ちよめさんの映画レビュー・感想・評価 - 7ページ目

ちよめ

ちよめ

語彙力が来いよ 感想は殆ど簡潔
100点満点換算で☆2.5以上は概ね良かった作品です

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

3.9

アルパチーノの演技がただただ凄い
なんだこの作品全体から溢れ出る英国感は…

普段からもっと香りに気を遣おうと思った。
ドナ役のガブリエルアンウォーが美人

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.4

繰り返される銃殺シーンが頭から離れない
分かっていてもドキュメンタリーだと思ってしまう。それほどのリアルさ。
白黒に赤が映える

ローマでアモーレ(2012年製作の映画)

3.7

邦題な〜
突っ込みどころ満載だしローマの名所を旅してる気分で楽しめる
シュールすぎるオペラも聴ける

ATOM(2009年製作の映画)

3.0

説明は省略されてたけどメトロシティのロボット法はアシモフのロボット三原則と一緒なのかしら

最後シーンの必要性

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.7

想像以上に素晴らしい映画だった
もっとシリアスなお話なのかと思ってたけど終始割とほっこりしてて笑顔で観ていられて、最後の最後で涙がほろりと出てきた
狙って作ってないところがいい

映像も音楽も最高でみ
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.7

お洒落で可愛いが溢れてるフランス映画
分かりやすいサクセスストーリー
頑張る人は美しい

あのドイツ語オチは反則でしょ
笑っちゃうからやめてほしい笑

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5

若かりしナタリーポートマン演じるマチルダの可愛さだけの映画だと思ってた
ジャンレノもめちゃめちゃかっこよかったし脚本も良かった

何度も観たくなる映画
ポスターかっこよすぎ

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.7

ひえ〜後味悪いな〜
心地悪さが心地いい

照明はジョージネルソンのソーサーランプ
開放的なガラス張りの建物はお洒落だけど新居を買うときは注意だね!

わんこが萌え死ぬレベルのかわいさだった

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.4

母と観ました。

えーこんなファンタジックなお話でいいの〜?息子の気持ち!!息子気持ちはあ!?!?と泣きながらも斜めに構えて観てたけど笑そういうことか〜。あんな素直な息子欲しい。元々結婚願望のない自分
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.4

幸せな気持ちになれる
バナナコスチュームの子の歌が上手くてとってもかわいかった!

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.7

邦題が残念過ぎる
原題は『Silver Linings Playbook』
意味は調べたら納得するけど邦題にはやっぱりピンと来ず。

結末は予想できたけど結構良かった。
もうジェニファー・ローレンスの
>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.3

原作もディスクも家にあるのに全く手をつけてなかったので…インフェルノは観るかは分からないけど。多分観るけど。

結論、難解だけど面白かった。
ただ登場人物が多くて集中してないと訳分からなくなる。
原作
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.6

就活を控える大学生は自分も然り、普通の心境じゃ観られないだろうなあ
ホラーすぎる
妙にリアルできたなくて、そこら辺ほんと朝井リョウ憎いわ〜嫌いだわ〜となる笑
この作品劇場で一緒に観るメンバーによっては
>>続きを読む

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

3.8

ユアンマクレガーの異常な可愛さよ!
ジムキャリーも役合いすぎ

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

3.0

確か機内で観たけどもっと大きい画面で観たかったなって思った記憶

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

タランティーノ作品はひとつも観たことなかったんだけど、序盤のサミュエル・L・ジャクソンの台詞をタイポグラフィで表現した作品を講義で観て、折角なので気になってたこの作品を観ました
台詞の言い回しが面白い
>>続きを読む

ロマンス(2015年製作の映画)

3.4

主人公があんまり共感できるキャラクターじゃなくて入り込めなかったけど演技はよかった
特に野嵜好美と大倉孝二◎
私も突然の逃避行したい

スチーブン…スピル…

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.0

今まで見たことのない純愛映画だった…
たまに観たくなる、好きな作品です
フィドルの音色が最高

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

3.6

怖いわこんなんちびっ子が観る映画じゃない

メイキング見ずして語れない作品。
ライカスタジオの凄さ。

バチカンで逢いましょう(2012年製作の映画)

3.6

アッピア街道を原付で走りたい、誰かと。

愛こそすべてだ
イタリア万歳!

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.1

これインド映画じゃないのか
タイトルにもポスターにも惹かれなかったけど観てよかった、こんなに面白いとは思わなかった。

子役の子たちも凄く良いね
ミリオネアなつかしいなあ

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.0

つい最近『時計じかけのオレンジ』を観てそのすぐ後になんとなくポスターがお洒落だなと思って気になってたこの作品を観たのだけど
自分はどうも映画の細かいところばっか見てしまう性格のようで

スパッドとシッ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.2

暴力描写が思いの外多くて堪えた…全然爽快になれる映画じゃない…

のになんだこの魅力。
ファッションとインテリアのセンスが凄まじい。40年以上経った今見ても斬新でお洒落!と思う
初っ端からスッて惹きつ
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

2.8

ストーリーはよくわからなかったけど短気な人たちだなという感想

謎のスロー、謎の倍速、謎のピン送り、中盤のハンドカメラの揺れる感じが自分にはちょっと苦手だった…

個性的な色使い、逆さまの香港と夜の街
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.7

エズラ・ミラーというよりパトリックがただのイケメン

音楽が良かった

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.0

監督独特の美しい構図に長回しが心地良い

インド人の主任客室乗務員が凄く興味深いキャラクターで大好きだ

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.6

福山雅治がゲッッスいのが最高。福山雅治だから許される感ね、、、ふみちゃんはかわいい。
勿論みんな演技良かったのだけど一番素晴らしかったのは間違いなくリリー・フランキー。本当に凄まじかった

題材も興味
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.8

やっぱり今年の邦画はすごい

ハリウッド映画より輝いてた渡辺謙
綾野剛のラーメンの食べ方が美しかった

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

4.3

シネマグラフ的な演出が素敵
タバコの煙とか、土砂降りの雨とか

うろ覚えだけど、「彼らを白人だと思ったことはない、彼らは"ビートルズ"なの」って言葉が印象的だった

胸が熱くなった

唯一無二の圧倒的
>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.5

元気になった
80sファッションとラップとカントリーがよい。よい。
年齢は主人公とほぼ同じなのに、時代も国も生活も性別も性格も自分とは全然違って全く共感できなくて(笑)、逆に清々しい気持ちで楽しめた
>>続きを読む

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.1

ジョンだったりポールだったりゴッチだったりフジファブだったりくるりだったりなんなんだ…(違)

将暉ーー!夏帆ーーーー!!!
好きだ!!!!!!


疲れてて眠い時に観るもんじゃない

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.8

あの日のロックンロールの引力は万能で裸足のままで走り出していたんだ!!!!!


期待通り、期待以上でした。
定期的にやってくる、私の「「中高生ときにバンドやってたかった〜!」」が急加速した映画。
>>続きを読む