takさんの映画レビュー・感想・評価

tak

tak

映画(739)
ドラマ(0)

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.5

オンライン試写会にて鑑賞。

47歳で亡くなったジュディ・ガーランドの晩年を描いた作品。イギリス映画は、ロック/ポップス界のレジェンドを描いた映画が当たったので、次にジュディを選んだのだろうか。しかし
>>続きを読む

ディスクロージャー(1994年製作の映画)

3.0

この映画が公開されたすぐ後だったか、マイケル・ダグラスがセックス依存症である、という報道が流れた。正直な気持ちを言えば、「危険な情事」「氷の微笑」に代表される、下半身で過ちを犯してしまう男のイメージが>>続きを読む

赤い月(2003年製作の映画)

1.5

 なかにし礼の自伝的小説を中国大陸ロケで描く話題作。正直言って面白くない。それはヒロインの行動が何とも理解し難いからだ。香川照之扮する夫に子供2人がある身で、伊勢谷友介の彼女ロシア娘に横恋慕、昔の恋人>>続きを読む

大統領の料理人(2012年製作の映画)

4.0

 「大統領の料理人」の主人公オルタンス・ラボリは、田舎町でトリュフを栽培しレストランを営んでいた。"おふくろの味"を求める大統領個人の希望から、推薦されて大統領官邸のキッチンを任されるプライベートシェ>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

2.0

オスカー女優賞を獲得したというからどんなに素敵なロマコメか、と思って期待して劇場へ。妻の浮気で精神がマイって入院した主人公と、夫を亡くしてから自堕落な生活を送ってきたヒロインが、前向きに立ち直るまでを>>続きを読む

JM(1995年製作の映画)

3.1

キアヌ・リーブス演ずる主人公ジョニーは頭に記憶装置を埋め込まれた"記憶屋"で、情報取引を仕事としていた。ある仕事で容量以上のデータを詰め込まれた。それは流行しているある疾病の治療法であったため、世の中>>続きを読む

噂の二人(1961年製作の映画)

3.8

 ウィリアム・ワイラー監督作といえば「ローマの休日」だの「ベン・ハー」だのメジャーな名作が知られている。一方で、地味なんだけど忘れがたい作品もある。例えばボギーが悪役を演じた「必死の逃亡者」や、ストー>>続きを読む

奴らを高く吊るせ!(1968年製作の映画)

3.5

マカロニウエスタンで有名になったイーストウッドが、アメリカに戻って撮ったウエスタン。ハリウッド西部劇というと勧善懲悪が基本の娯楽作のイメージが強い。そんな中で注目すべきは、「奴らを高く吊るせ!」が正義>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.2

 日本最古の物語とされる「竹取物語」は、これまで数々の映像化がなされてきた。僕らは幼い頃からそれを幾度も目にしてきた。小学校高学年の頃には、竹取物語は平安時代に異星人との接近遭遇があったことの伝承だと>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.8

「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作は、生きることを真っ正面から描いたファンタジー。確かに評判通りによくできている。温かみのあるシンプルな絵柄のキャラクターたち、緻密な自然描写、自然と人間を対比した>>続きを読む

老人Z(1991年製作の映画)

4.0

高齢化が進む現代ニッポン。そんな状況を鋭くえぐった大友克洋原作のアニメーション。政府が寝たきり老人介護の為に開発したロボットが、ある日突然暴走を始めた。おじいちゃんを一人乗せたロボットの行方を追って、>>続きを読む

華麗なる激情(1964年製作の映画)

3.1

ミケランジェロがシスティーナ礼拝堂に天井画を描いたエピソードを、教皇ユリウス2世、恋人だったメディチ家の令嬢を交えて重厚な人間ドラマに仕上げた力作。スケールの大きな歴史劇。自分に理解者などいないと思っ>>続きを読む

ヤコブへの手紙(2009年製作の映画)

3.3

75分という短い上映時間、実質的な登場人物は盲目のヤコブ牧師と元女囚レイラ、それに郵便配達人のほぼ3人だけ。予算もあってのことかもしれないが、このシンプルさが余計なエピソードを挟まないだけテーマを貫く>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.0

朝鮮戦争中、巨済島に設けられた捕虜収容所。自由主義国の文化に触れて南に残ろうとする捕虜と、共産主義を貫いて北に戻ろうとする捕虜がおり、戦場と同じく収容所内で激しく対立する状況にあった。新たに赴任してき>>続きを読む

カウボーイ&エイリアン(2011年製作の映画)

3.0

異星人侵略と西部劇。考えてみりゃ、新旧娯楽映画ジャンルの取り合わせだから安直と言えばかなり安直。タイトルもあまりに直球。発想自体はB級だと言われても不思議ではなかったかも。ところがそんなお気楽とも思え>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

4.1

 仕事で起きた死亡事故が原因で日々を空しく過ごしている主人公達夫。彼はパチンコ店で拓児という若者と知り合う。拓児の家に連れて行かれた達夫は、拓児の姉千夏と出会う。父親は脳梗塞で寝たきり、拓児は前科があ>>続きを読む

西鶴一代女(1952年製作の映画)

4.2

溝口健二監督作は、「雨月物語」しか観たことがなかった。そこで国際的にも評価されている本作に挑んでみた。井原西鶴の原作は1686年作。ついていけるか不安だったのだが、波乱万丈の物語に引き込まれずにはいら>>続きを読む

Sweet Rain 死神の精度(2007年製作の映画)

3.0

 伊坂幸太郎の小説を映画化したファンタジー。金城武扮する死神”千葉”は、人の最期の7日間につきそい、そのまま死を「実行」にうつすか、「見送る」かのジャッジを行うのが仕事。何故か彼が現実世界で仕事をする>>続きを読む

ベルサイユの子(2008年製作の映画)

2.5

 カンヌ映画祭にも出品された映画だし、ベルサイユ宮殿の森にホームレスが住んでいるという格差厳しいフランス社会の現実を織り込んでいること、ギョーム・ドパルデューの遺作であること・・・何かと話題があるこの>>続きを読む

山の郵便配達(1999年製作の映画)

4.0

素朴な味わいの家族愛ドラマに心洗われる秀作。80年代という設定だが、山間部の郵便配達には車も自転車さえもない。険しい道や道なき道を幾日もかけて歩くだけ。中国の山間部の棚田や山の緑が目に焼き付いて、どこ>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.4

おっさんの戯言だと思って読んでくだされ。世間は高評価だけれど敢えて言わせていただければ、どんなにファンタジックな描写をしても戦争はあくまでも戦争なんだ。過酷な現実をほんわかしたもので包んで受け入れやす>>続きを読む

チルソクの夏(2003年製作の映画)

3.5

釜山と姉妹都市である下関は、陸上競技会を共同で毎年開催していた。1977年夏の大会で、長府高校陸上部の郁子は韓国の高校生アンと出会う。韓国は戒厳令下なので交流が禁じられていたにもかかわらず、宿舎まで会>>続きを読む

無分別(1958年製作の映画)

3.7


TSUTAYAの発掘良品でDVDがリリースされたことに感謝。大好きな「雨に唄えば」「シャレード」「パリの恋人」のスタンリー・ドーネン監督作。さらにヒッチコックの「汚名」で共演したケイリー・グラントと
>>続きを読む

ドラえもん のび太のワンニャン時空伝(2004年製作の映画)

3.3

2005年4月、25年間続いた「ドラえもん」の声優がメンバーチェンジすることになった。「ドラえもん」の劇場版は25年間数々の名作を送り出してきた。「のび太の恐竜」は傑作だったし、「のび太の結婚前夜」や>>続きを読む

四月怪談(1988年製作の映画)

3.2

ある人の薦めで観て、えらく感動した映画に、是枝裕和監督の「ワンダフルライフ」がある。天国に召される前の死者たちを見送る人々を描く秀作であった。

一方、この「四月怪談」に出てくる柳葉敏郎扮する幽霊は、
>>続きを読む

ドリヴン(2001年製作の映画)

2.5

シルベスター・スタローン製作・脚本によるモーターカースポーツの世界。スタローンは若手レーサーを力づける元花形レーサーの役。今後は、こんな役柄が増えるんだろうな。しかしその分だけ、無鉄砲な若手レーサー、>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

若い頃なら疾走する車を純粋に楽しんだだろう。でも社会人経験を積み重ねた今だからか、エンドロールを見ながら浮かんだ感想はこうだ。会社の方針で右往左往するのは世の東西を問わず現場なのよねww

フォードが
>>続きを読む

女優マルキーズ(1997年製作の映画)

3.2

踊り子と売春の日々から舞台へとステップアップし、世間に認められる女優になるヒロイン。前半の面白い展開に引き込まれるが、後半がやや物足りなく感じてしまった。実在の女優マルキーズの情熱的な生き様を、ソフィ>>続きを読む

姿三四郎(1943年製作の映画)

4.0

「姿三四郎」は今回初めて観た。レンタルしたDVDに収録されていたのは、戦時中に焼失した部分を字幕で繋いだ79分のヴァージョン(1952年再上映版)。こんなに面白い映画だったのか。柔術流派の争いは、僕ら>>続きを読む

機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-(2006年製作の映画)

3.5

 今回の新訳Z三部作。職場のガンダム好きたちとともに3作とも初日観賞達成っ!。それにしても劇場内はいかにも好きそうな方々(ほとんど男)ばかりです・・・。みんなで行けば怖くない。僕はTVシリーズの「Z」>>続きを読む

機動戦士Zガンダム II -恋人たち-(2005年製作の映画)

3.3

 またまた初日に行ってきました。今度は列もできていないし、女性客もいる。でも1作目のとき場内で感じた興奮は今回は感じられない。うーむ。てなことを考えながら席に着いたのだった。反省。甘くみてました。予備>>続きを読む

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-(2005年製作の映画)

3.3

 初日に同僚のガンダム好きたちと劇場へ。TVシリーズは放送当時にそれほど見られなかったので、その分だけ真剣に見ることができた気がする。「ミリオンダラー・ベイビー」や「オペレッタ狸御殿」と同日公開だった>>続きを読む

おにいちゃんのハナビ(2010年製作の映画)

3.5

白血病の妹の為に、引きこもっていた兄貴が頑張るお話、と聞いて、難病ものかぁ、お涙ちょうだいな映画なんやろ、と正直期待せずに劇場へ。

多くの人がこの映画について言うように、まさに「ベタ」な映画だ。気丈
>>続きを読む

ディアボロス 悪魔の扉(1997年製作の映画)

3.3

現代社会は法によって秩序を保たれている一方で、法によって支配されている。その法の世界に悪魔が巣食っていたら…という世にも恐ろしい発想の作品。

キアヌ・リーブス演ずる主人公は、「ザ・ファーム」のトム・
>>続きを読む

レインメーカー(1997年製作の映画)

3.4

ジョン・グリシャムの映画化作品は、観ていて本当に力が入る。本作は低所得層の一家が、白血病に対する保険金支払いをめぐって保険会社を相手に起こした訴訟がメインの物語となっている。そして司法試験に合格したば>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.7

僕はジャック・フェデラー似とよく言われる。でもテニスは詳しくなくて、マリア・シャラポワのミーハーなファンだった時期があるくらい(恥)。さて、テニス映画に挑んだので本題へ。

僕らは様々なスポーツ観戦で
>>続きを読む

>|