ハゲタカのドラマ情報・感想・評価

ハゲタカ2007年製作のドラマ)

公開日:2007年02月17日

製作国:

4.2

「ハゲタカ」に投稿された感想・評価

すうすけ

すうすけの感想・評価

4.0
0
大森南朋も柴田恭兵もカッコよすぎるだろ。
民放には出せない暗さとか重厚さがあった。やっぱ本家強し。
現実にもこんな風に企業を救ってくれるハゲタカがいたらなあ。
mjmickey

mjmickeyの感想・評価

4.0
0
金融がドラマになるんだという衝撃がありました。
ハゲタカは善人なのか悪人なのか。

大森南朋という役者に強烈に惹かれました。
singer

singerの感想・評価

-
0
先日観た「監査法人」が面白かったので、やっぱり「ハゲタカ」も観逃せないと思って鑑賞したのですが、僅か二日間で全話観終えてしまいました。
凄く、面白かったですね。
何か最近のドラマは軽薄そうなものや小説や漫画を原作としたものばかりで、あまり興味を惹かれなかったのですが、
このドラマは企業再生をテーマに取り上げた重厚なストーリーに、
結末を確かめたくなるような展開の見事さも相まって、とても見応えがありました。

社会派な物語というとで難しそうな印象もありましたが、第一回からスムーズに物語に入って行けるし、
企業再生に絡み合うファンドと銀行の駆け引きなども、とてもわかりやすくストーリーに組み込まれているので、
最後まで飽きることなく、また興味深く見ることが出来ました。

キャスト陣も本当に素晴らしくて、魅力的な登場人物たちを、各々が見事に演じきっていて、
それが、ストーリーの緊迫感をしっかりと支えている。
全くと言って良いほどミスキャストが無くて、どの俳優もそれぞれに見所があって良かったですね。

それでも、やっぱり大森南朋に尽きますね。
沢山の豪華キャストに囲まれつつも、抜群の存在感を放っていました。
彼の名演が無ければ、この作品は成立しないんじゃないかと思える程。
細かい表情や、クールな語り口など、作品の中で映えるシーンが沢山ありましたね。

柴田恭平。
後半になっていくにつれて深みを増していく言葉や行動。
その意味が演技を通じてよく伝わってきました。

松田龍平。
中盤に出番が無くて、いきなり後半のキーパーソンになるので、
その間の出来事を描ければ、もっと良い人物になったのになぁと。

栗山千明。
演技というより、その佇まいだけでも成立するような役柄でしたね。
彼女に、とても似合っている役だったと思いました。

その他、やっぱり脇役陣が凄く豪華で、それぞれが良い演技を見せてくれるんですよね。
中尾彬、宇崎竜童、菅原文太、大杉蓮、田中泯。
ベテラン俳優陣の貫禄タップリの演技もとても見応えがあったし、
ストーリーをグッと引き締めていたと思います。

ということで、とても楽しんで観ることが出来ました。

作品はTV放映後も反響が高く、様々なドラマ賞を獲得。
今年6月には主要キャストはそのままに、劇場版も公開されるそうです。
個人的には、大森南朋の「鷲津」が見れるだけでも、映画館に足を運ぶ価値があると思いますね。
今度はどんなマネーゲームを見せてくれるのか、とても楽しみです。
———————————————
🎦こちらは、2009年1月15日にブログに投稿したレビューです。
なんか、ちょうどいい感じに細かい内容を忘れてきた頃なので、そろそろ、もう一回観返したいですね。
初見の際は、ホントに凄い勢いで観たので、相当ハマってたんだろうなぁ。
大森南朋の代表作のひとつだと思います。
ams

amsの感想・評価

4.5
0
これほんと面白かったんだよなぁ
兄が一人暮らしを始めて旅立ったリビングで家族3人で毎週土曜日視聴。
とてもいい時間でした
って勘違いしてたけど兄が受験の時ですね。兄の友達がこの作品が好きだったらしい。寡黙な男前でしたね彼は
結婚式にも登場してほぼ絡みのない僕にそっとフットサルの誘いを上品に投げかけてきました、マジでかっこいいと思っています。いつかご一緒したい
近い親戚のような感覚を勝手に抱いています。
バイアウト

するもされるも

粋なハズだ

https://note.com/yohotan_jp/n/n34d497dbf25b

yohotan.com
ぴよ2522

ぴよ2522の感想・評価

4.0
0
原作既読からドラマ
とにかくキャストがよく、原作とは違う展開ではあるけどガッカリ感がない
買収する者とされる者
強者と弱者
その間にある駆け引きや悲哀
音楽も良かった
NHKのドラマのキャスティングはいつも絶妙だと思う
リチル

リチルの感想・評価

4.2
0
TOB(株式公開買付)って無駄に言いたくなるやつ。とにかく、カッコよくて憧れた。
MHKテレビのオンエアを録画してハマった。ビジネスが舞台のドラマで、凄く厳しい世界が描かれてる。
このドラマがキッカケで池井戸潤などにのめり込むようになった。
僕の中では
大森南朋さんは鷲津なので

今(2020年8月)やってる、私の家政婦ナギサさん、はどうにも(見れば面白そうだけど)その気になれない。

はまり役ってこれなんだろうね
zavike

zavikeの感想・評価

5.0
0
初見は10年以上前、今見ても面白いね。大森南朋と柴田恭兵の演技が渋い。周りのキャストもまた良い。この時の印象が強すぎて、その後の大森南朋には未だに違和感感じるんだよなぁ…