友

趣味映画鑑賞。でも恋愛ものとホラーは観ない。

ピノキオ(1940年製作の映画)

3.8

子供の頃に家にあったディズニービデオの1つ。

これもかなり古い映画だったんだって知って驚いた映画。
子供の頃はピノキオの無邪気さが当然に見えて色々なトラブルに巻き込まれるのを見てもピノキオが悪いとは
>>続きを読む

王様の剣(1963年製作の映画)

3.8

子供の頃に家にあったディズニービデオの1つ。

かなり大好きだった記憶。
人生勉強として魚になったり鳥になったり自分じゃ絶対見れない世界に入る主人公を見て凄く羨ましかった。

字が書ける自分が普通だっ
>>続きを読む

眠れる森の美女(1959年製作の映画)

3.5

子供の頃に家にあったディズニービデオの1つ。

こんなに古い作品とは知らずに見てた。
3人の赤・青・緑の妖精?魔法使い?がおばさんなのに子供みたいで面白かった。
ケーキのドロドロ具合とドレスを作る時の
>>続きを読む

白雪姫(1937年製作の映画)

3.8

子供の頃に家にあったディズニービデオの1つ。

子供ながらに人そのものの動きをするアニメに凄く驚いた記憶。
白雪姫が起きて伸びをする所とか小人達とダンスする手とか魔女の動きとか1つ1つに生身の人間っぽ
>>続きを読む

ライフ・イズ・ジャーニー(2003年製作の映画)

3.0

小林賢太郎さん目当てで鑑賞。
制作してから10年以上経ってから見たので
感想としては「若っ‼︎」です。

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.6

女の恐さと男の恐さは違うと思い知れるサスペンス。

全然ガールじゃない。
そんなピュアっぽい人誰も出てこない。
こんな感じのサスペンスだとは全然思わなかった。
みんな犯人っぽくてちょっと刺激したらプチ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

アメコミ風味とは違うマーベル作品が出たって感じ。

ミラー次元とやらでビルが綺麗に分割して増幅して、スライドした先でまた増幅してって
映像として凄い状態の中にひたすら頑張って走ってる人がいるのが新しい
>>続きを読む

アリスのままで(2014年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます。

認知症の中でも私個人が1番恐れているのがアルツハイマー病だ。

若年性でも高齢者でもどちらも悲劇で
アリスが言ったように地獄だろう。

祖父がアルツハイマー型認知症でした。
発症は70代前半でそれまで
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.8

ジャックがちょっと子供返りした映画。

っていうか常に酔ってて運任せで不運なのにラッキーで今まで以上に迂闊。

映画としての見せ場てんこ盛りでエンターテイメント溢れる感じで面白かったけど、ジャックの活
>>続きを読む

カラフル忍者いろまき(2016年製作の映画)

3.5

監督・脚本 小林賢太郎。って事でみた。

NHKのアニメ感満載。
夕方とかにゆる〜くやってそうだ。

都会から引っ越したど田舎の家に顔がお尻の便利屋忍者がいた。その忍者達のちまっとしてるのも可愛いけど
>>続きを読む

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声(2014年製作の映画)

3.7

束の間与えられる天使の歌声に聴き惚れる。

世界屈指の少年合唱団に才能だけある男の子が入る、分かりやすい下克上映画かと思えば全然違った。
才能だけあればいいわけじゃないし
環境が良ければいいわけじゃな
>>続きを読む

ピーター・パン(2003年製作の映画)

3.8

ピーターパンの楽しさと儚さが詰まった映画。

子供の頃、大人になんてなりたくないと大勢が思ってたはず。その願望を叶えた存在がいるってお話で、ファンタジーで、冒険で、イタズラで、大人を出し抜いて、空飛ん
>>続きを読む

ヴィクトリア女王 世紀の愛(2009年製作の映画)

3.6

若きヴィクトリア女王の青春映画。

中世のイギリス王室の分かりやすい政略的な家族の中に産まれたヴィクトリア。
きっとずっと早く自分の価値を知ってずっと早く大人になった子供。
だからこそ周りの人間の思惑
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.8

ほっこりというにはちょっとブラックで
青春というにはちょっと冷めてて
シュールというにはちょっとシニカルで
スゴイ贅沢に少数派向けの映画を作ったって感じ。

共感できるキャラが1人でもいるか、
がこの
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.2

映画館で観ときゃよかった〜‼︎と後悔した映画。

キャラも混沌とした世界観もストーリーも面白い‼︎
そして5人のデコボコ感が最高‼︎
最初から最後までデコボコなのに笑えるだけじゃなくちゃんとカッチョい
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.8

全ての人間が怪しい飛行機内犯人探し映画。

『20分以内に大金を振り込まないと機内の1人を殺す』という脅しから始まり
見事なまでにみんな犯人なんじゃないかって怪しく描いて主人公すら疑ってしまう。

>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.0

TUTAYAでパケ借りしたら大正解だった。

ビルさんの不良ジジイっぷりも人間嫌いっぷりも結構ひどい。でもシブくて頭の回転が速くて哀愁漂うおじいちゃん。
ご近所になったもやしっ子な男の子も見た目に反し
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.9

ゴジラで浮かび上がる現代日本の堅苦しさ。
会議をしないと何も進まない機動力の無さと、民主主義という名の政治戦略が非常時に発揮される狡さと、前代未聞の巨大生物に街を破壊された次の日に通勤・通学している危
>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

4.2

動きのない静止画の生けた花に
見事に躍動感があってまさに花の映画。

川辺に人がゴロゴロと死んで朽ちるのが日常の
そんな救いの無い時代に花を仏に生ける事で世の安寧を祈るお坊さん達のお話。

生粋の日本
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.3

字幕版で観たけど、こんなにアニメに忠実な実写化だとは思わなかった‼︎
忠実なのに素晴らしく綺麗に実写にしてて幻滅するどころか、こんなに綺麗な世界だったんだって知れた。

子供の頃、プリンス系のディズニ
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.8

前作2作、思わぬ所に敵がいる事が多かったけど今作ほど思わぬ所はない。
しかも結構嫌な奴。

だんだん魔法で戦い始めるのが今後を予測させてワクワクする。

TAXi(3)(2003年製作の映画)

3.0

テレビのロードショーで見た。
このシリーズはこんなに警察をアホに描いて何か恨みでもあるんだろうか。

サンシャイン 歌声が響く街(2013年製作の映画)

4.0

日常のそこにある幸せを歌った映画。

愛する人に出会えたこと。
愛する仕事に力を発揮できること。
愛する人と共に生活できること。
愛する友と一緒に騒げること。
愛する人の事を心配できること。

ミュー
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.6

ハードだった日の終わりに見てはいけない映画。
分かっちゃいたけどレンタル期限を守る為に見たらまぁ、この後寝れるか心配になるぐらい不快度指数高い映画で、久し振りに見終わって頭痛くなりました。

ここまで
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.2

その作戦名雨って‼︎
そんな可愛いもんじゃないデショ‼︎
むしろ滝じゃね?って突っ込んでる間に相変わらずのハチャメチャにぶっ飛んで丸く収まる映画‼︎

観てて音楽にノリノリなのに表に出せない悲しさを抱
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.5

笑えるアクション映画。

アクションならバッチリのジェイソンさんもジュードも差し置いておデブなおばさんがアクションしまくる。
シブい2人も見れるしコメディな2人も見れるしおばさんはお茶目で意外に有能で
>>続きを読む

ラム・ダイアリー(2011年製作の映画)

2.9

ラムダイアリーって題だけあって酒浸りな映画。

話に盛り上がりも救いもないけれど
これを実体験してたら確かに自叙伝を書ける濃厚な人生だと思う。
プエルトリコの美しい海とノリの良い音楽とジョニーさんの煙
>>続きを読む

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.9

見た当時は衝撃的ラストでした‼︎

こんなに弱そうで卑怯そうな役もハマってしまうジョニーさんは流石っスネ。

ネバーランド見てからこの映画を見たら
同じ人間の笑顔の筈なのに穏やかさと寒さが全然違くて、
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

3.9

ぶった斬ってぶった斬られるファンタジー侍映画。

最初から最後まで結構長い事ぶった斬りまくるって意味ではここまで斬りまくってる映画もない。

「十三人の刺客」だって「るろうに剣心」だって「座頭市」だっ
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

4.0

命を懸けて夢を目指した実在した人の映画。

将棋をチョロっとやった事がある身として1回の対局が凄い時間がかかる事と凄い頭を使い果たす事は知っていたけど、正直地味なのでどう白熱するんだろうと思ってた。
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.0

何でもありそうなジブリ映画ならではの映画。

千と千尋以上に説明不足の映画ではあるけど
説明されないからこそワクワクするし
なんで?って食い入るように観てしまった。
何回も観たくなるし何回観ても新たな
>>続きを読む

ハリウッド的殺人事件(2003年製作の映画)

3.3

ジョシュさん目当てで見た。

シリアスな刑事映画にしちゃっても良さそうな2人なのにコメディ色強い。

陰陽師 II(2003年製作の映画)

3.0

野村萬斎さん目当てで見た記憶。

余裕で飄々としてる人って好きだなぁ。

プロミスト・ランド(2012年製作の映画)

3.8

価値は何か問う映画。

会社にとって価値は地下に天然ガスがある土地で
会社員のスティーブにとって価値はいかに収益のある契約をするかで
採掘される土地の住民にとって価値は生活に困らない収入で。

最初そ
>>続きを読む

>|