とぅん

The OA パートⅡのとぅんのネタバレレビュー・内容・結末

The OA パートⅡ(2019年製作のドラマ)
4.6

このレビューはネタバレを含みます

意思の力、信念の力、そんなものを感じられる力強いストーリーで、シーズン1ほどの感動が味わえるのかという心配も杞憂であった。

シーズン1の最後で5人のダンスによって、プレーリーが死んで異次元に行ったところからスタート。
異次元に渡ってニーナの中に入ったOA、疾走した女性を追う依頼を受けた私立探偵のカリム、前の次元に残された5人、基本的には3つの視点で進む。

多元時空でみんながいるというのはわかったし、みんな(とりわけOAとハップ)が別次元でも引き合うというのもわかった。

「さざなみ」のアンドリュー・ヘイが監督してたり、新キャストの吹き替えに突然石田彰が出てきたり、個人的におっ!ってなるポイントがあったり。

にしたって、
タコは?
フランス人の旅人は?
カリムの正体は?
リズ・アーメッドは?
ラストのドラマ撮影の時空は?

謎がまだ散りばめられてるし、制作陣はまだまだ語りたい気持ちでいっぱいだろうに、視聴数が少ないから打ち切りってそりゃないぜNetflix•••。
海外ドラマがそういうものだというのはわかっているけど、ここまで楽しめたドラマがこんな形で終わりなんて悔しい限り。
せめて単話の完結編を作ってくれないかな•••。