snatchさんの映画レビュー・感想・評価

snatch

snatch

映画(1170)
ドラマ(43)
アニメ(0)

国家が破産する日(2018年製作の映画)

4.0

🤩これも凄いな韓国映画🤩絶対によそ見させない吸盤みたいな映画
コロナ禍で予告編を観た時はおっそろしいタイトルだなと思って観なかったのですが😨早く観ればよかった

実際に起きた韓国の1997年の通貨危機
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.0

何なんだ この作品、最高で最悪!ただの騙し合いの映画かなと思っていたら🙄脚本家の発想が面白い
これは幼少時のトラウマに関連する真面目な心理ドラマかと見始め…開始60分で、まだ一時間以上ある、ここからど
>>続きを読む

正義の行方(2024年製作の映画)

-

本当に真相は闇の中
限りなくクロに近いシロだと思う
でも、疑わしきままでは死刑ではないだろう

1992年福岡県飯塚市の森の中で小学一年生の二人の女の子が殺害され遺体で見つかった「飯塚事件」
日本の警
>>続きを読む

クエンティン・タランティーノ 映画に愛された男(2019年製作の映画)

3.3

タランティーノがリスペクトするベテラン女優も男優も新人もスタッフも、タランティーノという奇跡の映画の子に感動しているんだとばんばん伝わってくる。私も映画好きで良かった🤩

各作品の一部のキャラクターが
>>続きを読む

人間の境界(2023年製作の映画)

5.0

言葉が見つからない
涙も出てこない
ただただ、人間が人間にする行為に溜め息ばかり吐いていた

酷い言い方だが、人々が丸ごと捨てられていく
他国にも、難民キャンプにも辿りつけない
以下、中身に触れていま
>>続きを読む

悪は存在しない(2023年製作の映画)

3.5

悪は存在しない
自然界には
自然は永遠に輪廻を繰り返している

悪は存在する
人間には
私の中にも悪はあり、それが時々にょろっと出てくる時があるが慌てて押さえ込む

自然が見ていた

わたしに振り下ろ
>>続きを読む

ミュージックボックス(1989年製作の映画)

4.1

いやあ、キツい設定だったと感想を述べるだけではいけない。まだ今でも世界のあちこちに逃げたままの関係者がいる
中身に触れています



戦犯として控訴された愛する父の無実を証明しようと、弁護士の娘ジェシ
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

3.6

とても人気のある作品と知って観てみました。ちょっとフォレスト・ガンプ流の映画であった😀➕おしん。国際市場でというから、ビジネスの話しかと思っていたら全然違った😳
一家族から見つめる凝縮された韓国現代史
>>続きを読む

かづゑ的(2023年製作の映画)

-

私の知らないことは果てしなく…
ハンセン病については顔や身体を変形させ、感染する病気といった激しい差別を受けてきた歴史がある、という事ぐらいしか知らなかった
医師の説明によると実際の感染力は弱く、当時
>>続きを読む

映画 ○月○日、区長になる女。(2024年製作の映画)

-

一人街宣にはあと数㎝ジャンプできれば私にもできるかもしれないし😀次回の選挙では、出勤や映画を観に行く時にデカデカと書いたセンスのいい「選挙に行こうぜ」バッグとかを毎日持ちたいなと思った
以下、内容に触
>>続きを読む

マリア 怒りの娘(2022年製作の映画)

4.1

終わった途端、娘は「何じゃ⁇この映画」なのですが、私には傑作! でした😁
魔術的なのが不可解と言うのですが🌀そこがいいんです!わかんないかなあ🙃
以下、中身に触れています





マリアの世界はどこ
>>続きを読む

マリウポリの20日間/実録 マリウポリの20日間(2023年製作の映画)

-

ここに出てくる映像は2022年2月24日、ロシアのマリウポリへの侵攻が始まり、日本のニュースでも放映された映像。ロシアの高官たちがフェイクだと騒いだあの産科病棟への爆撃後を撮した記者の撮影記録だった>>続きを読む

美と殺戮のすべて(2022年製作の映画)

-

このドキュメンタリーで迫る人間の脆さ強さ

アメリカで流通している鎮痛薬で巨万の富を儲けた製薬会社サックラー家。著名な写真家ナン・ゴールディンは、この薬の薬害を経験しその危険性と中毒死を様々なアクショ
>>続きを読む

JSA(2000年製作の映画)

3.8

どうしてこれも観ていないのかと自分を取り調べしたくなる
2000年のパク・チャヌクの作品。この人の映画史、改めて見ると凄いな。チャヌクの動く映画の城

フィクションとは言え、今観ても、そう一緒だよと一
>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

4.2

うわお!おもしろすぎる
なんて書くと不謹慎かもしれないけれど、この歴史上の事実は、想像物では生まれない緊張の持続と凄み

最初は固い話しかと思っていたが、北と南の主人公二人と同様お互いの人間性が感じら
>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

4.2

嫌になるほど上手い🤩
これは静と動の駆け引きとバランスが美しい 整いすぎている⇦ベタ褒めです
男、男、オジサンたちの真っ黒にも真っ赤にも真っ白にも染まる駆け引き 革命によって結ばれたある種の愛情と裏返
>>続きを読む

劇場版 再会長江(2024年製作の映画)

5.0

ぜひ観てほしいな、この作品!中国の作品をいかにして宣伝しようか🤔このジャケ写印象は硬い。笑顔のツームーとシワだらけの棒棒爺いのアップでタイトルは「隣の普通の中国人」がいいと思う

ドキュメンタリーでこ
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.0

上手いなあ、韓国映画は!本当に
シリアスな実話劇を重厚なエンターテイメント映画に仕上げる!
プラス➕芸術作品。刑務所を濡らす雨影の揺れを背景に二者択一させるあの緊迫感 雨と河に流す遺骨 彼女は雨の
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.6

昭和世代としては、かしてくれた物を返す時がチャンスじゃん♡と思うのですが、何でわざわざ離れる⁈障害物を作る⁈何で遠回りの裏道に行くう⁇と思う。ほれ、行け! と背中押したくなるが、もうこの私自体がハラス>>続きを読む

オリバー・ツイスト(2005年製作の映画)

3.7

オリバー少年ってこんなにハードな体験するんだ!😮折れ線グラフにしたら、幸福度と黒い沼への引きずり込まれ度の高低差が甚だ激しい😱わずか10歳ぐらいの子があれされてああなってしまって更にまたああなるとは…>>続きを読む

はだしのゲン(1983年製作の映画)

5.0

何故か私は漫画もアニメ映画も観た記憶が曖昧だったので、今夜観ました

やはり、普通に暮らしている人々を真反対の世界へと巻き込む戦争の恐ろしさに全身を晒される
それでも、被曝体験をした原作者は、主人公ゲ
>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

3.4

この世に原爆を作り出した人について取り組んだ監督はいなかったから、クリストファー・ノーランを尊敬します
以下、内容に触れています




クリストファー・ノーランの世界にケチつけてはいけないが、引っか
>>続きを読む

ゴースト・トロピック(2019年製作の映画)

3.7

ベルギーだからダルデンズ兄弟先生の映画が浮かび、夜間外出は恐いぞと思っていたら😨全然大丈夫だった😮‍💨「ヒジャブを被った小さなおばさんの真夜中の小さな旅」でした🌝
以下、中身に触れています



毎日
>>続きを読む

戦雲 いくさふむ(2024年製作の映画)

-

私の知らない沖縄ばかりだった
先日観たドキュメンタリー「津島」に通じる
多少の犠牲は日本全体のためなら仕方ないと切り捨てられている人々がいる
ここでは何のために?
『有事における国防対策』
これが戦争
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

パパはメンタル強すなぎのか鈍感なの?と思っていたら😱こんな家には生まれたくないよね同情するよ、ピーターって思っていたらハマっちゃった👑あまりにも鮮やかな幕切れチャーリー‼︎‼︎ 🥶こんな顔筋見たことな>>続きを読む

津島 ー福島は語る・第二章ー(2023年製作の映画)

-

私の中では、福島県の原発事故は3.11が近づいてくると気にはする、そんな風になっていた。近いのにどこか遠くなっていたので観に行きました

原発から北西に30キロ離れた浪江町の津島。人口1400人で山々
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ 4K(1991年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最後、大粒の涙がこぼれた
若い時に観た爽快感とはまた違った
「このまま行って」「本当の自分になれたのよ」
キス、手を握り、飛ぶ、ポラロイド写真、2人を見てきたこの旅
また涙

印象的なシーンが幾つかあ
>>続きを読む

ガザ・サーフ・クラブ(2016年製作の映画)

-

何と言っても、カッコいい‼︎🤩サーフィンで自然に鍛えられあげた身体の若者達🏄‍♂️彼らにサーフィンを教えた渋柿みたいなオジサン達🎣そしてガザの波はかなり怖い! 荒れ狂う峰みたい

爆撃音は最初の説明で
>>続きを読む

ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録(1991年製作の映画)

5.0

言ってよ🙌配信されていた! 長年ずっと観たかったこの作品🤩続けて2回観ちゃった。以下、内容に触れています


凄っ凄い!エレノア
コッポラの最高の理解者 妻エレノアの地獄の底までお供しましょうの強靭さ
>>続きを読む

無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語(2024年製作の映画)

-

😍羨ましいよ! 本気で燃えているオジサンたちと若者1名🔥このコールがすごい好き「無理しない! ケガしない! 明日も仕事だー!」🔥

子ども時代にプロレスと出会い、自称イケていない学生時代の彼ら、社会に
>>続きを読む

マイ・ファミリー~自閉症の僕のひとり立ち(2023年製作の映画)

-

この8年間に渡る撮影ドキュメンタリー、自閉症についていろんな事を知りました。監督さんはこの家族と交流して26年目だそうです🏡
私の子供時代は、自閉症という言葉があまり使われておらず、当時はきっとその子
>>続きを読む

ヘル・レイザー 4Kデジタルリマスター版(1987年製作の映画)

3.7

短い登場時間ながらも悪いことする大人4人組のビジュアルと性格がくっきりしていて気になる😳どうして、そんなへんてこりんになってしまったのか、失敗した⁇経緯が知りたくなる。鍼灸治療しているみたいな人はイタ>>続きを読む

イノセンツ(2021年製作の映画)

3.8

😱おっかなかった!真夜中に私の悲鳴!手にしたアレがソレになる瞬間😱
冷静になれば、全てあの力 能力は嘘の演出ですし、殺戮とか流血とか人肉の断面とか一切出てこないのだから、何もおっかないはずがないのだが
>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.4

優しい映画だった
「ケイコ目を澄ませて」の時と同じで、人を傷つける人が出てこなかった

ドキュメンタリー「その鼓動に耳をあてよ」では日本全体を俯瞰していた。こちらは、無限の星の数の下にいるふたりの心に
>>続きを読む

その鼓動に耳をあてよ(2023年製作の映画)

-

全体を、日本を俯瞰しているようなドキュメンタリーだった。以下、中身に触れています。




凄いことになっていた!😱 名古屋港が近くで国道1号線が走り工場街の中に建つ名古屋掖済会病院救命救急センター。
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.4

裁判官が「休廷」と言うと、やっと私もペットボトルに手をのばす…喉がカラカラ…
になるほどこの話しの渦中に置かれた

その時、画面に現れる人間の気持ちに、その人間に対峙している人間の気持ちにスライドする
>>続きを読む

>|