ゴン吉さんの映画レビュー・感想・評価

ゴン吉

ゴン吉

映画(164)
ドラマ(0)
  • 164Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.0

序盤は主人公の言動に腹が立ちましたが、ラストは涙が止まりませんでした。
見事な構成です。

日本人は遠慮して悩み苦しむ人が多いですが、ここまで自己主張して潔よく生きる方が、かえって周りに迷惑をかけない
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

今年の初映画、かつ久しぶりのタイ映画。

悪賢い子供たちの軽いノリの作品と思っていたら、骨太作品だった。

笑いあり、ハラハラドキドキのサスペンス性あり、父娘関係、友人関係、貧富の格差や学歴重視などの
>>続きを読む

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(2017年製作の映画)

4.0

本作は、小説「クリスマスキャロル」の誕生秘話が描かれており、その時代の様子が興味深かったです。
当時は、今の日本のクリスマスとはかなり違い、勉強になりました。
余談ですが、クリスマスマーケットで有名な
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

4.2

本作は暗い映像がスローテンポで構成され、かつ現地語の字幕をださないことで、主人公と同様の閉塞感や孤独感に観客も陥らせることに成功している。

ずーっと閉塞感が漂う暗闇をさまよい、タイトルの「暁」の場面
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

4.0

どこにでもあるフランスの普通の田舎での、ひととの出会いや訪問先でのエピソードをまとめたドキュメンタリー作品です。
ひとつひとつのエピソードには、深い含蓄が感じられ、それらを掘り下げて考えてみるのもよし
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.4

前情報なしで観ましたが、シリアスな内容と思いきや、コミカルで楽しい作品でした。
「寄生獣 」のマーベル版といった感じ。
テンポよくストーリーが進み、アクションも楽しめた。
自分の弱点を簡単に明かしてし
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

お茶の世界を淡々と描いた作品です。

私自身も主人公と同様に、大学生の時に茶道を始めたので、本作品はそれとなく理解できるのですが、お茶を知らない人にとっては、つまらない作品ではと思いましたが、結構みな
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

主演がソウル出身のジョン・チョウで、韓国が得意な父娘愛を描いた作品だったので、てっきり韓国作品と思いきやアメリカ映画でした。
よくよく考えるとジョン・チョウはスタートレックやトータル・リコールをはじめ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

大人になると、生活に追われて、人として大切なものが見えなくなったり忘れたりする。
一度、立ち止まって何も考えない時間を作ることが大切なのかもしれない。

そんなことを考えさせられた作品でした。

美し
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.2

華僑のニューヨーカーキャリアウーマンが、厳格な旧家の御曹司と恋に落ちたシンデレラストーリーです。
カードゲームのように、出るべきところでは出て、引き際もきちっとわきまえてこそ、真の勝ちを呼び込むことが
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

話題になっているゾンビ作品という以外は、前情報なしで鑑賞。
2部構成の作品です。

前半は、手持ちカメラを使った長~いワンカット映像で、画面が揺れるので多少気分が悪くなりますが、ゾンビ作品なのでそれも
>>続きを読む

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

4.2

原題は「The Wife」です。本作品は、人それぞれ感じることや解釈が異なるかもしれませんが、個人的には、夫婦とは何なのかを問うた作品と捕らえました。

お互い相手に不満な部分はあるでしょうが、お互い
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

プレデター1は記憶が薄れ、2は未鑑賞で、本作を鑑賞。
そこそこ楽しめた。

主人公の少年の設定は秀逸で、演技も良かったです。
逆に女性生物学者がヒロイン役を務めるが、存在意義が全く不明。
女性であった
>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

4.6

韓国ならではの家族愛をテーマにした作品です。
どことなく哀愁が漂う兄を演じたイ・ビョンホンとサヴァン症の難しい弟役を演じたパク・ジョンミンの演技に注目です。

パク・ジョンミンは吹き替えなしでピアノを
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.7

いわゆるシンデレラストーリーですが、主役は二人で、レディ・ガガとブラッドリー・クーパーの二人の愛に満ちた波乱の生き方も見どころです。
勿論、ガガの歌声は圧巻で、彼女のファンでなくてもライブシーンだけで
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

青年時代のまだ純粋なハンソロを描いた作品だけあって、スピード感あり、爽快感あり、恋ありで楽しめた。
以後、色々あって往年の彼の人格が形成されていくのだろうと思うと感慨深くもあります。

本作品ではあり
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.7

ストーリー自体は難解ではありませんが、文化や宗教観が違うせいか、細かい点が理解できなかったこともあり、全く怖くなかった。
現実なのか幻想なのかも区別できなかった。

もっとも母親役のトニ・コレットの迫
>>続きを読む

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

4.0

舞台挨拶付き試写会で鑑賞。
関係者の試写会を含めても世界で3回目の上映会だそうで、脚本を担当した福井晴敏さんですら、全編通しての鑑賞は本日が初めてだそうです。

新しい100年間の始まりの1作目ですが
>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

本作は従来のポリス・ストーリーシリーズとは一線を画した正にREBORN作品でした。
主演の64歳のジャッキー・チェンのアクションはもとより、「人魚姫」のショウ・ルオ、欧陽菲菲の姪のオーヤン・ナナ、本作
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.3

大丈夫とわかっていてもハラハラドキドキの連続でした。
誰が味方で誰が敵なのか、何が真実なのかも見どころでした。
前作をはるかに上回る出来でした。
56歳にも関わらず、トム自身の体を張ったアクションは素
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.2

淡々とゆっくり進み、不思議な雰囲気を醸し出している作品です。
言葉でなく映像と音楽で語りかけてくる作品で、通常の横長のシネマスコープサイズのワイドスクリーンでなく正方形に近い縦横比の映像にすることで、
>>続きを読む

ガンジスに還る(2016年製作の映画)

4.0

終始、淡い色彩の映像は、まるで絵画のような絵作りの作品で奇麗でした。
インド人の死生観がよく分かる作品です。
本作は、しみじみとした作品なので、好き嫌いが分かれるかもしれません。

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

4.2

ブッ飛んだイカれた作品でした。
ストーリーは平凡ですが、映像と音楽が凝っていると思ったら、鑑賞後に、音楽はヨハン・ヨハンソンと知り、納得です。
結構エグイ映像もあるので、観る人を選ぶ作品ですが、個人的
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

東野圭吾さんの原作を堤幸彦監督がメガホンをとった作品だけあり、臓器移植や脳死など、正解がない日本の医療現場が抱える問題を投げかけた作品です。
人とは何なのか?
生きるとは何なのか?
海外の現状も引き合
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

Filmarksさんの試写会にて鑑賞。

冒頭から終始、重々しい単調な音楽の繰り返しで、最後まで緊張が途切れることなく見入ってしまいました。

本作のボーダーラインは国境という意味のほかに、人として超
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.2

デンゼル・ワシントンのキレッキレのテンポ良いアクションが楽しめました。
ラストの嵐の決闘は見応えがありました。
デンゼル・ワシントンの魅力一杯の作品と思います。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

宣伝文句通り、ラスト21分は正に魂に響く熱演でした。
ジャンルが音楽作品にもかかわらず、涙が止まりませんでした。
名曲が生まれた背景も語られていて勉強にもなりました。

ごっこ(2017年製作の映画)

4.6

あまり期待せずに鑑賞しましたが、いい意味で予想を裏切ってくれました。
この手の作品は子役の演技で成否が分かれることが大きいですが、子役の平尾菜々花さんの演技は素晴らしかったです。
熊澤尚人監督が「心が
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

4.2

11月9日はトランプ大統領が選挙の勝利宣言した日であり、本作品の題名もそれに由来する。

本作品はトランプ大統領が主役と思いきや、マイケル・ムーア監督の故郷であるミシガン州フリントの水道水の鉛汚染がク
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.8

幽霊と仲良くなれる作品。
子蟹は一匹では猿をやっつけられない。
みんなの協力や支えがあってこそ、はじめて猿を倒すことが出来るのです。

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.8

前作は未鑑賞ですが、本作だけでも十分楽しめた。

細かい点は、ツッコミどころ満載ですが、頭を空っぽにして鑑賞すれば、映像やアクションに大満足です。

エイリアン作品としては、見応えがありました。

>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.8

少女の心の成長を描いた作品。
中盤までは感情移入できませんでしたが、ラストですべてが明らかになり、すっきりできてよかったです。
巨人を倒す武器が、コベルスキーという奇妙な名称で、ずっと気になっていまし
>>続きを読む

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

不治の病の安楽死の問題を、サスペンスを通じて投げかけた骨太の作品です。
ヨーロッパの一部の国では、法律で認められている死ぬ権利。
日本では、医療関係者などによる患者を想っての安楽死殺人が過去に何度か起
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編(2017年製作の映画)

4.0

総集編なのでしょうがないかもしれませんが、ナレーションが多いのが気になり、少し残念。
冷泉麻子と同体質なので、付近の映画館はどこもMX4Dは朝一しかやっていないが辛い。
次作のMX4Dはどこまで進化す
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

アメリカで「イット・それが見えたら終わり」を超えて大ヒットした怖い映画ということ以外は、前情報なしで鑑賞しました。
ホラー作品と思いきや、予想に反してこっちでしたか。

本当に怖かったし、個人的にも「
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.7

名探偵コナンの魔法使い版といったところ。
コナン君は大活躍。
毛利小五郎ならぬポンコツ魔法師は、個人的にはポンコツ感が感じられなかったのが残念。
蘭姉ちゃんならぬツィマーマン姉貴は、やはり頼りになる。
>>続きを読む