櫻イミトさんの映画レビュー・感想・評価

櫻イミト

櫻イミト

The Iron Rose(英題)(1973年製作の映画)

3.5

ユーロ・トラッシュ映画界でスペインのジェス・フランコ監督と並び称されるフランスの吸血ホラー監督ジャン・ローラン。その作品群の中で最も詩的と評される初期の幻想恋愛映画。邦題は「鉄の薔薇」。

海岸にたた
>>続きを読む

甘く危険な女(1969年製作の映画)

3.0

「スパズモ」(1974)のウンベルト・レンツィ監督が往年のハリウッド大物女優キャロル・ベイカー主演で制作したジャッロ三部作の第二作。音楽リズ・オルトラーニ。

ジャン(ジャン=ルイ・トランティニャン)
>>続きを読む

ヴァンピロス・レスボス(1970年製作の映画)

4.5

ヨーロッパ・ホラー史上に名を残す耽美吸血鬼映画。スペインの異才ジェス・フランコ監督の初期代表作。主演は早逝した伝説女優ソルダード・ミランダ。原題は「Vampyros Lesbos(レズビアン吸血鬼)」>>続きを読む

デッドライン〜「恐怖の極限」とは何か?あるホラー作家の衝撃の体験!(1980年製作の映画)

3.5

70年代後期カナダ制作のホラー風サイコスリラー。VHS以降2022年までソフト化されず鑑賞困難とされてきた一本。

ホラー映画専門の人気脚本家スティーヴン。反道徳的な恐怖を売りする彼の作風は一部か批判
>>続きを読む

恐怖の土曜日(1955年製作の映画)

3.0

フライシャー監督が前期に手掛けた佳作。史上最低予算で作られたシネマスコープ・カラー映画。銀行強盗が起こった町の群像劇。

ある金曜日、アリゾナの鉱山町にセールスマンと称して三人組ギャングがやってくる。
>>続きを読む

強迫/ロープ殺人事件(1959年製作の映画)

3.5

フライシャー監督が前期に手掛けた犯罪裁判ドラマ。ヒッチコック監督「ロープ」(1948)の題材にもなった“ローブ&レオポルド少年誘拐殺人事件”(1924)の犯人像と裁判を映画化。※当事者の名前は変えられ>>続きを読む

狂った蜜蜂(1968年製作の映画)

3.0

「スパズモ」(1974)のウンベルト・レンツィ監督が初めて手掛けたジャッロ。「ベビイ・ドール」(1956)などのハリウッド大物女優キャロル・ベイカーがイタリアに渡って主演したジャッロ三部作の第一作。撮>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

4.0

ノーラン監督(当時27歳)が脚本・撮影・共同編集・共同製作を兼任し、各国のインディペンデント系映画祭で絶賛された長編デビュー作。出演は学生時代の仲間たち。Followingは追随者の意味。

作家志望
>>続きを読む

プリティ・ベビー(1978年製作の映画)

3.5

撮影当時11歳だったブルック・シールズを一躍スターにした、ルイ・マル監督のアメリカ進出作。実際にあった公娼地帯のノンフィクションと、そこでE.J.ベロック氏が撮影した売春婦ポートレイトに基づいて映画化>>続きを読む

ラスト・ラン/殺しの一匹狼(1971年製作の映画)

4.0

絶頂期のフライシャー監督によるスリルと暴力に満ちたロードムービー。黒沢清監督のオールタイムベスト第2位。主演は前年の「パットン大戦車軍団」(1970)でオスカー主演男優賞受賞(辞退)のジョージ・C・ス>>続きを読む

悲惨物語(1973年製作の映画)

4.0

スペインのエログロ監督ジェス・フランコによるサド・シリーズの一番人気作。監督のミューズだったソリダッド・ミランダの遺作。撮影は1970年。原題「Eugénie(ユージェニー)」。マルキ・ド・サドの同名>>続きを読む

Beatrice Cenci(原題)(1969年製作の映画)

4.0

ルチオ・フルチ監督が自らの最高傑作とする残酷史劇。父親殺しで死罪となった貴族女性ベアトリーチェ・チェンチの有名史実を映画化。

1599年のイタリア。チェンチ一家の十代の娘ベアトリーチェ(エイドリアン
>>続きを読む

プリンス・オブ・シティ(1981年製作の映画)

3.5

シドニー・ルメット監督が「セルピコ」(1973)と同じく警察内部の汚職を背景に描く社会派ドラマ。

ニューヨーク市警の麻薬課特別捜査班SIUは犯罪者逮捕のためなら大幅な自由が与えられており羽振りも良く
>>続きを読む

チーチ&チョン/スモーキング作戦(1978年製作の映画)

3.5

70〜80年代アメリカでコメディアン兼ミュージシャンとして活躍したチーチ&チョンが脚本・音楽も務めた初主演作。大麻中毒二人組のローテンションなお笑いロードムービー。監督はママス & パパス、キャロル・>>続きを読む

スパズモ(1974年製作の映画)

3.5

ジャッロ映画の代表作として列挙される一本。ウンベルト・レンツィ監督は「怪奇!魔境の裸族」(1973)が有名なイタリアの職人監督。音楽エンリオ・モリコーネ。“スパズモ”は“痙攣”の意味。

若いカップル
>>続きを読む

センチュリアン(1972年製作の映画)

4.0

ロス市警の現職警官が執筆しベストラーとなった小説『センチュリアン』(1971)の映画化。リチャード・フライシャー監督の「10番街の殺人」(1971)の翌年の作品。音楽クインシー・ジョーンズ。“センチュ>>続きを読む

The Fellowship of the Frog(英題)(1959年製作の映画)

3.0

イタリア・ジャッロ映画のルーツとされるドイツ・クリミ映画群の最初の作品。題名は「マスクを被ったカエル」の意味。原作は英の人気スリラー作家エドガー・ウォーレス。監督は「怪人マブゼの挑戦」(1961)のハ>>続きを読む

幻想殺人(1971年製作の映画)

3.5

ルチオ・フルチ監督の「女の秘めごと」(1969)に次ぐ2本目のジャッロ映画。音楽エンニオ・モリコーネ。撮影は「サスペリアPART2」(1975)のルイジ・クヴェイレル。原題は「Una lucertol>>続きを読む

華麗なるヒコーキ野郎(1975年製作の映画)

4.0

「明日に向って撃て!」(1969)「スティング」(1973)に続くジョージ・ロイ・ヒル監督×ロバート・レッドフォード三部作の最終作。撮影は「ベン・ハー」などオスカー三度受賞のロバート・サーティーズ。音>>続きを読む

金星人地球を征服(1956年製作の映画)

3.0

“金星ガニ”が有名な、B級映画の帝王ロジャー・コーマン監督による初期SF映画。

人類の現状を憂う科学者アンダーソン博士(リー・ヴァン・クリーフ)は、ついに金星人との電波交信に成功した。彼らの技術力を
>>続きを読む

火星人地球大襲撃(1967年製作の映画)

3.5

英ハマープロのSFホラー”クォータマス博士シリーズ”の10年ぶりの第3作。監督は「ノックは無用」(1952)のロイ・ウォード・ベイカー。原題は「Five Million Years to Earth(>>続きを読む

宇宙からの侵略生物(1957年製作の映画)

2.0

英ハマープロのSFホラー”クォータマス博士シリーズ”の「原子人間」(1955)に次ぐ第2作。

郊外に降り注ぐ謎の小隕石群の調査に向かったクォーターマス博士は、建設中の巨大な工場を発見する。工場は武装
>>続きを読む

マッキラー(1972年製作の映画)

3.8

ルチオ・フルチ監督が自身のジャッロで最もお気に入りと挙げる一本。監督作の中で最も病的とされる田舎ミステリー。原題「NON SI SEVIZIA UN PAPERINO(ドナルドダッグをいじめないで)」>>続きを読む

怪人ドクター・ファイブスの復活(1972年製作の映画)

3.5

ヴィンセント・プライス主演作の中でも屈指のカルト人気を誇る異色ホラー・エンターテイメント「怪人ドクター・ファイブス」(1971)に続く後編。監督は前編に引き続き「女子大生・恐怖のサイクリングバカンス」>>続きを読む

ジーザス・レボリューション(2023年製作の映画)

2.5

70年代ヒッピー・ムーブメントの渦中からキリスト教のメガ・チャーチを立ち上げた大衆伝道師グレッグ・ローリー(1952~存命)の伝記青春映画。監督はミュージック・ビデオ出身のジョン・アーウィン。

70
>>続きを読む

おなかすいた、寒い(1984年製作の映画)

2.5

アケルマン監督の中期短編。初期のような仕上がりだが監督全盛期以降の1984年制作。

列車に乗った男(2002年製作の映画)

4.5

「仕立て屋の恋」(1989)「髪結いの亭主」(1990)のパトリス・ルコント監督が二人の中年男の奇妙な友情を描くヒューマン・ファンタジー。

列車に乗って小さな町の駅に降り立った強面の男ミラノ(ジョニ
>>続きを読む

私家版(1996年製作の映画)

4.0

ジャーナリスト出身バーナード・ラップの監督デビュー作。出版界を舞台としたフランス製作の知的ミステリー。

編集者エドワード(テレンス・スタンプ)のもとへ旧知の作家ニコラが新作小説を持ち込む。小説は傑作
>>続きを読む

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章(2024年製作の映画)

4.0

「ソラニン」「おやすみプンプン」などの浅野いにおが2014年~2022年まで連載した全12巻の原作を前・後篇でアニメ映画化。主役二人を演ずるのはYOASOBI幾田りら&あのちゃん。

ディレクター
>>続きを読む

ヒア・マイ・ソング(1991年製作の映画)

3.5

イギリス製作のハートウォーミングなヒューマン音楽ドラマ。実在のオペラ歌手ジョゼフ・ロックの脱税逃亡エピソードをモデルに脚色。※英国版は113分だが日本版ブルーレイは105分で主人公の少年期などがカット>>続きを読む

女の秘めごと(1969年製作の映画)

4.0

初期フルチ監督が初めて手掛けたジャッロ映画。ヒッチコック監督「めまい」(1958)に着想を得たサイケデリック・スリラー。音楽は「世界残酷物語」(1962)のリズ・オルトラーニ。原題は「Perversi>>続きを読む

アサインメント(1997年製作の映画)

3.5

「ジャッカルの日」(1973)と同じく実在する暗殺者ジャッカルが登場するポリティカル・サスペンス。監督は「ココ・シャネル」(2008)のクリスチャン・デュゲイ。「アサインメント=Assignment」>>続きを読む

東京上空三十秒(1944年製作の映画)

3.5

第二次世界大戦時の1942年、日本のアメリカ本土への砲撃に対する報復として行われた初めての日本本土空爆作戦「ドーリットル空襲」を、実際に参加した中尉の手記をもとに映画化。監督マービン・ルロイ。脚本ダル>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

3.0

アカデミー賞7部門受賞作。“原爆の父”オッペンハイマーの生き様を、マンハッタン原爆開発計画の前、中、後と描く三幕構成の伝記映画。

同じ題材の「シャドー・メーカーズ」(1989)とのプロットの最大の違
>>続きを読む

シャドー・メーカーズ(1989年製作の映画)

3.5

アメリカで原爆がなぜどのうように作られたかを描く史劇。「ミッション」(1986)でパルム・ドールを受賞したローランド・ジョフィ監督の次作。原題「Fat Man and Little Boy※原爆2種の>>続きを読む

>|