ヤナさんの映画レビュー・感想・評価

ヤナ

ヤナ

映画(113)
ドラマ(0)

子宮に沈める(2013年製作の映画)

3.8

心が強くないときに観ると危ない。心が強いときでも観賞後は気持ちが沈むと思った方がいい。

ここで他の人のコメントを読んで元となった事件があると知ったのだけど、観ながらこういう事件絶対あるよなあつらいな
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

2.6

長い。
長い上に全然怖くない。

もう長いし面白くないし観るの途中でやめようかなと思ってここにディスりに来たら「衝撃のどんでん返し」と書いてあったのでオチが分かってしまった。(それが正しいのか確かめる
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

マチルダの精神年齢とレオンの精神年齢が同じぐらいだったから恋に落ちたってこと?
恋愛に疎いマンの私からみれば本当に二人とも恋してたん???と思うし、殺し屋と殺し屋の弟子とか歳がとても離れてるとかの設定
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.7

なんでこの映画のタイトルが「信じる」とか「疑い」とかではなく「怒り」なのかなと考えると、多分それぞれの登場人物が「誰かを信じた/疑った」自分や「自分を信じた/疑った」他人への怒りをどう扱うかというとこ>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

3.1

いろんなことを思った。
問題のない家族はいいなあとか、じいちゃんまさか酸欠で死なないよなとか、地球温暖化に関する啓蒙作品かなとか、私たちは過去の上に今を重ねるしかなくて過去になった時点でそれは思い出と
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

もう夏も終わるなと思って観始めたけど映画自体にそんなに夏が終わる感はなかったな。

他人の性欲なんて考えたくもないし考えないので可愛らしい男の子がマスかいてたのは結構ビックリしたし、ネタを自給自足して
>>続きを読む

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

3.2

そいつとくっつくと思わなかったー!
二転三転してわりと面白かった。
恋の駆け引きみたいなのとか人の表情から内心を読むのとか私はめちゃくちゃ苦手なのでやっぱ恋愛に向いてないんだろうなと思った。

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

2.4

グロい。
こういうのをしっかり観て学習していれば人を殺したときに役に立つんだろうが視界にいれることすらできなかったので私には無理だ。

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ルーカスルーカスと連呼するのでオチはかなり序盤で勘づいてしまった...
痛そう。残酷。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.2

曲が好き、主人公の兄の気持ち分かる。ストーリーが面白いかと言われたらそんなことはない。
日本語字幕より英語音声の方が好き。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.8

たしかに「戦争」というよりは「すずの人生」ってかんじだったので説教臭くなくてよかった。
やるせない。
歴史を知っていてみるのと知らないでみるのだと感じる気持ちが違うだろうなあ

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

えっ...大好き...こんなにハッピーエンドで良かったと思った作品ない...エンドロールまで流した...
ポスターはそのシーンなのかなるほど...

オクジャ okja(2017年製作の映画)

2.5

ええ...なんかモヤモヤするわ...
食用肉反対のプロパガンダ映画なのだとしたら"人に愛された"オクジャだから助けようとか"人に愛された"オクジャだから助けるみたいな人に愛されているかどうかを基準とし
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

2.5

誰にも共感も移入もできなくてウケる。映画も尾行も似たようなもんなのかもな。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.2

噂より面白くなかった。瀬戸みたいな子の方が家庭環境悪いってありがち。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.6

マーシュに現れたあの血は生理の比喩だろうなあ。生理がこなかったら妊娠してるって恐怖...つらいな...
エディは風間くんポジション。
リッチーいいやつで好き。

映画自体は新聞の連載小説を繋げたみたい
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.5

外国語で映画を観てるかのような曖昧なわからなさがあって主人公もこんな心地で生きているのかなと思った。一瞬の感情的行動でその後の全てがずれていってしまうことの怖さを感じた。

キャロル(2015年製作の映画)

3.2

全体的に陰鬱としていてこれといって大きな恋の喜びがあるわけでも大きな悲しみがあるわけでもなく...やるせないかんじ。

テイスト&カラー(2017年製作の映画)

2.4

主題は多分「自分の力で本当はなんとでもなるのに抑圧され縛られるがままになっている人よ、本当に自分を縛っているのは自分だ。自由になれ。」ってことなんだろうけど、レズビアン寄りバイセクシャル用の夢小説かな>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.3

安藤サクラの喪女の演技が上手すぎてビックリした...喪女というか根暗というか...しかもボクシングめっちゃうまい...演技の幅よ...
クリープハイプの曲名が税込みになってたのが面白かった。
「どうし
>>続きを読む

ロミーナ(2018年製作の映画)

1.2

音質も悪くて全ての発言が聞き取れない。メキシコ人の遅れたジェンダー観と口の悪さが露呈しているだけ。途中で見るのをやめました。

アメリ(2001年製作の映画)

3.4

私は恋愛しないししたいとも思わない人間だけれど、この作品には夢物語みたいなロマンチックな恋愛っていいなあと思わされた

アレックス・ストレンジラブ(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドでよかった

トリハダ 劇場版2(2014年製作の映画)

3.3

女体持ちとして防犯ちゃんとしようと思った。この性に生まれたせいでほんと損してると思ってしまう映画。

リトルデビル(2017年製作の映画)

3.1

ルーカスが途中からかわいくて死なないでほしくなる、あんなにクソ餓鬼と思ってたのに...

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(2005年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

子供用としては面白いんだろうなあ。
私はwallaceとwallaceと入れ替わった兎の両方にwallaceの中身が入ったまま終わったのが納得いかなすぎて無理...意味わかんない...

悪人(2010年製作の映画)

3.2

私もあのクソ女みたいに親に愛されたかったナア~~~
最初の方の話の進まなさがすごかった。一時間経ったのにまだなにも起こってなくない?みたいな。
どんなに小さな悪でも積み重なって誰かに皺寄せが来るんだろ
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.4

恵まれてるとは言えない生育環境にもよらずこんなに人の良い若者が4人も育つとは思えない

私のガマンはもう限界(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

普段恋愛が成就して終わると「なんだよつまんねーな」と思うけど、今回はフラれた男の人可哀想と思ったよ(笑)
でも主人公が幸せを手にいれたからいいね。相続どうするか知らんけど。

ジヌよさらば かむろば村へ(2015年製作の映画)

1.9

この間観た映画に出てた役者さんが勢揃いで知ってるー!となったところは楽しかったです。映画ってこうやって楽しくなってんだろうなあ。
主人公が性欲を持て余したクズの犯罪者なのに正当な報いがないのがすげえ嫌
>>続きを読む

マドレ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

日本に出張してたのに金髪白人女性と浮気って適当かよ...
妊婦は酒飲んじゃダメだし妊婦のそばでタバコを吸うな...
途中から何が現実で何が幻覚かわからんと思ってしまった。結局目的は赤ちゃんがほしかった
>>続きを読む

私はおかしくなんかない!(2018年製作の映画)

3.0

精神障害患者に対する偏見がすごい...2018年だぜ今...
毒親(毒母)についての話は本当にそれなってかんじ。でも毒親ってあんな聞き分けよくないから都合いいなってかんじだけど。結末もまあ入居した時点
>>続きを読む

>|