彼女たちの時代のドラマ情報・感想・評価・動画配信

彼女たちの時代1999年製作のドラマ)

公開日: 1999年07月07日

製作国:

4.4

あらすじ

「彼女たちの時代」に投稿された感想・評価

umeko

umekoの感想・評価

-
0
青春の24%は岡田惠和で出来てる説ある

今の時代にはもうすっかりそぐわない
ソファーでゴロ寝し、ゴスペルの曲を聴きながら足で拍子を取る深津絵里
原宿でいじけてズンズン歩いていく深津絵里
屋上でバカヤローと叫ぶ深津絵里
友達になりたい…

「彼女たちの時代」というよりも、深津絵里の時代なのだ。

主人公でありながらも、水野美紀や中山忍や椎名桔平にとっての天使みたいな存在だった。
素晴らしいドラマ。大好き。

『ふぞろいの林檎たち』のサザンばりに、ビースティーボーイズが耳から離れない。
tea

teaの感想・評価

4.8
0
色々印象深い、
見たのはずっと昔だけど、
もう一度みたいな〜

あの部屋…こわかったな。。
snowflake

snowflakeの感想・評価

4.6
0
ませガキだった頃から今も好きなドラマ。
Backstreet Boysの曲ととても相性がよくて...
悩みのない人なんて、いないよね。
のんすけ

のんすけの感想・評価

4.9
0
このドラマは本当に忘れられない。ずっと印象に残っていて、ずっともう一度観たいと思っているけれど、DVDが出ていない…。もう一度、観たい。

FODプレミアムありがとう!
再見、実現!2020.426
ほとんどドラマを観ていないけど…このドラマは、やっぱりピカイチ!
法月

法月の感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

正直、主のドラマはあんまり覚えてないんだけど、壮絶なリストラ・ハラスメントを受ける義兄、佐伯(椎名桔平)が可哀想で可哀想で‥‥
嫌な上司役の平泉成が憎くて憎くて‥‥

今でも椎名桔平を佐伯と呼んでしまうくらい、印象に残ってる。

結局、会社を辞めてボーっとなった佐伯を義理の父が釣りに誘い、並んで釣り糸を垂れてるシーン、
「啓介くん、いくつになった?」
「三十五歳です」
「そうか‥‥‥まだまだ、これからじゃないか」
そこで初めて佐伯が号泣する。
つられてこっちも大号泣(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

ずっと忘れられないです。
あぶ

あぶの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

すごい....この時代のドラマはすごすぎる。全然薄っぺらくなくて、綺麗事で何も済まなくて、ずっしり私たちの心にのしかかってくる話ばかり。

社会人になると本当に、漠然とした悩み、このままでいいのか、このまま人生は終わるのか、何て平凡で退屈なんだろう、自分にはもっと何かできるんじゃないか、そういう悶々とした気持ち、すごくある。
でも結局、誰にとっても人生なんて小さな日常の積み重ねなんだ!とこのドラマは励ましてくれた。

それに、「前向きに、という言葉が嫌い」という主人公の話。これもすごく良かった。そうなんだよ、自分の選択や言動が前向きなのか後向きなのかなんてわかんない。人生の正解とかわかりっこない。わかんないから、スッキリしないし、でも前向きであってほしいなと願ってる。あ〜〜私の気持ちってこれだ〜〜と強く、感じた!

あと椎名桔平の役、とてもとても辛くて泣いた。心の痛みが、努力でどうにもならない苦しみが、ひしひしと伝わった。土手で一人、私は最低な人間です、の話をしている場面、あまりにも残酷。奥さんも悲しかった。本当に悲しかった。
さんぽ

さんぽの感想・評価

4.2
0
ナンダカンダ、仕事に恋に、しがらみを抱えながらも、時代を懸命に生きる女性たちの話

FODで視聴しました。

個人的にはかなり、名作だと思います。

「私はここにいるぞ」と叫びたくなる気持ち。どことなく感じる生きづらさ、居場所のなさ、認めて欲しいという気持ち。
そんな生々しい気持ちを等身大に描いた作品。脚本は岡田惠和先生。
時代は変われど、そんな時代を生きた彼女たちの気持ちは、今を生きる私たちと、変わらないのだと思う。

椎名桔平が窓際部署に追いやられるシーンは闇が深すぎて中々印象的です。

それもあってか全体的に少し重い印象ですが、なんだか生きづらいな、と思う人には是非観て欲しい1作。
DVD、出したらいいのに。
はっち

はっちの感想・評価

4.7
0
地味だけど好きなドラマ。でもDVD出てないんだよな~出して欲しい!
OLの日々の生活がリアルでいい。何の楽しみもない3人のOLがゴスペルで知り合って仲良くなっていく。それぞれが抱える20代の憂鬱。椎名桔平の会社が怖すぎだった。
nagarebosi

nagarebosiの感想・評価

4.8
0
すんごい共感しながら観た、大好きなドラマ!
ほんと、人生って葛藤や苦悩の連続なんだよねえ、椎名きっ平と平泉成の上司と部下の関係とか、強烈に印象に残ってます。エンドクレジットのエピローグシーンもすごく良かった。スペシャル版やらないかなあ。
>|