エイリアニスト NY殺人ファイル シーズン1のドラマ情報・感想・評価

「エイリアニスト NY殺人ファイル シーズン1」に投稿された感想・評価

らや

らやの感想・評価

4.0
0
10話かけて1つの連続事件を追ってるので展開もゆったり。
けれど間延びはせず、きちんと話が展開するし、サスペンスというより人間ドラマとして見ていたので、私は面白かったです。

何より19世紀NYの景色・風俗が描かれているのがとてもよい。美術面が最高。
役者とこの部分だけでも大満足。

最後はもうちょいスッキリ終わってもよかったんじゃないかなあとは…。
でもドクターの人間性とか考えるとこれくらいが話としても落ち着くのかな。

ルーク・エヴァンスが好きな人は是非。

このレビューはネタバレを含みます

6話 白馬さんご遺体
9話 猫さんご遺体 お名前はジブ
10話 猫さんたぶん…

面白く観たが、凶行の動機が知りたかった࿐࿐࿐ワン
10話で犯人1人だからなのかストーリーのテンポが悪い
キャラクターもホラー映画のすぐ殺されるモブみたいな行動をとるから凄くイライラ

キャストの顔はいい!
Mel

Melの感想・評価

3.7
0
19世紀後半ニューヨーク────

貧困層の少年たちを狙う連続殺人事件が多発。セオドア・ルーズベルト警察本部長の命を受け、精神科医のラズロー・クライズラーが立ち上がる!


グロいと聞いていたので観るか観ないか迷っていたのですが、フォロワーさんの一声で視聴しました。
たまに目を背けたくなるシーンはありましたが、思ったほどグロい描写はなかったので普通に観られました。

エイリアニストとは精神科医のことなのですが、この時代はまだ精神病の理解が進んでいなかったようです。

一人の犯人を見つけるまでまるごと10話を費やしているのですが、構成が弱いのか全体的に助長だった気がします。
でも、捜査の過程でハラハラドキドキする出来事がたくさん起こるので、見逃せない展開の連続でした。

ラズローは犯人を捕まえることよりも犯人が殺人を起こす理由を知りたい一心で動くヤバいやつ。
クリス・エヴァンズが演じるお人好しなジョンがいいキャラしてるんだよね~。実写版『美女と野獣』でガストンを演じているときもなぜか好きになっちゃうオーラが滲み出ていて好きだった。

ラズローとジョンはシャーロックとジョンの関係に似ているような似ていないようなかんじ。
でも、ジョンは狙われすぎ(笑)ジョンという名前の人は狙われやすいジンクスでもあるのか?しかも、SHERLOCKのジョンはシャーロックが助けてくれるからいいけど、こちらのジョンはラズローに助けてもらえない(笑)

私の一番好きなキャラクターはダコタ・ファニング演じる屈強の精神の持ち主サラちゃん。殺人現場にズシズシ乗り込んでいくし、男の人と会話するときも圧倒してしまう強さが出てる。本当に強くて女性の憧れ。

ハンサムなボーイズたちも揃ってました!
不覚にもスティービーの女装が可愛いと思ってしまった。捜査に協力してもらっているうちに仲良しになったジョンとジョセフが微笑ましい。

ただ、もっともっとキャラクターに愛着を持てるストーリーだと良かったかな。

でも、19世紀後半のニューヨークの街並み、衣装、家具、小道具、とても美しくて見飽きないです。
特にダコタ・ファニングの衣装がどれも素敵!ダコタちゃんのドレス姿なんて、ジョンじゃなくてもときめく…!


ちゃんと完結していますが、少しモヤモヤっとする終わり方だったのでシーズン2が楽しみです。
あずみ

あずみの感想・評価

3.0
0
役者陣がとても好き。その役者陣を引き立てる衣装がまた素敵で、それを観るのが楽しみの一つでしたね。

キャラクターはジョン・スカイラー・ムーアが推しです。行動力はあるけど注意力と警戒心が足らず、そのため痛い目にあう羽目が多いんですけど、根っからの善人でとても優しいんですよ…。幸せになってほしいキャラ第一位です。

ストーリーは面白いんですけど、なかなか確信に行かないというか…。主人公・ラズローが犯人の心理を理解するために色々なところへ行き、話を聞く過程が多く感じちゃうのかな?
でも、私は最後まで飽きずに観られました。
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

2.0
0
時代設定に沿った美術やスタイリング、役者さんはとても好きだったのにストーリーが好きじゃなかった。
シーズン2ありきなのかもしれないけど、主人公のひねくれさにその理由がわかっても全然共感出来なくてイライラしちやったし、話の展開が乱暴。最初からそれ言えやって一言で大展開しちゃうの好きじゃない…
精神分析医が事件を解読していくってお話だけど、事件の謎さとかなかなか良かった。
ただ、ダコタ・ファニングがなんとなく好きになれない。
もうちょっと魅力的な女優さんを起用してほしかった。
mtorakichi

mtorakichiの感想・評価

4.0
0
つまらないと評判のネットフリックスオリジナルのドラマだけど、私はボージャック・ホースマン、ナルコスと並んで好きだな。
だけど一般的には受けないんだろうなー

20世紀になろうとするNYだけど、殺人の捜査も適当、資産家の息子も警察が殺しちゃうし、一般庶民なんて殺され損な時代、今のプロファイラーにも通じることをやってた人がいたんだろうか?
幼少時に虐待されると、殺人者になる可能性があるっていうのは昔から変わってないんでしょうね。
ななはち

ななはちの感想・評価

1.4
0
タイトルから、
「主人公が様々な事件を心理的な面から犯人をプロファイリングして逮捕!
犯罪者は理解できない異質な物ではない!これもまた人なのだ!」
という風にドンドン解決していくものなのだとばかり思っていたけれど、

蓋をあけてみれば、サスペンスでもミステリーでもなく
人間ドラマであった。
推理はメインではないし、10話ずっと同じ犯人を追っているし、
心理分析もあまりしないのだ。。。

今から見ようと思ってる人は、そういう話だと思って見てください。

シリアスというレベルじゃない。
緩急がなさすぎるし、伏線も回収できてないし、
ラストもなんとも腑に落ちない。
主人公のあり方が変わったのは意味があるかもしれないが。
この内容なら2時間にまとめた方がいいのでは。
すごくしんどかった、、、ビジュアルは綺麗。。。。
Meg

Megの感想・評価

3.0
0

このレビューはネタバレを含みます

内容は、元祖プロファイラーがえぐい事件を解決するためにナカーマ集めて尽力。病的な人々いっぱい出てきて非日常的ダークな世界観★芸術性重視みたいな感じでした。

えぐい描写、病的な感じは私好みですが、カメラワークが苦手でした。いちいち人物アップで撮り過ぎ。それも演出なんだろうとは思うけど…ファニングのアクが(顔の)強すぎていちいち濃いのよ画面が。

あとプロファイリングの意味よ。笑
>|