Makiさんの映画レビュー・感想・評価

Maki

Maki

♡:UK/FRANCE/SWISS/GERMANY
キリアンマーフィーの大ファン/イギリス映画、フランス映画、ドイツ映画を中心に。邦画はあまり見ません。よろしくお願いします。

狩人の夜(1955年製作の映画)

4.7

キリアンマーフィーが「好きな映画5作品」のうちの1作品にこの映画をあげていたので気になって観賞しました。
(出典: https://editorial.rottentomatoes.com/artic
>>続きを読む

プルートで朝食を(2005年製作の映画)

4.6

キリアンマーフィー目当てで鑑賞。

親に捨てられ、町の人たちからはオカマだと軽蔑され、イギリスではアイルランド人だと差別される...。首を絞められたり、銃を向けられたり、殴られたりと散々な毎日を送って
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

3.5

SF苦手で滅多に見ないのですが、ダンケルクをきっかけに好きになったノーラン監督の作品ということで鑑賞。

169分があっという間でした。
SF映画を面白いと思えたのは初めてかもしれません。

物語が繋
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.5

これは主人公に共感できる人と出来ない人に分かれる気がする.....(笑)
私は後者でした。

自分の将来のために、故郷・アイルランドからブルックリンへの移住を決意する主人公。私自身(出身は東京なので
>>続きを読む

ヒトラー最後の代理人(2016年製作の映画)

2.0

ヘスの手記を読んだ方がいいくらい(講談社学術文庫からルドルフ・ヘスの手記『アウシュビッツ収容所』という本が発行されています)。映画としては物足りなさを感じてしまいました。

ただただ、刑務所でヘスから
>>続きを読む

パニック・フライト(2005年製作の映画)

3.1

キリアン・マーフィー目当てで鑑賞。パッケージ的にB級映画かと思いそこまで期待していなかったのですが(すみません笑)、想像以上に楽しめました!

主演二人の演技力は勿論のこと、脇役一人一人に存在感があっ
>>続きを読む

偽りの忠誠 ナチスが愛した女(2016年製作の映画)

3.3

重たいナチ映画を想像していたのですが、実際はそこまで重くありませんでした(ラブストーリー寄り)。

第二次世界大戦中のドイツ人を一概に「悪」と捉えるのではなく、一人一人の行いに目を向けることが大切なの
>>続きを読む

愛を歌う花(2016年製作の映画)

3.8

面白かったです。
ドロドロした少女漫画を読んでる感覚で、120分があっという間でした。

心優しくて穏やかな主人公が、唯一の親友に婚約者を取られることで、徐々に黒くなっていく姿にドキドキしっぱなし(相
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.0

ナタリーポートマン綺麗すぎる...。
夫の死後も ファーストレディとして、ケネディの妻として、二児の母として強くあろうとするジャッキーの逞しさに痺れました。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.8

IMAXで鑑賞したのですが、想像以上の迫力でした。海の音、戦闘機の爆音、爆弾の音...何もかもが目の前で起きていることのように感じられました。自分が映画館にいることを忘れてしまいそうなクオリティの高さ>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.7

エルファニングがめちゃくちゃ可愛いかった。映像にもこだわりを感じました。
ただ内容はというと.....。好き嫌いが分かれそうですが、私は好きではありませんでした。
モデル業界の厳しさを垣間見た気がしま
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.5

おじさん俳優たちが格好良かったけど、作業しながら鑑賞したためストーリーがちゃんと理解できなかった()
集中して観れるときに鑑賞されたら良いと思います。
いつかもう一回観たい。

記憶探偵と鍵のかかった少女(2013年製作の映画)

3.0

二転三転する展開に、途中までドキドキしながら鑑賞していました。
ただ、ラストが(好き嫌い別れそうですが)個人的には微妙でした。

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.6

「面白くなさそう」と思って観ていなかったのですが、いつかの金曜ロードショーをきっかけに鑑賞(レビュー忘れてた...)。

ビンボンのシーンで思わず涙ぐんでしまった....想像以上に深くて面白い映画でし
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.4

映画好きの友達に勧められて鑑賞。

韓国映画なので韓国語メインなのかな〜と思いきや、日本統治下の朝鮮が舞台なので セリフの半分くらいが日本語で驚きました。

どんでん返しの連続にドキドキが止まらない。
>>続きを読む

京城学校 消えた少女たち(2015年製作の映画)

2.8

終盤「...私は一体なんの映画を観てるんだ.....」とツッコミを入れたくなりましたが(笑) 、ストーリーはともかく雰囲気はめちゃくちゃ素敵でした(特に前半の雰囲気が好き)。

日本の統治下におかれて
>>続きを読む

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争(2014年製作の映画)

4.6

普段映画鑑賞しても滅多に泣かないのですが...しょっぱなから大・号・泣(笑)←子供が主人公の戦争ものに弱い(TT)

太平洋戦争を、アメリカ人の少年の視点から描いています。

【あらすじ】←ざっくり
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.5

アクション要素もラブ要素もサスペンス要素もあり、一作でお腹いっぱいになりました!(いい意味で)

夫も妻もスパイだと、お互いを心の底から信頼し合うのが大変そうだと思った(笑)
妻が二重スパイなのでは
>>続きを読む

メイド・イン・マンハッタン(2002年製作の映画)

3.3

ホテルのメイド(シングルマザー)と下院議員の身分差恋愛モノ。

所謂王道ラブストーリーで、先の見える展開ばかりでしたが、変にハラハラせず 楽しんで鑑賞できました!ハッピーエンドで良き。

胸騒ぎのシチリア(2015年製作の映画)

3.6

結末が予想外すぎて...後半30分のまさかすぎる展開に唖然としてしまいました(笑)もっと王道のラブストーリーを想像してた!笑

お目当はレイフ・ファインズとマティアス・スーナールツだったのですが(笑)
>>続きを読む

アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発(2015年製作の映画)

3.1

ミルグラム博士の、アイヒマン実験(ミルグラム実験)に関する映画です。
アイヒマン実験についてご存知の方は、正直鑑賞する必要はないと思います...ミルグラム博士の半生と、アイヒマン実験に関する説明が内容
>>続きを読む

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

2.9

ずっと前から気になっていただけに...期待はずれでした、残念。

ヒトラーを彷彿とさせる独裁者へと成長する少年の幼少期を描いているのですが、オチもなくどんでん返しもなく...淡々と見ていたら映画が終わ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.4


この3月に広島を旅行したばかりでした。
原爆ドームを訪れたり、呉の港から船に乗ったりしたのですが...。約70年前、まさにあの場所でこのようなことがあったなんて...!と背筋が凍るような思いでスクリ
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.6

大学の講義で約10年ぶりに鑑賞。
結構色々な場面を忘れていたのですが、最後の記者会見の名シーンだけは鮮明に覚えていました!
オードリーの美しさに圧倒されます。

(この映画が好きな人には、『ロイヤル・
>>続きを読む

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

3.6

不倫ものの作品苦手なことが多いのですが、この映画は割と好きでした。
レイフファインズとクリスティンスコットトーマスが美しかったです...!

ヒトラーの贋札(2007年製作の映画)

3.6

ナチスが収容所で偽札を製造していたなんて...!「ベルンハルト作戦」の存在を、この作品で知りました。
『灰の記憶』と雰囲気が似ている映画で、この作戦に携わったユダヤ人たちの苦悩と葛藤が描かれています。
>>続きを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

3.6

アッと驚くどんどん返しがある訳ではなく....いい意味で想像通りでした。ドキュメンタリー番組を見ている感覚。
辛いから、怖いからといって暗い過去から目を背けるのではなく、そういったものと向き合う勇気や
>>続きを読む

花、香る歌(2016年製作の映画)

3.2

気持ちよさそうにパンソリを歌うスジちゃんがとっても可愛らしかったです(^o^)
甘さ控えめな少女漫画ってかんじでした...!

ボヴァリー夫人(2014年製作の映画)

3.2

映像が美しかったです。ミアちゃん可愛い!この時代の雰囲気めちゃくちゃ好みです。
ただ、ダメダメな主人公にイライラの連続でした...自業自得!

フランス組曲(2015年製作の映画)

3.3

うーん...申し訳ないけど個人的には微妙でした...。
ドイツ軍中尉とフランス人女性の禁断の恋を描いた作品なのですが、不倫なんですよね...。心苦しいシーンも沢山あったのですが「でもお互い既婚者なのか
>>続きを読む

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち(2015年製作の映画)

3.5

「自分が他人より優秀に創られたと一度でも考えた者はアイヒマンと同じ地平にいます。そして一度でも鼻の形や肌の色や信仰する神の違いによって他者に悪意を抱いた者は理性の喪失が狂気への道と知るべきです。このよ>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

遅ばせながら...!

歌もダンスも色遣いも、もう全てが素敵でした!

私も1つの芸事を極めようと16年間励み続けています(エマのように華やかなものではなく、伝統芸能系なのですが^^;)。
心が
>>続きを読む

命をつなぐバイオリン(2011年製作の映画)

3.8

大人たちが起こした勝手な戦争に、純粋無垢な子どもたちが巻き込まれていく姿を見て 深い悲しみと強い憤りを感じました。
(『サラの鍵』や『縞模様のパジャマの少年』と同系統の映画です!)

中東地域をはじめ
>>続きを読む