賽の河原さんの映画レビュー・感想・評価

賽の河原

賽の河原

映画の日にしか映画館に行かない非映画ファンを名乗っていましたが、最近はそういう頻度じゃないですね。コメント、フォローはお気軽にどうぞ。長文になりがちです。

映画(238)
ドラマ(2)

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

言及するにも気がひけるけれども、本作をめぐっての言説は左にしても右にしても愚かでしたね。
右にしろ左にしろ、テレビでやってるニュースにしろ何にせよそういう「大きな物語」に対抗しうる素晴らしい「小さな物
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

メンがヘラってる人たちの話はあんまし好きじゃないですけれども、面白かったですねえ。
どいつもこいつもって言う感じで同性愛だの過食だのセックスだのドラッグだのってまあ言ってしまえば奔放な、それでいて色々
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.4

大癖じゃ#大癖
ウェス・アンダーソンの日本映画愛がアレすぎてもはや何のオマージュなのかも分かんねえよw 去年の「KUBO」も今年の「パシフィックリム」にしても「レディープレイヤー1」にしても本作にして
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

正直、予告の段階からして「出たよ〜w」って感じもしましたし、観るつもりは毛頭なかったんですけど、インターネッツで「ナメてました!サーセン!」みたいな評判も多かったですし高校生ウケも良さそうなんで行って>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.7

チリを舞台にした映画ということで、全編スペイン語だったので字幕は不要でしたね#スペイン語再履修マン
「ストーリーを暗示するオープニング、俺は結構好きな部類に入るけど、この映画に関してはなあ...」とか
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.2

「ハッピーエンド」とかいう厭味なタイトルで最高でしたね
ブルジョワ〜な家の中の人間たちの、一見すると何事も無いようで、決定的に心に隙間がある感じというか、明るさはあるんだけども食事しているときとかが何
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.2

「ネットカフェ難民」みたいなのは日本で話題になって久しいですけど、アメリカではサブプライムローン問題以降、「モーテル難民」がいるんですね。本作はそういうモーテル難民のシングルマザーと子供を一種、ドキュ>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.9

「半魚人映画」としては「シェイプ・オブ・ウオーター」よりも「恋」とか「愛」を描けていて面白いと思いましたし、「ミュージカル映画」としては「グレイテスト・ショーマン」よりも音楽と撮り方も好みでしたね。>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.7

「アキ・カウリスマキの映画観ました〜」っていうだけでなんか頭良く見えませんか?(適当
フィンランドっていうだけで各々いろいろなイメージを抱くんでしょうけど、というか、ポジティブな印象抱く人も多いんでし
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.0

「犬が島」のイベントに行くということで、「グランドブダペストホテルしか見てないです〜」って状態で行くのが忍びなくて無理して予習しましたよ。
かわいくてカッコよくてチョーおしゃれですね。グランドブダペス
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

1.0

ごめんなさい、原作モノだし色々事情はあるんでしょうけど本当に退屈でした。
VFXとか佐藤健さんの演技はまあまあ良かったんですけど、序盤からしていくらなんでも撮り方が凡庸過ぎる...。木梨憲武の今時どう
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

とりあえず、僕が今まで観てきた映画のなかでも最強のヴィランでドン引きしましたわ。いくらなんでも悪役が強すぎやろ...っていう
SWが「より巨大なデス・スターをつくる悪役」とかいう方向に走っているのを観
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

オープニングからしてとっても面白かったです。
キャストの4人が本当に素晴らしくてですね、「 血の匂いがするような怖い兄貴をやらせたら新井浩文さんは世界一ですね。
恥ずかしながら全く知らなかったですけど
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.6

相変わらずのIW予習祭りですけど、なんなんですかこれ。本当に面白いですね。クロスオーバーが閾値に来てるのは間違いないんですけど、面白い。やっぱりMCU作品最初から全部見直したいですね〜。
MCU作品の
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.8

高畑充希「私もお母さんみたいに先生のことずっと支えて行けるようになりますね(意訳」
カメラが堺雅人に寄る。
ワイ「ここでボソッとセリフで『もう充分支えてもらってるよ』みたいなこと独りごちたらクソダセェ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.2

究極の作り物でした。#褒め言葉
もはや精巧に作られすぎて逆に凄さが伝わってこないっていうかね。「えっ、普通のフルCGアニメーションと何が違うんですか?」ってレベルの精度。でもところどころキッチュなミニ
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.0

ヒーロー映画なのに、人間が魅力的なのがいいですよね。はい。ホークアイのことです。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

ひとつめの鍵の試練からもうテンコ盛りで「なんじゃこりゃ〜...はえ〜...」って感じでぶったまげましたし、「IMAXで観たかった...」と後悔したんですけど、楽しめましたね!
ぶっちゃけ全然新しい映画
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.4

焼け石に水的な予習、ハルクとソーは見てないが普通にむちゃくちゃ面白かったです。結局のところ、インフィニティウォー見るにはどの程度予習すべきか誰か教えて下さいw

キック・アス(2010年製作の映画)

4.3

クロエグレースモレッツ、私の生涯ベスト級の映画、500日のサマーに出ている妹に激似だなぁなんて思いながら見てたんですけど、同一人物なんですね。本当に最高でした。今まで見た映画のなかではデッドプールに似>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

5.0

大傑作。僕は東京都大会からもう涙が止まらなかったですし、コメディセンスも抜群で、もう泣いたら良いのか笑えば良いのか分からなかったです。MCUとかのやりたいことは全てこの映画に詰まっているんじゃないか。>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

うーん、期待値は凄く低かったんですけどねえ...。いや、トム・ハンクスとかメリル・ストリープとかがスゲー頑張ってんのとか色々仕掛けを用意してっていうのは分かるんですけど、それにしたってちょっと前半が辛>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.6

前作は金ローとかで昔やってたのを観た記憶があるんですけど、もう忘れちゃいましたね。というわけで、続編というよりも一本の作品として観に言ったんですけど、普通に面白かったですね。
「すっごい面白い」とか「
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.7

原作も全く読んでないし、別にナメてたんですけど面白かったですわ。すみませんでした。
「漫才とか映画で観てもキッツイでしょ〜」とかいう偏見に満ち満ちた原作未読の私の眼前で、文字通りさっむい漫才が繰り広げ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

オープニングも中盤もラストも「これどうやって撮ったの?」ってくらい映像が美しいですし、劇中でも光の当て方とか死ぬほどデザインして撮ってるの伝わってきますし、シンメトリカルなバキーッとした絵とか色彩の設>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.9

久しぶりにこのシリーズ再見。音楽の力ってスゲーっていう風に思いましたよね。スゲー、深刻そうな音楽が全体の調子をシリアス方向に引き締めてるっていうか、冷静に考えると「いや、その薬持って来ておけやw」とか>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

普通に良かったですし、二段階くらいツイストが利いてて最高でしたね。
オモチャの世界やら、頭の中の世界を映画化してきたピクサーですけども死者の世界を「007スペクター」でお馴染みのメキシコの死者の祭りを
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.0

「リメンバー・ミー」の同時上映でしたけど、20分以上という予想外の長尺で驚きましたね。
仕方ないんですけど、花粉が飛び散ってる時期に「クリスマスやで〜、パーティーや!」とか言ってるの結構しんどいんで、
>>続きを読む

>|