chanさんの映画レビュー・感想・評価

chan

chan

アンニュイな女の子が好き

週一で映画館

評価は甘いよ

映画(806)
ドラマ(6)

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

レディバードって誰もが経験したであろう複雑なあの頃の代名詞なのかもしれない。彼女たちが映画の主人公であり続ける限り、わたしはそれを愛で続けるだろう。

クリスティンのピンクの部屋が超タイプ!て思ってる
>>続きを読む

アーロと少年(2015年製作の映画)

3.2

友情っていつの時代も、人対人でなくても素敵なものだなあ
そこに言葉は無くてもよくて。むしろ言葉なくて結ばれた絆は一段と強い気がする。

生き物は必要最低限しか出てこなくて、
壮大な自然の中でアーロと少
>>続きを読む

ブルー・アンブレラ(2013年製作の映画)

3.1

生き物以外にも世界があって傘が恋するって
発想が素敵だしほっこりするね

花咲くころ(2013年製作の映画)

4.2

エカが親友ナティアに捧げたあのダンス、
あの表情、忘れられない。

内に秘める反発心はあっても結局流れに身を任せてしまう無力な少女達は『裸足の季節』を彷彿とさせた。そういった少女達が美しいのもその強さ
>>続きを読む

SPF-18(2017年製作の映画)

2.8

なんか、、ナレーションがチープさを際立たせちゃってる気がした
それならそれで、もっとコミカルなのが観たかったな

ペニーの眠そうなお顔は超タイプ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.6

話が進む程にジェイコブに愛着がわいてくる

魔法使ってるシーンは絶対目が離せなくて、魔法ってなんでこんなにワクワクするの
この魔法は是非映画館で観たいね、
ただシリーズもの苦手だから次作を観るかは分か
>>続きを読む

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.4

何百回、何千回と同じ毎日を繰り返さずとも日々の大切さを理解し他人への思いやりを持てる人間でありたい。

明日が来るってなんて素晴らしいんだ

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.8

何故こんなにハッピーで楽しい映画をノーマークだったのか、

地獄愛(2014年製作の映画)

3.1

愛が狂気すぎて怖かった、、グロリアよ、、、もはや愛なのか執着心なのか何なのか分からない手に負えない

ハネムーンキラーズでは両者の愛が感じられたけどこちらはグロリアの一方的なものとしか思えなかった。
>>続きを読む

ハネムーン・キラーズ(1970年製作の映画)

3.5

太ってるし決して美しいとも可愛いともいえないマーサだけど、段々と女性らしく、可愛らしく見えてくるのほんと不思議。

同じ題材の地獄愛でも思ったけど、恋して理性が働かなくなるといい歳した大人が子供みたい
>>続きを読む

エル・スール(1982年製作の映画)

4.0

画面から、匂いが伝わってくる映画って究極だと思う。

ヴィクトルエリセの映す世界はほんとに絵画的美しさがあって、それでいて毎回ふいに、心地よいノスタルジーに駆られる。


謎多きものに魅かれるのはその
>>続きを読む

マンハッタン(1979年製作の映画)

3.3

何て大人たちなの、トレイシーが一番大人じゃん、、て思いながら観てたけど
ウディアレンの描くニューヨークは小洒落てて心地よくて、とても嫌いにはなれないなあ

アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ(2016年製作の映画)

2.7

殺人鬼ドーナツ食べてお腹下す描写が気持ち悪すぎた、、、

けどこのザ・B級な感じ、たまに観ると良い刺激になるな
夜中にドーナツ食べながらだらだら観てほしい

ゲッベルスと私(2016年製作の映画)

-

知っていたのに何もしなかったのが罪であるなら
何かが起こっていると気付きながらも目を背けて知ろうとしなかったことも同罪だ

何が正義か分かっていても
実際その状況におかれると皆自分を守るのに必死で何か
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.1

最強に心があったまる。

何でこんなに泣けるのか
アメリカの広大な自然と、気持ちに寄り添うような心地よい音楽、ラッセハルストレム監督の映画だからだ

ワンダフルでファンタジーでハートフル。
これは老若
>>続きを読む

セイブ・ザ・ラストダンス(2001年製作の映画)

3.7

ダンスと青春の相性の良さといったら!
フットルースやフラッシュダンス観たくなっちゃった。

90年代〜00年代初頭のアメリカ映画の匂いがぷんぷんで、ファッションも音楽も良かった。

私も第四の人生くら
>>続きを読む

ハード キャンディ(2005年製作の映画)

3.3

ほんとに、途中からどっちが悪か分からなくなる。
弱い立場に置かれた方に同情してしまうからかな

あとエレンペイジの可愛さって唯一無二だなあ、多分特別美少女でもないけどすごく魅力的

ウィズネイルと僕(1988年製作の映画)

3.8

空気がすごくイギリスで
この湿っただらだら感は最高

二人の思考回路がとてとおもしろい。
あとバーノンおじさん、じゃなくてモンティおじさん

同じ境遇だからこそ、共依存気味になっちゃうあの感じ。いつま
>>続きを読む

上級生(1973年製作の映画)

2.9

いいなあ〜
不純な動機でふらっとスウェーデン行けちゃうなんて、羨ましい

待ちきれなくて…(1998年製作の映画)

4.0

アメリカングラフィティ、エンパイアレコード、ブレックファストクラブなどなど名だたる青春映画に通ずるものがあってすごく好き。というか、まさに求めてる青春映画。

これまでの3年間で培われたスクールカース
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

1ヶ月前くらいに観たんだけど
これだけ世間で騒がれるわけが分かったし
奇跡的に全てにおいて美しい映画だと思った。

私はこの映画の、この髪型とファッションの、エリオという人物であるティモシー君が好きで
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

-

困難な状況だからこそ乗り越えようとその先を目指し立ち向かえる強さは、元アスリートだったからこそ培われたものかもしれない。

不治の病に侵されたときあんなに前向きに生きられる自信が私にはない。
そんなス
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.5

冒頭が好きな感じだった

少年少女の初恋ものは好きっていう純粋な気持ちでいっぱいで、キラキラしてて宝物みたいで大好きだ

アンダルシアの犬(1928年製作の映画)

3.3

痒いところに手の届くまさにシュールな描写の数々は、どれも良い感じにゾワっとした。シュヴァンクマイエルとか好きだったら好きな世界観だと思う

感覚映画で、意味なんて無いし分からないしただ見て感覚で受け止
>>続きを読む

ザ・ビーチ(1999年製作の映画)

3.6

結果、エチレンヌ良い奴
フランソワーズも彼の元へ戻るべきだと思うし戻るんだろうな

楽園って良い響きだけど私は死ぬまでおあずけでいいや、、
この退屈な現実世界を如何にハッピーに生きてくかが課題

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.4

漫画読んだの忘れてて観出したら思い出して、先に読むんじゃなかったって後悔した。

それ以上でもそれ以下でもないなあって感じで
誰かに共感できたらもっと好きになれたかもしれない、

せいちゃんの、いや、
>>続きを読む

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

4.0

なんとも暗闇に映える映画だった。
画面はひたすらに美しくてどこを切り取っても絵になるし、アナの純粋無垢な瞳がとらえたり語るものは言葉にするより的確に伝わってくる気がした。

幼い頃の記憶に、鮮明に覚え
>>続きを読む

Snowbird(原題)(2016年製作の映画)

3.6

手作りの大っきいホールケーキ持ってトレイラーハウスのご近所渡り歩くなんて、
いいなあ〜

そのケーキ入れてる入れ物が、最高に可愛いのも見どころ。あれ欲しい

ケーキ食べるの見てるだけで幸せな気持ちにな
>>続きを読む

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.7

フロリダプロジェクトでも思ったけど
エンドロールで聞こえる音がすごく良い。
そこで同じ音を聞いている人こそ、大切な人だと分かる。

ショーンベイカー監督の撮るアメリカをもっともっと見てみたい。マイノリ
>>続きを読む

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

3.4

漣が泣きながらご飯食べるシーン、泣きながら食べるご飯の味がした。

20代前半のモラトリアムはいくらでも見てられるな、自分のそれと重ねては悲しい気持ちになったり辛くなったりはたまた気持ちが晴れたり。不
>>続きを読む

トッド・ソロンズの子犬物語(2015年製作の映画)

3.5

かわいらしい雰囲気で中身はしっかりブラック。癖になるな〜

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.2

アントンの頼りなさげなところが好き

イモージェンはやっぱりタイプなお顔

そんなしょうもないこと思いながら観てたけどちゃんとハラハラした。グロさもグロいけどあっさりしてて見やすい。
何より2人の空気
>>続きを読む

>|