けんざさんの映画レビュー・感想・評価

けんざ

けんざ

洋画を中心に観てます 大学生

映画(152)
ドラマ(0)

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.9

内容自体はスカッとする痛快な話だったけど、それと同時に自分の意見を主張するという行為の大切さを痛感させられた
アメリカでは、何でこの判決になるの?っていう裁判が何件もまかり通ってるし、謙虚さを美徳とす
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.2

いろいろあったけど、なんだかんだでほっこりするロードムービー
不仲でギクシャクしていた家族が共通の目標に向かって徐々に1つになっていくのを見てると胸が熱くなる
個人的にはドウェーンが苦しんでいる姿が見
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.3

切ないけど良い話だった
クリントイーストウッドの映画は、悲しい内容でもジメジメしてなくてカラッとしてるから、どんな終わり方でもカタルシスを感じることができるのが良いと思う
ラストシーンを見てからもう一
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.4

スリル映画の金字塔といわれる作品
もう60年近く前の映画だけど、観てて全然飽きなかった
最近のホラー映画を観てると、静寂の中で大きい音を出してビックリさせるという手法が多いから、不穏な音楽でじわじわ揺
>>続きを読む

127時間(2010年製作の映画)

4.0

他のどんな映画を見たときよりも生を実感した
人間は極限状態に追い込まれて初めて本質的なことが見えてくるんだなと
監督がダニーボイルということもあって生々しい表現の迫力が凄い でも最後まで目を背けずには
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.7

20年に1本の恐怖って謳ってるけど怖さはあんまり感じなかった
でもカメラアングルとか音楽とか演出面のクオリティは高かったので満足
若者3人組は痛い目に遭って当然のクソみたいな奴らだったし、個人的にはお
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.6

ろくでなしバンドマンが規律の厳しい学校で教師になって無茶苦茶する話
往年のハードロックがいっぱい流れるので好きな人にはたまらんだろうなって感じ
反体制の象徴であるロックと体制の象徴である私立学校の組み
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.8

前作にも登場した女性たちが堅実に人生を過ごしている一方で、男4人組は更生したかと思いきや相変わらず堕落してたから、安心するとともにちょっと切なくなった
マークたちが街を全力疾走しているシーンが最高に好
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.2

よく練られた社会派ホラーで結構面白かった
1回目を観終わった後すぐ2回目が観たい!と思い、友達といろいろ考察しながら見逃した伏線を回収する楽しみもあったので満足
ただ、人種差別とかのテーマでよく見られ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.6

メガロドンが人を喰うのかと思いきやステイサムに食われてるっていうね
ステイサムの存在感がデカすぎてサメがかわいそう

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

テレビとか本と違って、一度観始めたら少なくとも2時間近く拘束されるっていうのが映画の1番の特徴だと思うんだけど、そこをちゃんと生かした構成になってるなと思った
これだけハードル上がってるからあんまり期
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

面白いは面白かったけど、前作ほどワクワクはしなかったかな
メッセージ性が強くなってきたあたりで何にも分かってないなとうんざりしてしまった
こっちはテクノロジーの暴走を人類は止められないとかいうありふれ
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.6

細田作品の中では人気無い方だが自分は好き 王道の魅力
見ていてブレイブ・ストーリーを思い出したけど、こっちの方がカラッとした出来になってていいと思う
物語を解釈する鍵の『白鯨』読んだことないから是非読
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

4.1

SFホラーの金字塔と言われているだけあって、映画としての完成度がめちゃくちゃ高かった
ある程度ベタな展開ではあったけど、観ている人に息をつかせないような間合いで作られているから、最後まで退屈することな
>>続きを読む

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

3.4

前作より少年漫画っぽい方向に吹っ切れてて好感持てる
たださすがに厨二病全開すぎてちょっと恥ずかしくなった笑
主人公のサムがリア充になった途端調子乗り出してて腹立つ

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.0

もう何回観たか分からないし、今更内容について言うこともない
叔母さんがドラマ版の主人公だったっていう説を聞いてから、より面白いと感じるようになった
挿入歌があの2曲じゃなかったらここまで人気にはなって
>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

3.3

interesting系のブラックコメディだと思っていたけどfunny系の要素も見受けられて結構意外だった
キャラクターが全く違う3役を演じ分けているピーター・セラーズの演技力が光り輝いている
この映
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.4

パシフィック・リムと同じで自分はあんまり好きじゃないんだろうなと思ってたけど、観てみたら意外と子供心に戻ってワクワクできた
でもロボットが「人間にも権利が〜」とか言い始めたときはちょっとガッカリした
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

4.0

観たのはこれが3回目 でもまったく飽きない
映画館じゃなくてテレビでも映像の迫力が凄かった、CGの進歩素晴らしい
初めて友達と観たとき、映画が終わって真っ先に出てきた感想が「🦖凄い!」じゃなくて「クレ
>>続きを読む

ファニーゲーム(1997年製作の映画)

3.2

面白半分で観なきゃよかったと後悔
他の胸糞悪い映画が可愛く思えるくらいoh…な内容だった
暴力的なシーンが意図的に避けられていたにもかかわらず、不快感がくっきりと残るのは凄い
全体を通してメタ的な要素
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

5.0

赤い服を着た女の子のシーンを観てからずっと気になってた映画
なんというか観終わって言葉が出ない
SSに殺されるとき希望も悲しみもなくただ無気力なまま立ち尽くしているユダヤ人たちの顔がトラウマもの
史実
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2013年製作の映画)

3.5

胸糞悪いと言われる映画を観た時に気分が落ち込むということはあんまりないんだけど、この話は確かに後味悪かった
ストーリーがよくできているだけに、アクションシーンがチープに見えてしまったのがちょっと残念
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.4

最近夢日記をつけている自分にとっては、とてもタイムリーな話だった
夢日記の弊害として、現実と夢の境界が判別できなくなるだとか、夢を現実として記憶した脳がダメージを受けるだとか、そういう悪影響が実際ある
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.1

正直観ててちょっと退屈だった
オードリー・ヘップバーンがただのメンヘラビッチだったというだけの話だと思ってる(それ以上に何か深い意味があるのなら誰か教えてほしい)
登場する日本人がガチガチのステレオタ
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.5

坂本龍一の演技を初めて見た
率直に言うとそんなに上手いとは思わなかったのだが、見てる人の心に訴えかける繊細な演技であるように感じた
映画のテーマはとても好きだし、それぞれの演者も素晴らしかったと思う
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.1

海外で爆死したと聞いてあまり期待しないで観たらめっちゃ面白かったというオチ
確かに映画自体としての出来は割と先が予想できてしまうというかベタだったかもしれないけど、ソロとチューバッカの出会いから2人が
>>続きを読む

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)

4.2

映画好きの友達含めていろんな人からオススメされてたからずっと気になっていた作品
前評判と違わず、アンソニー・ホプキンス演じるおじいちゃんの姿に胸が暖かくなる爽快な映画だった 観終わった後の充足感が凄
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

3.9

この話は「凡と非凡」という構図ではなく「非凡と超非凡」という構図になっているのがミソだと思う
サリエリはある程度音楽の才能に恵まれたせいで、幸か不幸かモーツァルトというワールドクラスの才能を持つ人物の
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.6

良い話だとは思った、しかし主人公に「お前さすがに軽薄すぎるだろ」とツッコみたくなるシーンが多かったので、もっと主人公らしく振舞ってほしかった 時系列も曖昧だったから、ちゃんとした説明欲しい
リチャー
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.2

原点にして頂点
何回観たか分からないけどやっぱり興奮が抑えられない
エピソード7以降の続3部作が過剰に叩かれてるのも、旧3部作・新3部作のクオリティが高すぎるだけで実際はそこまで悪くないと思う(新3部
>>続きを読む

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

4.1

最後らへんの展開は熱すぎて思わずオオッと声が出た
まあ言ってしまえば、内容自体は時系列をいじくった結果いろんなバタフライエフェクトが起こるっていうタイムリープものの定番なんだけど、そんな難しいことをご
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.7

パッケージを初めて見たときは絵のインパクトが強すぎてホラー映画かと勘違いしてしまった笑
最初の方は退屈で自分好みではなかったんだけど、話が進むにつれてどんどん内容に惹きつけられていった感じ
軽快でコメ
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.9

自分は性格が悪いので言うけれど、幸せオーラをここまで全開で浴びせられるとは思ってなくてなんか腹が立ってしまった
でも悔しいけどそれと同じくらいジーンときてる自分もいた
要するに良い話だったってことです

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.6

どちらかといえば、瞬間的に面白いと思える映画よりも、あとから観てよかったなあと思える映画を探すためにいろんな映画を観ているのだけれども、今日またそういう映画に出会えてとても幸せ
ティム・バートンの世界
>>続きを読む

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

4.0

ド直球のスポ根は見てて気分が良い
良い意味でも悪い意味でも、人間として未熟なうちにどんな人と出逢えるかで人生は大きく変わってしまうんだなあと思う
自分はバスケが特に好きなわけではないんだけど、スラムダ
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.7

有名だけど意外と観たことなかったシリーズ
シンプルにアクション映画として面白いし、設定も厨二心くすぐられる
この年代にこの作品がつくられたのはまさに「映像革命」だと思う