Maki

Maki

♡:UK/FRANCE/SWISS/GERMANY
イギリス映画、フランス映画、ドイツ映画を中心に。邦画はあまり見ません。よろしくお願いします。

胸騒ぎのシチリア(2015年製作の映画)

3.6

結末が予想外すぎて...後半30分のまさかすぎる展開に唖然としてしまいました(笑)もっと王道のラブストーリーを想像してた!笑

お目当はレイフ・ファインズとマティアス・スーナールツだったのですが(笑)
>>続きを読む

アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発(2015年製作の映画)

3.1

ミルグラム博士の、アイヒマン実験(ミルグラム実験)に関する映画です。
アイヒマン実験についてご存知の方は、正直鑑賞する必要はないと思います...ミルグラム博士の半生と、アイヒマン実験に関する説明が内容
>>続きを読む

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

2.9

ずっと前から気になっていただけに...期待はずれでした、残念。

ヒトラーを彷彿とさせる独裁者へと成長する少年の幼少期を描いているのですが、オチもなくどんでん返しもなく...淡々と見ていたら映画が終わ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.4


この3月に広島を旅行したばかりでした。
原爆ドームを訪れたり、呉の港から船に乗ったりしたのですが...。約70年前、まさにあの場所でこのようなことがあったなんて...!と背筋が凍るような思いでスクリ
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.6

大学の講義で約10年ぶりに鑑賞。
結構色々な場面を忘れていたのですが、最後の記者会見の名シーンだけは鮮明に覚えていました!
オードリーの美しさに圧倒されます。

(この映画が好きな人には、『ロイヤル・
>>続きを読む

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

3.6

不倫ものの作品苦手なことが多いのですが、この映画は割と好きでした。
レイフファインズとクリスティンスコットトーマスが美しかったです...!

ヒトラーの贋札(2007年製作の映画)

3.6

ナチスが収容所で偽札を製造していたなんて...!「ベルンハルト作戦」の存在を、この作品で知りました。
『灰の記憶』と雰囲気が似ている映画で、この作戦に携わったユダヤ人たちの苦悩と葛藤が描かれています。
>>続きを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

3.6

アッと驚くどんどん返しがある訳ではなく....いい意味で想像通りでした。ドキュメンタリー番組を見ている感覚。
辛いから、怖いからといって暗い過去から目を背けるのではなく、そういったものと向き合う勇気や
>>続きを読む

花、香る歌(2016年製作の映画)

3.2

気持ちよさそうにパンソリを歌うスジちゃんがとっても可愛らしかったです(^o^)
甘さ控えめな少女漫画ってかんじでした...!

ボヴァリー夫人(2014年製作の映画)

3.2

映像が美しかったです。ミアちゃん可愛い!この時代の雰囲気めちゃくちゃ好みです。
ただ、ダメダメな主人公にイライラの連続でした...自業自得!

フランス組曲(2015年製作の映画)

3.3

うーん...申し訳ないけど個人的には微妙でした...。
ドイツ軍中尉とフランス人女性の禁断の恋を描いた作品なのですが、不倫なんですよね...。心苦しいシーンも沢山あったのですが「でもお互い既婚者なのか
>>続きを読む

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち(2015年製作の映画)

3.5

「自分が他人より優秀に創られたと一度でも考えた者はアイヒマンと同じ地平にいます。そして一度でも鼻の形や肌の色や信仰する神の違いによって他者に悪意を抱いた者は理性の喪失が狂気への道と知るべきです。このよ>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

遅ばせながら...!

歌もダンスも色遣いも、もう全てが素敵でした!

私も1つの芸事を極めようと16年間励み続けています(エマのように華やかなものではなく、伝統芸能系なのですが^^;)。
心が
>>続きを読む

命をつなぐバイオリン(2011年製作の映画)

3.8

大人たちが起こした勝手な戦争に、純粋無垢な子どもたちが巻き込まれていく姿を見て 深い悲しみと強い憤りを感じました。
(『サラの鍵』や『縞模様のパジャマの少年』と同系統の映画です!)

中東地域をはじめ
>>続きを読む

尚衣院 サンイウォン(2014年製作の映画)

4.3

美術館から帰ってきたような気持ちでこのレビューを書いています。。。

記憶にある限り、この作品が私にとって初めての韓国映画。
あまりの色遣いの美しさに、2時間7分があっという間でした。小道具の細かい模
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.8

照明や美術にこだわりを感じました。どのシーンを切り取っても絵になる...!独特な世界観に一気に引き込まれました。
あと、突然の昭和歌謡には驚かされました(^^)「上を向いて歩こう」etc がイギリス映
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.7

幼い頃、母が 私と弟の手を引いて、たくさんの場所に連れていってくれたことを思い出し、胸が熱くなりました。

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

4.6

英国王室のファンにはたまらない作品でした♡(笑)

若き日のエリザベス女王が、生涯でたった一晩、お忍びで外出する...という物語です。


旅行や留学でバッキンガム宮殿を訪れた際に感じたのは「やはりエ
>>続きを読む

独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)

3.7

・ハラハラする展開の連続で、私までヘトヘトになりました(笑)

・音声はジョージア語!聞きなれない響きで楽しかったです。

・「痛めつけられたものは必ず復讐しに来る、負の連鎖を止めないと同じことが繰り
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.7

・「(自分は)選挙で選ばれたのだということを忘れてはならない」「(自分が)大衆を扇動したのではなく、大衆が(自分を)選んだのだ」「私は人々の一部なのだ」
というヒトラーのセリフにドキッとしました。基本
>>続きを読む

ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋(2011年製作の映画)

3.5

映像が美しかったです。特にウォリス役のアンドレア・ライズボローが綺麗すぎて...!!それだけでも見た甲斐がありました(^^)
ただ、ストーリーがイマイチ...。純粋にエドワード8世とウォリスのラブス
>>続きを読む

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

3.5

ヒトラー暗殺計画は、単独的なもの・組織的なものを含め、少なくとも42あったと言われています(私もまだ見れていないのですが、ヒトラー暗殺計画を扱った『ヒトラーを殺す42の方法』という映画があります)。>>続きを読む

ヒトラーの秘密(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

ヒトラーと彼の姪:ゲリ・ラウバルの「親密すぎる関係」を描いた作品です。

ゲリには前々から興味を持っていたのですが、これまで彼女をテーマにした作品に出会ったことがなかったので、個人的には非常に見応えが
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.0

王蟲が気持ち悪くて(SFっぽい映画?が苦手だということもあり...)ずっと避けて来たのですが(笑)金曜ロードショーをきっかけに初めて鑑賞しました。
人間と自然の共生について改めて考えさせられました。地
>>続きを読む

エリザベス(1998年製作の映画)

4.0

史上最強の女王と言われるエリザベス1世の半生を描いています。
(この作品があることを知らずに、続編のエリザベスゴールデンエイジから鑑賞してしまった...)

ケイトブランシェットのオーラに圧倒されます
>>続きを読む

ニュー・ワールド(2005年製作の映画)

3.0

講義で鑑賞。
ポカホンタスの半生を、フィクションを交えて描いています。
ポカホンタスやネイティヴアメリカンに関する知識が殆どなかったので、初めて知ることも多く面白かったです。

CRUSH(2013年製作の映画)

2.8

後半の急展開が面白かったです。
映画自体はそこそこかな。

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.5

本作は総統閣下シリーズのイメージがあって(知らない方はYouTubeなどで検索かけてみてください)、なんとなく観れずにいました。ヒトラーが主人公の映画の中で一番有名な作品だと言っても過言ではないと思う>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.2

想像してたよりもずっと面白かったです!物語の結末を知っていたのですが、それでも見応えがありました。

背景の色遣いも繊細で美しかったです。日本のアニメのクオリティの高さを再確認できた気がします。

>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(1980年製作の映画)

4.0

これはもどかしすぎる...切ない(/ _ ; )

本作でマドンナ役・リリーを演じた浅丘ルリ子さんは、『男はつらいよ』第11作、15作、48作にも出演しています(是非!)。これは、歴代マドンナの中でも
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

コリン・ファース、安定の英国紳士でした...!♡
ただ、一流のスパイの割にちょっと見落としがちなことも多く(相手も強そうだったし仕方ないのですが)、割と早めに退場...。あっけなくてショックでした..
>>続きを読む

ヒトラー・チルドレン ~ナチスの罪を背負って~(2011年製作の映画)

4.3

ナチスの幹部の子孫に焦点を当てたドキュメンタリー映画です。
(ちなみに鑑賞したのは2年ほど前です)

(以下、もしかしたらネタバレになるかもしれません...)


ゲーリングを大叔父に持つ女性が、ナ
>>続きを読む