芽さんの映画レビュー・感想・評価

芽

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.5

なんだか心地いい空間でした。

スパゲティコードラヴで出会った三浦透子さんに惹かれて、観てしまった。

"生きているものは、死んだ人を思って生きなきゃいけない"
とても印象的な言葉ばかりで、一語一句重
>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

4.3

。。。
なんと言ったら良いか。言葉が出ません。
なぜ、私なんだろう。なんで今なんだろう。そうセリフがあったように、私にもそう思う時があった。共感とか同情ではなくて、なんだか背中を押してもらいました。
>>続きを読む

前科者(2022年製作の映画)

3.6

牛丼が食べたくなった。
まず、本作に出演されている方々の演技力に圧倒されました。みなさん素晴らしい。
磯村勇斗さんの演技が好きで、今回も素敵でした。どんな作品に出ても目を惹く魅力的な方です。

重くず
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり長年の子猫ちゃんとしては5以外評価をつけません。
今回はいろんな思いがありました。
大切な人たちをどう映してくるのか。田中監督なら古沢さんの脚本なら必ずどこかで映してくれると思ったから、とても
>>続きを読む

99.9-刑事専門弁護士‐ THE MOVIE(2021年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ビシッ!!
ドラマ含めて全て最高でth!!

杉咲花さん、相変わらず演技力すごい。どんな役にも染まれるってこの人のことを言うんだと思う。
深山師匠〜、おかえりなさい。
今回も相変わらずナイスなダジャレ
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

3.6

黒島結菜さんに惚れる。恋する。
誰もが憧れる瞬間。
井上祐貴さんにはもっと早く出会いたかった。
北村匠海さんが、とにかくエロくてエモい。

青春もいつかは終わりが来る。それでも青春を感じられるうちは若
>>続きを読む

ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

小学校の3年生くらいまでファンで5×10のアルバムを、持っているくらいでした。
当時はluckymanとハダシの未来が大好きでMVもめちゃくちゃみていました。少し離れてからもずっと歌は聴いていたし、応
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

耳が聞こえない家族の中で唯一健聴者である彼女。通じ合えないかもしれない、わかってもらえないかもしれないけれど、そうではなくて、言葉で、歌で、心で、家族と伝えられる方法でしっかりと通じ合っている素晴らし>>続きを読む

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション(2021年製作の映画)

3.4

はい、今回も無事任務完了を見届けられました。
相変わらずの暴走集団。テッドのかわいさは顕在でした。見た目はね。。
宮野真守さんの安定感。やっぱりさすがでした。
今回も楽しませてもらいました!!
笑いあ
>>続きを読む

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.7

内容が分かってから見続けてたらこれは泣いてはいけないと思った。同情になるかもしれないから、感動した、泣けたとかっていう言葉で済ませてはいけないと思った。

それくらい重みのある内容。ミュージカル映画と
>>続きを読む

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年製作の映画)

4.2

今年の午前10時のラインナップ見たときから観ると決めていた作品。
その念願が叶って、ジャックに会えたー!!
大スクリーンで観られただけで歓喜!!
映画館でジャックに会える日が来るなんて。。。
ディズニ
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

4.3

やっぱ世界規模の作品はすごいですわ。2時間半があっという間に過ぎました。すべり込みでIMAX鑑賞できました。

大自然に囲まれた作品をこうして映画館で見ることができるのはクロエ・ジャオ監督が作る作品な
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

マッケンジーが美しい。
とても色鮮やかで、オシャレで、音楽も大好きな分野ばかりで舞い上がってました!でも不意にくるホラー要素に刺激されて、心臓の音が止まずに最後までドキドキしていました。けど、最後の回
>>続きを読む

私はいったい、何と闘っているのか(2021年製作の映画)

2.9


パパは大変なんだなって。自分は娘側だからパパの気持ちは大事にしよう。って思った。
闘ってるのは結局自分なんだなって。
父ではないけれど、同じ一度きりしかない人生。自分と闘って行かなきゃ頑張れないし、
>>続きを読む

昨日より赤く明日より⻘く-CINEMA FIGHTERS project-(2020年製作の映画)

3.8

よし、初日に観に行けた。
私事ではありますが彼らを応援し始めてから早いもので10年経ちます。彼ら全員の演技を同じ映画の中で一緒に観られる日が来るなんて、嬉しさのあまり鑑賞中も涙が。

「BLUE BI
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

4.0

ただの恋愛映画じゃないってところがまた良かった。
なんか結末が意外で、レビューを見てみたいと思ったんだけどすごいいい話だなって思った。

2人の空気感や距離感が少しずつ変わっていく変化にも嬉しさを感じ
>>続きを読む

劇場版 Free!-the Final Stroke- 前編(2021年製作の映画)

4.1

自分も水泳を本格的にやっていた時期がありまして、でもそれは幼稚園から小学校の頃までの話で、個人では関東大会が一番上で、それ以上は掴めませんでした。レベルは違えど、その時は目の前のことに一生懸命だったの>>続きを読む

DANCING MARY ダンシング・マリー(2020年製作の映画)

3.6

これがLDHの映画です。と言えるほど詰まってる。そして、SABU監督らしさもある。世界観がすごいんですよね。
やっぱり、坂東希さんが大好きで、その恋人役の吉村界人さんも素敵だった。
石橋凌さんかっこよ
>>続きを読む

スパゲティコード・ラブ(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい映画。
これがオリジナルって、凄すぎん。
若手俳優陣の実力と脚本の蛭田さんと丸山監督の力がうまく融合されて、現代にぴったりの映画が誕生。

今、20歳である私がこの作品に出会えたことにもすご
>>続きを読む

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)

4.7

大好きなシリーズの映画化。待ちに待った。またシロさんとケンジに会えた。しかもスクリーンで会えた。もう幸せが詰まりすぎて、なんだか、嬉しかったし、こんなに優しい空間が映り続けてて自分はなんて幸せ者なんだ>>続きを読む

かそけきサンカヨウ(2021年製作の映画)

4.2

やはり今泉力哉監督だ。それを感じられる映画だ。

ワンロールが長くてリアルさを感じられるのは今泉監督作品ならでは。
個人的には陽ちゃん役の志田彩良ちゃんの透明感と少しずつ移り変わる表情に目が離せなかっ
>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに映画館で号泣しました。
原作を読んでいて号泣したので、あまり期待はしていなかったのですが、期待を遥かに超えて大号泣。

キャスト陣の顔ぶれはあまりにも豪華すぎて、美が常に保たれていた。あの大
>>続きを読む

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

3.1

冒頭で出てくる時生さんのシーンからかなり衝撃がくる。
今作は俳優の中で一番好きな吉田鋼太郎さんと舞台俳優としても活躍する岡田将生さんを目当てに見てきました。
岡田将生さんはマイナスイオン系男子なので、
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.4

久しぶりに映画館で映画を見れた。
映画館で見る価値あり。圧倒的スケールの大きさと、壮大なSF。やはり映画館で見るべき。観て良かった。内容は一回じゃ理解し難い。個人的には何をしたい?なぜこうなった?と疑
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.6

めちゃくちゃ癒される素敵なディズニー映画でした。
機会がなく、観ることができなかったんだけど、ディズニープラスに入ってしまいディズニー好きの友人に勧められて見てみました。当時からベイマックスは話題にな
>>続きを読む

レインツリーの国(2015年製作の映画)

3.2

号泣案件。
原作がまず神。有川浩さんが描く男性は理想でしかない。

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

異色のラヴストーリー。まさにこの言葉がぴったりの今までに観たことがないラヴストーリーだった。原作は読んでいません。

CGの使い方。目に見えないものを表現するのにすごい長けている監督さんで、柿本監督な
>>続きを読む

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)

5.0

この作品、めちゃくちゃ好きだ。
最近映画がなくなる、映画館は必要ないとかっていう映画多くて心配になるけど、そうじゃなくて、映画とか映画館の必要性を伝えたいんだなって思う。映画を見ることで、心の安らぎだ
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

3.8

"人生のきらめき"自分では気づいてないだけで、誰しも心の中にはあるんじゃないかなって教えてくれた。
自分が見たことのない世界ってこの世には山ほどあって、その世界に触れるたびに目をキラキラさせてる。
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

2.9

近い未来の可能性。
万が一のこと。けして他人事では無い。

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.0

人気俳優たちを贅沢に使いすぎる映画。
しかもおもろい。
松田翔太さんとリリーフランキーさんの存在感勝利🏆

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

3.6

普通に好きだった。先が見えない未来を歩むことは怖いけれど、間違えてまた歩み直す道も私はあっていいと思う。たとえその道を歩んで後悔したとしても。それは通るべき道だったと思える日が来ると思うから。

461個のおべんとう(2020年製作の映画)

3.5

親子を繋ぐ手段ってたくさんありそうで無いんだなって。
毎日当たり前に一緒に過ごして、お話しして、それが成長するたびに少なくなるってなんだか虚しいよね。だからずっとずっと仲良しでいたいなって思ったよ。

>|