djangoさんの映画レビュー・感想・評価

django

django

映画(2243)
ドラマ(81)

スマホ拾っただけなのに(2019年製作の映画)

3.5

拾うな、馬鹿者。

基本的には群馬宣伝映画。
クオリティは高くないが、うどんは旨そうだった。

二段構えの仕掛けは見事。

基本的にはくだらんが、人生において大事な教訓をくれた。
スマホが落ちていても
>>続きを読む

6日間(2017年製作の映画)

4.0

1980年の駐英イラン大使館立て籠り事件を映画化。
実際の映像をたまに使用。

政治、報道、警察、軍の思惑が混ざり合いなかなか上手くいかない状況にひりひり。
突入までの段取りが詳細で興味深い。
模型を
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

4.5

酷い映画だ。
性欲100%の進撃の巨人。
あるいは、テイルズシリーズのどれか。
もしくは、尾崎豊の卒業。
無限大のセックスと支配からの卒業。

ストーリーは、スーパーの食品がスーパーの外で起こる真実を
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.3

逃げ出した精神病患者を探すため、孤島に訪れた連邦保安官が世にも奇妙な事件を解決しようとするミステリー。

最後まで観たら納得する。
ラストが絶妙。
ディカプリオとマーク・ラファロがコンビ。
この頃のマ
>>続きを読む

失墜(2020年製作の映画)

3.5

世紀末のサバイバーを夢見る意識高い系グループが、サバイバルユーチューバーの屋敷に招かれて楽しく合宿。
その後、不幸な事故が元で殺し合うというシンプルなストーリー。

なかなか殺し合わないので短気な人は
>>続きを読む

ミニマリズム: 本当に大切なもの(2016年製作の映画)

1.5

小賢しいごたくを延々と聞き続ける映画。
ドキュメンタリー。

精神科の医師や病気しがちだった人などが延々と自身の経験を語る。

アメリカンドリームがどうたら、宣伝、広告がどうたら、選ばされているとか、
>>続きを読む

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし(2013年製作の映画)

2.0

ウサギが動物園に行く。
幼児用。
動物園で飼われている動物を見に行くウサギという矛盾。
視聴者に語りかけてくる。

独身男性が一人で観るのは大変な苦行であることは間違いない。
ホッキョクグマが飼われて
>>続きを読む

クロモフォビア(1966年製作の映画)

3.5

短編10分。
アニメ。
表現の自由を軍事力で奪う。

分かりやすく表現している。
レトロゲームみたいな世界観。
前半は兵士達が万物を撃ち、後半は花の化身?が兵士と戦う。

こんな世界なら良かったな。

秘密工作員: 敵地の行動規範(1943年製作の映画)

4.0

第2次世界大戦時のスパイ養成映画。
白黒。
ドキュメンタリー。
現代だと自動車教習所で流れるようなやつ。

いい例、悪い例織り混ぜて話す。
具体的で分かりやすく、興味深い。
監督はジョン・フォード。
>>続きを読む

マーク・オブ・ザ・デビル(2020年製作の映画)

2.5

ネットフリックスがお届けする。
クソホラー。
エクソシスト風味。
インメキシコ。

素晴らしくつまらんが、設定は凝りまくり。
設定に凝って、説明は下手で、話はつまらん。みたいな素人臭さ満載。

登場人
>>続きを読む

トロイ(2004年製作の映画)

5.0

トロイ戦争前夜からトロイ滅亡とアキレス死亡までを描く歴史大作。
ナレーションは車やガンダムの名前にされて有名なオデッセイさん。
彼は生き残ることで有名なので、なんか知ってる風な語り口でラスト締め括る台
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.8

ダース・モール風悪魔とゆるゆるバトルするホラー。
『SAW』の監督と脚本家。
なるほどな。
といったところ。

ある善良な家族が、引っ越しして希望に満ち溢れた新生活を送ろうとしたら、滅茶呪われてますや
>>続きを読む

ザ・ポスタリスト ~伝説の絵師~(2016年製作の映画)

4.0

香港映画全盛期に映画のポスターを書いていたユエン・タイユンのドキュメンタリー。
1番良かったところはブルース・リーのポスター。ブルース・リーの絵。
なんとも言えない、言葉では表現し難い表情や雰囲気を描
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

4.0

不思議な映画だった。
一応ホラーかな。

ストーリーは、教会と仲違いして町から追放された信仰心溢れる家族(やる気有りすぎて衝突するタイプ)が、 森の近くで牧場物語をするけど、父親があまり牧場経営や狩
>>続きを読む

霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ(1975年製作の映画)

3.0

短編10分。
アニメーション。
ええ話風ほのぼの系。
多分。
ハリネズミがなんやかんやしてる。
霧の中で影に怯えるハリネズミに、『燃えよドラゴン』のブルース・リーの師匠の言葉を送りたかった。
影を打て
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

4.0

前半はおとなしいスタローン。
後半はいつものスタローンとシュワでお届けする脱獄映画。

刑務所の警備状況を脱獄することで評価するプロの脱獄ソムリエであるスタローンは、陰謀に巻き込まれて闇の刑務所にぶち
>>続きを読む

The Dig(原題)(2017年製作の映画)

3.5

短編9分。
シリアスな雰囲気で始まる。
やたら真上から撮したがる。

女優が美人。
徐々にストーリーがわかる。

うーん。
それは騙される。
騙されていることは知ってたけど…。

キックボクサー(1989年製作の映画)

4.2

アメリカのキックボクシングのチャンピオンが調子に乗って、タイのムエタイチャンピオンに挑んだら半身不随にされたので弟がリベンジする話。

序盤のお兄さんが同情出来ないくらい駄目な奴で、舐め腐った態度でタ
>>続きを読む

自由と平等への闘い(2016年製作の映画)

4.0

アフリカでの女性差別について。
さすがにこれは酷いだろ。
みたいな差別がまかり通る。
意義あるドキュメンタリー。

文字の読み書きと算数ぐらいは受けさせたらどうかと強く思うけど、どうしようもない。
>>続きを読む

わたしはわたし ~OL葉子の深夜残業~(2018年製作の映画)

3.0

ネットフリックスで人気のAVもどき。
市川まさみ主演。

今回は寝たら性格が変わる二重人格。
面白くはない。
AV版ピッコロさんみたいな話なんだろう。
ジキルとハイドの名前を出したりして恥ずかしくない
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

4.0

凡庸な映画だが、リアリティーがあり、コロナで世界中が大混乱の中、今が旬の旨味がある。
現実世界は気が滅入ることしかない。
何か楽しみを見つけないとな。

個人的に、このジャンルの映画はイケる感じだな。
>>続きを読む

ピート・デヴィッドソンのNYから生"存"放送(2020年製作の映画)

3.5

アリアナグランデの元彼のスタンドアップ。
下ネタ多め。
序盤つまらなかったが、本人は思ったより大物だった。

というより大物と絡んだことのある人間だった。
一時期話題になった眼帯政治家とも絡んでいたと
>>続きを読む

オープン・マリッジ ある夫婦のカタチ(2018年製作の映画)

3.0

オープンマリッジとは合法浮気。
この映画はヤらないAV。

基本的につまらんし、ヤらないAVに価値はない。
一応、ヤらないことはないのだが、合体シーンがないということ。
おっぱいナメナメまでは映ります
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.3

ハートフル映画の要素よりテロ映画の要素の方が濃い。
ジャンルにしたら、
テロハートフル映画?

ウサギのやるテロ行為が本当にえげつない。
げっ歯類のタリバン。
憎らしさすら覚えるウサギ達が感情移入の邪
>>続きを読む

Danny Boy(2010年製作の映画)

4.0

短編10分。
クレイアニメ。
首から上が無い人々が住む町に、顔のある男性が1人紛れ込んでいる。

前が見えないのに歩いたり、運転したりする人々。
皮肉?
前が見えない人々が観る映画。
そして、恋。
>>続きを読む

Purl(原題)(2018年製作の映画)

3.5

短編9分。
ピクサー作品。
YouTubeで観れる。

職場の女性差別について、毛玉を使って表現している。
分かりやすいメッセージは良い。
しかし、他の作品と比べると凄くもない。
ミートゥ映画は大量に
>>続きを読む

ロストガールズ(2020年製作の映画)

4.0

実話に基づく映画。
売春婦の遺体が大量に見つかった事件。
被害者の1人、シャロンの母メアリーが主人公。
警察官や怪しい男相手に空回り気味な捜査をする様子を描く。
未解決事件。

映画としては不細工なん
>>続きを読む

Sherlock Holmes Baffled (原題)(1900年製作の映画)

2.0

短編1分。
シャーロックホームズVSくノ一❓️
なわけないか。
消えまくる女に翻弄されるシャーロックホームズ。
さすがのシャーロックホームズも瞬間移動には勝てません。

謎過ぎるストーリー。
何故シャ
>>続きを読む

FASTENING DAYS(2014年製作の映画)

3.6

短編11分。
アニメーション。
ヒーロー系。
ファスナーの特殊能力を使う。

スピード感がある。
特殊能力を使ったアイディア勝負。
YKKの自己主張。

上手くまとまっている。
エンディングまで芸が細
>>続きを読む

みにくいあひるの子(1939年製作の映画)

3.5

短編9分。
ディズニー。
英語わからんが、問題ない。
ガーガー言ってるだけなんでね。
焼き鳥食いたい。

鳥夫婦の言葉が、なんだ?この子は?
どこでヤリこしらえたねん?
んなことしてねえわ。バラスぞ。
>>続きを読む

きっと全て大丈夫(2006年製作の映画)

3.5

短編17分。
棒アニメーション。
ドン・ハーツフェルト監督作。
英語全然わからん。
クラシックが結構流れる。

経験上、このような題名の場合、大丈夫指数はゼロ以下でマイナスの場合が多い。
うーむ。
>>続きを読む

トリハダ 劇場版(2012年製作の映画)

3.8

オムニバス形式のホラー。
多分世界観繋がっている。
いくつかのエピソードが緩く繋がっていて、ある一点に向かう感じ。

インパクトのあるキャラクターが出てきて、そこに好感。
問題点としては、メインとサブ
>>続きを読む

人生の意味(2005年製作の映画)

3.5

短編12分。
まあ、理解は出来ないが、理解したふりは出来る。
壮大になったり、キモくなったりする。
使徒の補完計画みたいなのも見せられたり。
クラシックベース。
ドン・ハーツフェルト監督作。
彼の作品
>>続きを読む

ビッグ・ドリーマー: エンジニアが創る世界(2017年製作の映画)

2.5

建築系ドキュメンタリー。
確かにこれは響かない。
本当に夢の世界に行きそう。
災害に強い建物を作ろうとしたり、真面目な内容なのだが、引き込む力がない。

唐突に万里の長城を紹介してみたりとか、ちょっと
>>続きを読む

スペンサー・コンフィデンシャル(2020年製作の映画)

3.7

ネットフリックスランキング映画部門本日第1位。
本が原作のハードボイルドもの。
主演と監督は超1流。
映画は平凡。
なんていうか、単行本1巻。
みたいな内容。

悪い上司を殴って収監された元警察官の主
>>続きを読む

アフター・マリア: 見捨てられた家族(2019年製作の映画)

3.2

ドキュメンタリー。
ハリケーン『マリア』の被害を受けたプエルトリコ人を撮っている。
アメリカから見捨てられたという意味のようだが、アメリカとプエルトリコの関係性を丁寧に説明しないと理解しにくい。

>>続きを読む

>|