chanさんの映画レビュー・感想・評価

chan

chan

アンニュイな女の子が好き

ミニシアターで働きたい

映画(840)
ドラマ(20)

リチャードの秘密(2012年製作の映画)

3.3

ちょっと前に観た、僕らと僕らの闇がずっと脳裏にあった。

青春のときめきや煌めきは些細なことで簡単に壊れてしまう。今目の前にある当たり前なんて実はすごくふわふわしてて、簡単に消えてしまうものだらけなん
>>続きを読む

アバウト・ア・ボーイ(2002年製作の映画)

3.4

トニーの幼少期って感覚で見てしまった、、

ピュアで可愛かったな

クリスマスが楽しみになってきた

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

3.1

なっちゃん、あきちゃん

私にはよく分かりませんでした。

あきちゃんもきっとよく分かってない。
あの感情に名前は付けられない。

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.9

酒とタバコと映画と映画と、青春。圧倒的青春。

日本人としてあの時代を生きてみたかった。きっと現代よりもっと、全てのことが可能性だらけで、若者はもっとアツかったんだろうな。時間はもっとたっぷりあって、
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.2

すごい、何回も何回でも観たくなってしまう魔法のような一夜だ。

たぶん、もう一夜あったとしたらこんな素敵にはならない。てくらい全てが完璧、パーフェクトでロマンチック

ああ、わたしも旅に出たい!

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

好き〜〜〜〜〜〜〜

視野見から始まり人の名前覚えようとしないところも自己完結の世界でマイワールド繰り広げちゃってるところも恋に恋してるところも1人になった途端のふぁーーっくも、これは間違いなく私だ。
>>続きを読む

いま、輝くときに(2013年製作の映画)

3.7

観たかった青春映画

アル中真っしぐらなサッターはチャラいけど自分に自信がなくて、でも何だかんだ皆に愛されている。常時飲酒運転。

エイミーは心配になるくらい純粋で良い子。素朴だけど可愛くて謙虚。ママ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.6

この、言ってしまえばかなり個人的な偏見と感情で、しかもゲーム感覚で罪無き人間をこんな恐怖に陥れることができるなんてどうしても信じられない。これが現実だなんて信じたくない。誤って犯してしまった殺人も正当>>続きを読む

ホンモノの気持ち(2017年製作の映画)

3.3

AIとかロボット系は、彼らが人間を上回るのなんてすぐだからこれ以上発達して欲しくないと常思ってる。それで救われる存在があったとしても、想像すると色々怖すぎるからやめてほしい、、

ゾーイみたいなピュア
>>続きを読む

アンソニーのハッピー・モーテル(1996年製作の映画)

3.2

初期のウェスさん

今となってはコテコテに確立されたウェスワールドが垣間見えたとき嬉しくなる。

語れるほどウェス作品観てないんだけどね

ホワイト・ガール(2016年製作の映画)

3.4

ドラッグムービーって癖になる
ジャンキーな少年少女たち、彼らの放つ危うさと救いようのなさと、でも圧倒的青春がそこにはあって、だって青春ってそんな綺麗なもんじゃなくて
ほんとはヒリヒリするしドロドロもし
>>続きを読む

ベンジー(2018年製作の映画)

3.3

動物って言語を持たない分、小さな変化や心の動きに敏感で鋭くて、純粋でやさしい心を持ってるんだと思う。大切なもののためならどこまでもまっすぐで一生懸命なベンジー、その可愛らしさも相まってすごくすごく愛お>>続きを読む

シエラ・バージェスはルーザー(2018年製作の映画)

3.1

後半ベロニカが良い子すぎて、そっちのが応援したくなってしまった。

そしてダンのその後が衝撃すぎた。

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

3.5

なんだかよく分からないけど
ほっとした。もっと、弱ってる時に観たらすごく効きそう。おクスリ系映画。

母という名の女(2017年製作の映画)

3.7

人間誰しも自分が一番大切で最優先なはずで、それを覆すのが我が子の存在だと思っていたけど、その考えをさらに覆されてしまった。なんというかアブリルは、赤ちゃんへの接し方も上手いし子を想う良き母親に見えるし>>続きを読む

ラブリーボーン(2009年製作の映画)

3.8

最近涙腺が緩すぎて困ってる。。
死後の世界とかについてもふいに考え出したりしてよく怖くなってる。

完全にスージーに感情移入しちゃってもう、、残された報われない家族をみてると悔しくて切なくて犯人への憎
>>続きを読む

トラスト・ミー(1990年製作の映画)

4.3

思ってたより暗めのトーンだったけど、いつものへんてこな世界観は健在で愛しい。というかこれはハートリー作品の中でも傑作だと思うのだけど。ディスク化してくれたら、ずっと手元に置いておきたい。
若きエイドリ
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.6

エマロバーツ演じるティーンが本当に好き、、ずっと見てられる。

完全に吊り橋効果な恋心だろうけど2人がラブラブしてるとこも可愛くて、そりゃまああれだけの美男美女なら当然ですね。

トミーに幸あれと思っ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

いやもう、素直に感動した。なんだか世間が騒がしいぞ、ハリウッド大作でも話題の俳優が出てるわけでもないのにこの取り上げられ様は何なんだってかなりハードル上がってたけど、本当にそれ以上に楽しめたの、嬉しく>>続きを読む

万葉の結び(2017年製作の映画)

2.7

絵に描いたような日本の女子大生

大学生活もどりたい〜

ぼくらと、ぼくらの闇(2017年製作の映画)

3.5

人って呆気ないね。簡単に死んでしまうし壊れてしまう。

故意でなくても人を殺してしまったら正気でいられるはずがないよな、
ジョッシュの心中はほとんど語られないけど、その行動からどれだけ彼自身が苦しんで
>>続きを読む

トースト 〜幸せになるためのレシピ〜(2010年製作の映画)

3.0

雰囲気嫌いじゃないし好きなシーンとかあるけど説明下手でまとまりなくて勿体無いなと思った。

少年ナイジェルがこっそり布団の中で料理本みて興奮してるとこ好き笑

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.4

心霊系ホラーじゃなかったら観れるんだから、もっとホラー開拓したいな

サリーの、もう全部取り乱して逃げるのに必死なところが超良かった。
ラスト数分はなんかもう、爽快でした。
夏が来たらまた観たい。

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

3.6

戦争に勝者はいない。皆敗者だ。

一瞬にして頭に刻まれたこの言葉を、その意味を理解できれば武器を持って争うことなんてできるはずないのに。。
なんて平和ボケしてる私が呟いても世界は何も変わらないのは分か
>>続きを読む

境界線(2017年製作の映画)

3.3

嫌いじゃないしむしろ好き

この世界で生きる意味が問われる

オフェンダー 〜コソ泥珍道中〜(2016年製作の映画)

3.5

おバカな2人が愛おしい〜

目の前で鶏が絞められてから大好物のチキン食べれなくなるような、弱気で根の優しいコナーが特にツボ

出てくるアイリッシュボーイたちはダブリンでよく見かけた容姿そのままで、懐か
>>続きを読む

あるあるティーン・ムービー(2001年製作の映画)

3.1

果たしてわたしはこの映画の元ネタの何割を当てられたんだろうか

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

こんなに夢中で観続けた3時間っていつ振りでしょうか。インセプションは理解できずその凄さもいまいち分からなかった私でもなんとかついていけました。

何が何だか分からないけど、いろんな気持ちを消費して心も
>>続きを読む

チアーズ4(2007年製作の映画)

3.2

DVDにすらなってない?映画やってくれるネットフリックス好き

子どもが教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.0

自分のできること、可能性は大人が心配するよりも子ども自身がちゃんと分かってる。
わたしも、命を信じてあげたいと思った。
病気の有無なんて関係なく。

映像を観てるだけでも、たとえ他人の子どもであろうと
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

レディバードって誰もが経験したであろう複雑なあの頃の代名詞なのかもしれない。彼女たちが映画の主人公であり続ける限り、わたしはそれを愛で続けるだろう。

クリスティンのピンクの部屋が超タイプ!て思ってる
>>続きを読む

アーロと少年(2015年製作の映画)

3.2

友情っていつの時代も、人対人でなくても素敵なものだなあ
そこに言葉は無くてもよくて。むしろ言葉なくて結ばれた絆は一段と強い気がする。

生き物は必要最低限しか出てこなくて、
壮大な自然の中でアーロと少
>>続きを読む

>|