たむらまさあきさんの映画レビュー・感想・評価

たむらまさあき

たむらまさあき

★付けてるのは日々の記録、付けてないのは過去に観た映画の記録です。ベストムービーは人体破壊映画たち、順不同。
プロフィール画像は小津安二郎『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』より「おどけた父親」です。

映画(2469)
ドラマ(0)

うたうひと(2013年製作の映画)

2.5

方言のせいか民話の内容がほとんど分からなくて、始めはまあいいかと語りのリズムを音楽として聞いていたけど、中盤からかなりキツくなってきた。

トンネルの場面とバスの座席でゴトゴト揺れまくってるのはカッコ
>>続きを読む

なみのこえ 新地町(2013年製作の映画)

3.0

最前列で観ていて気付いたのは、話し手・聞き手の切り返しショットでピントの合っているのが聞き手の肩であるということ。
僕の乱視のせいかなのか不明だが、メインの被写体であるはずの話し手ではなくなぜ聞き手の
>>続きを読む

なみのこえ 気仙沼(2013年製作の映画)

3.1

ドキュメンタリーにおける会話内容の取捨選択は難しく、どうしても作者の恣意的な判断で会話がぶつ切りに編集されたりする。
その判断によって、本来の会話がもっていた独特の分脈や話し方の抑揚、話し手や聞き手の
>>続きを読む

ファミリー☆ウォーズ(2018年製作の映画)

2.5

女児死体の描写が端的かつ壮絶。今までに意外と無かった轢死体。

ただ家族が一致団結して爺を殺すのかと思いきや、そうでもないというのが残念だった。

GAMERA1999(1999年製作の映画)

3.0

カンパニー松尾が何らかをやらかすのかなと思いきや、意外にちゃんと(?) メイキングしてて少し残念。

金子修介の現場ももっと見たい。

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.7

冒頭からアホみたいな迫力の爆発でエキストラを殺しにかかってるのが分かるし、吊橋のシーンでも役者やスタッフを殺す勢いなのがひしひしと伝わってくる。

路地へ 中上健次の残したフィルム(2000年製作の映画)

3.0

ひたすらに移動。
オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』やキアロスタミ『そして人生はつづく』といった、ドライブ映画に通ずる精神。

死画像(2015年製作の映画)

3.8

6話『クニコ』に関しては、想像力こそ恐怖の引き金であるということを改めて痛感した。
この「長さ」はもはや拷問。

他の作品では一話と三話で「お。」と思った。

暗殺のオペラ(1970年製作の映画)

3.0

父親の銅像周辺をグルグル回るカメラ。眼球の入っていない父の目はカメラを見つめ続ける。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.5

「若者三人のヨーロッパ巡り」と「テロリストとの闘い」を等価の重要度と面白さで描くこと。

三人がそれぞれ違う場所で違うことやってるとき(物語の前半)は、途切れ途切れという印象。対して後半は三人が同じ場
>>続きを読む

ある現代の女子学生(1966年製作の映画)

3.0

頭に電極付けられてる猫が可愛い。
あと、ラストショットが洒落てる。

NIGHT SAFARI(2014年製作の映画)

3.0

駐車場で敵のヤンキー追い回すシーンが見事。轟音と早回しで臨場感出せるのはマッドマックスでも証明済み。

ヘドローバ(2017年製作の映画)

4.8

ボコボコにされたりフルチンになったりしている子役の将来有望さ。

良い意味で情緒が全くない。
あと、エキストラと俳優の差も良い意味でない。

逆徒(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ラストショットはゾッとする。2ちゃんの怪談。

Super Tandem(2014年製作の映画)

3.5

地元感が凄い。ロケ地全てが小林勇貴の庭という感じがする。

DVD同時収録の『TOGA』は結構怖い。ヤンキーの顔がホラーになりうるという可能性を示した作品。

真夜中のパーティー(1970年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

カット数の多さ。
ラスト、唐突に挟まれる主観ショット。

時よとまれ、君は美しい/ミュンヘンの17日(1973年製作の映画)

3.0

アーサー・ペンの作品が一番良い。
棒高跳び選手の肉体のスローモーション、その繰り返し。しかもほぼ無音。

あと、ジョン・シュレンジャーの作品は見せ方が巧い。『マラソンマン』の監督だからマラソン撮ること
>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

3.3

東出とレザーフェイスがオーバーラップしてしまうような演出なんなの。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

2.0

やくざの抗争系映画、やはり僕は面白いと思ったことがないな。
やくざはやくざでも、一人だけずば抜けて狂ったヤツがいるとか(『仁義の墓場』や『脱獄広島殺人囚』『実録・私設銀座警察』)は好きなんだが。
抗争
>>続きを読む

ニア・ダーク/月夜の出来事(1987年製作の映画)

3.0

夜、自動車、理不尽な暴力。やはりエリック・レッドの脚本。
数ある吸血鬼映画の要素のなかでも太陽光で燃えるという描写に力を注いでいるのが良い。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.0

もっと「家」と「音」というテーマに執着してほしかった。

透明人間(1992年製作の映画)

3.0

建築が透明化する。面白いのは透明の箇所がまばらであること。そのため、柱に支えられなくても自立的に浮いているような二階と三階が出現したりする。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

これまでの濱口作品と異なるのは、心理描写の稀薄さという感じがする。
くっついたり離れたりが単なる物理現象のごとくあっけなく展開していく。

劇場が真っ暗になって音だけで展開するあのシーンは、音によるデ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと泣いてしまった。
ダメな奴らがダメなまま何かを成し遂げる、何かを共に作ることの嬉しさ。

DISTANCE/ディスタンス(2001年製作の映画)

3.0

下山して即効、蕎麦屋に行って皆それぞれ電話するシーンが好き。

空飛ぶゆうれい船(1969年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

やはり親が死ぬ映画というのは子供心にザワザワするものがあるよな。『千と千尋の神隠し』もそうだし(豚だが)。

夏の庭 The Friends(1994年製作の映画)

4.5

色々と凄いんだが、ラストの家が放つ異様なオーラをカメラが捉えてしまっているということが何よりも。

炎628(1985年製作の映画)

4.5

サウンドデザインの特異さ。
常時響いている不協和音、ときには爆発音や台詞でさえも背景音になってしまう。画面で起こっていることが壮絶なだけに、それに反比例する「音の小ささ」の演出にはハッとするものがある
>>続きを読む

クレアのカメラ(2017年製作の映画)

3.7

クレアの亡くした恋人って『夜の浜辺でひとり』に出てきた本屋さんなのではと思ったが違うんだろうか。
ホン・サンス作品で物語世界のリンク的なものが見受けられたのは嬉しい。

>|