butasuさんの映画レビュー・感想・評価

butasu

butasu

映画(1792)
ドラマ(0)
アニメ(0)

エリザベス(1998年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

凝った映像と若き日のケイト・ブランシェットの演技により決して退屈ではなかったのだが、ストーリーもにキャラクターにも魅力がなく面白くはなかった。

主人公エリザベスは王位を継承するまではただの少女で、王
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

とにかく画作りが素晴らしい。どの場面を切り取っても美しいゴシックホラー。屋敷の造形や衣装、照明や色彩の使い方が本当に見事で、観ていてうっとりしてしまう。

そしてこの世界観をリアルなものにしているのが
>>続きを読む

荒野のストレンジャー(1972年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

単純な西部劇ではない、何とも言えない独特の重い空気感をまとった作品。町民全員が自分たちの利益のために保安官を見殺しにした町、そこに訪れた正体不明の"流れ者"。このストーリー自体はかなり好み。

ただち
>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

2.5

演出は超一級品。とにかく見せ方が上手く、画作りが上手い。どの場面も絵になる格好良さ。

全体の話の流れは面白いし、ハラハラワクワクできるし、主人公も格好良いし敵もクズで良い。特に前半の刑務所での胸糞悪
>>続きを読む

コンフィデンシャル/共助(2017年製作の映画)

1.5

南のダメ刑事と北の有能刑事がコンビを組むバディもの。アクションはなかなか面白い。ただし脚本が全然ダメ。

南の方のユ・ヘジンのキャラをユニークと思えればコメディとして楽しめるのだろうが、正直あまりに図
>>続きを読む

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

1.5

あまりにも有名なあの"ボニー&クライド"の映画。確かに1960年代には画期的だったのであろうシーンが目白押しで、アメリカン・ニューシネマの代表作としてこの作品が映画界を大きく変えた分岐点となったという>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ面白かった。とにかくイカれ女ライザが最高すぎる。頭おかしくて怖いのに魅力的で目が離せない。絶対に関わってはいけないタイプ。怯えてビクビクしっぱなしの主人公も可愛げがあり、だからこそラストで>>続きを読む

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

2.0

ダンスシーンはどれもド迫力で素晴らしかった。あとはジェニファー・ビールスの圧倒的な魅力に尽きる。

しかし、映画としては普通というか、イマイチに感じてしまった。時代のせいもあるのかなぁ。主人公アレック
>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.0

ゾンビ映画のお手本のような作品。駆け抜ける冒頭のスピード感、ショッピングモールで繰り広げられる人間模様とゾンビバトル、噛まれたことを隠している夫婦、有能なワンちゃんと無能な女、クズ男と頼りになる警官、>>続きを読む

ザ・シェフ 悪魔のレシピ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的に宣伝方法が悪い。このポスターでは誰だって"B級グロホラー"を想像するだろう。実際の中身はむしろ重苦しい社会派のサスペンスだ。

主人公サラールは町のクズどもに父親を殺されており、その復讐でクズ
>>続きを読む

遠い夜明け(1987年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

かつての南アフリカ、アパルトヘイトのおぞましさを克明に描いた名作。こんなことが実話だというのだから恐ろしい。

知識がなく、黒人の英雄"ビコ"についてもよく知らなかったため、中盤でいきなりビコ(デンゼ
>>続きを読む

ピンクパンサー2(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

相変わらずの面白さ。安定感が凄い。前作ほどのインパクトはないものの、今回も十分笑って楽しむことが出来た。やっぱりキャラクターの描き方が上手いのだと思う。コメディとしてテンポが非常に良く、しかもわかりや>>続きを読む

小さき麦の花(2022年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

美しく哀しい話だった。主演二人の存在感と演技が素晴らしい。

夫のヨウティエは内気で無口な性格で親戚から疎まれ村の皆からは馬鹿にされているという設定だが、その割に農業の能力がありすぎるとは思った。麦や
>>続きを読む

アシスタント(2019年製作の映画)

1.5

ハーヴェイ・ワインスタインというセクハラ三昧で悪名高いプロデューサーを元に、その部下の一日を描いた映画。まぁこういう映画が必要なのはわかる。セクハラで苦しんでいる女性を描くのは重要な社会貢献だ。それが>>続きを読む

スペース カウボーイ(2000年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

おじいちゃん4人のワクワク宇宙旅。リアリティを一切気にせずほっこりファンタジーだと思えば普通に楽しめる良い映画。

まずこの4人の豪華なキャストが勢揃いでチームだという設定が良い。曲者揃いで観ているだ
>>続きを読む

アンテベラム(2020年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

人種差別版シャマラン。ワンアイディアのみの映画でそれなりに面白かったが、ちょっとそれに頼り過ぎな気がしないでもない。

前半に「奴隷の黒人女性エデン」、中盤に「同じ女優が演じる現代の活動家の黒人女性ヴ
>>続きを読む

ピンクパンサー(2006年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!大好きなコメディ映画。

クルーゾー警部を演じたスティーヴ・マーティンが完璧。とにかくチャーミングで愛らしいこのドジっ子警部をいつまでも見ていたい気持ちにさせられる。またこんなトラブルメー
>>続きを読む

ガントレット(1977年製作の映画)

1.5

当時どうだったのかはわからないが、「女を護送中に追われる身となる警官、二人は恋に落ちる、とにかく銃撃戦、警察内部に裏切り者が…?」というベタベタ過ぎるストーリー展開は、今観るにはさすがにしんどい。主人>>続きを読む

アウトロー(1976年製作の映画)

1.5

西部劇。ストーリーに特に何の捻りもなく、観ていて飽きてしまった。銃撃戦シーンの撮り方があまり上手くなく、今何が起こっているのかがイマイチわかりにくいのも原因の一つ。

バーバリアン(2022年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

B級ホラーだが、恐怖感を煽る演出が上手く、鑑賞後には爽快感と切なさが残る、良い映画だった。

とにかく前半のミスリードが秀逸。物凄く感じが良くて優しい男性だが、だからこそ怪しい。完全に彼を疑ってかかっ
>>続きを読む

アフター・ヤン(2021年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

家族の一員だった壊れたアンドロイド、ヤンを直そうとするが直らなかった話。本当にストーリーはこれだけ。あとはこのヤンのメモリーがひたすら再生されて、こんな会話があったとか恋をしてたとか、そういうゆるい思>>続きを読む

の・ようなもの(1981年製作の映画)

2.0

ストーリーはほぼ無く、ひたすら仲良し会話のほのぼのした雰囲気を楽しむ映画。ラストにちょっと切なさもあるよ!

で、自分は楽しめなかったです。序盤は確かにある程度観ることができていたが、あまりにストーリ
>>続きを読む

銀平町シネマブルース(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

既視感の強いベタな話ではあるのだが、監督と役者の上手さでなかなか心にしみる作品に仕上がっていた。

かなりの登場人物が出てくる人情物ながら、全員が無駄になっておらず、ごく短い出演時間しかないキャラクタ
>>続きを読む

インビジブル(2000年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

透明人間になる薬を作る博士が成功したらまず真っ先にやったことは?→答え:おっぱいを見る …いや、そうかもしれないけどさ…

透明人間化したことによって凶暴化したのか、元々ヤバイ奴だったのかの描き方が中
>>続きを読む

Pearl パール(2022年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

「X エックス」は未見だが、前日譚ということで特に問題なく楽しめた。

画作りは悪くないし話も好きな部類なのだが、いかんせんテンポが悪すぎる印象。前日譚だからということなのかもしれないが、単品映画にす
>>続きを読む

ハード・ナイト(2019年製作の映画)

1.6

物凄くこぢんまりしたダイ・ハード。「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリンがこんな超小規模ダイ・ハードを撮ってていいのか?舞台は最初から最後まで遺体安置所だし、敵は3人(うち雑魚2人)しかいないし。主人公>>続きを読む

オオカミ狩り(2022年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

ただのスプラッター映画。とにかく血の量が尋常ではないが、飛び散るとかではなくバケツでぶちまけるレベルの量で、さすがにやり過ぎ。こういうジャンル映画だと割り切って観ないと、不自然すぎて違和感しかない。と>>続きを読む

そして僕は途方に暮れる(2022年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

トヨエツはずるい!

目の前のことから逃げ続けるクズ(自覚あり)が反省して人生をやり直そうとする話。主人公のクズさがやたら強調されるし実際物凄いクズなのだが、周囲の人間もちょっと擁護したくない奴ばかり
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

B級ホラーを見る感覚で観始めたのに、観終わってみたらまさかの純愛ラブストーリーだった。…それは言い過ぎかもしれないが、とにかく、心が震えるような傑作だった。

主人公の三井(高良健吾)はハッキリ言って
>>続きを読む

REDリターンズ(2013年製作の映画)

1.5

期待値は低かったがやはり楽しめなかった。単品映画として悪くない出来だとは思うが、前作と比べてしまうとやはり劣る。アクションシーンもくどい割に新鮮味がなく飽きるし、コメディシーンもあまり笑えない。ジョン>>続きを読む

ありふれた悪事(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あまりに重すぎる内容で、韓国という国のヤバさをこれでもかと抉り出す作品。邦画やハリウッド映画のような甘さが全く無い。悪事に加担した主人公だけどラストには改心して告発してハッピーエンドだろう、等と高を括>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ほとんど全編にわたって黒スーツの男たちが会話しているだけの低予算映画。なのにどうしてこんなに映画として面白いのだろう。あっという間の100分間だった。この後続々とフォロワーが出てきたが、やはりタランテ>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

夏帆とシム・ウンギョンはとても良かったが、映画としてはあまりに退屈。キャラクター設定も過剰で、特に明るすぎる清浦(シム・ウンギョン)の煩さにウンザリすることもしばしば。大体主人公はあんなに人の良さそう>>続きを読む

ロスト・ボディ ~消失~(2020年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

いわゆる「ドンデン返し」ものだが、正直先が読めてしまう。しかし映像表現がわりかし面白いので観続けることはできる。そんな作品だった。

最初は執拗に主人公につきまとう女が鬱陶しくてしょうがない。観ていて
>>続きを読む

オールウェイズ(1989年製作の映画)

1.5

スピルバーグとは思えない駄作だった。死んだ後に守護霊として彼女を見守るというストーリー自体はとてもファンタジックでスピルバーグ的なのだが、演出は平坦で退屈な上、脚本が驚くほどつまらない。

まずこのス
>>続きを読む

逃げた女(2019年製作の映画)

1.5

やりたいことはあるのだろうが、あまりに映画として退屈すぎてきつかった。主人公が3人の女友達をそれぞれ順に訪ね延々と会話するだけの映画。会話内容はとりとめのないものでまるで面白みがないし、あえてなのかも>>続きを読む

>|