swansongさんの映画レビュー・感想・評価

swansong

swansong

近ごろ☆の数がインフレ気味です。
どうか「話半分」でお願いします♪

映画(1171)
ドラマ(3)

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.9

アニャ・テイラー = ジョイの凛とした面構えがいい!

(ここからは私の妄想です。)

知らぬ間にビーストの能力を受け継いでいたアニャが、 超人撲滅を企む秘密結社に追いつめられてついに「覚醒」する…
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.1

「感動したぁ!」なんて単純に言いきれない深刻な問題を抱えたまま、 この映画は終わる。

たしかに人種差別という行為は醜い。
そういうものが巧妙に隠された平成→令和の日本に暮らす私たちにも、 そこはすご
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

-

"This is Spock. Enterprise, are you there?"

がんばれウェンディ。
犬のピートと連れだって、 夏への扉を開け放とう。
そして自分の居場所を見つけよう。
>>続きを読む

ミッドナイトFM(2010年製作の映画)

-

わわわっ!
ついにマ・ドンソク兄貴がMCUに参戦?

英語版Wikipediaでは、 すでに兄貴のフィルモグラフィの最新作のところに「The Eternals」のタイトルが♪

監督は「ザ・ライダー」
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.9

♪ Yes, I'm back in black!

うん、 ここでAC/DC出してくるのは正しい!

オリジナル版「狼よさらば」に敬意を払いつつ、 思いきって映画のテイストを変えてみせたイーライ・ロ
>>続きを読む

ANON アノン(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ひょっとしたらアノンって、 電脳空間をさまよう、 肉体を持たない「ゴースト」なんやろか?

もしもアノンが視覚と聴覚だけでなく、 生身の人間の五感すべてをファ…いやハッキングできるとしたら…
クライヴ
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.1

おおぉ、 これはちゃんとコワい …
かなりの鬱映画と覚悟して挑んだけれど、 隅から隅まで恐怖がつまった正真正銘のホラーですやん!

コワいポイントその①:顔

主役のトニ・コレットを筆頭に、 主要キャ
>>続きを読む

MIFUNE:THE LAST SAMURAI(2015年製作の映画)

-

"抜けばどっちか死ぬだけだ。 つまんねーぜ。"

「椿三十郎」での半兵衛との壮絶な一騎討ちや「隠し砦の三悪人」の流鏑馬のシーンでミフネが見せた超人的アクションの撮影秘話。

"とひきり気さくで忍耐強い
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

夜になったら「それ」が襲ってくる思てたら、 なんも来えへんのか~い!

実は私「胸糞映画」が心底ニガテで、 常日頃から "ヤ~な予感"がする作品には近づかないよう用心して暮らしてるんですが、 今回は
>>続きを読む

ファイティン!(2018年製作の映画)

4.7

俺のバカ!
なぜもっと早くこの映画を観なかった?

笑いと感動と高揚感、 そして全編にわたって炸裂するドンソク兄貴の魅力。
この映画、 素敵なものだけでできてますやん!

「あれきっとゴリラだよ。」
>>続きを読む

未知との遭遇 ファイナル・カット版(2002年製作の映画)

5.0

ああ、幸せ。
初めて観たときと同じ画質、 同じ音圧♪
(↑swansong 比。)
感想は、 以下の一言だけです。




これ以上の映画は、 ない。





201
>>続きを読む

リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREEPERS 3(2017年製作の映画)

-

ごきげんトラップ満載!
「超合金無双・地獄のデビル丸」♪
vs.
対ジーパーくん特化型!
「GG?搭載・怒りのジャンゴspecial」♪♪

この「どうかしてるトラック対決」のところ、 もっと拡げ
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

-

おえぇ…
作品としてはよくできてるけど、 "調子こいたクソ野郎ども"による老人や子どもへの虐待シーンの陰惨さが耐えがたい。

おかげで観ているこっちは、 必死で生きようとしてる"怪・怪・怪シスターズ"
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.4

第一部 : 「転覆篇」 ー 完 ー

わーっ、 早よ第二部が観たい!

主演のキム・ダミよ、 君は今までどこにいた?
「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチェ・ウシクも「サスペクト 哀しき容疑者」
>>続きを読む

ザ・ローリング・ストーンズ レディース・アンド・ジェントルメン(1973年製作の映画)

-

1972年。 ミックもキースもひたすら美しい。

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」
「ストリート・ファィティング・マン」
「オール・ダウン・ザ・ライン」
「ダイスをころがせ」
「無情の世界」
「ブ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

-

「ベラーズは私にとってかけがえのない家族なんだから!
そんなベラーズのなかから一人を選んで"見殺しにする"なんて、 絶対にできないよ!
でも、 どうしてもと言うのなら…」

って、お~いエイミーっ!
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

-

リュ・スンワン監督の傑作ボクシング映画「クライング・フィスト」を思い出すなぁ。

あっちは実話から着想を得たフィクションだったし、 作風もケレン味たっぷりで本作とは全く違うんだけど、 「境遇の異なるふ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.1

世界興収は、 なんと製作費の70倍以上!
やるやん♪

PCの画面上のみでサスペンスフルな物語が展開するというこの斬新なパターンは、 あのイヤーなホラー「アンフレンデッド」以来ですね。

突然失踪した
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.1

やったぁ♪♪♪♪♪♪♪
ジェイムズ・ガン監督がGotGに帰ってくる!
これで俺たちはJ.G.監督が手がける"The Suicide Squad" と"GotG3"を両方楽しむことができる!
もうこれ最
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.4

「映画館でアニメかいな、 ふ~ん…」
すんません、 完全にナメてましたっ!
コレ、 め~っちゃオモシロい「映画」ですやん♪

(以下はこの映画のサントラの話ではありません。)

クイーン♪ エアロスミ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.1

クライマックスの緊迫感が凄まじい。

まるで 「赦し」と「贖罪」という普遍的なテーマを徹底的に追究した傑作 「スリー・ビルボード」への、 「普通の人間の生々しい感情」サイドからのカウンターパンチを観て
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

4.1

「…ガムテープはあるか?」

気に入った!
「ダイ・ハード」と「タワーリング・インフェルノ」と「燃えよドラゴン」を束にして、 ぶっとい上腕二頭筋でぐぎゅ~と締めつけたらこんなん出ましたけどぉ~的アクシ
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

4.1

あれっ?
ナメてかかってたら、 めっちゃオモロなってますやん♪

続々と登場する、 この嬉しい顔ぶれ!

「パージ」シリーズでも第一作のイーサン・ホークからバトンを受け継いで見事に走り切ったフランク・
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

-

音をたてたら死ぬ?
そんなん花粉症の俺はどないしたらええのん?

私、 もともと図体がでかいせいか、 クシャミの音量も半端ないんです。

地元の駅のホームで「ヴえぇぇ~~っくしゃぁぁん!」とやらかした
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

-

Oh my love
My darling
I'm hungered for your touch
A long lonely time ...

って、 おえ~い!
ろくろほったらかして、 なに
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

-

面白い!
でも主演のボイド・ホルブルックって、 ちょっと影薄くないですか?(カッコええけど…)

アーノルド・シュワルツェネッガー>ダニー・グローヴァー>エイドリアン・ブロディ>本作のボイドくん…
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

-

惜しい!
コレは主演のステイサム兄やんと助演のレイン・ウィルソン師匠のポジションを入れ替えて、 「海のエグゼクティブ・デシジョン」を狙ってほしかった。

「いま世界一頼れる男」を闘いの序盤で喪い、 涙
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

-

「この旅客機は高度5000フィートまで降下すると爆発する!」

ロッド・サーリングの脚本による「夜空の大空港」 ('66年 アメリカ )の舞台をロサンゼルスの高速道路に移し、 もはや絶滅危惧種となりつ
>>続きを読む

眠れぬ夜のために(1984年製作の映画)

-

♪"I'm gonna wait till the midnight hour..."

初代ワスプ&ブランドル蝿の大冒険♪
やたらに元気な歌とギターのお兄さんは、 B.B.キング59歳♪

"星屑Z
>>続きを読む

乱気流/タービュランス(1997年製作の映画)

-

「人口密集地にジャンボジェットを墜落させる訳にはいかん!やむを得ない… Fー14に撃墜させるんだ!」
「おい待て!乗客と乗務員はどうなる?」
「お願い!もう一度だけチャンスをちょうだい! CAの私が必
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

-

明けましておめでとうございます!
いよいよ寒さが厳しくなって参りましたが、 皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はあいも変わらず「おせち→初詣で→帰宅、 即うたた寝→ひさしぶりの映画三昧」という例年ど
>>続きを読む

デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー(2007年製作の映画)

-

いったいどうやってこれを撮った?
私の頭のなかを見たのか?

ーフィリップ・K・ディック


時代の先を行きすぎるのは、 時代遅れと同じぐらい悲惨だ。

ー リドリー・スコット


1982年の夏、
>>続きを読む

ロサンゼルス(1982年製作の映画)

3.5

"You believe in Jesus ?
Well, you're gonna meet him."

「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」以来絶不調のジミー・ペイジのギターに乗って、 伝説の「
>>続きを読む

レック(2007年製作の映画)

3.7

「住民のみなさん、 この建物からは出られません。 警察官の指示にしたがって待機してください。」

先ほどから、 背中に貼ったバンソウコウのあたりをかきむしりながら「レック」というホラー映画を観ておりま
>>続きを読む

エド・ウッド(1994年製作の映画)

4.1

「エド、 自分の夢のために戦うんだ。」
( by オーソン・ウェルズ?)

この感動的なラストシーンのあと、 エド・ウッドは映画作家として幸せな人生を送れたか?
それはこの映画のテーマではありません。
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

-

"Welcome to Alcatraz."

身だしなみを整えて「熟年のボンド」に仕上がったコネリー翁がカッコよすぎて笑ろた♪
(このとき翁はすでに60代半ばですよね?)

そして、 コネリー翁と「
>>続きを読む

>|