イギーポッポさんの映画レビュー・感想・評価

イギーポッポ

イギーポッポ

映画(978)
ドラマ(0)
アニメ(0)

フェノミナ インテグラルハード完全版(1985年製作の映画)

3.2

数々のケレン味溢れ 唐突な演出!映画的な楽しさやオドロオドロしさが優先!映画的欲求を優先したらこうなったの!ツッコミどころ満載とか言うたらダメ~っ!
しかしまぁ、ジェニファー演じるジェニファーが可愛す
>>続きを読む

いつか、いつも……いつまでも。(2022年製作の映画)

3.0

何か…懐かしい感じ。
セットや照明が映画というよりお昼の30分ドラマって感じのチープさ。予定調和のハートフルコメディさもお昼の30分ドラマって感じ。何だかなぁ…と思う一方、これって懐かしく、そして暖か
>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

2.8

どうしてこうなった?
ジョディ・フォスターが悪役というのが新鮮だったし、ワクワクしたけど、この倒され方でええの?
マットデイモンがいきなりの余命宣告からの雑な改造人間手術!これもうちょっとスタイリッシ
>>続きを読む

リカ ~自称28歳の純愛モンスター~(2021年製作の映画)

1.8

あれ?何か、ニチアサっぽい。悪い意味で。傷が赤く光るとか、何そのエフェクト。んで後半の怪人的なスピードとジャンプと壁よじ登り。いや、この言い方はニチアサに失礼やな。(霧子と不破が出てるけど)
んでこの
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

3.6

思ってた以上のフェミニズム映画。
とは言え、消えるべき命を誕生させてくれたGODと最初から愛情で接した助手も、己の都合で真実を隠した卑怯者と捉えられるのに、そこの裁きは?とか、男の身でも感じた。

>>続きを読む

TAR/ター(2022年製作の映画)

3.7

リアル。よりもリアリティ。
パワハラセクハラ全開!女性で性的マイノリティーだけど、その差別問題や人権意識から自由?いや、応援する側に見えて寧ろ差別する側やん!悪しき男性像やん!この本来ならベタベタな正
>>続きを読む

仁義なき戦い 完結篇(1974年製作の映画)

3.1

シリーズとシリーズ、あんま間を空けすぎて観たらあかんど。なんつーか内容というより登場人物忘れとるんですわ。
じゃっども相変わらず問題ないんじゃ。何せ過去作で死んだ役者が別の役やってたり、同じ役を別の俳
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.5

これ、少しでも間違ったら、ただのドタバタコメディに堕す。そんな扱いに最繊細さを要する作品も、マッツにかかればこれ以上ない切なさと社会問題にまで仕上がるよ!
日本人はお酒弱い人が多いから、こんな実験とて
>>続きを読む

(2022年製作の映画)

3.1

ロマンポルノだもん、性描写をしっかり描く。しかしそれは無くても良いではなく、ガッツリ意味ある、というか、性を割りきってオヤジコレクションしてた女性が、同年代との恋愛を通して、本当の恋による幸せに満ちた>>続きを読む

シャザム!~神々の怒り〜(2023年製作の映画)

2.9

楽しいんだけどねぇ。家族と自己犠牲の精神。そして誰も死なない。死なせない。みたいなのは熱くなるんだけどねぇ。
その先がないというか、シリーズや世界が次に繋がって期待が増す感じがないのよ。
ルーシーリュ
>>続きを読む

スマイル(2022年製作の映画)

3.4

怒りの表情で迫ってこられる恐ろしさはテラー。満面の笑みで迫ってこられるの、それがホラー。
笑顔と死という一見矛盾するものが同じ次元で結び付いているから理解出来ない。理解出来ないものを人は恐れる。
ホラ
>>続きを読む

20世紀少年<第2章> 最後の希望(2008年製作の映画)

2.2

三部作で一番盛り下がっているのがこの2章だと思いました。
中継ぎで、ケンジの復活へ向けての繋ぎだから仕方がない?
いやまぁ、今回の主役のカンナも魅力的ではあるのだが、いかんせん意志はあっても力が足りな
>>続きを読む

よだかの片想い(2022年製作の映画)

3.0

コンプレックスが強ければ強いほど、解放する鍵を見つけた時は出力が大きい。それがまた久々の(初めての?)恋愛となれば。
イケメンの年上の映画監督って、ただでさえ若い女性はクラクラするヤツやん。それがこの
>>続きを読む

ブラック・フライデーの恐怖!(2021年製作の映画)

3.2

バカでありたい。バカになりたい。バカで死にたい。
これっすよこれ!ブルースキャンベル印の脳ミソ一切使わないおバカホラーをご堪能あれ!
デパート立て籠りはゾンビ映画の常套というか、ロメロオマージュやし、
>>続きを読む

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗(2009年製作の映画)

2.5

全然原作知らないで観たのですが、1~2~3と、どんどんテンションとワクワクが下がって行ったような。

すげーオールスターキャストでやることか?て思ったが、どうだろう。
長友の嫁が可愛いのは分かった。
>>続きを読む

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり(2008年製作の映画)

2.6

凄いキャストなんですが、言わせてもらうなら、50話くらいのドラマのダイジェストみたい。んで08年当時としてもCGがしょぼい。
三部作なんだから、もっとしっかり人物とエピソードを掘り下げられんもんやった
>>続きを読む

クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち(2015年製作の映画)

3.1

月並みすぎる表現だけど、皆さん目がキラキラして少年みたい。
というか、残業とかいう概念がないんやろな。好きなことを追及してるだけで。
職場の環境がどうこう言うレベルを越えているから、芸術として昇華?
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.3

キモいんですよ、このエスターが。だから気持ちいいんですよ。恐怖映画として。
エスターの女優さん撮影当時13才で、見た目は10才で中身は33才で、しかも反社会性人格の殺人鬼。こんな難解な役をこなす、この
>>続きを読む

AKAI(2022年製作の映画)

2.8

現在プロボクサーとして活躍する息子さんがコロナ自粛中で始めた?ドキュメンタリー。何せ世界の誰よりも赤井と距離が近い監督のインタビューなのでリラックスし倒してる赤井が微笑ましい。
対して、過去の現役ボク
>>続きを読む

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(2022年製作の映画)

3.1

子供の頃に不要に思えたあのエピソードが、抜き出したらこれ以上単独映画に適した内容は他に考えられないエピソードだったとは。安彦節に酔え!

戦争でいつも犠牲になるのは力の弱い市民。子供たち。
分かりやす
>>続きを読む

東京2020オリンピック SIDE:B(2022年製作の映画)

3.0

もう日本に五輪は不要?というかそれで一丸になる国ではなくなってるのは確かだし、一部の企業の狡いお金儲けの道具なのは、今も逮捕者が後を絶たない現状が明らかにしてるわけで。
そもそもが“呪われた”なんて言
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

3.0

ぶっちゃけストーリーは単調というかありきたりなるも、音楽が素晴らしいので、何となく感動した気分に終わるミュージカル。それって優秀作ミュージカルって事やん?
夢を追いかける若者たちに現実が立ちはだかる。
>>続きを読む

(2023年製作の映画)

2.9

正直にいわせてくれ。北野武監督は好きだが、俳優ビートたけしはもう引退でも良い。
今作では、ビートたけしのコントが重苦しい作風における一服の清涼剤?いや、俺は違和感ばかり気になり…。

そこを除けば、狂
>>続きを読む

マーベルズ(2023年製作の映画)

3.0

結局観た。ディズニー+未加入勢としては、MCUは映画だけではついていけないから、もう止めようと思ったのに。
一応ドラマの流れはネットで予習してまでして観たよ。
猫に釣られて?実際今回は猫度ましまし!そ
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.1

あの金髪ネーチャンが主役で、あのイケメンがその相棒になりそう(恋愛も交じりーの)って思うやん!それを早々に清々しく裏切る気持ち良さ!
ポップにグロくて、中々におバカ!これ楽しいやつ~!
え?富の格差を
>>続きを読む

2:22(原題)(2017年製作の映画)

2.4

日々デジャブが連発過ぎるので、その中からパターンを見つけ出して、起きるのかどうかもわからない殺人事件を追及する。
暇なの?ええ暇です。何せ仕事を4週間停職されたので。その間に美女といちゃコラしたりね。
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

3.4

過去のゴジラ映画で一番カッコいい背びれ。ですよね?ただ、あの太ましい太ももに猫っぽさを感じて萌えてしまいました。カワエエ。
戦後の日本の国力で圧倒的な恐怖の大王にどう立ち向かうねん!
な絶望しかない展
>>続きを読む

窓辺にて(2022年製作の映画)

3.6

自然な不自然さ、いや、不自然な自然さ。そのどちらにせよ吾郎ちゃんが演じると説得力が増すのです。だから普通の(主人公曰く「つまらない人間」)パーソナリティな主人公がとてつもなく興味深い人間の奥行きを持つ>>続きを読む

ベル・エポックでもう一度(2019年製作の映画)

3.1

最初、(そういうサービス会社があるのね?)と気付くまで時間がかかったオイラは飲み込み遅いんです…。
素敵なサービスですよね。でも、嘘が本当に本当が嘘に?その虚実混ぜ合わせた展開が絶妙である。
過去の輝
>>続きを読む

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

3.7

何より、音が全てを決定づける作品で、その音がしょぼかったら全部台無しになるところやけど、世界に誇る上原ひろみ監修で完全にそこをクリア!ジャズに詳しくないけど、各演奏シーンに合わせた楽曲とバンドの成長に>>続きを読む

アンダーウォーター(2020年製作の映画)

3.0

あれ?思ってたよりお金かかってる。B級ではないがA級でもないという微妙作品。クリステン・スチュワートにヴァンサン・カッセルだし安っぽくはないのだがのぅ…。
いきなり爆破が起きてパニック&死者多数!てい
>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.1

これはしんどいぞ。すぐに災害が始まって、延々群衆の狂った利己的な姿が描かれる。一番恐ろしいのは人間です。が王道ディザスタームービーですから、それで正解なんですけど、まぁ、疲れる映画ですわ、何回も観たく>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

2.8

ごめん、死霊館ユニバースは全制覇してるけど、こっちは全然知らんかったから、死霊館の二番煎じみたいなのにウォーレン夫が出てる(笑)とか思ったが、これもジェームズ・ワンなのね。そして死霊館よりこっちが先な>>続きを読む

デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム(2022年製作の映画)

3.3

ここまでガッツリ彼のキャリアを通して、彼の創作に迫ったドキュメンタリーはなかった。勿論彼が亡くなって、そしてその死を受け入れられるようになってきたから出来る編集か。ただ、彼について語るのは最初から最後>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

結局一人もまともなイイモンがいないのが逞しくてエンタメ。別のヤクザ映画で“全員悪人”てキャッチコピーあったけど、本作は更に進めて“ほんなら正義とは何よ?”みたいな場所にもカチコミかけてます。
一見正義
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

ホラー映画という事ですが、現実の人種差別もホラーですよね。をホラーという、世の中の矛盾や絶望、怒りを一番託しやすいジャンルで提起?
まぁ、そこまでの作品は過去にも散々作られてきたような。本作が一線を画
>>続きを読む

>|