boscoさんの映画レビュー・感想・評価

bosco

bosco

映画(219)
ドラマ(0)
アニメ(0)

私の人生、代役に頼んでみた(2020年製作の映画)

3.5

久しぶりのドリューバリモア。

ストーリーとしては目新しい要素は特になく、むしろ昭和のドタバタコメディを彷彿させるテイスト。
まぁラストはメッセージ性もあって個人的には好きですが、あらすじも昭和テイス
>>続きを読む

フォーエバー・パージ(2021年製作の映画)

4.3

パージシリーズもいよいよ5作目。

一応全シリーズ鑑賞済みだが、
正直1作目を観た時はこの“パージ”という題材で、ここまでシリーズ続くとは思っていなかった。

というのも個人的に“パージ”という概念や
>>続きを読む

ロスト・ボディ ~消失~(2020年製作の映画)

3.8

序盤から巧みに張り巡らされた伏線に絡め取られ、現実と虚構の並走する映像の造りのなんと美しいことか。

ミステリとしては中盤の会話劇で概ねの結末を理解してしまうけど、しかとこちらを見据えたミスリードの二
>>続きを読む

真・事故物件 本当に怖い住民たち(2021年製作の映画)

3.2

正統派なジワジワくるJホラー感で始まり、クライマックスにかけて疾走感のあるスプラッターに様変わり。
ゴア描写も画角を少しズラして撮っていて、比較的苦手な人も見やすい塩梅。

個人的には好きな要素(B級
>>続きを読む

アンビュランス(2022年製作の映画)

4.2

やっぱりジェイクギレンホールはちょっと頭おかしい役がよく似合う。

ひたすらチェイスする映画としては
“ザ・チェイス”のユルさも好きなんですが、ジャンルは違えど、人に薦めたくなるクオリティ。

ほとん
>>続きを読む

タコゲーム(2022年製作の映画)

3.0

イカをタコでリメイクってこと?
そもそも全くの無関係の線も捨てきれず。

まぁそもそもイカの方も未鑑賞なんで
調べることもなく特に気にかけずに観てたんですけど。

尺の割にゲーム数が多めで
全体的に駆
>>続きを読む

キャリー(2013年製作の映画)

3.7

思い返せば高校時代。
学校の図書館があらゆる洋書を揃えていた環境で、スティーブンキングを読み漁った時期を思い出します。

しかしながら初めて手にとった作品は、
作者が身内の子供のために書き下ろしたフェ
>>続きを読む

ペルツァとキルーの大冒険(2021年製作の映画)

3.5

“大冒険”と呼ぶには
些か足りないスケール感。

ではあるものの、
リアルな子供の捉える“世界”の範囲で、
飛行機や潜水艦を自作するというトリッキーさはワクワクできて良い。

オチのヘンテコさも
昔の
>>続きを読む

スモールフレンズ 僕たちの魔法修学旅行(2021年製作の映画)

4.0

いやーもう3作目ですかそうですか。
っつって観てたらメインキャストがみんなガッツリ大人になってて、前と変わらぬ学校と職員に囲まれながら修学旅行に〜とか言うわけです。

ゲザムトシューレ的な総合校かな、
>>続きを読む

Ms.ベビーシッター(2020年製作の映画)

2.7

ジャケも控えめに言って
まぁ…ね…その…
パクリ(小声)でしたし、
煽り文句を頭に入れてから観ると
イメージとかけ離れた展開に感じてしまいます。

似たようなシチュエーションだと
“サプライズ”が近い
>>続きを読む

ヴォイジャー(2021年製作の映画)

3.5

環境汚染によりいよいよ地球を捨てざるを得なくなった人類は、次なる入植地を見つけるも到達に80年以上もかかる星であった。
彼らは特殊に育てた子供たちを船に乗せ、
船内で生殖させながら星へ到達させる計画を
>>続きを読む

激流(1994年製作の映画)

3.8

日本三大急流の地域で育った身としては、“あれくらいなら落ちても泳げばなんとかなるっしょ”と謎のバイアスにより、イマイチ緊張感なく観れてしまいました。
撮影上の安全確保を汲んだロケーションなんでしょう。
>>続きを読む

ラン・ハイド・ファイト(2020年製作の映画)

3.7

アメリカの高校では、薬物などの危険物を持ち込んでいないか警察主導での所持品検査が行われる場合があると聞いたことが。
危険物には“銃”も含まれるようで。

現実に、高校という日常的フィールドでの凄惨な銃
>>続きを読む

テラー・トレイン(1980年製作の映画)

3.5

一昔前の映画って
尺に対する情報量が多すぎて
序盤を、無心、というか中立で観ざるを得ない感じ、言語化し難い。
でもそれぐらいの方がグッと惹きつけられるのもまた事実。
最近の作品は第三者の声が近すぎるの
>>続きを読む

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

3.7

個人的にコメディのスカーレットが初めてだったので新鮮。

“ハングオーバー”のような100%コメディーを期待していた分、途中笑い一切なしクライム映画ばりに空気が重くなるのが個人的にはちょっと辛かった。
>>続きを読む

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

4.5

“バイトやりたくないからさー
殺し屋やってんのにさー”

“社会不適合者”とは行かないまでも
生きづらさを感じている現代人に
共感しかないようなセリフがところどころに散りばめられていて唸りました。
>>続きを読む

ラリー スマホの中に棲むモノ/カムプレイ(2020年製作の映画)

3.4

安易に“子供連れていかれるホラー”を想像して観ていた分、モンスターパニックの様相を呈してきた辺りはB級的なトキメキを感じましたが、総合的には目新しいポイントはなかったかなと。

孤独に囚われたラリーか
>>続きを読む

ゴー!ストップ・バスターズ(2019年製作の映画)

3.5

まぁ広い心で見れば
GOしたりSTOPしたりしてるし、
DESTROYみたいな爽快感はないもののBUSTERSしてるとも取れるんですが、
御多分に洩れず邦題が悪い。

割とちゃんと人間ドラマやってて
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.2

ロケーションもさることながら
それを心情とともに切り取る画角など
映画愛を強く感じる作品。

時代劇であり
恋愛であり
SFであり
コメディでもあり
まさしく青春である。

実はジャンルって些細なもの
>>続きを読む

デモニック(2021年製作の映画)

3.8

監督のネームバリューから鑑みると
些か小規模、というか標準的。
標準的すぎる、という違和感。
やはり二転三転を期待してしまうのは
“第九地区”があまりに話題になったせいなのでしょうか。

しかしながら
>>続きを読む

ゴーストバスターズ/アフターライフ(2021年製作の映画)

4.2

まさしく原点回帰。
“原点”に帰ることが、
必ずしも初代を知る者のためだけにあるのではない、ということを強く再認識。

リスペクトで我々の世代を沸かせながら
ニュージェネレーションにとってのジュブナイ
>>続きを読む

マーシー・ブラック(2019年製作の映画)

3.2

御多分に洩れず前情報ゼロ鑑賞なのでAmazingD.Cのロゴで“ヤベェな!”と思い、ブラムハウスのロゴで“いや…どっちだ!?”となった心の葛藤はここに記しておきます。

しかしながら
過去の儀式におけ
>>続きを読む

人狼ゲーム 夜になったら、最後(2021年製作の映画)

3.5

新任レンジャーとして寒村に越してきたフィン。個性的すぎる村民たちに面食らいながらも、新生活に馴染もうとした矢先に、村民のペットの失踪、さらにはかつて蒸発したと思われていたホテルの女主人の夫が死体で発見>>続きを読む

ライダーズ・オブ・ジャスティス(2020年製作の映画)

4.1

何気なくも薄ら疑心を残しつつ選択した自分の行動が、予期せず誰かの不幸に繋がってしまったときに、気付かぬふり、見て見ぬふり、知らぬ存ぜぬを貫いてしまったときの後ろめたさというか…

そういう、予期もしな
>>続きを読む

ダーク・アンド・ウィケッド(2020年製作の映画)

3.5

デカい音でただビックリさせよう、とホラーというより最早アトラクション、みたいな昨今のホラー作品と違って、
直接手を下すのではなく
唆し、惑わすことで破滅させる手法は
“映画”ではなく、宗教におけるクラ
>>続きを読む

少年探偵マックスとハチャメチャ3人組(2020年製作の映画)

3.5

キッズムービーだしね、ってズッコケ3人組くらいの軽い気持ちで鑑賞。

借りる時に気づかないフリしてたけど、タイトルとジャケット見た時に“でもまさかね、そんなこと…”って薄々Kiroroみたいな予感はし
>>続きを読む

どん底作家の人生に幸あれ!(2019年製作の映画)

3.7

120分に思えないほど
ストーリーのテンポも良く、
情報量に対して割とサクッと観れる。

その尺の中で何を感じ取るかは
ホントに年齢層によって
大きく変わりそうな本作。

“クリスマスキャロル”で知ら
>>続きを読む

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

4.0

金と夢と闇、一筋縄ではいかない全盛期ハリウッドの狂想曲、かなと。

それにくわえ、名だたる俳優の怪演が
コメディの演出も相まり、
本来なら白けてしまうような展開さえ
“まぁモーガンフリーマンが言うんな
>>続きを読む

ハウス・オブ・トゥモロー(2017年製作の映画)

4.5

青春はとてつもなく短い。
灯火が揺れたどうかも分からないうちに終わりを迎えてしまう。

彼らは互いのトリムタブになれたのだろうか。

そんな疑問すらラストのライブで
全て吹き飛んでしまう。

対極的で
>>続きを読む

とっととくたばれ(2018年製作の映画)

3.7

父と娘の彼氏。
おそらく多くの家庭で繰り広げられている(?)その心理下の鬩ぎ合いを画にした前半戦。

そこからの血を血で洗う怒涛の展開や、不穏な空気に晒し出される家族の闇、その果てになんだかんだ悪に則
>>続きを読む

モールおじさんとチョコレート工場(2017年製作の映画)

3.2

個人的にはキッズムービーは
これくらいがちょうどいいなと。

某チョコレート工場のような
特別不思議なことは起こらないけど
ドタバタ劇あり、家族の絆あり、
“人に優しくできる人にしか、人はついてこない
>>続きを読む

メインストリーム(2021年製作の映画)

2.7

パリピ達のSNS依存がヒートアップして
奈落へ転がり落ちていくイメージで観た分、ちゃんと人間関係してて良かった。

クライマックスへと向かうにつれて
リンクの豹変する様子に心を掻き乱されていく演出なが
>>続きを読む

ブラック・アイズ 奴らに襲われたら、終わり。(2021年製作の映画)

2.5

街で起こり始める連続失踪事件。
裏で糸を引く黒い瞳の“彼ら”の正体と目的とは。
“彼ら”に狙われてしまった少女エミリーは、事件の真相を求めて、消えた人々を助けるために動き出す。

これはホラーというよ
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.5

田舎と都会の比較が
夢と現実の比較に繋がる侘しさ、もあり伏線含め、よく造られた作品だなと。

多くの方がバックの詳細を語っていて、もうこれ以上語る余白はないと思いますので簡易的な感想を。

主人公がス
>>続きを読む

シークレット・マツシタ/怨霊屋敷(2014年製作の映画)

2.5

シークレットマツシタって
“秘密のマツシタさん”ってニュアンスで合ってるんでしょうか。
テクマクマヤコン感がすごい。

割とよく出くわす日本姓に、
事情は存じ上げませんが
うちのマツシタが大変なご迷惑
>>続きを読む

ゾンビボーダーランド ~めざせ!アンデッドのいない国境地帯へ~(2019年製作の映画)

3.0

一体クロアチアに何の恨みが…?
と序盤は動揺していたんですが、
民族間の空気をブラックジョーク風に描いていたんですね。

国勢とかを知って観ると面白いのかもしれないけど、“ネタにする”時の微妙な匙加減
>>続きを読む

>|