GIRLS®/ガールズ シーズン6のドラマ情報・感想・評価

GIRLS®/ガールズ シーズン62017年製作のドラマ)

Girls Season 6

製作国:

4.2

「GIRLS®/ガールズ シーズン6」に投稿された感想・評価

たぬき

たぬきの感想・評価

5.0
0
最高
こじれにこじれてるけどドラマ自体の芯がぶれてないのがいい
宇宙

宇宙の感想・評価

4.3
0
すごく人生だった
なんか…ほとんどぜんぶに共感できないのに、不思議と自分と重ね合わせて胸をしめつけられたりして。
アダムドライバーが素晴らしかったからつまらないなと思いつつもみたけど、ラストまでみて、結果的にはとても良かった。
あと音楽がすごく良かったのも大きい。
メッセージを受けとれる人は多くないかもしれないから人にはすすめられないけど
sumi

sumiの感想・評価

3.2
0
んんーー。。。
登場人物の性格がハチャメチャ過ぎて自分が疲れてしまう場面もあるけれども、気になって結局最後まで見てしまった。

文化の違い、LGBT、貧富、ドラッグなど社会的な問題の中に私達も生きていてそれが共感できてしまう。

唯一イライジャでほっとするというか、元気が湧く。

人生は決定的な正解も間違いも多分本当はなくて、最終的には自分の見方なのだろうなと考えさせられました。

個人的にハンナが理解できない部分が多い。。けれども、人って本当にimperfectなものなんだと思いました。
flow節

flow節の感想・評価

4.0
0
ずっと嫌いだったけどよくよく考えたら好きかもしれない。SATCと比べながら観てたのが良くなかっただけで凄く人間臭くてリアルで魅せられる物語だったのかもしれない。ハンナは最後まで嫌いだった。監督と脚本と主人公が同じ人って知って、さらに自分の体験も入ってるって知ってからハンナの身勝手さがさらにリアルに見えて凄く嫌だったけどイライラさせられたのも脚本がうまかったんだなと納得。吹き替えでもう一周しようかな。
みんな大人になってきてハチャメチャ具合が減ってきたね。
でもやっぱり見たい
アダムドライバーを鑑賞するためのドラマだったと言っても過言ではない。
mer

merの感想・評価

-
0
音楽がベスト!
別れた後の彼氏と親友が付き合うことの、何がそこまで責められるべきことなのか私には正直分からなくて共感出来ないことが多かった。皆自分勝手で一方的ですぐ人のせいにする。でも泣いてる時だけは、本当は弱かったり怖かったり助けてほしかったりするんだなって分かった
引き続き推しはジェッサとアダムです
もりし

もりしの感想・評価

4.0
0
このモヤモヤ感。ガールズっぽくて好き。初めて見終わった海外ドラマ。全シーズン通して、ハンナを始め出てくる人達と展開にイライラしながらも全員にところどころ共感できてしまうポイントがあるのがリアルで大好き。
おしるこ

おしるこの感想・評価

5.0
0
自粛期間中、中々映画を観る気にもなれないし、本は買うところまでしか意欲を保てないし、気分は滅入る一方だったけれど『GIRLS』シリーズ全部観終わったことだけは財産。ハンナの小さな歯を覗かせる笑顔が頭から離れない。少し首を傾げて、鼻に皺を寄せて、照れながら笑う姿。気持ち悪いメッセージを、登場人物たちに捧げます。
ショッシュのことは最初から最後まで好きになれなかったけれど、何一つ間違っていない一番マトモな女の子。賢明な判断だよ、怒って当然だよ、憧れちゃって当然だよ、仲間になれなくて当然だよ、だけどいつも真面目に頑張っていたから潔いまま幸せになってね。
マーニー、本当にビッチ。いつも何かに酔いしれている姿、軽薄でダサくて見ていて恥ずかしい。最高にナルシストで自業自得で責任転嫁の天才。基本的に関わりたくない、巻き込まれたくないって思うのに、なんでかマーニーの安っぽい言葉に安心したくなる時もある。欠点を言ってくれと言われたから言ってみたら逆切れしてくんの、本当にマーニーらしくて最悪だけどそんなあなたに惹かれてしまう人も山ほどいる事実。歳取らない美人で羨ましい。エネルギーに満ち溢れている、まだまだこれから。
イライジャ、まさか最後まで登場すると思わなかった。そんで、満場一致の一番優しいGIRL。ゲイだからとかじゃなくてみんながあなたの人間性に惚れて友達になりたいと思うし、辛い時膝枕してほしいと思うよ。NYに揉まれたけれどNYで輝けるアーティスト、誇り。
アダム、もはやアダム・ドライバーとの区別がつかない。ごめんね、のポスターの件も大好きだけど、シーズン2のラストだけは、これからも何回も見直すと思う。大きな身体はぜんぶ愛情でできている。強いけど弱い女の子のスーパースーパースーパーヒーロー。
ジェッサ、本当に人魚みたいな美しさ。怒っている時も感じている時も美しいって何事だろう。天真爛漫というか破天荒というか、自分でも認めるようにソシオパスに間違いないだろうけれど、友情についての考え方は一番まともだった。まともどころか、キャロラインの子供が産まれた時と、アダムの演技を非常階段から見守る時の表情が印象的で、いかにジェッサがピュアな心の持ち主なのかを決定付けている。ハンナのことを大事にしてくれてありがとう。セラピストに絶対に成れる。
ハンナ!わがままボディとも言い難い贅肉、特に下半身のセルライトと甘え臭った思考回路には親近感しか湧かないけれど、あなた程大胆な人はいない。シーズン5のスピーチが大好き。ハンナisハンナ 立派な決意を繰り返しては失敗するけれどそれって当たり前だよね、神の声が聞こえた気がして心新たに行動しても人間って簡単には変われない。だけど、変われた気がしながら生きていく。毎朝、自分が何をしたら喜ぶか、考えたい。そう言えば、やっぱり年の功でいつも少し良いことを言うレイを忘れていた。みんな、腹立つけれど好きなキャラクターなんだ。
さ

さの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

終わり方にすっきりしないけど
本当に面白いドラマ

ショシュとの関係性も、これで終わり?だし
アダムも、あぁーそうなっちゃうかぁ、だし
イライジャはパーティ以降出てこなくなったし。
ジェッサとは分かり合えてよかった
マーニーは自分をもっと大事にして欲しいな

ハッピーエンドじゃないのが
逆にリアル
>|