べっぴんさんのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「べっぴんさん」に投稿された感想・評価

mipu

mipuの感想・評価

-
0
朝ドラの中で結構好きです。
ファミリアも芳根京子も好きだったので余計に!
役柄も、上品で静かだけど芯が強い女性という風だったので、毎日穏やかな気持ちで観ることができた。それと同時に、自分もこんな女性になりたいって思ってた気がする🙂
にゃこ

にゃこの感想・評価

4.1
0
『カーネーション』と比較になるこちらの作品。

前者ほどの感動というのは無いのだけれど、4人の友情。
あと商品作りの心意気という点。

戦後からの復興、今のベビー用品の起点。

ヒロインの娘:さくらちゃんの成長ぶりを感じていたら、朝ドラらしいそんな作品になってると思いました。

一気見しても全然飽きない作品です。

学ぶ要素とかは特に薄いかも知れないけれど、ドラマとしての充実感はちゃんと味わえます。


4人の友情、いいな。
づっか

づっかの感想・評価

3.8
0
芳根京子目当てで鑑賞
最初はあまりかなって思ってたけど店を始めたくらいからおもしろくなってきた
さくらとすみれがすれ違ってるところは見てて辛かったのとさくらとすみれに少しイライラw
すみれ、きみちゃん、りょうこちゃん、あけみさんの友情がよかったわ、
なんだかんだでいいアイディアを出すのはすみれなんやねw
見た目と年齢があってないところは違和感あるw
前半部分はすごく好きだった。さくら幼少期可愛かった、、、
さくら反抗期はほんと離脱しそうになったくらいイライラしたけど、まあ、すみれもすみれ

紀夫さんが永山絢斗くんで本当に良かった、、、なんか不器用なところ、だけど可愛いところ、笑顔がすてきで最高でした

潔さん、かっこよかった、、、、ゆり姉ちゃんとさくらを支えてくれてありがとう

全体的に年齢が一致してない?変な感じ、みんな若くて年老いてなかった感否めない笑
Llama

Llamaの感想・評価

4.8
0
朝ドラで一番好き。何がってみんな主人公なのよ。何から褒めようかしら
戦時中からの朝ドラって当たり多い気がする。強いて言うとサクラのイヤイヤ期が長すぎてネチッこくて飽きそうだった。


女性3人が現ファミリア(ストーリーではキアリス)を設立する物語。戦時中での生地を収集することへの苦労やものづくりの大変さ、販売戦略等今に至るまでのファミリアの歴史を知ることができる。


特に泣いたシーンはお別れ会のシーン
荒れてたサクラはお母さんみたいになるって留学に行くし、お手伝いさん達は旅に出るって言うし、、、ほんとあの回は温かった。

ノリオが桜の木の下におるスミレに一目惚れした時のスミレ、めっちゃ可愛いよな?😭🌸典型的な昭和中学生やねんけど三編みの芳根ちゃんかわええ

何より生瀬さんがお父さん役で良かった...声のトーンがハマってて、娘を守りたい大事にしたいって思いがすごく伝わってた。

アケミさんはかなりキツい性格やけど、あれくらいの人おらな会社も立ち上がらんかったやろなあ。靴屋さんもサポートしてくれな絶対続いてなかったわけやん?もう感謝感謝やで

30手前の古川君が10代の役演じても全く違和感なく可愛らしかったし、ノリオさんは不器用さ頼りなさもありながらスミレが妊娠してるって知った時の喜び方が素敵だった(´;︵;`)
エイスケさんは男前やのに超最低やねん。でも調子の良い時に100の力を出し続けるのではなく、財力・知識・地位があっても抑えてビジネスはすべきって学んだ。


キャストみんな良すぎて挙げ出したらキリがない、それくらい私は好き❗
神戸のべっぴんさん展も行ったし!
何年経ってもあのシーンこのシーンを語れるわ〜エールも良かったけど、べっぴんさんに敵う朝ドラは無いなあ



このドラマを通して学んだ四つ葉のクローバーの意味

    希望、愛情、信頼、勇気🍀

ずっと心に残ってる😌
るんPAN

るんPANの感想・評価

-
0
高校の時に、芳根京子のブログに載ってたとこ友達と行ったりするぐらい芳根京子にハマって、その芳根京子が朝ドラヒロインを務めると、そして昔から唯一大ファンのミスチルが朝ドラ主題歌を担当すると、しかも舞台は神戸と。「え?運命??」って思うぐらい最初からドツボやったんよ。

今まで朝ドラって昼の再放送チラッと観たり、総集編でチラッと観たりしてたけど、初めてちゃんと1から観た(長過ぎて途中で離脱したのはご愛嬌)

1から一気見したいなぁ
芳根ちゃん、可愛い。こうやって会社立ち上げて、仕事するのすごく楽しそう。
四つ葉のクローバーには、意味があるのよ
勇気、愛情、信頼、希望
4つ揃うと幸せになれるのよ

芳根京子主演
老舗子ども服メーカーファミリアの創業者達の話
リアルタイムで観てたのをレンタルで

戦後子どものために前を向いて生きた女性たち
坂東すみれが主人公
老舗子ども服メーカーがどんなふうにできたのかはみてて面白かった
戦争を乗り越えて、子どものためを思って起業した4人の女学校時代の仲間たち

ストーリーとしては
4人でキアリスを立ち上げていく過程はとても良い
女が働かなくてもいい、家にいればいいという時代、子どもの未来のために生きた4人がすごい

創立してから会社が10周年迎えたぐらいからは
さくらを筆頭に子どもが育ってからはちょっと、、、
「なんか、なんかな、、、」ってすみれの口癖みたく、
下降気味だったけど全体的に好きですわ〜
結局最後はみんな結婚が幸せの形、みたいになったのもなんかなーそういう時代だからいいのかなー

キャストが好きです
芳根京子ちゃんが主役の坂東すみれ
ももクロの百田夏菜子が良子ちゃん
土村芳が君江ちゃん
谷村美月が明美さん
親友3人を演じます

キーパーソンの夫は、永山絢斗、田中要次、平岡祐太
すみれの姉ゆりは、蓮佛美沙子
幼なじみでゆりの夫は高良健吾
すみれとゆりの父は生瀬勝久、母と語りは菅野美穂
市村正親がすみれ幼少期から影響与える靴屋
さくらは井頭愛海、君江ちゃんの息子健太郎は古川雄輝、良子ちゃんの息子は森永悠希
わたもち

わたもちの感想・評価

3.0
0
芳根ちゃんだから最後まで観れた。
他の好きでもない女優なら確実に早い段階でギブしてたはず。
ゆうめし

ゆうめしの感想・評価

4.0
0
NHKオンデマンドで一気見。

半年かけて見る朝ドラを5日間で見ました。

主演の芳根京子さん目的で観賞。
半年間週6ある尺長ドラマを芳根さんが好きだからという理由だけで完走できるのか?と若干不安をもちながら見続けましたが、結果結構楽しかったです。

物作りのサクセスストーリー+女性同士の友情青春ものの構成は、わたしが好きな展開なのでそれがハマったのが要因でした。

子供が生まれても、戦争で家がなくなっても、おばちゃんになっても、孫が生まれておばあちゃんになっても四人の友情が壊れることなく続いて行く姿に涙があふれた。

あたしゃ、友情ものに弱いんだ。

芳根さんたちは老けメイクはしてないんですが、仕草がおばちゃんっぽくなっていくのでちゃんとおばちゃんに見えましたよ。
さすがに西岡徳馬と一緒だと若造にしか見えなかったけど笑

歴代の朝ドラは『半分、青い』と『なつぞら』しか完走してませんが、『半分、青い』の次に面白いなーって思いましたよ。

あなたにおすすめの記事