tarupon

THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これからのtaruponのレビュー・感想・評価

4.3
すごくお気に入りのドラマとなった。
中心となるキャラクターであるジャック、レベッカ、ケヴィン、ケイト、ランダルのそれぞれの抱える問題が解きほぐされ、それにどう向かい合っていくかが丁寧に描かれているし、彼らを囲んでの親子、兄弟、夫婦、恋人の関係性も共感できるもの、ありそうだなと笑ってしまうもの、思わず涙してしまうものなどなど、興味深い。

何より、中心5人を含め、メインキャストとしてでてくるキャラクター達がそれぞれに個性的で魅力的。特にジャック、ウィリアムの2人のパパはそれぞれに魅力的。あと、あれだけコンプレックスの塊となっているケイトの変化からも目が離せない。

印象に残るエピソードも多かった。
1話の終わり、ジャックとK先生のやりとり、ケヴィンが姪っ子2人に自分が描いた絵を見せながら死について語る場面、ランダルとウィリアムのメンフィス旅行、ジャックとレベッカの夫婦喧嘩・・・・・

いよいよ、SE2はケイトのトラウマに関わる部分が明らかになるのでは?と期待が高まっています。