takさんの映画レビュー・感想・評価

tak

tak

ランナウェイズ(2010年製作の映画)

3.3

ランナウェイズが活動していた1970年代後半は、やっと洋楽に目覚め始めた頃。聴いてたのはBCRやAbbaとか健全なものが中心だった。洋楽に詳しい友達から、こんなひと言を言われたことがある。
😼「tak
>>続きを読む

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

3.3

ファッション界で並ぶ者のない成功を手にしたココ・シャネルの若き日々を描いた作品。当時のフランスは女性の生き方にまだ真の意味で自由がなかった時代。映画で見る限り、男性にすがる生き方がよしとされていたよう>>続きを読む

パリで一緒に(1963年製作の映画)

3.3

「ローマの休日」以降のオードリー主演作で観たことがないのはあと数本。そのうちの一つが本作「パリで一緒に」だった。観るチャンスはなくもなかったけど、敬遠してたんだろうな。だって、ウィリアム・ホールデンが>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

3.8

クリストファー・ノーランがオスカーを制した「オッペンハイマー」。これまでノーランはSF、サスペンス、アメコミ、戦争映画を手がけ、時系列と既成概念をぶち壊す大胆な演出で一時代を築いた。歴史に残るヒット作>>続きを読む

素晴らしきヒコーキ野郎(1965年製作の映画)

3.6

個人的プロジェクト「名作映画ダイジェスト250」(ロードショー誌80年12月号付録)制覇計画のためセレクト。

高校時代、吹奏楽部でこの映画の主題曲を演奏したことがある。日頃は主旋律少なめで、音を厚く
>>続きを読む

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.7

「サン・セバスチャンへようこそ」を観て、女医役のエレナ・アナヤが気になった。予備知識皆無で手を出したのが本作「私が、生きる肌」。ペドロ・アルモドバル監督だから変わった映画なんだろう…と思いながら再生ボ>>続きを読む

52ヘルツのクジラたち(2024年製作の映画)

3.8

いざ観てみればいい話だし、役者のいい仕事も見られるし、もちろん感動させられる。だけどついつい重いテーマを扱う日本映画を避けてしまう。別にお気軽なエンターテイメントだけを求めて観る映画を選んでる訳じゃな>>続きを読む

愛と哀しみのボレロ(1981年製作の映画)

5.0

この映画を初めて観たのは中学3年の冬。映画雑誌を毎月買い始めて、興味のベクトルが多方面に無節操に広がっていた頃だった。欧州映画にも興味津々。ハリウッド製ヒット作ばかりが映画じゃねぇだろ、と映画雑誌を眺>>続きを読む

青い性/処女喪失(1983年製作の映画)

3.0

写真家デヴィッド・ハミルトンの作品をご存知だろうか。薄布の向こうから写したようなソフトフォーカスで女のコを撮る雰囲気のある作品たち。風吹ジュンや美保純、渡辺美奈代の写真集にも彼の作品がある。そのハミル>>続きを読む

BMXアドベンチャー(1983年製作の映画)

2.9

16歳のニコール・キッドマンが見たかったのもあるけれど、この映画をセレクトした理由はもう一つある。80年代洋楽好きの友達と呑んでいて、この映画の話になり、こんなことを言っていたからだ。
👩🏻「「トップ
>>続きを読む

デューン 砂の惑星PART2(2024年製作の映画)

3.9

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による「砂の惑星」第2作。4年前の前作は、この複雑で壮大な復讐劇の登場人物たちと舞台を示し、断片的なイメージをチラつかせて2作目への期待が高める意味では、申し分のない完成度の作>>続きを読む

ジャズ・シンガー(1980年製作の映画)

3.7

「ジャズ・シンガー」といえばトーキー初期の名作として名高いミュージカル映画で、”お楽しみはこれからだ!”の台詞でも有名なアル・ジョルスン主演作がよく知られている。80年製作の本作は、ジョルスン「ジャズ>>続きを読む

DOGMAN ドッグマン(2023年製作の映画)

3.8

リュック・ベッソン監督による新たなダークヒーロー(他の表現ないのかな)。好き嫌いは分かれるが、問答無用の荒唐無稽さが際立った「ルーシー」よりも、こちらの方が個人的には好み。

警察の検問で止められたト
>>続きを読む

ジョニーは戦場へ行った(1971年製作の映画)

4.4

個人的プロジェクト「名作映画ダイジェスト250」(ロードショー誌80年12月号付録)制覇計画のためセレクト。

恥ずかしながら今回が初鑑賞😓
観る機会はそれなりにあったくせに。
映像が使われたMeta
>>続きを読む

アガサ・クリスティー 奥さまは名探偵 〜パディントン発4時50分〜(2008年製作の映画)

3.5

カトリーヌ・フロとアンドレ・デュソリエによるおしどり探偵シリーズ第2作。アガサ・クリスティの原作「パディントン発4時50分」は、ミスマープルシリーズの一編。原作では、家政婦に謎の屋敷への潜入を依頼する>>続きを読む

白い巨塔(1966年製作の映画)

4.2

恥ずかしながら。山本薩夫監督作を実はあまり観ていない。今まで観ているのは「皇帝のいない八月」と「あゝ野麦峠」「氷点」。映画検定2級のくせに「戦争と人間」も観てないのか、とお叱りを受けそう😓。本作「白い>>続きを読む

エヴァ(2018年製作の映画)

3.2

他人の戯曲を自作だと偽って発表したベルトラン。出資者から第2作の催促がくるのを受け流しながら、のらりくらりと日々を送っていた。ある日、恋人の親が所有する別荘に、吹雪で立往生したカップルが忍び込んでくつ>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.0

カンヌ映画祭でパルムドールを獲得し、米国アカデミー賞にもノミネートされたフランス映画。あらすじと不穏な空気しか感じられない予告編で、ただのサスペンス/ミステリーではあるまいと期待して劇場へ。

予告編
>>続きを読む

ショック療法(1972年製作の映画)

3.0

小学生低学年の頃だったか。親に親戚の家に連れて行かれて、大人たちが話し込んでいる間、テレビがつけられた部屋で待つことがよくあった。そんな日に限ってトラウマ級に記憶に刻まれる番組が放送されていることがあ>>続きを読む

アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵(2005年製作の映画)

3.4

アガサ・クリスティの「おしどり探偵トミー&タペンス」シリーズの「親指のうずき」。舞台をフランスに翻案した映画化作品。好奇心の塊で疑問に向かって突っ走る妻プリュダンスと、騒動に巻き込まれる夫ベリゼール。>>続きを読む

セールスマンの死(1951年製作の映画)

3.8

個人的プロジェクト「名作映画ダイジェスト250」(ロードショー誌80年12月号付録)制覇計画のためセレクト。

主人公ウィリー・ローマンは62歳のセールスマン。販売の仕事で各地に出張を繰り返す日々を送
>>続きを読む

ダブルフェイス 秘めた女(2009年製作の映画)

3.0

ソフィー・マルソー演ずる主人公ジャンヌは8歳以前の記憶がない。そこに迫るべく自伝的小説を書くことを試みるが、感情がこもっていないと酷評されてしまう。その頃から家族と暮らす部屋が自分の部屋とは思えなくな>>続きを読む

クロエ(2009年製作の映画)

3.2

フランス映画「恍惚」のハリウッドリメイク作品。なーるほどね。オリジナルではアッサリとしか描かれなかった娼婦の気持ちを、もっともっと深掘りした結果こうなりました!というお話。こういう脚色にした気持ちは分>>続きを読む

恍惚(2003年製作の映画)

3.7

ファニー・アルダンとジェラール・ドパルデューが共演と聞いて、トリュフォーの「隣の女」(大好き♡)が頭に浮かんだ。本作ではすれ違いが多くなってきた夫婦役。出張から戻った夫ベルナールの携帯に残されたメッセ>>続きを読む

ストップ・メイキング・センス 4Kレストア(1984年製作の映画)

4.2

トーキングヘッズを初めて知ったのは、1985年のアルバムLittle Creatures。名曲Road To Nowhereなど強烈な個性を感じるけれど、旧作を真剣に聴くほどハマったバンドではなかった>>続きを読む

譜めくりの女(2006年製作の映画)

3.6

音楽学校の試験に挑む少女メラニー。練習を重ねて臨んだ実技試験の真っ最中、失礼な女が審査員のピアニストにサインを求めて部屋に入ってくる。ピアニストはそれを応じ、メラニーは集中力を失ってしまう。「どうして>>続きを読む

ルパン三世 風魔一族の陰謀(1987年製作の映画)

3.4

そもそもOVAの第1作として製作された作品で、短期劇場公開された。そのため劇場版第4作と呼ばれたり、劇場版にカウントされなかったりと扱いが微妙な「風魔一族の陰謀」。シリーズ唯一声優陣が異なることもあり>>続きを読む

レモ/第1の挑戦(1985年製作の映画)

3.3

シリーズ化を意図していたものの1作目で終わってしまった不幸な映画、とだけの知識しかなかった。でもこれはなかなか面白い。

大統領直属の謎の組織の一員とされた主人公。その組織は警察や司法でも罰せられない
>>続きを読む

ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門(1975年製作の映画)

3.0

フォローしているボブおじさんが「荒野の七人」のコメントに書かれてた、テレビの映画番組育ちのルーティン。
「新聞のテレビ欄でその日の映画をチェックして、赤ペンで丸をつける。その夜が楽しみだった。」
同世
>>続きを読む

恐竜・怪鳥の伝説(1977年製作の映画)

2.5

小中学生の頃。長期の休みに入る前に学校で映画の割引券やチラシが配られていた。今でもあるのかな?。アニメや「男はつらいよ」だけでなく、「スーパーマン」など外国映画も。「カサンドラクロス」のチラシが配られ>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

4.2

「パプリカ」に満点つけておきながら、今敏監督の旧作を観ていなかった。昨年、Filmarksのリバイバル上映で「パーフェクト・ブルー」を観て、演出と表現の凄さに圧倒された。そして未見だった「千年女優」が>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(1967年製作の映画)

3.3

イアン・フレミングの原作「カジノ・ロワイヤル」の映画化作品。ダニエル・クレイグ版とは全く違う、大スケール、オールスターキャストのコメディ映画である。製作上の様々な問題があって出来上がった異様な産物。原>>続きを読む

愛の記念に(1983年製作の映画)

3.2

フレンチロリータに弱い私だが、何故かサンドリーヌ・ボネールはどうも苦手としている。「冬の旅」も「刑事物語」も観たし(後者はソフィー・マルソー目当て)、「仕立て屋の恋」や「僕と一緒に幾日か」はかなり好き>>続きを読む

まぼろし(2001年製作の映画)

4.0

美しく歳をとる、ってよく聞く言葉ではあるけれど、シャーロット・ランプリングはその見本のような人なのでは。彼女の出演作は中学生の頃、「さらば愛しき女よ」をテレビで観たのが最初で、以来いろいろ観た。50代>>続きを読む

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(2024年製作の映画)

4.0

あれから20年近く経つ。早いよなあ。SEED、SEED DESTINYは大好きだったから、続きを待ち焦がれていた。そして本作。デュランダル議長が提唱したデスティニープランの復活を目論むコーディネーター>>続きを読む

絶好調(1965年製作の映画)

3.4

ピエール・エテックスの短編。もともとはオムニバス長編のエピソードだったらしいが、再編集で独立した作品となっているそうだ。

ソロキャンプを楽しむ主人公。火をおこしてコーヒーを淹れようとしているのだろう
>>続きを読む

>|