MIDORI

NICS ネイビー犯罪捜査犯 シーズン11のMIDORIのレビュー・感想・評価

3.5
本当に本当にジヴァがいなくなってしまった…NCISに出てくるキャラクターはどれも魅力的ですが、その中でも他のドラマではいないキャラクターだなと思っていたのが、トニーとジヴァ。そのジヴァが今回のシーズン11をもってレギュラーを完全降板。コート・デ・パブロが演じるジヴァがとても魅力的で大好きでしたが、普通の企業に例えると勤続8年弱ですもんね。レギュラー出演していると、スケジュールが立て込みすぎて他のドラマや映画に一切出られないほどハードらしいので、少し休憩がほしいという気持ちもとても分かります。シーズン3からありがとうございました!

そして、新しく出てきたエリー!めちゃくちゃ美人なのにオタク系というキャラ設定で、新しい風を吹かせています。どちらかというとマグギー寄りのキャラクターなので、今までに比べるとチームの戦闘能力は落ちましたが、マグギー×エリーの頭脳派が二人いることで、作戦立てがよりしっかりとして、ギブスとトニーの戦闘能力だけでもどうにかなっている印象。そして、女性キャラクター初の既婚者!美人に目がないトニーも今回は手を出せません(笑)

シーズンフィナーレは、ギブスの父ジャクソンを演じたラルフ・ウェイトが亡くなり、追悼エピソードとして、ギブスが父との思い出を振り返るエピソードになっています。ジャクソンの登場以来、知られざるギブスの過去が少しずつ分かるようになり、今回のエピソードでなぜギブスが休みの日に物作りをしているのかが分かります(ラルフ・ウェイトはBONESでブースの親に代わって育てた祖父ハンク役も演じていて、海外ドラマではお馴染みの俳優さんです)。前回シーズンで妻ジャッキーを亡くしたヴァンス局長は、ギブスがちゃんと父の死に向き合えるようチームに捜査状況を連絡しないように通達。ヴァンス局長が就任してすぐは、距離感があったギブスとヴァンス局長ですが、身内の死や復讐を果たす中で、絶対的な友情を結ぶようになりました。

毎シーズンあるボーナスエピソード、ギブス×フォーネル×ダイアンの回(笑)今回はダイアンの現彼氏まで登場して、これまで以上にコメディタッチな仕上がりとなっていました。テロリストとの闘いが多いNCISで貴重なコメディ回。次のシーズンでも期待です。