tanakoさんの映画レビュー・感想・評価

tanako

tanako

映画(184)
ドラマ(0)

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

3.7

奥華子の音楽が抜群に良い仕事をしていて、押し付けがましくない青春映画に仕上がっています。

劇場内、すすり泣きの嵐にも納得。


この感想が正しいか分からないけど、
私は、死にたくないし死ねないな、と
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.5

金ローで観て、予想以上に面白かったので観賞。


笑いながら観るタイプのホラー映画としても、良作。
「スペル」とかを楽しく観れた人なら、好きだと思う。
長い上映時間の割には、最後まで飽きることなく観れ
>>続きを読む

最初の晩餐(2019年製作の映画)

3.8

成功版「台風家族」。


達者な役者を揃えて、
丁寧に撮ったのが分かります。

大絶賛、とはいかないまでも、
目立った宣伝もないのに評価も高く、
そこそこ動員もある。
それが答えかと思います。


5
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.5

吉田恵輔監督は、私が日本で最も信頼する映画監督であり、本作も例に漏れず素晴らしかった。


アイリーンが、死ぬほど可愛い。


途中まで読んだ原作があまりにも重苦しかったので、良い意味で、少しだけライ
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.3

あくまでも、個人的な基準なのですが。

痛々しさに共感して、恥ずかしくて悶える映画は、良作。

そういう意味で、高評価。
ただ、人を選ぶかもしれません。



一人に対する愛を真っ直ぐ持ち続ける中で、
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

丁寧に作られてはいますが、
意外と普通の人だったんだな、という感想です。

ただ、ジョーカーというキャラクターにおいて、
その言葉は褒め言葉に値しないと思うので、
正直言うと、少し残念。


あれだけ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.0

ジョンが満身創痍なのに、中々死ななくて。

とはいえ、アクションシーンが長くて、流石に飽きます。

途中に挟むコメディ要素はとても良いので、総じてテンポが死んでるのが勿体ない。

アクションの見本市、
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

4.5

前作で、予想外に泣かされたので、
気合い入れて観に行ったにも関わらず、
本作でも号泣。

この家族、みんな愛おしい。


強いて言うなら、
あらすじ以上の大きな波乱展開はないので
インパクトには欠けま
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.6

昨今、よく見る復讐のリーアム・ニーソン。

ミスミソウ見た後なので、
雪原に血、という風景描写のインパクトは薄かったですが、
雪だるま式のマフィア抗争は、展開が早く、映画として楽しめました。

お兄ち
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~(2019年製作の映画)

4.8

「リズと青い鳥」があまりハマらなかった分、こちらの満足度は高かった。

文化部の青春もの、というくらいの感覚で見始めたアニメシリーズが素晴らし過ぎたのだけど、本作も例に漏れずの出来です。
いい大人が、
>>続きを読む

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.4

若手俳優揃いで挑んだ割に、しっかり重みも感じられる時代劇。

現代では恐らく起こりえない出来事だけど、あの時代では普通かもと思わせてくれる位には、日常描写も丁寧。

松坂桃李は、愚直な役が非常に似合う
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.7

吉田監督作品としては、精神的に踏み込んでくる痛々しさが控えめだった気がしますが、それでも、兄弟・姉妹の微妙な関係を、ユーモア交えて丁寧に描いていたと思います。

一番近い存在へのないものねだりは、多か
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

2.5

必ずしも、原作と同じにすべきとは思わないけれど、それにしたって、このラストはない。

早いうちから実写化に向けて動いていたなら、もっと丁寧に描写できた箇所が山ほどあると思う。


タイトルの解釈も、そ
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

伊坂幸太郎原作作品は、ある意味しっかりカラーが出ますね。

その分ストーリーは外さないのだけど、映画として、監督の持ち味が薄くなるのが、長所でもあり短所でもあるかな、と。


今泉監督は、前作「愛がな
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.2

ホラーとかサスペンスとか、先を読まずに観る自分が、珍しく展開を読めてしまった。

それでも、シャマラン作品における笑いどころもいくつかあり、割と好感触な作品でした。

面白いかどうか、は、また別の話。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

前半を、退屈だなぁと思いながら観ていて、世間の過大評価を疑い始めたところ、後半で納得。
脚本がとても良く出来ていて、面白いです。


ただ、過大評価、という意味では、もう少し控えめな露出にしておいた方
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

2.0

緩急って、大事。

高いだけのテンションは、途中で乗れなければ最後まで乗れない。
私はまさにそれで、何だったらハイなまま単調なテンションに、何度も寝落ちました。


それでも話の筋は理解できたから、分
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.0

実話に基づく、というのと、
実在を参考に考えた、というのは、
だいぶ、違います。


前者だと勘違いして観に行った自分のせいですが、
フィクションか・・・と思うと、
過激描写も、過激思想も、色々軽く見
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

4.2

人間臭さ全開の、クズの話。
変わりたいのに変われないもどかしさとかやるせなさを、見事に表現した脚本、そして演技だと思います。

殺人事件が本筋ではなく、悲劇を乗り越えて前に進む話、です。
まさに、凪待
>>続きを読む

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

それなりに怖かったです。

個人的には、心霊ものよりも実体がある方が、反撃の楽しみがあるので好みです。

題材としては、いたたまれない設定ですが、話の展開はキライじゃないです。


ただ、ちょっと物足
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

過去作ほぼ観てきましたが、「君の名は」で払拭された、新海監督作品に見られる特有の後ろ向き傾向が、完全になくなり、良い意味でメジャー感を確立した感じです。

難しいことを考えずに観られるし、初期からずっ
>>続きを読む

よこがお(2019年製作の映画)

4.5

些細な悪意、故意、過失、は、
日常のどこにでも存在していて。

100%自分は悪くないと思っていても、
良心の呵責や、自責の念も拭えない、という、
ものすごく人間らしい話だと思いました。

前作「淵に
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

4.8

キャッチコピーの台詞、その人が言うんだ!という、気持ちの良い展開。


終始、主人公にイライラしてながら観ていたのに、ストーリーが進むに従って、こんなにも愛しく思えてくるものか、という、素晴らしい脚本
>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

4.3

丁寧な仕事は、それ自体も素晴らしいけど、作品にきちんと現れる。
素晴らしかったです。

台風家族(2019年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

お蔵入りにならなくて良かったけれど、
面白いかと言われたら、正直微妙。

テーマは分かりやすいのに、笑いどころと泣きどころで、全然心が動かない。
痛々しさを表現しているのだろうけど、“クズで結構”の下
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

4.0

最初は、昔ながらのあの演出が気恥ずかしいですが、観ているうちに慣れてくるし、何よりも懐かしい。

そして、皆さん書かれてますが、エンディングだけで、観て良かったと思えます。

ソフト化したらリピートで
>>続きを読む

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.5

題材は好き、やりたい事も分かるんだけど、映像的な演出が過剰に感じます。
これは好みの問題かもしれないけど、もう少し控えめだったら、タイトルともテーマともリンクしているし、全体的にバランスとれるのではと
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.8

ロッキーシリーズ好きな人であれば、満足度高そうです。
実際、映画としてとても面白いのですが、私のような素人には、シリーズ作品の区別がつかないという難点が・・・。

作品自体は良かったです。

来る(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ホラー、と呼べるかどうかも含めて、キライじゃないです。

松たか子のパンチが最高過ぎて、もう一回観たい。

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.0

前半に感じる不気味さは非常に曖昧で、ある種の予感しかなかったけど、川遊びの時、八坂が利雄に対して放った言葉により一気に空気が変わり、
利雄の態度が、"飄々"ではなく"怯え"だったと分かる。

その後の
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.9


共感できないならば
胸糞悪く、ではなく
いっそ景気よく笑いに変えてしまえ。
という意図なのか。


最高に不謹慎なコメディ映画。


方言の『じゃんね』というのも、
抜け感表現として素晴らしい。
>>続きを読む

無垢の祈り(2015年製作の映画)

4.5

DVとか、性的虐待とか、ナーバスな要素満載ですが、描写のぼかし方が上手い。
直接的に描けない、という実写の弱みを逆手に取り、
見せない、のに、ものすごく不快な見せ方をしていて、
自身の想像力を呪いたく
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

前編の出来は、思ったよりも良かったのに、
後編の出来は、思ったよりも遙かに悪かった。

この監督、戦犯認定。
漫画実写化の際の、失敗パターンが一緒。

話を色々詰め込み過ぎて、駆け足でまとめる。
あま
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.7

こんだけのキャストを揃えて
駄作だったらどうしてくれようかと思っていたけど、
とりあえず、前編は大満足。

多く語ることもないですが、
いくつか書いておきたいことだけ。

◎一番イメージが違っていた高
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

なんでかなー。
ホント、なんでかなー。

なんで、原作そのまま、映像化しなかったのかなーーーーーー。

キホンの展開は同じですが、
映画では、映像として派手に見せるための演出をいくつか加えており、
>>続きを読む

>|