じゃがいもおじさんさんの映画レビュー・感想・評価

じゃがいもおじさん

じゃがいもおじさん

最高の映画を観た後の心も体も最高に満たされた感覚がたまらねえんだ!

生きてます
たまにドバッと書きます

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.8

ディズニー版、ゼルダの伝説風のタクトでした。
違うのは主人公が女の子な部分だけで、海に出る理由ができる→なんとか頑張って海に出る→仲間を見つける→島を巡ってダンジョンをクリアしアイテムを手に入れる→実
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.5


飛行機に乗った時に日本語吹き替えであったのでなんとなく見てみました。
この手の映画はやはりわかりやすいしハズレないですね。伝えたいこともはっきりしてるし。

暗いところがあるから明るいところがある的
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.3



今年ベスト候補。インターステラー級、2時間で1つの完璧な物語となった至高の1本。


映画が面白くなるポイントの1つとして、僕が重きを置くのは無駄がないこと。

要はラストに凄くスッキリ全てが必要
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.7

鑑賞後の率直な感想は「難しい、理解が追いつかない」今の感想は「あれ、もしかしてあの映画面白かったのかも」という非常に勧めにくい映画でした。

久しぶりに理解が追いつかない系の邦画にあたった気がします。
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

原作がいつ書かれたのか、はたまたオリジナルなのか調べていないのでわかりませんが、これ少年Aから着想を受けてそうですよね。今の高校生とかはもう知らなそうだけど。

またしても命をかけた藤原竜也、日本を代
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.7

リストラされ人生晩年にしておい先真っ暗になった爺さん達が何を血迷ったか銀行強盗をする話。
ずるい表現をすると、普通に面白かったです。誰でも見られるタイプの良い映画でした。

動機付け→仲間探し→計画と
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.1

東映×ハリウッド
子供向けと見せかけて実はバリバリ大人向けで童心をくすぐる第2の“パシリム”を期待した人も多いんじゃないでしょうか。
結果的には期待しすぎたかなってかんじです。


大人の事情でレンジ
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.1

良質SF映画を羅列すると高確率で出てくる1本。ようやくDVDで見ましたが凄いですね…。
ストーリーが突出した面白さで深い話なのに脚本がオリジナルだった時の衝撃凄い。

ストーリーは語られ尽くされてると
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

3.5

第9地区で頭角を現したニールプロンカンプの作品。この監督の作品は第9地区しかりエリジウムしかり、2者の対立を両面から見せるっていうテーマが根底にありますね。
第9地区ではエイリアンと人間を描いてアパル
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.9

前作と続けて鑑賞。完全にパワーアップしましたね。
特にツッコミどころもなく完全な上位互換な気がします。
前作の良かった点も引き継ぎ、キャラクターを掘り下げる事もしていたのでファンも喜べる続編なんじゃな
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.8

某大手シネコンでやっていた時は完全にスルーしていましたが評判を聞き鑑賞。めちゃくちゃ面白かった!

マジックと映画って実は凄く相性が良いように感じました。編集有りきの映画ならトリックがバレる心配もない
>>続きを読む

orange(2015年製作の映画)

2.9

正直ほぼ覚えてません。原作漫画は1巻序盤しか読んでません。

そんなに多くこの手のジャンルを見たことがないので確かではありませんが、なんだかこのオレンジあたりからティーン向け邦恋愛映画も少しストーリー
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.9

またMARVELに良いシリーズが出てきましたね。そろそろMARVEL映画にハズレなしって言って良いところまで来てるかもしれません。

たぶん他の人も言及していると思いますが、インセプション感溢れるCG
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.0

YouTubeの短編から生まれたホラー映画。

ホラーの本質は見えない所の恐怖にあると思うので電気が消えた時にだけ現れるというのはいい所に目をつけたなと感心しました。
この設定って活かしやすくて、極端
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.8

2016年評判が良かったのに見逃していたシリーズ。

原作漫画は読了済です。よくあの独特な世界を壊さずに映画化したなと素直に感心しました。

怪演の森田剛と存在感強すぎなムロツヨシ、THE童貞野郎を演
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.7

門脇麦目当てで見たら意外と佳作でした。
主人公の大学院生である門脇麦が修士論文のテーマで教授に尾行を勧められて隣人を尾行し秘密を知って深みへハマっていくというお話です。

良かった点は開始数分で訪れる
>>続きを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

2.8

先に謝ります、ファンの方ごめんなさい。ツッコミどころを探すのに必死でした。

役者にケチはつけません。高畑充希全然タイプじゃないなとか、LDHが噛んでるから主演から脇役、主題歌までLDH祭りだなとかそ
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.1

中身は非常に軽いです!ただ、現代のネット社会に警鐘を鳴らすという意味ではありな映画でした。
今の若者はネット上に普通に顔や個人情報を晒すし、注目を集めるために炎上してもおかしくないことを簡単にしますよ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.3

お久しぶりです生きてます。ようやく忙しさから解放されました。
気がつけばもう3月ですね。。。

僕の2017年映画初めはジョンカーニー最高傑作と名高いシングストリートでした。皆さんの2016年ランキン
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.7

やや粗削りだけどそこが良いのかもしれない。ありふれた俳優ありきのクソ恋愛邦画かと思って見ると肩透かしくらうかも。

僕の持論として、タイムスリップ系映画はだいたい面白いってのがあるんですけど、時間物×
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.4

面白い!スターウォーズはライトセーバーのアイディアが5割とか調子こいたこと言ってた自分を殴りたいですね。
ライトセーバーのバトル無くても最高じゃないか。誰か僕をドニーイェン師匠が持ってる棒で殴打してく
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

そこそこ面白かった!ただホラーっていうよりはリアル脱出ゲームでした。
というのも驚ろかし方に新しさはなく古典的な大きな音での脅かしや突然の登場が多かったからですかね。ドア開けたらバーン!ゲームオーバー
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.6

限りなく現実に近い非現実。ドキュメンタリー風に撮っているけれどこれがドキュメンタリーじゃなくてフィクションで本当に良かった。
フィクションですよね?って確認したくなるくらい良い線ついてるのが素晴らしい
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃ面白かった。1人の女性が不思議な世界に迷い込み、成長する物語でした。
この映画の素晴らしいところというか、ぐっと面白さを引き立てているのはやっぱり主人公の決断力に欠けていて儚く脆い女性を演
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.7

シンプルに面白かった!久しぶりに王道の洋画を見た気がします。ハリーポッター世代なので懐かしい呪文が出てくるたびにアッてなりましたよ。
ポッターとはけっこう異なるので魔法生物達に可愛さを見出せるか否かで
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.6

世間の大絶賛を上映開始までに忘れられないまま見てしまい無事死亡。悪い映画ではないんだけど手放しに面白いって言えるかというと言えないかなあ。正直泣けもしませんでした。クラウドファンディングでこういう映画>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.0

小松菜奈は正義だということが改めて理解できる作品でした。理解できるだけの作品でしたが。
見終わった後のしっくりきてない感が凄かったです、17巻くらいある原作漫画を2時間に縮めたらそりゃ内容が薄くなるよ
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.5

原作があるかとか一切調べてないけどこれ考えた人は絶対キメてましたね。きっとギフハブっていう謎の組織に仮想現実で監視されてるタイプの人だと思います。ソーセージをホットドッグに挿入して先っぽだけとか普通は>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.8

縁あって無料で見たんですけど、見終わった後の素直な感想は「無料で本当に良かった、、」でした。汚い言葉でストレートに言うとクソノートでした。
原作漫画のファンで、映画前作はそれほど好きじゃないので期待値
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.7

ここに来て僕の中で今年のトップ3に入る映画が予想外のところからきました。久しぶりに映画を見て良い意味でゾワッとし、完全に全神経持っていかれました。タイトルの出し方かっこいい映画って最高だと思ってるので>>続きを読む

バースデーカード(2016年製作の映画)

3.3

良くも悪くもシンプルでまっすぐな作品。展開は予想の範疇だし光る演技もない、だけど低い点数をつける作品ではないのはたぶん、大事な人の死って残された人に多大な影響を及ぼすものだっていうことだけは伝わってき>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.6

やや物足りなかった。就活の話と言いつつ就活関係のシーンはけっこう端折られてた気がする。
就活を終えた身としてはこの映画見て就活怖いとは思えないと思う。学閥だったり、圧迫面接だったり、不条理な結果だった
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.3

さくらゆらのおっぱい。
原作もストーリー物ってかんじではないので、当然ながら映画もショートストーリーを組み合わせた作りになってました。何も考えずに見てたので不意のおっぱいが強烈に印象に残る結果に。
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.9

最近邦画をたくさん見るようになりました。今年は邦画当たり年と各所で言われていますがこの「怒り」も当たりの中に入るでしょうね。
ストーリー形式はひとつの殺人事件を軸に3つの「怒り」エピソードってかんじで
>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.3

試写会にて。
うん、まあまあ良かったよ。ただこれは青春映画で、自分の青春を思い出すかって言われると自分には無いものが多すぎてあまりに眩しかった。
アメリカっぽいが何かよくわからないけどたぶんこれがアメ
>>続きを読む

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争(2014年製作の映画)

4.6

ぼろぼろに泣かされました、僕の中ではダントツで2016年ナンバーワン映画です。引き合いに出すのもあれですが大人の人は『君の名は。』よりも泣けるんじゃないでしょうか。

この映画の素晴らしい所はとてつも
>>続きを読む

>|