nenecoさんの映画レビュー・感想・評価

neneco

neneco

基本レンタル、動画配信アプリ、地上波放送のものを鑑賞。
映画館はよっぽど観たい作品がない限り行かない人(´・ω・)
おうちシネマ好きなのです。

見たけど、どんな話だったかあんまり覚えてないものにはレビューつけてません。

映画(652)
ドラマ(304)

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.0

記録。

体が不自由というものをバーンと表に出しているようで、介助する側の心境だったり、鹿野さん本人が実は考えていることなど見えないところにもスポットを当てていて良かった。

鹿野さんは大泉洋にしか出
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.0

記録。

アニメーションだからこそ、読み取りやすく、考えさせられるものがある。
子供たちはこの映画を観てどう思うか。
劇中のはるみを失っていく様の表現の仕方がとても衝撃的だった。
そして、とても悲しく
>>続きを読む

新しい靴を買わなくちゃ(2012年製作の映画)

4.0

記録。

『長く短い3日間。』

THE 大人の恋、という感じ。

最初の向井理の流暢な英語にハートを射抜かれました。笑
私もアオイさんのような「THE 出来る女」になりたいな~と憧れの目で観ていまし
>>続きを読む

ハンコック(2008年製作の映画)

3.0

記録。

『クズってもう一回言ってみな。』

久々のアクション映画。
人助けしているけど、着地の仕方が雑で地割れ、車はボッコボコ、建築物は見事に酷い有り様、、という複雑なヒーロー。

レイと力を合わせ
>>続きを読む

パーフェクト・センス(2011年製作の映画)

4.0

記録。

観始めた時の感想は、不思議。
観進めていくうちの感想は、恐い、不安。
ラストまで観た感想は、感動的。
とても心を動かされる映画だと思う。
※アクションとなっているが、アクションシーンはない。
>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

4.0

記録。

『普通の子に戻りたい。』

実話ベースということを忘れて、映画の世界観にぐぐっと魅了されていた。
全て観てから、実話だったということを考えると、ヴィオレッタはいつまで母親から逃げないといけな
>>続きを読む

ネスト(2009年製作の映画)

3.0

記録。

『女王蟻。』

全体的に可もなく不可もなく。
でも面白かったかな~とは思う。

作家であり、ルイーサとサムの父親のジョン、、執筆活動してる暇ないし、二人の食事の用意とか送迎とか本当に二人の父
>>続きを読む

ザ・リング(2002年製作の映画)

3.0

記録。

洋画版のリングは、個人的にとても爽やかだったような気がします。
そして、日本のリングのおどろおどろしいカメラワークだったり構成だったりがいかに凄いかを改めて再確認出来る映画なのではないかと思
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

5.0

記録。

『親と子。』

観ていてとても心地よく、そして張り詰めた空気のピリピリした感じがとてもリアルで、観入ってしまった。

この映画のキャスティング、全てが好きだ。
樹木希林、原田芳雄は大好きです
>>続きを読む

ハイヒールを履いた女(2012年製作の映画)

3.0

記録。

『罪滅ぼし。』

アンナ役のシャーロット・ランプリングの哀愁漂う悲しげな表情に何故か惹かれる、、というか存在感がすごい。

円満離婚をして、独身パーティーに参加したり娘と孫が来たり、第二の人
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

2.5

記録。

ホラーが苦手な人でも大丈夫と言うか、ちょうど良い怖さなのではないかと思う。

ずっと観ていて、一軒家だったら近所付き合いのシーンもあっても良いだろうとか、「あの家に引っ越してきた人がいるそう
>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.0

記録。

『人生の選択。』

全体的に可もなく不可もなく。
ただ、終盤の展開に早く持っていきたい!というのを観ていて感じてしまった。
そのため、終盤のストーリーに入るまでの展開が早く、作りが雑に感じて
>>続きを読む

渋谷(2009年製作の映画)

3.0

記録。

綾野剛と佐津川愛美が好きで、気になっていたのもあり鑑賞。

「わたしを さがして」というメッセージに惹かれるのは何となく分かる。
綾野剛が演じるライターの男と、佐津川愛美が演じる孤独を抱くゆ
>>続きを読む

四月物語(1998年製作の映画)

4.0

記録。

雪のような真っ白な桜吹雪が美しく、とても印象的だった。

北海道旭川から上京し、慣れない環境と一人浮いてしまう自己紹介がとてもリアルだった。
帰国子女とインテリ男の二人で急に始まる英会話、、
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.5

記録。

めちゃくちゃ重たかった。

八坂を演じる浅野忠信の演技に魅せられ、彼の話し方が静かで丁寧で、最初はこの映画を観ていて「空気感が心地いい」と思った。
でもだんだん変化していくもの。
ふと話し方
>>続きを読む

DEATH NOTE デスノート(2006年製作の映画)

3.0

記録。

やっとまともに鑑賞。
大体の話は知っているけど、こういう内容だったのね~という感じ。
まだ藤原竜也がソフト。(「あ゛あ゛ぁ゛あ゛」とか言わない。笑)

Lを演じた松山ケンイチは彼にしか出来な
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

4.5

記録。

MARVEL作品全然観てなくて、順番もバラバラに観てしまっているけど、GYAOで無料配信されていたので鑑賞。

ストーリーがテンポ良く進むので分かりやすいし、SF苦手(今回はSFなのかな?笑
>>続きを読む

ディス/コネクト(2012年製作の映画)

3.5

記録。

『SNSと心の闇。』

スマホ、iPad、PC、、
今や日常に同化して、当たり前の存在となっている機器たち。
その中で最も世界が広いように見えて、実は狭く危険なのがSNS。

Twitter
>>続きを読む

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

4.8

記録。

『可愛さと毒。』

「おんなのこ」の面倒臭さがこれでもか!!というくらい詰まっていてリアル。
ケーキにマカロンにキャラメルポップコーン。
観ているだけでムッとなる甘い食べ物を食べて食べて食べ
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.0

記録。

安室さんのことを何も知らない状態で観たので、何が何やらという感じで頭がなかなかついていかなかった。

ストーリーも分かったようで分かっていない、、自分の理解力の乏しさを思い知らされます。笑
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

4.8

記録。

1作目に続き、とても観応えあり!
2作目からは秘書も加わり、捜査もスムーズに。めっちゃ残業させられてたけど(笑)

特捜部Qシリーズは、救われない感じがあるけど、その分考えさせられることは多
>>続きを読む

八月の物語(2006年製作の映画)

2.5

記録。

『あの八月を覚えていますか?』

若い頃のディーンフジオカを観ることが出来る映画ですね。笑
映画が始まるのがあまりにも急だったので少しびっくりした。
歌が良くて、癒されました。

所々トレン
>>続きを読む

>|