djangoさんの映画レビュー・感想・評価

django

django

封印映像36 きれいになりたい(2018年製作の映画)

3.5

外国人霊能力者が憑依されて滅茶苦茶日本語喋ってた‼️
死ねとか言ってました。
あの外国人霊能力者いいね。
準レギュラー的な感じだけど。

あとは、地味にえぐい話がちらほら。
民俗学者とか、封印映像御用
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

今朝まで残しておいたとっておきのご馳走。
それが、タランティーノの歴史改ざん映画だ。

落ち目の西部劇俳優リック・ダルトン、そのスタントマン、クリフ・ブース、そして、シャロン・テートをメインにした日常
>>続きを読む

Brico Killer(原題)(2007年製作の映画)

3.5

短編19分。
スペイン語はわからないが…。

人生終わってる系のおっさんがキレて大量殺人する話。
幻覚を見ていろいろするようだ。
イコライザー的な、工具を使ったプレイが多い。

注目は、ラスト周辺の世
>>続きを読む

クリエイティブ・ブレイン(2019年製作の映画)

3.8

ネットフリックスドキュメンタリー。
クリエイティブな人がクリエイティブっぽいことをしたり、話したりするのを観ながら、説明を聞く映画。

いろんな話があった。
刑務所にいる受刑者の創造力を刺激したら再犯
>>続きを読む

なぜ殺したの?(2021年製作の映画)

4.0

ある事件のドキュメンタリー。
面白いか?と言われれば、微妙。
何とも言えない事件だった。

被害者の家族も加害者の家族もギャング系で日本人の感性では追えない。
ひよこちゃんに鷹の気持ちがわからんように
>>続きを読む

バイオハザード ダムネーション(2012年製作の映画)

4.0

バイオハザード未プレイ。
映画というより、ゲームのムービー。
それで全く問題ない。

ゾンビの恐怖はよく伝わった。
美人の大統領応援してた。
ラストは、力こそパワー。

戦争映画の影響もあり、ゾンビと
>>続きを読む

ロンドン釘爆弾事件: 犯人捜査録(2021年製作の映画)

3.5

1990年代のロンドンで起こったテロ事件のドキュメンタリー。
分断や人種差別が描かれている。
現在に通じる事件を発掘してきたな。
という感想。
登場する政治家もプロトタイプトランプみたいな感じだった。
>>続きを読む

HACHI 約束の犬(2009年製作の映画)

4.0

アメリカ版忠犬ハチ公。
わかっていても感動してしまう謎パワー映画。
犬好きなら更に惹かれるだろう。

リチャード・ギアの魅力○
まあ、死ぬけどね。
犬に演技させるのは凄い。

監督が『僕のワンダフル・
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

4.0

過去に何やかんやあって、片足になったドウェイン・ジョンソンがダイハード的なことをやる映画。
片足はもはや全然ハンデになってない。
義足や粘着テープという小道具の使い方○
ラストの方、急に『燃えよドラゴ
>>続きを読む

転校生(2012年製作の映画)

3.0

短編20分。
転校生と仲良くなって、お別れする様子。

特に思うところはないが、転校多いと大変ですね。
感動風に終わった。

血を吸う粘土~派生(2019年製作の映画)

3.0

粘土が襲いかかってくる映画。
2作目。
最初の数分で前回何があったか復習してくれる親切設計。
普通に記憶になかったので助かる。

中盤は、芸術家の卵である女性が数人集まって何やかんやするんだけど、女性
>>続きを読む

ゴースト・ラボ: 禁断の実験(2021年製作の映画)

3.8

幽霊の存在を証明しようとした2人の医者の運命とは?
暴力と狂気が支配する時間だった。

思っていた話とは違ったが、それだけに痛々しかった。
無理矢理いい話風になったけど…。
ホラーはわりとアクション。
>>続きを読む

封印映像50 暗黒の走者 後編(2020年製作の映画)

3.5

ブーメランババアとか、心霊スポット案内人とか、ウィッチドクターとかパワーワードが止まらない。
その後、外国人霊能力者VSクロイワヨネコ的なストーリーで、封印映像スタッフが行方不明だったりと、カオスな状
>>続きを読む

封印映像49 暗黒の走者 前編(2020年製作の映画)

3.0

1話目がヤバい女優志望と成り行き枕しそうになった男が恐ろしい目に合う話。
特になし。

2話目は、ごみ屋敷。
現代の闇だね。

外国人霊能力が笑える。

封印映像48 真っ赤な風船(2020年製作の映画)

3.5

1話目からやばい。
余命待ちの人が血まみれの看護婦さんにタックルされる。そして、病気が治った?
結構コメディ色強い。
肺が他の人と入れ替わったくらい綺麗になったらしい。
というより、何故タックル?
>>続きを読む

封印映像47 おうまがとき(2020年製作の映画)

3.5

1番始めのやつは笑える。
いきなりそうきますか。
封印映像も観ていくぞ。

インチキ臭い学者がよく出る。

小河ドラマ 織田信長(2017年製作の映画)

3.0

滅茶苦茶つまらなくなった『帰ってきたヒトラー』か?
織田信長が現代に来て織田信長の時代劇を撮る話。
ま~、なんというか、織田信長が前田利家とのローション相撲を撮ったら、現代女性に怒られたという。

>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

5.0

短編32分。
去年流行ったやつ。
テーマとストーリーの両立が出来てる。
これは素晴らしい。
大体メッセージが超肥満体の不細工な作品になるんだがな。
ラストまでこんなに楽しませてくれるとは。

くだらん
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.0

原作は東野圭吾か。
よくよく考えてみれば東野圭吾っぽかったかもな。
まあ、東野圭吾なんて2、3冊しか読んでないからわからんけどね。
外装がもろにキムタク作品になっているんで、ファンにしか東野圭吾成分が
>>続きを読む

劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オリオンの矢(2018年製作の映画)

5.0

劇場版っていうより、特殊クエや、期間限定クエ的なストーリーだったかな。
主人公の信念を試すような話だった。
昔の劇場版アニメに比べれば遥かに高いレベルのストーリーだった。

ダンまち全部観た。頑張った
>>続きを読む

Save Ralph(原題)(2021年製作の映画)

3.5

短編4分。
アニメ。
何言ってるかわからんが、なんか兎が拷問されてたぞ。
動物実験的なアレらしい。
ソウ、グッド。
って言ってたから、多分良かった的な意味だろう。
M過ぎるな。
頑張れ。って感じだ。
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.0

ふむー?
まあまあだった。
ストーリーの形がね。
キムタクと二宮和也が俳優としてもキャラクターとしても戦った感じかね。
そこは非常に良い部分もあった。
二宮和也の演技の迫力。
痺れるね。

原作は絶対
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

4.0

いつも通りのプロパガンダとエンターテイメントの融合。
現代兵器と前時代的な戦術の取り合わせも魅力。
どうして馬なんだ?
という疑問に説得力のある回答があった。

馬上銃撃のシーンは圧巻の迫力。
馬とマ
>>続きを読む

チャドウィック・ボーズマン: あるひとりの表現者(2021年製作の映画)

4.0

短編21分。
ドキュメンタリー。
チャドウィックボーズマンについて、いろんな人物が語っている。
お決まりのスタイルだ。
延々と誉め称え続ける。
どれだけ称賛の引き出しがあるか競うように。

彼が死んだ
>>続きを読む

劇場版総集編 オーバーロード 漆黒の英雄(2017年製作の映画)

5.0

特に映画化する必要が無い映画。
しかも、これだけ観ても意味がわからない。
この映画の中で起こっていることの背後には、法国が深く関わっているのだが、そこをバッサリ切っているので、何が行われているのか全く
>>続きを読む

劇場版総集編 オーバーロード 不死者の王(2017年製作の映画)

5.0

映画にする意味は特に無い映画。
アニメの総集編だからな。
オーバーロードが好きだから最高評価にしているが、星3がせいぜいだろう。

オーバーロードが好きなので現在発売されている原作小説を全て読んだのだ
>>続きを読む

タイタンの逆襲(2012年製作の映画)

3.0

真面目に観れる映画じゃない。
敵も味方もぐだぐだ。
前作とは緩く繋がっている。
映像で勝負している映画だが、今となっては…。

こんな映画にリーアム・ニーソンとかロザムンド・パイクとか正気じゃないな。
>>続きを読む

タイタンの戦い(2010年製作の映画)

3.5

びびるほど大味の映画。
繊細さが無い。
ギリシャ神話の一部を半神半人のペルセウス主人公で描いた映画。
登場人物や、立場の数が物凄い。
わりに時間が少ない。
よって、全部がダイジェスト。
心理とか知らん
>>続きを読む

LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘(2019年製作の映画)

3.5

呪いの改造人間VS峰不二子。
悪くないけど、テレビアニメのパート5の方が遥かにクオリティ高い。
いい話風にまとめて金をパクっているが、金よりいい話は無い。

リーサル・ウェポン(1987年製作の映画)

5.0

元特殊部隊で自殺願望の持ち主メル・ギブソン警官と平穏な家庭と常識の持ち主中年黒人警官がタッグを組んで犯罪者を皆殺しにする映画。
捕まえるという発想がない。
ラストは、捕まえてるのに果たし合い。
という
>>続きを読む

Share the Pain(2019年製作の映画)

3.0

短編41分。
男性は男に尻穴掘られないとセックス出来ない。そんな話。

世にも奇妙な物語の下ネタ版って感じ。
なかなか怖いですね。
ラスト、何を観てるんだってなるな。
いい話風に終わった。
俳優がみん
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.3

駄目ってわけじゃないけど、良くもない。
メンインブラックをどう捉えるかで評価変わるな。
メンインブラックを傑作シリーズと捉えるなら、これは話にならんね。
中堅クラスのシリーズと思えば、それなりかな。
>>続きを読む

プルートはお母さん(1936年製作の映画)

3.0

短編8分。
プルートの家でヒヨコが大量に生まれる。
突然母親になったプルートの運命や如何に。
って感じのストーリー。

和みBGMとは反対に結構闇のストーリー展開?
いい話ではないのだが何故か感動風。
>>続きを読む

ネコたちの風船旅行(1940年製作の映画)

3.3

短編8分。
3匹の猫が風船気球に乗ってミルキーウェイに観光に行く話。
ヨッシーストーリー的な絵本演出が良い。
英語わからなくても楽しめます。

ほんとにあった!呪いのビデオ 91(2021年製作の映画)

2.0

それほど面白くはない。
金神というものがメインか?
またよくわからんもの出してきたな。
そこは興味深い。
怖くはないし、面白くないのは問題。

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.0

ポケモン映画の傑作をアップデートした作品。
残念ながら劣化している。
特に感動もしなかった。

カイリューの配達屋さんが妙に可愛かった。
元の作品の何に感動したのかすらわからなくなる。
でもこれ、作っ
>>続きを読む

>|