djangoさんの映画レビュー・感想・評価

django

django

SP 革命篇(2011年製作の映画)

3.0

中身が無くて意味不明。
革命って何だろう。
茶番劇ならあったんだが。
ストーリーに政治をぶちこむとゴミになる説。

ニュータイプもどきのSP岡田准一の上司堤真一が、革命だ‼️と言って茶番劇を演じる映画
>>続きを読む

SP 野望篇(2010年製作の映画)

4.0

要人警護する岡田准一がニュータイプもどきだったら。そんな映画。
岡田准一はSPくらいから格闘技、武術に傾倒していった気がする。

1番驚いた点は、通行人エキストラかな。
この映画は2010年の映画。
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

3.5

藤原竜也が時間移動を繰り返して女の子を助けたり、いろいろする話。
ストーリーの流れは楽しめた。

しかし、原作やアニメ勢の評判が悪い。
はっきり言ってクソだるまだ。
これはおそらく、原作レイプ系ですね
>>続きを読む

美女と野獣(2014年製作の映画)

3.5

美女と野獣を観ていると思ったら途中で進撃の巨人になっていた。
フランスの細木和子さんみたいな奴も出てきて、フランスのヤクザ親分みたいな奴と共にやりたい放題。
キーブレード持って訪ねた時とはかなり違う世
>>続きを読む

デモリションマン(1993年製作の映画)

4.0

派手な捜査の責任を取らされて冷凍されたスタローンが遥か未来で解凍されて破壊の限りを尽くす映画。
敵のウェズリー・スナイプスのかっこよさ。
未来が破壊された方が良いようなろくでもない世界だったのが良かっ
>>続きを読む

スノーホワイト(2012年製作の映画)

4.0

バトルもの白雪姫。
ツッコミどころありすぎて逆に楽しめた。
まず、魔法の鏡が嘘つき過ぎ。
誰が見ても白雪姫より女王シャーリーズ・セロンの方が美しく、シャーリーズ・セロンが頑張ってブサイクになろうとして
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

5.0

人間の限界を超えた男の話。
近未来SF。
この世界では子供を産む時に優秀な個体を選別出来るようになっていた。
そんな中、劣等個体の主人公が努力と身分詐称によって夢を実現する話。
この話は、僕に合ってい
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.5

平凡なイギリス人男性が実はタイムトラベラーな映画。
タイムトラベラーと言っても、世界を危機から救うわけでも、彼女を逃れられない死から救うべく東京卍會と戦うわけでもない。
ただ普通に生活するだけなのだ。
>>続きを読む

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

3.5

田舎町で魔女と吸血鬼一家が争うコメディ。
魔女っぽい女優がまあまあ揃ってる。
そこそこ楽しいんだけど中身が無くてあまり語ることも無い。
その割にはシリアス。
魔女が可哀想。
魔女の愛が妙に重くて、大変
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

4.0

この映画は凄く画期的で、世界一魅力的な女性の1人がカルトだとして、あなたは好意的に見れますか?
これを試していると思う。
結果的にダニにしか見えなかった。
ダニだ。汚ならしいダニ。
冷静に考えるとエマ
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ96(2022年製作の映画)

3.5

墓参りの代行サービスの話が良かった。
最近のトレンドだし、カラスの鳴き声が効果的だった。
万引きおばさんのバッグから手が出てくるのは吉良吉影を連想してしまう。
長編はつまらんが、化粧が派手になったこと
>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

3.8

楽園の市民VS下民。
監督の作家性は出ているが、だからといって面白いわけではないな。
設定は良いが、ストーリーがごちゃごちゃしてるというか…。
惜しい映画。
『第9地区』のように洗練されてない。

>>続きを読む

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。(2021年製作の映画)

4.0

邦題がゴミ過ぎて笑ってしまう。
相変わらず物理最強のホラー。
モンハン並みにハンマー振り回す。
話がまとまっているのか、まとまってないのか難しいところだが、事実らしいので仕方ないね。
エンディング前に
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.5

ストップモーションアニメなのは凄いが、他は普通。
有名俳優を声優として使っているが、その価値があるようには思えん。
悪いわけではないが。
俳優は俳優だからな。

日本を表現していたが、顔の表情が日本人
>>続きを読む

黒執事(2013年製作の映画)

3.0

原作やアニメを知らなければなんとか観れるレベル。
水嶋ヒロは無茶な役を強引にものにする力がある。惜しい俳優だ。
剛力彩芽は…。これでいいのか…。わからん。
全体的に邦画らしい演出がうざすぎる。
ストー
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.0

映画としては、くそつまらんのだが、コロナの前にこれを作ったのは凄い。
ちょっといろいろわからんかったが。

最初に1人殺しておけば何人も死なずに済んだのに、馬鹿だな。
過ぎた優しさは身を滅ぼすと子供の
>>続きを読む

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.5

トゥパックというアーティストの伝記映画。
よくは知らないが、『ルークケイジ』のキャラクターが聴いてたアーティストらしい。そこからスタートだ。
あ、そうだ。
とりあえず死ぬことだけは知っていた。

曲は
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

5.0

主人公がとてつもなく強い男で、憧れるよ。
悲劇を喜劇にしたんだからね。
人生は美しい。
と言いたいけど、そんなわけない。
特に、この映画の中の世界では。
人生を美しくするには、主人公のような力が必要だ
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.2

思ったより怖かった。
自分達とそっくりな存在に襲われる映画。
理不尽に恨まれてる感じとか、序盤はとにかく怖かった。
コピーさん達の謎な動きや、命の重みを感じさせない行動も怖かった。
思ったよりスケール
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

4.0

派手にやれば中身なんか無くてもいい❗
力こそパワー❗
女はセクシー&パワー。
つまり、パワー。
そんな映画。
敵と思わしき人物は全く敵ではなくて、ストーリー的に無理があるだろ❗って思うけどそんなことは
>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

4.0

過去に戻って人類を救おう。的な映画。
滅茶苦茶フェイントかましてくるし、メッセージめいたものもバンバン出してきて難しかった。
それ重要な情報なんですか?
ってのがわからない。
何が重要で何が要らないの
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.8

電流戦争についての映画。
出番の多いモブレベルの印象しか残らないモルガンさん滅茶苦茶大物です。
映画を観ていて楽しい時間の1つが、点と点が繋がる瞬間で、この映画にはそれがあった。良かった。
カンバーバ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

時を駆ける黒人007。そんな映画だった。
細かいところはよくわからん。
時間の表現の仕方が誰も見たこと無いような不気味で複雑怪奇なものだった。

サブクエストポジションに人妻ボンドガールがいて、逆襲の
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.0

賢さと運の値が異様に低い女がわけわからん踊りを踊っている間に人生がマントマリオ級に急降下する映画。
『レザボア・ドッグス』の教えにこんなものがある。
何の罪で捕まった?
不運さ。

『ザ・ロック』に出
>>続きを読む

私を信じて -リサ・マクヴェイの誘拐-(2018年製作の映画)

4.0

この事件知ってる。
聞いたことあるような。
幼い頃から大人になっても聴いてた名前の知らない洋楽。そんな感じの事件だった。

興味深い。
また調べてみたい。

登場人物の7割くらいはカスなので感情的なと
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

5.0

トム・クルーズがループの力とフォールアウトみたいな装備でエイリアンと戦う話。
弱々クルーズが鍛えて、死んで、鍛えて、死んでの繰り返しでいつものトム・クルーズになるところが楽しい。

テンポよく話が進ん
>>続きを読む

スーパーティーチャー 熱血格闘(2018年製作の映画)

4.0

ドニー・イェンが超高速でGTOをやる映画。
超展開幻想学園映画。
最後は教室で殴り合い。
実はドニー・イェンが悪かった。という、この手の話にしては珍しい流れ。

それにしても詰め込み過ぎじゃないかい。
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.0

妙に小説っぽいアニメ映画。
神様とか出てきて現実と空想がごっちゃになった世界観。
ここで一句。

控え目に
しててもわかる
勇者王

この映画は合わなかった。
雰囲気もだし、キャラクターの一部も。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

5.0

最底辺校でバンド組んで突き抜けていく映画。
歌が普通に良かったけど、ストーリーと絡みあっていたから、滅茶苦茶感動した。
不良生徒みたいなのも最後仲間に加わって、ノケモノはいない状態だったのが良かった。
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

5.0

人間の醜さを描いた良い映画。
鞭打ちの生々しさや、奴隷達の生活の描写が素晴らしい。
アメリカの歴史の暗部であり、あまりの不条理さはストーリーに入っていく身としては辛かったが、俳優の演技力で観ることが出
>>続きを読む

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2013年製作の映画)

1.0

だいたい総集編。
1年後の登場人物達がアニメで描かれた話を回想するという内容。
泣けそうなシーンを並び立てただけ。
くだらん。つまらん。うるさい。
キャラクターを狂人にしている者達が真の狂人だと気づい
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

ゲーム会社の社長のおばちゃんがレイプされていろいろする話。
よくわからん話だ。
確かなことがあるとするなら、主人公の会社が作ったゲームがゴミだってことだ。
PS4のクオリティーではない。
ラスアスのポ
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.0

麻薬戦争ものの続編。
なんだが、何やら爆弾テロがあったようで、またしてもメキシコ辺りで殺りたい放題。
基本的にほとんどショッカーレベルの犯罪をやってるアメリカ愛国者の皆様。
政治に翻弄されたりで、竜頭
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.5

ボーダーラインって、滅茶苦茶アウトじゃないですか。
間違ってレビューしていたので、普通に書き直しましたが、何を書いていたのやら。

道徳を飛び越えた殺り過ぎ捜査。
銃撃とかカッコいいよ。
麻薬戦争もの
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.0

こ、これは美しくないんじゃね?
えーと、なんだった?
性交者は性交者の何とかって話で。

ようはアメリカ病の話だな。
今回は人種差別要素は抜きで。
最後主人公が深いようで深くもないようなことを述べて終
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

ホームレス3人が捨てられた赤ちゃんを拾い、親を探しだそうとするストーリー。
奇妙な話。
そういう方向に行くのか。って感じ。
細かい話が繋がっていく楽しさもある。

>|