ホンのシネマさんの映画レビュー・感想・評価

ホンのシネマ

ホンのシネマ

スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)

4.0

久々に観た。
私の中のジョニー・デップBEST作品はこの作品か『ショコラ』なのです。

あまりに久々に観返したせいか、逆に新鮮。
こんな話だったのか〜と思いながら、自分の記憶はいかに薄っぺらいものだっ
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.5

『ジェントルメン』を観た勢いで、本当は『スナッチ』を観直したかったけど、NetflixでもAmazonプライムでもなかったので、今まで見ていなかったこちらの作品を鑑賞。

ガイ・リッチー監督は、どの作
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

なにこれ、めちゃくちゃ怖い!
ホラーやん!

というのが観終わった後の率直な感想。
いや〜。
めちゃくちゃ怖かったです。

実際にこんなこと滅多にないんだけど、ここ数年あおり運転のニュースはよく見かけ
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.8

おしゃれ!
さすが、ガイ・リッチー監督と思ってしまうほど、スタートからしておしゃれすぎる。
やっていること自体は犯罪だし、人も死んでいるので、参考にはもちろんできませんが、インテリアやファッションなど
>>続きを読む

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

3.8

ブータンの今時の若者ウゲンが、教師としてブータンの中でも僻地のルナナという山奥の学校に派遣され、子供たちや村の人との交流を通じて成長する……という感じのお話です。
簡単に言ってしまうとそんな感じのお話
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

皆さんおっしゃられていますが、ネタバレを良しとしない方は特に前情報なしで観た方がいいとおもいます。
私は、ネタバレを良しとする派(安心して観たい)なので、前情報なしで今回観てしまったら、逆にちょっとド
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

『ヤクザと家族 The Family』を観て、前々から気になりつつ、観ていなかった『新聞記者』を観ようと思い立った。
日本アカデミー賞でも話題だったし、本当は劇場へ観に行きたかったんだけど見逃していて
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

こんなこと言ってはなんですが、思っていたよりもずっと面白かった!

最初から怒涛の不幸続き。
こんなに悪いことって重なっちゃう? と映画なのに、架空のお話ってわかっているのに、「もうどうなっているの?
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.4

あややのMVを見て、ハロプロアイドルたちにどハマりした松坂桃李さん演じる主人公と、ハロプロオタクたちの青春物語。

・・・という簡単な一言では終わらない作品でした。
前半はまさにそんな感じですが、後半
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.0

ヤクザや戦争映画は、あまり得意ではない私。
試写でなければ観なかったと思われるこの作品ですが、結論から言うと
「観てよかった!」

綾野剛さん演じるヤクザ・山本の1999年、2005年、2019年の3
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

原作も実写版の映画も昔観たことがある状態で、アニメ化すると聞いて「だ、大丈夫?!」と思ってしまったのは私だけではないはず。
確かまずは実写版の映画を観て、ジョゼ役の「池脇千鶴の演技がすごい!」と、「妻
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

どんでん返しに次ぐどんでん返し!
クズ男を演じさせたら天下一品の藤原竜也氏が主演なので、てっきり彼がいつもにも増してのクズっぷりを発揮するのかと思いつつ見ていたら、結局とってもいい人でしたね。
一回い
>>続きを読む

水上のフライト(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

中条あやみちゃん、めちゃくちゃカワイイ!
いつも笑顔の印象があるので、最初の頃の走り高跳びの選手だった頃のムスッとした不機嫌な様子や事故に遭ってからのイライラした感じ、など色々な表情は私の中では新鮮で
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.6

びっくりした!
良すぎて。
今年観た映画の中で一番よかったなあ。
笑えるし、泣けるし、こういった作品大好きです。

写真家である浅田さんのことはもちろん知っていたし、素敵な家族だなあというのは写真集が
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

ずっと前から観たいと思っていたのに、なんだかんだ映画館に観に行くことが出来なかったため、Netflixで鑑賞。

ほぼPCの画面上で進行していく斬新な構成は本当に新鮮。
ストーリーも一体どうなってしま
>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

3.8

この時代が舞台の作品好きだなあと改めて思わせてもらった作品。
エノーラは、見覚えがあると思ったらストレンジャーシングスのイレブンじゃない!?
子供の頃から見ているせいか、こんな素敵なレディになっていて
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.5

河瀬監督作品は初めて観ました。
独特の映像で、ドキュメンタリーみたいなんですね。
個人的に特に好きな感じではないのですが(すみません、好みの問題なだけです)、映像を観ただけで「この監督の作品だ」とわか
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

4.5

映画館で泣きました。
レビューを見ていると、みなさん後半に泣かれている方が多いようでしたが、私は最初。
頭っからもううるうるきてしまって、途中まで泣きっぱなしでしたね。
なんてキレイな世界だろうとその
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.4

キム・ジヨン役のチョン・ユミさんが、ただただ美人。
ほんとキレイ!
そんな彼女が、不機嫌どころかどんどん壊れていく。

一見、美男美女カップルで子供もいて幸せな家庭に見えるけれども、奥さんは疲れ切って
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

4.0

地元・神戸舞台の作品ということで、楽しみにしていた作品。
しかも蒼井優ちゃん主演!
『ロマンスドール』で素敵だった高橋一生との共演ということで期待していました。

話は二転三転して、全然飽きさせない展
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.5

原作は未読。
結末もわからない状況で、「被害者? 加害者? どっちなの?」とハラハラしながら見ていました。
客観的に観てしまうと、被害者であってくれた方が今後の人生生きやすいと思ってしまうので、妹・雅
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

思っていたよりずっとよかった!

というのが観終わってすぐに思ったこと。

何がいいって、出てくる人全てがいい人。
もう母目線で見ちゃって、主人公二人を息子のように観ていたのだけれど、友人達を観ただけ
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

「怖い映画を観てくれる人がいなくて」
と、いうことで一緒に観に行ってきた作品。
事故物件自体は、タニシ氏のYouTubeもたまに見ていて興味深かったので観てみたのですが、みなさんのレビュー通り、後半が
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.4

前々から気になっていた作品を、やっと視聴。
事件については、ニュースになっていた記憶はあるけれど、そこまで鮮明に覚えておらず、「こんなスパイ映画みたいなことあるんだな〜」と思っていたら、映画になってい
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.5

8/15鑑賞。
いままで観たいなと思っていながら、観れていなかったので。

恥ずかしながら、「8/15は終戦記念日」ということ以外はほぼ知識がなかった状態。
そんな状況で観たので、単純にこんなクーデタ
>>続きを読む

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

3.1

私的にお久しぶりのフランス映画!
おしゃれです!
舞台は20世紀初めのパリなのですが、とにかくアート作品のような映像が美しい作品なのです。

そして、フランス映画ならではの、観終わった後の考えさせられ
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.5

いやあ、とても面白かったです!
全然先が読めなくて、誰が味方で、どうなるのかがわからなくて(しかも本当に最後まで!)、あっという間の2時間でした!

主人公のステファニーが、絶妙にイラつく感じのシング
>>続きを読む

初恋~お父さん、チビがいなくなりました(2018年製作の映画)

3.5

この映画、猫好きには「猫がいなくなったって!?」とタイトルだけで相当ドキっとしますが、チビがいなくなることで長年連れ添った夫婦に変化が訪れるきっかけが生まれるのです。

決してチビがいなくなることに焦
>>続きを読む

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー(2018年製作の映画)

3.2

この作品は、実在するソ連(ロシア)のバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフの生涯を描いたもので、彼がパリで亡命する過程も描かれています。


今の若者は「ソ連」とか行ってもわからないかもしれませんが、こ
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ただの青春ファンタジー映画かと思って油断していたら、思わずホロリとさせられた作品。
14歳の主人公つばめを演じるのは、18歳の清原果耶ちゃん。
すごく透明感のある瑞々しい女子中学生を演じていました。
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シャーリーズ・セロン目当てで観た作品。
期待通り、美しく格好良い彼女を観ることができました。
Netflixの予告映像でグッと引き込まれて、その週末にはどっぷり。
キレイな人が戦う姿はなんでこんなに美
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

4.2

約20年ぶりに観ました。
若い頃に観た感じと、今の感じはまた少し感覚が変わったかもしれない。

ジャック・ニコルソン演じる偏屈な恋愛小説家は、人に嫌な事は言うわ、すごく潔癖だわ、変な歩き方するわでほん
>>続きを読む

陽だまりハウスでマラソンを(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

観る前は、きっと老人がマラソンに挑戦するのを面白おかしく描いているコメディ映画だと思っていた。
でも、観始めると、なんて暗い!
暗い…というか、高齢者をめぐるシビアな環境。
老人だけでの暮らしの難しさ
>>続きを読む

みんなのアムステルダム国立美術館へ(2014年製作の映画)

3.5

映画を観ながら一番思ったのは、今やっている仕事のこと。
好き勝手言って全然進まない仕事。
だからと言って、なんの責任感もないクライアント。
今更ひっくり返そうとする権力者。

ただ、こっちの映画の方が
>>続きを読む

ポプラの秋(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最初、あらすじを読んだときに「死んだ人に手紙を届けてくれるというおばあさんと、父親を亡くした少女との癒しの物語」と書いてあったので、てっきりちょっと苦手な“和製ファンタジー”かと思っていた。

ところ
>>続きを読む

顔のないヒトラーたち(2014年製作の映画)

3.3

まさかドイツがアウシュビッツでの出来事を戦後一般市民に隠していたとは知らなかった。
この映画は、まさにその事実を白日のもとにさらそうとしている裁判の準備の話です。
若き検事がたまたまジャーナリストが持
>>続きを読む

>|