欲求を求めてる人、それを支持する人によっ
>>続きを読む

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

4.5

ミュージカルとゾンビの組み合わせは正直絶対面白いと思ってました。実際観てみると想像以上にまとまりのある作品に仕上がっており、期待していた作品なだけあって嬉しくなりました。

とにかくミュージカル要素の
>>続きを読む

>|