ききさんの映画レビュー・感想・評価

きき

きき

映画(691)
ドラマ(0)
アニメ(0)

FUNNY BUNNY(2021年製作の映画)

3.5

世界なんて想像力で変えられる、というのは真理だとも思うが、けっこうしなくてもいい無茶をしている感じも。
全体的にさらっとかるい印象。

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

4.0

こういうことがあぶりだされるのだろうなあと容易に想像できることがみごとにあぶりだされているのだが、あぶりだしてみたところでこの異常さが消滅することはないだろうし、現実にこういう状態にさらされている子ど>>続きを読む

ブックセラーズ(2019年製作の映画)

3.5

本への愛しかない。本への愛と、ときどきネコ。手袋をしてうやうやしくふれるというわけでもなく、希少本にも素手でさわり管理もまあまあぞんざいで、それがとても実用品って感じでいいなあとおもいました。
最後の
>>続きを読む

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

4.0

ケイト・ウィンスレットの強さと信念と年輪、シアーシャ・ローナンの無邪気さとわがままさと幼さと。
ふたりのコントラストがとてもよく、「自分の人生は自分で選ぶ」ということに真摯にむきあっている。

街の上で(2019年製作の映画)

4.0

若葉竜也さんが「ただ本を読む」ができなくて、あっちこっちみておどおどしているのがとてもよい。いたたまれなさをどこまでも共有できる。
女の子たちもみんな一癖あってかわいくて、とくに中田青渚さんはなんかも
>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.5

いうほどは狂ってないし怖くもないんだけど、全体的なB級感と気持ち悪さはとてもいいし、とちゅうまでは何が起きてるんだろう、というわくわく感がすごい。そのわくわく感にたいして、ラストはちょっと失速した感。

ひとくず(2019年製作の映画)

3.0

そういう環境で育てなかったから、というのはよくわかる。
よくわかるけど、それでも他者を尊重しないカネマサのコミュニケーションが私にはほんとうに苦痛だった。
そしてどんな理由であれ状況であれ、子どもにみ
>>続きを読む

14歳の栞(2021年製作の映画)

4.0

あの頃のこどもらしさがたくさん詰まっていて感情をゆさぶられる。ひとりひとりを深追いはしていないけど、カメラがまわっていないところでも、ひとりひとりの生活と人生があることがきちんと伝わる。教室にはものす>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.5

最終章にあわせた期間限定リバイバルで。
いろんなひとがキャラつくりこんで登場してくるけどこれぜんぶ回収できるのかなあと思いながらみていましたが、ちょっと雑だけどそれなりに回収していたのはすごい(蒼紫さ
>>続きを読む

ノンストップ(2019年製作の映画)

4.0

いちいちおもしろく、いちいちアクションもすごく、いちいち伏線も回収していくし、いちいち娘ちゃんがおもしろかわいいのとで、ものすごく満足した。

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

4.0

松山ケンイチさんのうけとめ力というか吸収性というか、クッション性がすごい。
私は吉田恵輔監督の描く毒気のある人間関係がとてもすきだけど、それが今回はふわりと隠されているのにほんの一瞬じわりと滲みだして
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.5

私はたぶん、いやこれ最高の生活じゃん!てずっとだらだらとどまり続けたい種類の人類だけど、サラのアグレッシブさもいいぞ!いけ!って感じですき。
最近は、めちゃくちゃ美人でもなくスタイルがいいわけでもない
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.5

殺しかたえぐすぎるなあとか、いやそのきれいなメイクとポニーテールはだれがやったの?とか、なにがどうしてそうなった?とか、ツッコミどころは多いながらも楽しんでみてたんだけど、うーんでもやっぱり強くなると>>続きを読む

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~(2021年製作の映画)

3.0

ドラマのときはそうでもなかったんだけど、なんていうかちょっとあからさまなツクリモノ感が気になるなあとはおもいましたが、そんなことはどうでもよくなるくらい有村架純さんと芳根京子さんがかわいかった。かわい>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

4.0

ああそういう気持ちでみなくてはならないのか、とわりと早めに覚悟させられるので、ずっとそういう気持ちでみていた。
石井杏奈さんはもちろん、清原果耶さんも松井愛莉さんもとてもいい。
気持ちはわかるが、大人
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.5

最終章にあわせた期間限定リバイバルで。
自分たちの都合でつくりあげたイリーガルな暗殺者たったひとりに「もうお前しかいない」って最後の望みを託す政府ってどうなの!とものすごく思いますが。
続きものと知ら
>>続きを読む

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

3.5

やさしい世界のやさしい話かとおもったら、現実の理不尽さややるせなさももれなくついてきて、意外と揺さぶられてしまった。
コンシーラーを塗りこめてアザをかくすシーンは、そこにいたるまでのいろんなものがみご
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.5

最終章にあわせた期間限定リバイバルで。
佐藤健さんのアクションとか香川照之さんの顔芸とか青木崇高さんの左之助っぷり(さすがに魚の骨はくわえてないのか)とか、みどころはたくさんありましたが、『長い前髪を
>>続きを読む

ゾッキ(2021年製作の映画)

3.0

いろんな話のよせあつめなので、まあしょうがないんだけれども、いろいろ散漫でとっちらかってる。
伴くんと松井玲奈さんのインパクトがめちゃくちゃに強力なだけに、他があまり印象に残らなかった。

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.5

トラウマってそんなに単純なものか・・・?そんなにチープなトラウマの描きかたでよいのか・・・?というのが終始気になる。
成田凌さんの夜の武装はとてもよく、毎日ネイルつけたりおとしたりしているマメさにちょ
>>続きを読む

僕が跳びはねる理由(2020年製作の映画)

3.5

私はやっぱり私の目でしか世界をみることができないけれど、いろんなひとがいろんなふうに世界をみている、という想像力をつねにもっていたいなあと思います。

私は確信する(2018年製作の映画)

3.5

確信しているからといって何をしてもいいわけではないのではないか。「たいした証拠もないのに有罪にしようとしている」と「たいした証拠もないのに無罪を信じている」はほぼ同じことなのではないか。
自分の子ども
>>続きを読む

夏時間(2019年製作の映画)

3.5

タイトルどおり、たんたんと過ぎていくひと夏のできごとを、ただただたんたんと静かに描いていく。
よくわからないスイッチで浮いたり沈んだりする、思春期の女の子らしい毎日がけっこうリアルだった。

ロード・オブ・カオス(2018年製作の映画)

3.5

虚勢をはってはいるものの、結局終始おびえているだけのようにみえる滑稽さが、ロリー・カルキンのちょっと困った顔にすべて集約されていたような気がする。

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.0

妥協のない作りこみと、わけのわからない独自の言語の奇妙さと、けっこうな気持ち悪さと、同じ名前ばっかりでてくる圧巻のエンドロール。いろいろな狂気が詰め込まれているすばらしさ。

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.0

とても孤独で、とても自由。
でもその自由はものすごく脆いもののうえになりたっていて、今日明日にもふっと失われてしまうかもしれない。そんなふうにずっと緊張しながらみていた。
Amazonがこの世界にもた
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.5

話があちこちに転がっていくようでちゃんとひとつの物語になっていたし、大泉洋さんはそんなに暴れていない感じだったけれども、池田エライザさんと宮沢氷魚さんがそれぞれの持ち味のよさを存分にいかしていてとても>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.5

さらりとものごとがすすんでいくので、なにか起きそうで起きない物語なのかな、とおもっていたら、けっこういろいろ起きた。
やっぱりおばあさんの存在感がすばらしく、家族の話のようでほとんどおばあちゃんの話だ
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.5

いろんな気持ち悪さをくりかえしみせつけてくる気持ち悪さよ。一瞬愛着がわいてしまいそうになるの、なんだかすごくよくわかる。
なぜこの方法なのかわからないけど、それにしても時間とコストと労力かかりすぎじゃ
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・テレビ版では女の愚かさを強調されがちだったのがずっと気になっていたけれど、距離感をこころえたミサトさんリツコさん、アスカマリのバディ感とかよかった。ゆるやかかもしれないけど、やはりこの25年で社会の>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.5

成田凌さんと清原果耶さんのすがすがしい偏屈さがすばらしかったり、撮影地が通勤過程にあって撮影をみかけたりとか、いろいろと感想はあるのですが、なによりも小泉孝太郎さんの清潔感あふれるうさんくささと器の小>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.0

ちがう階層を生きていて共感することがなくても、共有する一瞬がある。なぜか生き残る食器の話に私は全身で共感できるけど、世の中にはまるでぴんとこないひともいる。それぞれの場所でみんな少しずつ息苦しさを抱え>>続きを読む

ミッドナイト・ファミリー(2019年製作の映画)

4.0

現場へ急行(暴走)する闇営業救急車の疾走感。
でも駆けつけたところで料金をぼったくれるかというと、だいたいそううまくはいかないという、ものすごくリスクとリターンがみあっていない闇ビジネスのように思える
>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

4.0

ビリーがほんといろいろひどい男なんだけど、なんかちょっと憎めなくて許してしまいそうになるのがくやしい。ほんとくやしい。
でも証明写真であんなふうに写真とるのめちゃくちゃいいじゃん。あんなふうにお風呂に
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

4.0

つめこみすぎないシンプルな展開を、ちょっとシニカルではあるがフラットで冷静な視点とトリッキーでいきおいのある撮り方でテンポよくみせてくれるので、ものすごく楽しめた。
ハリーポッターみてないけど、ダニエ
>>続きを読む

半径1メートルの君(2021年製作の映画)

3.5

『バックヤードにて』めちゃくちゃおもしろかった。令和の主婦はそんな装苑みたいな格好しない、とかちょう笑った。
『やさしい人』倉科カナさんのすばらしさ。
『とある家のこと』私は松井玲奈さん、すきですよ。
>>続きを読む

>|