りおさんの映画レビュー・感想・評価

りお

りお

スクリーン派なので公開中の作品しか観ません。ストーリー重視。洋邦問わず。

映画(143)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

2.0

予告編で気になったので。
大富豪ゲティの孫ポールが誘拐され、誘拐犯から巨額の身代金要求を受けた母親ゲイル。
ゲティの息子である夫に愛想を尽かしゲティ家を疎遠になっていたゲイルは愛する息子の命を救う為、
>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

2.5

シリーズ三作目。
一作目から観てますが、かなり短いスパンで新作が発表されてますよね。
山田洋次監督おそるべし。
本作は平田家の長男・幸之助(西村まさ彦)、史枝(夏川結衣)夫婦にスポットがあたる。
一作
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

2.5

前作「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)は一応鑑賞済み。
この頃はまだマーベル初心者だったのであまり印象に残ってはいないが、それから3年かけて単独作品をほぼほぼチェックしてきた甲
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

2.0

1950年台のロンドンを舞台にした神経質な天才デザイナーと元ウエイトレスのミューズの壮絶な愛の物語。
ファッション業界を舞台にした作品ってどうも好きになれない。
本作も全体を通して不快感が拭えず、しか
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

2.0

一応、世代なもので無視出来ず。
原作の最終回は記憶にあったが、後半はオリジナルの展開もあったのかな?
少なくとも主演の二人は大学生にはなっていなかったような・・・
私の記憶が欠落しているだけ?
ラスト
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.0

主演のジェシカ・チャステインといえば「女神の見えざる手」の天才ロビイスト役が記憶に新しい。
オープニングは前回演じたこのロビイスト役を彷彿とさせる彼女の早口な一人語りで幕を明ける。
父親のスパルタ教育
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.5

予告編からだいたいの流れは読めるので、取り立てて注目はしてなかったんですが、たまたま別の作品を観に行こうと思い購入したチケットがこの作品でした。
この私が間違えてチケットを買うなんて!
まあ、VFXが
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.0

脚本がコーエン兄弟だったので、ある程度覚悟して鑑賞。
このブラックユーモア感、クセになるんだよなあ。
アメリカン・ドリームの象徴的な町、サバービコンに黒人一家が引っ越してきてから町の住人達の態度が一変
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

2.0

過去の失態からCIAを離脱した女主人公が、取調官としての才能を買われて再び組織へ呼び戻され、テロの容疑者の尋問にあたることになるが、この状況自体が罠だった!
そこから彼女の孤独な戦いが始まる、という女
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

信頼の韓国映画ということで、あらすじに目を通さず鑑賞。
実話ベースということとタクシー運転手が遠くの町へお客さんを送り届ける、程度の事前知識しかなかったし、キービジュアルの印象から勝手にコメディだと思
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.5

近未来を舞台にしたSFアクション。
現実世界から目を背け、VRの世界「オアシス」でなりたい自分になるべく奮闘する若者が、「オアシス」開発者の遺した遺産と運営権を賭けたゲームに参加し、プレイヤー達と交流
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

前作は鑑賞済み。
前作がとてもよかったので本作への期待ももちろん上がる。
とは言うものの毎度復習はせずに挑むため、前作うろ覚えの状態で鑑賞。
前作の英雄(主人公ではなかったよな?)の息子が本作の主人公
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

2.5

今年もこの季節がやってきた。
劇場版コナンの季節が。
コナン歴は長いが今は15年以上原作未読でアニメは気が向いた時しか観ておらず。
なので毎年劇場版で新たな発見や出会いがある。
ここ数年の劇場版を観て
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

2.5

前作「ジュマンジ」公開時は中学生。
もちろん前作は観てないが、地上波で鑑賞した母親がすごいオススメしていたのを覚えてる。
前作はボードゲームだったらしいが、本作はひと昔前のTVゲームに姿を変えて現代へ
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.5

インド映画は初鑑賞。
日本で公開されるくらいだしよほどいい作品に違いないとあらすじ無視で鑑賞を始めたら、何なんだこの映画、最高すぎる!
レスリング命の元レスリングインド代表選手の父親が、自分がなし得な
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

2.5

リーアム・ニーソン好きなのでもちろん鑑賞。
宣伝でも言われてましたが、本作は列車版「フライト・ゲーム」。
今回は家族を人質にとられた元警官の保険セールスマンが半密室の列車の中で犯人探しをするストーリー
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

1.5

内容が頭に入って来なかったので雰囲気だけで楽しみました。
政治に疎すぎるから、時事ネタ系の映画はだいたい雰囲気だけで観てます笑
内容理解してなくても雰囲気で楽しめるから。
別にスピルバーグ監督に限った
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ライバルの妬みからプリマの座を奪われ、バレリーナ人生にも終止符を打たざるを得なくなった主人公(ジェニファー・ローレンス)がロシア政府のスパイ要員として教育され、才能を開花させていくという今作。
少し前
>>続きを読む

増山超能力師事務所 ~激情版は恋の味~(2017年製作の映画)

1.5

ドラマ版は鑑賞済み。原作は未読。
何となく観ていたからか映画化の情報は知らず、公開されてから知りました。
予告編見掛けなかったしそんなに宣伝するお金もなかったんでしょうね。
この枠(木曜深夜)のドラマ
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.5

ちはやふるは上の句・下の句ともに鑑賞済み。(原作は未読)
結びというタイトルが示す通り、完結となる今作は青春部活モノの大定番、主人公の高校生活最後の全国大会への出場をかけた戦いがメインテーマとなってい
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.5

声を出せない主人公と囚われの未知の生物が心を通わせていくストーリー。
途中まで、というか割と終盤に差し掛かる頃まで主人公の隣人の男性を主人公の旦那さんだと勘違いしていた為、未知の生物に執着する主人公に
>>続きを読む

曇天に笑う(2018年製作の映画)

2.0

福士蒼汰君が得意じゃないのですが、他に観たい映画がなかったので、サカナクションの主題歌と古川雄輝君目当てだ!と自分に言い聞かせて鑑賞。
予告編のサカナクションの主題歌とのコラボMVを何度も劇場で見せら
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

2.0

まず、同じ感想を抱いた人も少なくないと思いますが・・・
前置きが長い、長すぎる!
予告編の印象とは随分とかけ離れたドキュメンタリー映画でした。
ちゃんとあらすじ読んでおくんだったわ。
実際にあったテロ
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

2.5

評価がよかったので。
ほぼあらすじを読まずに見始めたので実話とは知らず。
主人公達がのちに夫婦になるという事実を知らずに観ると二人の出会いは見るに耐えられない。
罵倒されて叩かれて何度も追い出されそう
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.5

「観た人全員、ダマされる」ー
予告編の強気なこのキャッチフレーズが印象的だった今作。
「衝撃のラスト!」
「誰も想像出来ない大どんでん返し!」
「ラスト15分、あなたは絶対に騙される」
・・・みたいな
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

2.0

リーアム・ニーソン目当てで鑑賞。
アクションなしだったのと問題のウォーターゲート事件に明るくない為、淡々と進むストーリーがちょっぴり苦痛でした笑
ノンアクションでも巨大な陰謀に立ち向かうリーアムの叔父
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.0

予告編でストーリーがほとんど見えてしまった為、元々鑑賞予定ではなかったのですが、やたらと評価がよかったので。
ほとんどが予告編から想像した通りの内容でしたが、ラストシーンまでは想像出来ず。
こんなにも
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.0

あらすじの中で目に留まったコメディドラマという情報のみで鑑賞。
実話だと知ってたら結末がわかってしまう為、いい感じに楽しめたと思う。
主演の男性がまさか本人役とは・・・
劇場で披露してたネタがちっとも
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5

予告編を飽きるほど見掛けるくらい公開前から話題になっていた作品。
そんなにすごいの?と思って観に行ったら中途半端なミュージカル劇で正直期待外れ。
嫌な予感はしてましたけどね笑
「ラ・ラ・ランド」で学習
>>続きを読む

レオン(2018年製作の映画)

2.5

意外と高評価だったのと竹中直人なら間違いなく面白いだろうと思って鑑賞。
いい感じに肩の力を抜いて楽しめました。
最近日本での女優活動が盛んな韓国の元アイドル、知英演じる地味OLが竹中直人演じるセクハラ
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.0

東野圭吾好きの友人に誘われて鑑賞。
原作、実写版シリーズなど一切前情報なしで挑んだ為、登場人物達の関係性がよくわからないままストーリーは進んでいく。
結果、単発モノとしても十分に楽しめました。
序盤で
>>続きを読む

エターナル(2016年製作の映画)

2.5

ここの所韓国映画が集中していて先週から数えて3本目。
期せずして個人的韓国映画三部作となったのでした笑
で、三部作のラストはハリウッドでもご活躍のアクション俳優、イ・ビョンホン主演の今作。
ビョン様の
>>続きを読む

コンフィデンシャル/共助(2017年製作の映画)

3.0

同日に同じ韓国映画の「悪女 AKUJO」を鑑賞してからの今作。
こちらは予告編観て面白そうだったので。
北朝鮮と韓国の刑事が合同(共助)捜査の中で反発し合いながらも国を越えた関係を深めていくバディムー
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

「殺人の告白」から韓国映画にハマり始めた私にとってはずせなかった一本(同じ監督)。
何故か予告編を観る機会がなかったのですが、韓国映画には絶大の信頼を寄せているので、女殺し屋が主人公の話、という前情報
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

何か色々賞を獲った作品のようだが、あらすじに惹かれて鑑賞。
開始5分で引き込まれました。
セリフ、なかったよね?
主人公は娘を強姦被害で亡くしている為、本来であればとても重いストーリーなはずなのに、そ
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.0

最初は殺人代行人の話か、「必殺仕事人」みたいだな、と思い、話が進むにつれてあれ?「笑うせぇるすまん」みたいだな?(単に決め台詞のせい笑)と思い・・・
どっちもストーリー一切知らないけど笑
どちらにせ
>>続きを読む

>|