貝崎さんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

貝崎

貝崎

2015年7月〜 年間目標100本(無理)

映画(274)
ドラマ(32)

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

イーサン・ホークの甘いナルシストフェイスがなんか苦手だなってちょっと思っててすんませんでした。

SF特有の安っぽさというか古臭さがなくてカッコよかった。風景から人間から全てが無機質な感じだからか10
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

とんでもないもの観てしまった。とりあえずこれみてすぐ解説いっぱい読みましたね。宇宙に関するあれこれ。忘れないうちに。まあ半分くらいわからないんですけど。ただ予備知識入れとこうとかしなくて正解だった。先>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

信仰という概念を持たない日本人に理解できるかって気持ちがあった。この作品を観てこう在ってもいいというひとつの形を知れたと思う。理解できたわけじゃないけど、んー何となく。ワタシが思ってるほどハードルの高>>続きを読む

バットマン リターンズ(1992年製作の映画)

3.0

前作にも増してダークな世界観になってる!ペンギン男(ダニー・デヴィート)とキャットウーマン(ミシェル・ファイファー)の出現でもともと影薄かったバットマン(マイケル・キートン)完全に脇役!寧ろ最後のええ>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

4.0

本当はノーラン版の方が観たかった気持ちを抑えて、とりあえずシリーズものは繋がらなくても最初からのポリシーを守ってバートン版から観ます。

ティム・バートンのファンタジックな世界観最高でした。ゴッサムの
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

新年一発目に観た映画はこれでしたー。話題になってたのもありますが、なんせ地元が舞台なのでね、観ましたね。方言のこだわりすごいなとか北條さんちとワタシの実家まあまあ近いんちゃうかなとか地元ネタ楽しんだ。>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.5

オーシャンズシリーズラストはラストに相応しい仲間を救うストーリー。私的には心筋梗塞と裏切りのショックというダブルパンチで寝込んだルーベン(エリオット・グールド)にバシャー(ドン・チードル)が送り続けた>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.5

11とは打って変わってちょっと複雑になってきました12。12人目は11でオーシャン(ジョージ・クルーニー)と復縁したテス(ジュリア・ロバーツ)。

今回はデカい仕事がしたい小物のライナス(マット・デイ
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.0

豪華ですねー。キャスト負けするやつかなと思ってましたがおもしろかった。ちょーおもしろかったです。この豪華メンバーあってのソレと言えなくもないけどおもしろかったです。

ストーリーはカジノ強盗するという
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

4.0

久しぶりのギャングスタ・ムービー。相変わらず良い。殺し方と潔さが人間じゃない。スカッとしたい時はこれに限る。登場人物多すぎるところが唯一苦手なジャンルだったけどこれ全然いけた。成長した。

やっぱワル
>>続きを読む

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

2.0

淡々と暗い映画だった。最後まで真相が語られることはないけど、ブランドン(マイケル・ファスベンダー)とシシー(キャリー・マリガン)、このふたりの兄妹は過去に性的虐待を受けてたっぽい。ふたりの間にも何か歪>>続きを読む

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

3.0

なかなか新しいタイプの不倫映画でした。金持ちで優しい夫のもとに嫁ぎながら彼には一切の心を閉ざして野蛮でマトモな会話も通じなそうな原住民と不倫をしてしまう女の物語です。
ピアノ・レッスンって邦題勝手に妄
>>続きを読む

追憶(1973年製作の映画)

3.5

あけましておめでとうございます。2017年一発目です。11、12月に観たものが溜まりに溜まりに溜まりまくってるのでぽんぽん行こうと思います。

勉強もスポーツも卒なくこなせるのに今が楽しければそれでい
>>続きを読む

(1955年製作の映画)

3.5

貧民から小金を騙し取る詐欺師のアウグスト(ブロデリック・クロフォード)が娘と同い年くらいの体の不自由な娘のいる家庭から、神父のフリしてお金ふんだくってようやく罪悪感を覚えて良心に目醒め、開けたかのよう>>続きを読む

アリス(1988年製作の映画)

1.5

あー、だめだなこういうの。って終始冷めた気持ちで観た。ストーリーのない作品をみるときって、その世界観が自分にフィットするかどうかしかないから、苦痛だった。

ただただこの世界観が私好みじゃなかった。少
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.0

27才独身フリーターについて。確かにまだ若いという年齢でもなければ何かを焦る年齢でもないような気がする。わかんないなー。いっぱいいるんだよこういう感じの人って。なんか地に足着いてなくて、仕事は続かなく>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.0

レズビアンがテーマの映画なのかと思っていたら、思いがけず、自分の生き方を問われるような、映画だった。

文章を書く才能がありながら、堅実な道を生きようと同性愛者であることを隠し、教師の仕事をするアデル
>>続きを読む

海洋天堂(2010年製作の映画)

3.5

妻は昔に亡くなって、自閉症の一人息子を男手一つで育てたシンチョン(ジェット・リー)。余命わずか。入水心中を図りますが、泳ぎの得意な息子ターフー(ウェン・ジャン)に助けられてしまいます。
職場とお隣さん
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.5

ワタシの親が離婚した時、ウチはお金もなくなって新築の一軒家からボロボロの寒いアパートにお引越し、母親は家にいないしオトコはすぐ変わるし親のせいで他の子に比べてなんて不幸なんだとか思ってたけど、大人にな>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

あったまる映画シリーズみたいな並びになってきました。だって外が寒いから。自然と心だけでもあっためとこうとしてる。

この映画は何回か観てると思うけど何回観てもなんかズキズキくる。ショーン(ロビン・ウィ
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.0

ジャック・ニコルソンがこんなキュートな恋するおじさん役するなんて本当かわいくてかわいくて応援しながらみてた。

生活に支障きたす程度の潔癖症で皮肉屋でいつも一言二言多いメルヴィン(ジャック・ニコルソン
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

2.5

何これ?この映画の感想ひとことで言うなら「何これ?」
アメリカ移動中にクーデターが起きて、入国も帰国もできない無国籍者になって空港暮らしをすることになってしまう男の話。本当にそれだけ。空港で過ごした日
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.5

多分映画館で何観ようかなって悩むときいちばんに外すタイプの映画。評判になってたことはなんとなく覚えてるけど、なんっか終始キラキラしてそうなあの感じが苦手。ところがですけど自分でもマジかってレベルに泣い>>続きを読む

ローラーガールズ・ダイアリー(2009年製作の映画)

4.0

シンプルで爽やかな良い映画だった。ドリュー・バリモア監督作品、ああなんか彼女っぽいなというか、いや全然知らないんだけど、あのいつまでも変わらない無邪気な笑顔が浮かぶような、個性の強いガールズムービーだ>>続きを読む

ワイルド・エンジェル(1966年製作の映画)

1.5

ヘルズ・エンジェルスについてはなんとなく知っていたのでソレ関連の映画だという理由で見てみた。バイクはどうでもいいけどワルい人は好き♡そんな感じ。ただピーター・フォンダにちょっと期待してただけなのに全体>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.5

原作ファンなので期待値低めに持ちつつ監督やキャストに期待しつつな感じでなんだかんだ楽しみにしてました。

ストーリーは原作みてないと絶対にわかりづらいなと思った。というより物語がどうこうじゃなく夏芽(
>>続きを読む

ひまわり(1970年製作の映画)

3.5

タイトルどおり、画面いっぱいに広がるひまわりの景色が心に残る作品。戦争に引き裂かれた愛がテーマだけど、残酷なシーンは映し出されない為、この広大な美しいひまわり畑に、その下に眠る人々を想うしかない。悲し>>続きを読む

セントラル・ステーション(1998年製作の映画)

3.5

まだ知らないどこか遠くの国の景色を夢みることができる。映画のそういうとこが好き。ブラジル映画はそう思わせる作品が多くて好きだしこの映画もそうだった。
こんなに温かそうな風景が広がっているのに現実はとて
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.0

主演の二人有名な俳優だけどワタシどちらも初めての作品な気がする。。特にデンゼル・ワシントンはあんま魅力を感じる作品がなくてスルーだったけど、なんかガタイと懐が大きそうな感じがステキ♡ 他の作品も観てみ>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.0

何回も観て何回も途中で挫折している映画。あんま気乗りしなかったけど頑張った。長ったらしい割に淡々としてて退屈。どうしても途中で寝ちゃうんです。ジェイク・ギレンホールの顔がニガテ。すんません。

ノンフ
>>続きを読む

キリング・ミー・ソフトリー(2002年製作の映画)

3.0

ド変態な映画でした。タイトルは予想どおり性癖的なことでしたが、アリスちゃん(ヘザー・グラハム)がなかなかブッ飛んだガチめのド変態で本当に可愛かったです。顔はキュートでカラダはエロい。山小屋での洗礼式み>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.5

高評価付けざるを得ない作品だった。そんな言い方語弊があるんですけど。あの自然のスケール感とかあり得ない過酷さとか、本当に一言で、すごい映画だった。

沈黙のシーンの圧倒的な多さと、時代背景が掴めてない
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.5

9.11関連作品は初めて観ました。この作品9.11から10年後の2011年公開の映画だそうですが、もう今で15年も経つのかと。ワタシあのニュースをみてたの小学生の時だったのかと。そもそも9.11の背景>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.5

さすがのタランティーノ。としかもう言いようがありません。歴史に対しても皮肉たっぷりで痛快であり後味悪い。

世界中の歴史認識としてナチスドイツは史上最悪の殺人者で被害者はユダヤ人っていうのがあって、そ
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

2.5

正直まあまあ気持ち悪かったです。おっさんがAIと本気で恋愛するというシチュエーション思い浮かべたら、、いくらオシャレな感じの演出があろうと全然入っていけなかった。

離婚の問題でしょんぼりしてたセオド
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

4.0

アイアンマン以来のマーベル作品です。さっきウィキペディアで知ったんだけど、これ、MCUとかいうクロスオーバー作品で、要するに話繋がってるってことですよね。確かに「アヴェンジャーズ実在する設定なんや、、>>続きを読む