Mrsフロイさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Mrsフロイさんの鑑賞したドラマ
Mrsフロイ

Mrsフロイ

スニッファー嗅覚捜査官(2016年製作のドラマ)

2.9

2013年ウクライナでヒットしたドラマのリメイク版。
その特異な臭覚能力で難事件の犯人を割り出す、FBI仕込みの犯罪捜査官を阿部寛がコミカルに演じる。
相棒でお守役の刑事を安定感の香川照之。
この二人
>>続きを読む

0

ロキ(2021年製作のドラマ)

-

息子殿が待ちに待ったとの事で一緒に第一話を観賞。
やっぱりこのシリーズを熟知している人には、うんうんと頷ける場面が多々あるようだ。トム・ヒドルストンのロキは何度も観ているのに、ドラマの『ナイト・マネー
>>続きを読む

0

誤断(2015年製作のドラマ)

3.0

原作堂場瞬一、警察小説の旗手の社会派サスペンス!謳い文句に誘われて以前からクリップしていた一作。
雨催いの外出禁止令の一日にピッタリ。

第1話は、製薬会社の主人公の通勤途中の謎の転落事故目撃からミス
>>続きを読む

0

リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~(2019年製作のドラマ)

2.9

実在の企業再生の専門弁護士、村松謙一の活躍をモデルにした脚本。主人公の弁護士に反町隆史。
第二話を配信で視聴。
今のところ評判は今ひとつのようだが、反町の演技の批判が多いように思ったので、未見だった『
>>続きを読む

0

シェフは名探偵(2021年製作のドラマ)

3.0

刑事でもない 、潜入捜査官でもない、ましてやゲイでもない西島秀俊のシェフ。普通の人なの?
推理するのはお客様の味覚。。

彼の仏料理店で出す「ヴァンショー」と言うホットワインがとっても魅力的!
早速今
>>続きを読む

0

刑事ファルコ 失われた22年(2013年製作のドラマ)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

明日から漸く東京の映画館も再開されると言う。
このステイホーム期間に観ようと決めていた本作。何の前情報も無く刑事ドラマ?主人公の顔つきがなんか良いねぐらいのところでClick、はいスタート。。

おお
>>続きを読む

2

ダイイング・アイ(2018年製作のドラマ)

2.9

東野圭吾原作小説のドラマ化。
偶然回した深夜の第一話無料放送で視聴。
三浦春馬の不穏なバーテンダーに惹かれて観るも、記憶を失うという設定がどうも途中からご都合主義の運びで興醒め(-。-;)
肝心のダイ
>>続きを読む

0

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1(2011年製作のドラマ)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

シンデレラがノーブルじゃな〜い(´・-・`)
白雪姫の娘、現代に生きる主人公エマはちょっとハスッパな感じのシングルマザー。
そのエマが、助けようと奔走する娘が18歳で妊娠したシンデレラ。

そのシンデ
>>続きを読む

0

デス・ヴァレー ~密着! ロス市警アンデッド特別捜査班~(2011年製作のドラマ)

3.0

お気楽う〜気分転換にもってこ〜いです(^^♪
ゾンビに吸血鬼に狼男が街にゾロゾロ
でも何故かすごーく人間的。
この不条理な日常に真摯に向き合うロス市警...
アレ?お巡りさんの方もイッちゃってるぅぅぅ
>>続きを読む

0

盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~(2019年製作のドラマ)

2.9

指名手配容疑者の顔を記憶して、街中で見つけ逮捕に繋げる「見当たり捜査」。実際の捜査に材を得て、主人公玉木宏とチームの捜査員の活躍を描く。

近頃はAIによる顔認証等のデジタル技術が幅を利かせていると思
>>続きを読む

0

悪の波動 殺人分析班スピンオフ(2019年製作のドラマ)

3.2

殺人分析班シリーズのスピンオフ作品。
1エピソードが約25分で、テンポも良く一気見にちょうど良い。
元の殺人分析班は最初のシーズンを観た筈なのにとんと印象に残って居ない。
元のシーズンが魅力的だからこ
>>続きを読む

0

ちょい★ドラ2019(2019年製作のドラマ)

3.1

NHKの『 ちょいドラ 』一本約10分のショートドラマが三本。
「ダークマターな女」「尽くす女」「斬る女」の各々テーマで違った趣向で展開。
時節柄こんな軽くてちょっと覗いて観られるドラマが嬉しい😃

0

MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜(2014年製作のドラマ)

3.1

今更のMOZU、配信サービスの支払い方法を選ぶ際に全10話パックは躊躇された。ちょっと自信が無い…
一話のみ視聴、うーん正解だった。
それにしてもこの2020年までのたった6年で、殆どの映画やドラマか
>>続きを読む

0

住住(2020年製作のドラマ)

3.0

本当の事じゃないのに本当の様に感じるのは何故?
脚本に負うところが大きいのか。
演者の力量か。
タイトル『 住住』(スムスム)からもう何だか緩々の雰囲気が伝わって来る。

緊急事態宣言のこのご時世、何
>>続きを読む

0

サ道(2019年製作のドラマ)

2.9

テレビ東京の深夜枠ドラマ。
視聴率の追及から逃れて自由が許容されている所為か、ドラマというより環境ビデオのような作り。
サウナ道を求めて主人公が各地のサウナを訪ね歩く。

サウナから野球から本家のお茶
>>続きを読む

3

トクボウ警察庁特殊防犯課(2014年製作のドラマ)

3.0

漫画的造形が楽しい〜(^_-)-☆
原作は未読だが、「食品偽装」等の社会的テーマに愉快なキャラクターで切り込んで痛快で楽しい。
次回は、女子高生の「JKお散歩」がテーマで期待したい。


2014年4
>>続きを読む

0

竹内涼真の撮休(2020年製作のドラマ)

3.0

「撮休」というのは業界用語で撮影が休みの日のことらしい。
それだけならば、大した興味も湧かない芸能人の休みの日?となる。但し、このドラマは各エピソードを実力派の監督が務め、本人以外は芸達者な役者が脇を
>>続きを読む

0

有村架純の撮休(2020年製作のドラマ)

-

先に『竹内涼真の撮休 』を観て、こちらの方が有るのを知った。
各エピソードを名だたる監督や脚本家が担当する、役者の普段着の姿を本人が演じる趣向。特にこちらは是枝裕和監督がドラマ演出というのも心惹かれる
>>続きを読む

0

微笑む人(2020年製作のドラマ)

3.0

ミステリーか。。。
と思って観ていると、ぬぬ??そうでもない。

主人公松坂桃李の微笑みの様に、不可思議な味わい。
原作者貫井徳郎の持ち味なのか。

エリート銀行員の親族殺人とその裁判、其れを追う女性
>>続きを読む

0

ドラゴン桜(2021年製作のドラマ)

-

16年の時の経過。。
阿部寛、56歳。
大ヒットドラマ放映当時2005年は若者向けの青春学園モノと、気になることは無かった。

1960年代の学生闘争時代から、常に若者の眼差しの向こうにそびえ立ってい
>>続きを読む

2

刑事ジョー パリ犯罪捜査班 シーズン1(2013年製作のドラマ)

3.8

ジャン・レノがLet it goって…(´-ω-)

パリ、ノートルダム寺院での殺人事件。
宗教と歴史、そして複雑に絡み合う家族の愛憎を無骨な刑事ジャン・レノが丹念に追って行く。

パリ警視庁は、やっ
>>続きを読む

0

今ここにある危機とぼくの好感度について(2021年製作のドラマ)

-

珍しく土曜のNHKドラマをテレビでオンエア時に。
脚本家渡辺あやのオリジナルストーリー。同じ脚本家の作品『 ストレンジャー~上海の芥川龍之介〜』を鑑賞済。

当たり障りのない発言でその場をやり過ごす、
>>続きを読む

0

僕はどこから(2020年製作のドラマ)

2.9

原作は市川マサの漫画。
いかにも漫画的な主人公二人は高校の同級生。
主人公は気弱な作家志望の若者で、若年性アルツハイマーに罹患した母親を同居して介護中。
うーむ、最近増加傾向のヤングケアラーの話に見え
>>続きを読む

0

脳科学弁護士 海堂梓 ダウト(2021年製作のドラマ)

3.0

TV東京の月曜日二時間枠の単発ドラマ。脚本家のオリジナルストーリー。

異能の弁護士の捻りの効いた法廷ドラマ。それなりの展開で最後まで引っ張るが、犯人に意外性が無く、そこで失速。で、だから?と呟きたく
>>続きを読む

0

桜の塔(2021年製作のドラマ)

3.2

脚本武藤将吾のオリジナルストーリー、そこがちょっと不安。賀来賢人主演の『ニッポンノワール』の整合性の無さが頭の隅に引っかかる。

白い巨塔ならぬ桜の塔、桜田門の警視庁の権力争いを玉木宏主演で描く硬派の
>>続きを読む

3

刑事★コムラッド ~同志に別れを~(2017年製作のドラマ)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

冒頭チャニング・テイタムが「これは1980年のルーマニアのドラマだ」といきなりフェイクを語る???
当時のフィルムを復元し、ルーマニア語を英語の台詞に有名どころの俳優で吹き替えて完成させたというのだ(
>>続きを読む

0

ファルコン&ウィンター・ソルジャー(2020年製作のドラマ)

-

うーむ、うー。。
どうにも話が暗い。
毎週末の息子殿のお付き合いとは言え、前作のワンダビジョンとは大違い。
皆様の熱いレビューを読むとなんだか申し訳ない様な気分にもなる。世の中がなんとも暗い話題ばかり
>>続きを読む

2

ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実(2018年製作のドラマ)

2.9

元産経新聞記者の原作をドラマ化で期待。
報道という視点からの犯罪捜査をどう描くか。
前半は最前線でスクープを追う記者の実態が興味を繋ぐ。
後半地方支局へ飛ばされた主人公の葛藤がどうも腑に落ちない。
>>続きを読む

0

悪党~重犯罪捜査班(2011年製作のドラマ)

3.0

神奈川県警を舞台にした、警察ドラマの形を借りたファンタジー(^^♪
そう思って観ると中々愉しい!

0

謗法~運命を変える方法~(2020年製作のドラマ)

3.3

「謗法」(ほうぼう)と言う言葉が仏教の言葉だという事を初めて知った。ドラマの謗法師を名乗る女性が呪いをかける事が謗法だと話している。日本の仏教と韓国の仏教の違いだろうか。

何気なく開いた動画配信サイ
>>続きを読む

0

パパがも一度恋をした(2020年製作のドラマ)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

コメディが観たくて初回鑑賞。
亡くなった奥様の、あの世から登場のターミネーター音が耳に残る!
原作はギャグ漫画との事。
麿赤兒のお爺ちゃんがなんだか説得力ある!?

0

エ・キ・ス・ト・ラ!!!(2020年製作のドラマ)

3.1

大学生御曹子編を観る。
なんかチョッと気分転換したい時にぴったりかも(^_^)v
テレビドラマの制作の裏側が観られるのが、愉しい。
次回のお爺ちゃんエキストラ編が気になる。

0

モザイクジャパン(2014年製作のドラマ)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

都会からリストラされて、両親の住む田舎へ帰って来た主人公。
落花生農家の並ぶ田舎町だった故郷は、なんとアダルトビデオ産業で潤う一大変貌を遂げていた!

グッズやDVDを販売したり、地下の工場では両親が
>>続きを読む

0

珈琲いかがでしょう(2021年製作のドラマ)

-

飯テロと言うのがあるけどこれは珈琲テロか!?
断然珈琲飲みたくなる😛
残念ながらそれだけ。。途中脱落。

0